マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
コーン・ウォール
  • コーン・ウォール当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

コーン・ウォール

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
コーンウォールに自分の土地を持とう! 波乱万丈なタイルつなぎゲームが新登場!
  • ヨハネス・シュミダウワー・コーニッヒ(Johannes Schmidauer-König)作

 プレイヤーはいろいろな地形(沼地・森林・山など)が記されている土地タイルを、すでに置かれているタイルにつなげていきます。

 タイルをつなげた後、プレイヤーは大柄、のっぽさん、小柄の3種類の人物コマのうちの1つを、今つなげたタイルの好きなマスに置くことができます。もちろん、それぞれパワーが違います!

 こうして1種類の地形が他の地形に囲まれたら、その地形の所有者が決まり、得点計算が行われます。得点後、その地形にいた人物コマは勝っても負けても皆、パブに行ってしまいます! コインを払って彼らを戻さないと、いつまで経ってもパブで飲んだくれ? さらに沼地などの特殊地形や、コテージや教会などの特別ルールもあり、簡単ながらも大変面白い、波乱万丈なタイルつなぎゲームとなっています。

レビュー 3件

145
名が参考にしたレビュー
 by 手動人形

言うなれば「『カルカソンヌ』の亜種」なのですが、本家にはない魅力的な部分がありました。以下、“本家”との違いです。

  • 真四角ではなく3つにつながったヘックス。
  • ミープルに大中小の強さがある。
  • 「お金」の概念がある。
  • お金を使って一度に2つ以上のミープルを配置できる。
  • 更に「既にミープルが配置されているエリア」に追加でミープルを置ける。(自分のでも相手のでも)
  • 地形の完成は『カルカソンヌ』と同じ「閉じられた土地」に加えコテージが描かれた場所がつながった場合。
  • 地形が完成したらミープルはパブへと行ってしまい、回収するにはお金が必要。


なので、ルールとしては煩雑に見えたためプレイする機会は少なかったのですが、改めて、本家にない利点に気づかされました。

  1. 一般的なこたつ机に収まる盤面なので場所をそれほど必要としない。
  2. インスト入れても45分ほどで終わるサックリとしたプレイ感。
  3. 運の要素が強いので経験値の違いによる得点差が出にくく初心者に優しい。
  4. 本家より「相乗り」が気軽に発生するため、短い時間ながらも緊張感。
  5. 得点計算も存外単純。


特に、「それほど広くないテーブルで遊べる」ところと「本家より短い時間で終わる」というのはかなりの利点。 

それでいてタイルプレースメント特有の「感想戦が楽しい盤面」はしっかりと持ち合わせています。

個人的には「コーンウォール特有の地形」を彷彿とさせるアートワークがお気に入り。

(写真は2010年に訪れた際のもの。右奥のコテージは本ゲームのそれを彷彿とさせます)

オフ会などで「いつもと違ったタイルプレースメントを楽しみたい」方にもおすすめできると思いました。

2ヶ月前(2020年01月27日 19時54分)
続きを読む
閉じる
116
名が参考にしたレビュー
 by 特別純米酒2017

カルカソンヌを進化させたような感じで、追加要素があり、手軽にプレイできる。違うのは、パネル。四角ではなく六角形を3つ繋いだパネル。ミープルを置いたりするので、カルカソンヌ好きな人は好きなはず。ただ、追加要素が微妙なので、カルカソンヌとルールが、ごっちゃになるかも。ただ、名作とまでは、言いませんが良作です。

3年弱前(2017年06月02日 19時40分)
続きを読む
閉じる
89
名が参考にしたレビュー
 by moonwing-moth

カルカソンヌモドキ。地形の接続が見づらく、視認性の面で大きく劣る。ミープル間にカーストがあったり、お金の概念が存在したりするのは面白い追加要素だが、最悪なのがコテージの存在。このゲームではヘクスタイルを用いるため地形がなかなか完成しない。そこで必要とされるのがコテージタイルで、コテージタイルがつながった地形は強制的に完成とみなされる。コテージタイルがあまりにも強すぎ、コテージタイルを何枚引いたかが結局勝負を分ける。本家カルカソンヌで修道院が強いよね、などといったレベルではない。コテージを引いてはじめて勝負のステージに上がれるのである。

1年以上前(2018年10月08日 22時26分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,070(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 18興味あり
  • 45経験あり
  • 8お気に入り
  • 63持ってる

チェックした商品