マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
セレスティア
  • セレスティア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

セレスティア

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
危険で楽しい、ファンタジー世界の遊覧飛行! 進むか降りるかはあなた次第!

 ガリバーが求めていた不思議な世界、セレスティア。プレイヤーはかわるがわる、その世界を移動する飛行船の船長を務めます。船長以外のプレイヤーは船客になります。

 航路にはいろいろな障害が出現します。船客は障害を確認し、船長がその障害を乗り越えられると思って船にいるか、それとも無理と判断して下船するかを選ぶのです。

 下船先の都市にはさまざまなお宝が待っています。もちろん、より遠くの都市では、より高いお宝が得られるのです。でも、船長が障害を乗り越えられないと全員おしまい! ところで乗客が全員降りた場合、船長は1人で進めるだけ進んじゃいますよ! さあ、ウソつき船長の顔色を読みましょう!

レビュー 30件

レビュー
492名が参考
3年弱前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
セレスティアは、サイコロを振って出た目のカードを出すことで先に進める飛行船にどこまで乗るか、途中で降りるかのチキンレース的な感覚が楽しめる面白いボードゲームです!
船長が順番に回ってくるということと、船長は飛行船から降りられないという点がこのゲームのポイントです。どこまで引っ張るのか、見限って島に降りるのか。簡単で悩ましい、それでいて初心者も同じように楽しめます。
一方で、運に左右される度合が大きいので、全体的に大味な仕上がりともいえます・・・


好き度(Like)
 ▶4pt.≪★★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


セレスティアの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
475名が参考
3年以上前

暇だからなんかボドゲしよ?という娘と半分寝かかった妻の三人で初セレスティア。


ルールは簡単な方で、ダイスで示された苦難を船長が乗り切れるかどうかを判断して「船長ついてきます!」「降ります!」宣言するだけ。

船長が乗り切れなかったら船は墜落して点はもらえず、降りた人はそこでもらえる宝物の得点をゲット、

乗り切れたらひとマス進んで船長交代。先のマスほど高得点だけど、はたしてどこまで行けるのか…。

これを繰り返し得点集めて誰かが50点を超えてたらゲーム終了です。


これだけ伝えて「意外と簡単そうじゃん」(目が覚めた妻)の声でとりあえずスタート。

がしかし、それほど簡単ではないんです!

まず意外と船長は悩みます。手札を見てここは解決できそうな顔をすべきか困難そうな顔をすべきか…。

そして思わず漏れたうれしそうな声をどう誤魔化すか…。もう船長の顔を見てるだけでわらけてきます。

そしてままならない手札!進めば進むだけ困難解決に手札を消費するのに、墜落で追加できる手札は1枚だけ。

で、足りないやん、となって序盤から墜落しまくると手札はどんどん増えて、しかもよくかぶる!

今回は、大人二人は欲かいて小得点ばかり、降りるタイミングが素晴らしかった娘が最高得点で終了となりました。


手札には、足を引っ張ったり助けたりできる特殊なカードも含まれてますが、これらの使いどころが初回は分かりづらいです。インストで簡単な説明しただけでは使いこなすまではいかないですから、その部分はもうちょっと説明すべきでした。

でも紙の飛行船だったりきれいなイラストだったり、一目で何をするゲームか分かりやすかったりという点が非常に受けが良かったです。

中量級まではいかないけど軽すぎない、これもいいゲームでした!

続きを見る
閉じる
勇者
Jarry
Jarry
レビュー
362名が参考
3年以上前

みんなで1つの飛行船に乗り各ステージを進んで行きます。1ステージごとに親がダイスを振り、子はそのダイスと同じマークの手持ちカードを親が持っているか予想し、ベット(次のステージに進める)かドロップ(このステージの点数を得て飛行船を降りる)をする。ステージが進むほど貰える点数は増える分ダイスが増えて予想が難しくなるけど、貰える点数は増える。早く既定の点数を獲得した人が勝ちというチキンゲーム。

海底探検に似てるけど、こちらは自分を有利にできるカード(ワイルドカードや強制的にに相手をドロップさせる等)があるので、あちらより戦略性があると思います。また、コンポーネントも雰囲気が出てて、視覚的にもルールが分かり易かったです。

続きを見る
閉じる
勇者
トメ
トメ
レビュー
355名が参考
約4年前

最初に箱を開けると、まずは船の組み立てから始まります。

これが結構わくわくするんですよねぇ…。これから冒険が始まるぞ~みたいな。


実際のゲーム内容ですが、チキンレースといえばチキンレースですが、ある程度腹の探り合い、読み合いがあるのでその点のコミュニケーションも楽しめます。

チキンレース系ではインカの黄金もやりましたが、それよりも会話が弾んだ気がします。


船長の持つカードの予測と、サイコロの出目による障害の状況、そして持ちカードでの妨害など運の要素だけでなく駆け引きもあるのですが、難しくないのでサクッと飲み込めます。


デザインがとてもキレイで気に入っております。女の子受けはいいかもしれません。

続きを見る
閉じる
だか(こ)さん
だか(こ)さん
レビュー
350名が参考
約3年前

飛行船に乗って船長が次の島に行けるかを予想するゲームです

遠くの島に行くほど高い点数の宝物が出てきますが、島に渡るまでの障害も多くなり到達するのが段々と難しくなってきます

家族4人で遊びましたが手札の補充が「一番遠くの島に着いた時」か「墜落した時」なので後半の島に行くほどカツカツになってきます

コンポーネントがとても綺麗ですが、ゲーム内容的に騙し合いもあるのでうかうかしてられません

ゲームが進むにつれて逆転要素が増えてくるので後半になるほど盛り上がってきます

細部にわたって微妙にルールの処理が難しい為、何度も説明書を読み直していました

皆でワイワイ遊べそうな気がしていましたが、割とリスクとリターンを計算しながら遊ぶ、、、言うなればギャンブル的な要素が強いと思います


個人的評価:7.5/10

続きを見る
閉じる
仙人
hiro
hiro
レビュー
347名が参考
2年弱前

私個人としては好きなゲームです。周りの評価も上々ですが、やはり人によってはそうでもない人がいるのも事実。分類するならチキンレース系のゲームになります。

カードを出して障害に対応するとき、船長が手札をたくさん持っていれば信頼も増すのですが

特殊カードをたくさん持っていてもそれが手札枚数に見えてしまうので、ある程度推測の域でプレイする感はいなめません。

手札が多くてもたった1つの障害で墜落することが普通にありえます。

「さっきAさんは雷で墜落して今回も雷だから危なそう」といった会話を折り込みながら進めるとコミュニケーションが取れます。

好きなゲームではありますがそこまで勝率は高くないですし、

墜落した時に「みんなすまん」とか言って

笑いながらわーきゃーするのが個人的には楽しいです。

続きを見る
閉じる
仙人
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
レビュー
330名が参考
4年以上前

6/10

チキンレース的なゲームとしてはかなりオシャレなボードゲーム。

クラウドナインというゲームのリメイクだが、前作よりもイラストの本気度が増している。

基本的には降りるか乗ったままかを選ぶだけ。

選んだら、そのときの運転手がダイスを振って、それに対応したカードを出さなくてはならない。

出せれば、次のステージへ。出せなければ、乗っている人は全員0点になってしまう。

途中で降りると、そこまでの得点は確保できるので、いつ降りるかが鍵。

そして、このゲームのポイントは運転手(カードを出す番)になると降りられなくなるというルール。

これが絶妙なドラマを生むスパイスとなっている。

個人的には、クラウドナインの方が特殊カードもなく(セレスティアには特殊カードが数枚あり、これを理解してゲームをする必要がある)、ルールがシンプルだったので好み。

だが、セレスティアは入手もしやすいし、一般ウケするイラストだし、前作で強すぎたジョーカーが修正されているし、シンプルなルールがいいのであれば、特殊カードを抜いてプレイすればいいので、イラストの好みで選べばいいんじゃないでしょうか。クラウドナインはそう簡単に手に入らない気がするが。

弱点としては、点差が離れると、トップを意図的に叩くことが難しいため、逆転が難しいこと。個人的には、最後まで全員が楽しめるゲームが理想なので、この評価。

だが、チキンゲームとしての魅力、見た目のコンポーネントのインパクトとしては、十分。

見た目買いしても損しない作品。

続きを見る
閉じる
白州
白州
レビュー
328名が参考
5年以上前

 進めるか墜落するかは船長の手札次第、「これぐらいの障害ならいけるだろう」と思いきや、あっさり全員を乗せたまま墜落なんてこともあり、その時は笑うしかありません。自分が船長の時はダイス目による障害が解決できないことがわかっていても「墜落の道連れにしてやれ」とばかりに余裕の表情でいましょう。あっさり墜落することもあれば自分が降船した後に、どんどん進んでいく飛行船を指をくわえて見ているしかない寂しさを味わうこともあります。

 リメイク元の「クラウド9」に比べて、ファンタジックなテーマの綺麗なコンポーネントになりプレイ意欲をそそります。強すぎたワイルドカードは調整された感があります。特殊カードが追加された点や獲得点が非公開(誰が今リードしているかがはっきりとは判らない)になった点は好き嫌いが出ると思います。

 いわゆるチキンレースゲームですが、呉越同舟ながらひとつの船に同乗して一緒に進み一緒に落ちる。船に残った者達とすでに降りた者達。成功失敗を複数のプレイヤーで共有できる楽しさがあり、みんなで盛り上がるゲームです。

続きを見る
閉じる
大賢者
Pino
Pino
レビュー
322名が参考
2年以上前

立体の船に自分たちのコマをのせて臨場感たっぷりに航海にでるのが楽しいセレスティア。

ゲームは、乗るか降りるかのチキンレース。


ゲームの準備が少し大変だけど

ルールはシンプル。カードに細かな言葉も入っていないので

ルール理解ができれば年長さんからでも遊べます。


船長(一つ進むごとに船長は交代)が一定数のコマをふり

船員は、このまま乗るか、それとも降りるかを決断します。

乗ったままだと、船長とともに、もっと高額なお宝を練られる可能性があります。

でも、船長がうまく舵をきれずに沈没する可能性もあります。


そういうのを見定めながら

お宝を狙いにいくゲームです。

奥に進めば進むほどいいお宝があるのですが

まだ最後まで到達した経験がありませんww。


コンポーネントが可愛いので、みているだけでも楽しいです。

続きを見る
閉じる
仙人
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
レビュー
319名が参考
約1年前

「ボードゲームはあまり好きじゃない」という人とやるときに重宝するゲームです!あまり論理的思考を働かせなくてもプレイできるので、「考えるのが苦手」というタイプの人でも一緒に楽しめます。

ウソで騙し合いも起きれば、救いの手が差し伸べられたり、はたまた邪魔をしたり、気付けば足を引っ張り合っていたプレーヤーたちがいつしか協力して障害を乗り越える姿が見られたり…と、壮大な『ドラマ』が生まれます。

ボドゲが苦手な人と楽しめるゲームはディクシットやドブルなどのカードゲーム系が多いですが、セレスティアの場合はコンポーネントもオシャレで結構ボードゲーム感があるのもポイントが高いところです。

 ***

ゲームの内容は、1艘の飛行艇にプレイヤー全員が相乗りして、より遠くの都市を目指して進み得点を重ねるゲームです。次の都市に進むためには、船長が振ったサイコロの出目に応じた障害を取り除かなければ進めません。船長が持つ手札カードで障害を乗り越えられれば次の都市に進むことが出来ますし、カードがなければ飛行艇は墜落し乗船していたプレーヤーは全員無得点になります。飛行艇が次の都市に行けるかどうかを左右する《船長》は毎回交代することとなっています。 

このゲームのポイントは、「船長が障害を乗り越えられるかどうか?」を各プレーヤーが毎回判断することです。早めに下船すれば貰える点数は低いけれど確実に得点できます。逆に、先の都市を目指せば高得点が得られるものの墜落して無得点で終わるリスクが高くなります。「乗るべきか降りるべきか?」のまさに二者択一。

しかも、このゲームを味わい深いものにしているのは、障害を乗り越えられそうかどうかを直接船長に尋ねることが出来ることです。船長は正直に答えるも良し、ウソをつくのも良し、そこから生まれる人間模様こそがこのゲームの醍醐味です。

そもそも遠くの都市に行くこと自体がかなり難しく、カード運・プレイヤーの手番の運・サイコロ運など、さまざまな条件が上手くかみ合わないと遠くまではなかなか行けません。そのため、対立する者同士が利害一致して様々な困難を乗り越える『呉越同舟』を体現したような冒険感あふれるゲームです。騙し合っていた敵同士がいつしかみんなで協力して最後の都市まで行けたときの達成感はハイタッチが起こるくらいの感動が生まれます(笑)

ボドゲーマでの☆の点数も少ないし、あまりランキングなどにも入ってこないタイトルなのですが、プレーヤー層を選ばない汎用性、パーティーゲーム的に爆発的な盛り上がり、騙し合いから協力までの幅広いプレイ感、手札の記憶すれば戦略プレイも可能、だからといって初心者と経験者の差が付きすぎない運要素の高さ、アートワークの独自性、などなど…ボードゲーム界でもっと高い評価を得ても良いゲームだと思います。みなさんぜひボードゲームカフェなどで見かけたらやってみて下さい!

続きを見る
閉じる
勇者
福田百貨店 店主
福田百貨店 店主
レビュー
313名が参考
4年以上前

障害を乗り越えてより高得点に進んでいけるか、諦めて現在地の得点を得るかの判断を繰り返していくチキンゲーム。
わりと好きなタイプのゲームです。
自分の手番では降りられないので、それを考慮して降りるもヨシ、挑戦していくのも良し、性格によって好き嫌いが分かれそうな気がします。
自分が遊んだときは低得点ゾーンのランダム得点で高得点をとっていたプレイヤーが50点に到達したため、思わず、えっと叫んでしまいました。この辺の得点のブレが読みあいを少しだけ難しくしています。

プレイ自体のインタラクションはありませんが、ワイワイと会話しながら盛り上がれるので、パーティーゲームとしてはいいと思います。反面、逆転要素が少ないので、ガチで遊ぼうとすると、負けてる人にとっては中盤以降が消化試合になりそうです。好みは分かれそう。

続きを見る
閉じる
仙人
クロ
クロ
レビュー
307名が参考
5年弱前

このゲームはクラウド9というゲームの発展形です。

カードのデザインも飛行船の造形も良くなっています。

クラウド9はほとんどルールが同じですが、

下りた地点での点数が固定されていて、

下りた地点で引く点数カードに引き運がありません。

また引いたカードを非公開で持つことがないため、

点数はその都度加算されてオープンであるということです。


点数が非公開の方が楽しいと思う方もいるでしょうが、

点数がすべてオープンであるがゆえの駆け引きがないのが短所と思えます。

例えば、次のような考えは自分、相手の点数が分かってこそなので。

トップのプレイヤーがまだ乗っているから自分も下りるわけにいかない。

トップはすでに下りたが逆転するにはあと2段階登らないとだめだ。


また数が少ない特殊カード、

落ちても得点がもらえるカードや、他人を無理矢理下すカード、

これらのカードは協力ですので、

これらのカードを運よく引くゲームの感がするのもちょっと残念です。

続きを見る
閉じる
仙人
異人館
異人館
ルール/インスト
298名が参考
2年以上前

飛空艇の船長と乗客となり、雲の向こうの秘密の都市を目指すゲームです。

誰もが聞いた事のあるファンタジーをボードゲームで体験できる作品です。

しかし勝利を得る為には運と知恵が必要です。

空賊、雲、雷、怪鳥が飛空艇の行く手を阻みます、船長はそれを上手く撃退する必要があるのです。

遠くの空中都市にはより貴重な財宝があります。どこまで飛空艇は進む事ができるでしょうか。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備からプレイの流れを紹介しています。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/29844246/

続きを見る
閉じる
仙人
PET
PET
レビュー
287名が参考
2年以上前

ラピュタを彷彿とさせる世界観、美しいイラスト、圧倒的造形の飛行船が目を惹くゲーム。

(ラピュタもガリバー旅行記が元になっているそうなので似ていて当たり前なのでしょうが・・・)


美しいコンポーネントとは裏腹に中身はえぐいチキンレースw

代わる代わる船長を務め、船員は乗り続けるか、降りるかを判断します。


船長はダイスを振って出てくる障害に対応したカードを持っているかどうか。

あっけなく全員を乗せて沈没、という事が度々おこり、否が応でも笑いが巻き起こります。


特殊なカードとして船員を無理やり下船させたり、障害の無いダイスを振り直させたり・・・と波乱が巻き起こるカードが目白押し!

中々高得点の島には到達できないバランスとなっており、いつしかみんなで協力して遠くの島を目指したり・・・という事も稀に起こったり起こらなかったりしますw


美しいアートワークとコンポーネントに潜む裏切りとハッタリの心理戦、オススメのゲームです。

続きを見る
閉じる
勇者
Sho-bigriver
Sho-bigriver
レビュー
274名が参考
3年以上前

プレイヤーが交代で船長を務め、飛行船で遠くの島を目指すゲームです。自分的のベスト3に入るゲームです。

何よりもアートワークが可愛くて、立体になった飛行船も、獲得できるカードも、すべての雰囲気がとてもすきです。


船長の最後退船義務なのか、他のプレイヤーが降りても船長はその場で下船することができないので、一番シブいタイミングで船長が回ってくるとなんとも言えない残念さを味わうことができます。


ディーラー的な役割だと、カードを配ったり飛行船を初期位置に戻したりと、各ラウンドの準備がちょっと慌ただしいようなイメージでした。

続きを見る
閉じる
大賢者
Yu
Yu
レビュー
272名が参考
2年以上前

セレスティアのレポ。6人参加で2ゲームプレイしました。チキンレースゲーは得意なので2ゲーム中両方トップ\(^o^)/ 初回プレイは運が良かったらしく、あれよあれよといつの間にか40点貯まってましたが、2ゲーム目は周りの点数や手札状況をカウントしつつ、着実に勝利!!

カウントが得意な人はより勝てる傾向にあるゲームかなと思います。

続きを見る
閉じる
国王
塚@軽中量級ゲー好き
塚@軽中量級ゲー好き
レビュー
264名が参考
2年以上前

★7.3/10【船から降りるか...降りないか....ジレンマゲーム!】

各プレイヤーは船に乗り、なるべく遠くの島まで行くことを目指します。遠くに行けば行くほど特典は高くなりますが、沈没してしまうと0点になってしまします。くわいい説明は省きますが、考えることはたった船を降りて安全に得点を得るか、降りずにさらに得点をとることをめざすかの2択だけです。なのに、他の人の行動や仕草を見たりするうちに自分の判断に自信がなくなって...とにかくボードゲームやってる!感気軽にジレンマを感じられる楽しいゲームです!

ルールの複雑さ ★★      一部特殊カードの効果にわかりにくいところもありますが、とても簡単です!
ジレンマ    ★★★★    他人の表情を読んで一人だけ高得点の島までたどり着いた時の快感は最高です!
初心者向け   ★★★★★   ボードゲームの面白さをよく知れる作品です!

個人的に初心者の方には総じて好評なイメージです!アートワークも雰囲気とあっていてステキですしぜひ一度やってみてください!

続きを見る
閉じる
仙人
パッチョ
パッチョ
レビュー
248名が参考
4年以上前

これはオススメ。造形(特に飛行船)が素晴らしく、並べて動かしてるだけでワクワクします。

見た目より軽いゲームで、インスト含めても1時間以内にはまず決着します。

上がりは50点ですが、30点を目標にするなど、さらに手軽に調整することもできます。

続きを見る
閉じる
勇者
ボードゲームカフェ『ぐらすぺ!』
ボードゲームカフェ『ぐらすぺ!』
レビュー
245名が参考
約1年前

非常に盛り上がるゲームです。船長役の持っているカードを予測して、船長役について行くかどうかを決めるだけのゲームですが、駆け引きがありますし、特殊カードもいい味を出していると思います。シンプルなのでボードゲームを普段やらない人にも一緒にやろうよと声を掛けやすかったです。

続きを見る
閉じる
大賢者
ニキリオン
ニキリオン
リプレイ
244名が参考
5年弱前

JellyJellyカフェ池袋さんでセレスティア初プレイしました。

内容としては海底探検のようなチキンレースのゲームでサイコロを振りながら次々と起こる困難を手元のカードで対処しながら点数を手に入れていくというゲームです。

このゲームの素晴らしい所は何といっても飛空艇の完成度の高さ。また、カードを使って切り開いていくスタイルは面白いです。

つい最近発売されたという事で、プレイされていない方も多々居ると思ったのでレビューさせて頂きました。

海底探検やインカの黄金が好きな方は楽しめる作品じゃないでしょうか?

続きを見る
閉じる
勇者
akiba_0044
akiba_0044
レビュー
230名が参考
5年以上前

各プレイヤーが交代で船長になって飛行船で冒険をしよう。


だが冒険には困難が付きもの。怪鳥が襲ってきたり嵐になったり空賊が襲ってきたり、もうしっちゃかめっちゃかだ。


船長はダイスを振ってイベント(危機)を 公開。「大丈夫、ここは俺に任せておけ!」と言うかはともかく、船長がそれに対処できるカードを持っていれば無事次の都市に棟到着できるのだが、いかんせん怪しいにわか船長だ(笑)


乗客は降りるかそのまま進むか選択することができる。降りればその都市のお宝を無難にゲット。でも先の都市にはよりよいお宝が眠っているわけでこれは非常に悩ましい。もちろん先に行くほど困難は多いわけで。船長を信じてそのまま乗っていたら墜落しても何ももらえないこともしばしば。


時には何のイベントも起こらないゴッドダイス的な目が出ることがあり、そのまま難なく最後の都市まで着いてしまうことも。


思わず「いい旅でした」と呟きたくなる。これだから旅はやめられんのだ。


コンポの雰囲気もよくなにより飛行船が凝っていてよい。まるでFFの飛空艇。シドは乗っていないけどな。

続きを見る
閉じる
勇者
aveeuro
aveeuro
レビュー
192名が参考
約5年前

個人的にとても大好きなゲームです。

まず何よりもコンポーネントが凝っていて美しく、準備していじっているだけで楽しい!!


ゲーム性としてはチキンレースですが、船長がカードを持っているか否かで次の島にいけるのかが決まるのですが、意外とカードに偏りが多い。

いっぱい手札が多いからまだまだいけるだろうと思ったら、墜落してしまったり、もう無理だろうと思って船から降りたら船長だけが進んでいったりと、簡単に盛り上がれるゲームです!!

続きを見る
閉じる
仙人
あらい
あらい
戦略やコツ
191名が参考
約5年前

初見プレイなりに気づいたのは、このゲームは50点先取なので、ガンガン降りるコールして得点を狙うこと。戦略としては、進めば進む程に降りたとき高得点なので、ソロで高得点をゲットしたら、次は逆に早い段階で降りて素早く得点を重ねていった方が、ロスなく50点ゲットできます。如何に0点のターンを回避するかがコツ。極端な言い方をすれば、1巡目に勝敗が決することになるかも。

続きを見る
閉じる
仙人
特別純米酒2017
特別純米酒2017
レビュー
178名が参考
4年以上前

飛行船に乗って遥か遠くの世界、セレスティアを目指すロマン溢れるゲームです。
プレイヤー達は全員同じ船に乗り、みんなで最果ての地を目指します。
目的地まで到着すると高得点。でも失敗して飛行船が墜落すると0点。途中で船を降りて中くらいの点数を取る事も出来るが、果たして勝負を降りるべきなのか?
夢に懸けるのか、現実を見るのか。そんな冒険をテーマにしたワイワイ出来るパーティーゲームです。

続きを見る
閉じる
大賢者
あまとう
あまとう
レビュー
163名が参考
約5年前

セレスティア

船長は船員をのせて冒険するが、次から次へと解決しないといけない事態が……

それを解決するのは全て船長の腕次第

頼りない船長の船はとっとと降りてしまおう(´・c_・`)


詳しい紹介記事

http://blog.livedoor.jp/phu72565/archives/1281709.html

続きを見る
閉じる
大臣
ピジー
ピジー
レビュー
154名が参考
約5年前

ネーミングが美しい。造形物を見ただけでワクワクする。

ルールは単純。つまり傑作!

続きを見る
閉じる
仙人
特別純米酒2017
特別純米酒2017
戦略やコツ
116名が参考
3年弱前

カード運はあるものの、どこかのタイミングで一人旅(飛行船に一人で乗った状態)で、高い得点を獲得できるように狙えるといいです。また、船長だと飛行船から降りられないので、そのタイミングがどう回ってくるかは気にしておくといいです^^

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
114名が参考
19日前

 船長を1人決めて、サイコロを振り、船から降りるか降りないかを決めます。

サイコロの出目によって、手札から回避することができれば次のステージへ進むことができるのですが、回避できなさそうと思ったら船を降りて、その時点の得点カードを獲得します。

先に50点以上獲得したプレイヤーが現れたら終了となります。

なので船長の手札と場のサイコロの出目を読むのが重要となってきます。

出目によって回避できなかった場合、その時点で船に乗っているプレイヤーは得点を獲得することができません。

なので、現時点の得点で甘んじるか欲張って次のステージへ進むかはプレイヤー次第。

1プレイヤー終わるごとに各プレイヤーは1枚手札を補充できるため、後からの人の方が手札が多くなり、危機を回避しやすくなります。

最終的に50点以上を獲得したプレイヤーが出た時点で私の得点は44点で、ちょっと足りませんでした。

途中で獲得した出目をスルーするカードを使えばよかったと「ぐぬぬ」しました。

また遊びたいですね。

続きを見る
閉じる
大賢者
ふみのりんぐ(ふみんちゅ)
ふみのりんぐ(ふみんちゅ)
ルール/インスト
69名が参考
29日前

飛行船の船長を交代で担当するチキンレース。先に進むほど危険は増すけれど、宝の価値も上がっていくぞ! どんなゲームか知りたい人むけ、ざっくりルール説明です。


1)テーマ

・年代:ガリバーの旅する世界
・場所:天空の城・セレスティア
・プレイヤーの立場:飛行船の船長または乗員
・目的:遠くの土地まで到達し、高価な宝を得ること。
・行うこと:
 ・船長となり、危険に立ち向かう。
 ・乗員となり、降りるタイミングを見計らう。
 ・降りた土地の宝を得る。


2)ルール

○基本システム

・カードプレイによるイベント解決。
・チキンレース(粘ると得をする可能性があるが、破滅もある)。


○大まかな手順

1)ラウンド制。終了条件を満たすまで続ける。
2)親プレイヤーが船長となり、指示数のサイコロを振る。
 ・出目は、今回遭遇する危険の種類を示す。

3)船長以外は、時計回りに、以下いずれかを選ぶ。
 a)降りない:自色コマを船に置いたまま。
 b)降りる :自色コマを手元に戻し、現在地の宝を得る。

4)船長は、危険に対応するカードを出すか、宣言する。

5)船員は、条件を満たすカードがあれば、使える。

6)船長がカードを出し、結果を判定する。
 a)危険を回避:次の都市に船を進める。
 b)回避できず:船はスタートに戻る。

7)親プレイヤーを左の人に移す。

8)船がスタートに戻ったときは、以下を行う。
 ・全員、カードを一枚引く。
 ・全員、船に自色コマを乗せる。
 ・誰かが50点以上取っていたら、ゲーム終了となる。


○勝敗

・宝の得点を合計し、点数が高い人が勝ち。

○カード

a)コンパス:暗雲を回避できる。
b)充電器 :稲妻を回避できる。
c)警笛  :怪鳥を回避できる。
d)大砲  :海賊を回避できる。
e)ターボ :いずれかの危険1つを回避できる。
f)脱出  :★別プレイヤーを強制的に降ろす。
g)飛行  :★危険回避の失敗時、現在地の宝を取れる。
h)回り道 :★船長がサイコロを振り直せる。
i)突風  :☆空白サイコロの振り直しを強制する。
j)秘宝  :★すべての危険を無効にする。

★印は、船長以外の乗員も出せる。☆は、脱落者を含む全員が出せる。

○特徴的な要素

・チキンレース。
 ・船長だけは、先に進まなければならない。
 ・船長以外は、先に進むか、降りるかを選べる。
 ・先に進むほど、得られる宝の得点が増す。
 ・船長は、1手番ごとに交代する。
 ・船長だけ残ったときは、いつでも降りられる。

・サイコロにより、危険が発生する。
 ・先に進むほど、振るサイコロの数が増す。
 ・サイコロで空白の目が出たら、危険は発生しない。
 ・危険ごとに、解決できるカードが決まっている。
 ・特定のカードは、乗員も出せる。

続きを見る
閉じる
マツジョン
マツジョン
ルール/インスト
66名が参考
12ヶ月前

「船長、そりゃないよ…もう切符買っちゃったじゃん…」 

《セレスティア》凸凹ママのボードゲームルール説明 ゆっくり音声と字幕付き動画でていねい解説 

https://youtu.be/a2aBzjZ2dU0

ガリバーも探し求めたという不思議な天空の都市セレスティア

あなたは飛行船に乗り込み、障害だらけの大冒険に出発します

しかし乗り込んだ乗客たちはあなたを含め胡散臭い面々

乗客たちは代わる代わる船長役も引き受け、冒険を進めますが… 

次の都市にこの船長は行きつけるでしょうか…!? 

障害に対処できなければ、この飛行船は墜落…冒険はまた振り出しに戻ります

あなたが乗客であるときは、この冒険を続けるか降りるか 船長を見定め、勇気をもって決断しなくてはいけません

片や船長を担う時には…内面のドキドキを隠してポーカーフェイスで 乗客たちを安心させなくてはいけません

危険な冒険の先には、更に高価な宝物が待っています 乗るか反るか!?

勇気と慎重さを見事に操り、あなたはより多くの宝物をセレスティアで獲得できるでしょうか

続きを見る
閉じる
仙人
凸凹ママ
凸凹ママ
  • 商品価格¥ 4,180(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 328興味あり
  • 1536経験あり
  • 318お気に入り
  • 655持ってる

チェックした商品