マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
コンコルディア
  • コンコルディア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 100分前後
  • 13歳~
  • 2013年~

コンコルディア / Concordia の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ドイツボードゲームの、ひとつの完成形
  • マック・ゲルツ(Mac Gerdts)作

 プレイヤーは古代ローマ帝国における商業の名家となり、地中海周辺地域に商業網を作り上げ、神々の望みを満たすことで勝利を目指します。「これぞボードゲーム」と感じさせるような重厚なテーマを持った作品です。

 こういった長時間ゲームですと、「ルールを覚えられないのではないか」「難しすぎて楽しめないのではないか」と心配になりがちですが、ご心配は無用です。ゲーム自体は間違いなく本格的ですが、ルールはわずか4ページにまとめられています。

 プレイヤーはゲーム開始前に、それぞれ同じ構成の手札(人物カード)を受け取ります。手番に行うことは、これを1枚使って、そこに記された効果を得ることのみです。ゲームは前編にわたり、順にカードを使うだけで進んでいきます。カードを使うことで、お金を得たり、入植者コマを移動させたり、物品を獲得したり、都市に拠点を築いたり、新たなカードを購入したりしていきます。使うカードを1枚選ぶというだけの選択から、本格的なゲームが巻き起こるのです。カードを使う度に次に選べる行動の選択肢は減りますが、全員が1枚ずつ持っているカード「護民官」を使えば、捨て札が全部手札に戻ります。このカードをどのタイミングで使うかが重要です。

 カードには、使用して得られる効果の他に、6種類のいずれかの神の名が記されています。これがゲーム終了時の得点源になります。「自分の持つ都市の数」「盤上の入植者コマ数」「生産可能な物品の種類」など、様々な盤面の条件に応じて、カード1枚毎に点数が入るのです。「新たなカードを購入して手札を増やすこと」「カードに記載された神(得点条件)に合わせて盤面を発展させること」の2つが重要になります。

 「箱が大きい」「ゲーム時間が長い」「高価格」な商品ですが、それでもご紹介する価値があると感じさせる、「シンプルでありながら重厚」な傑作です。

コンコルディアに14件の書き込みがあります

794
名に参考にされている戦略やコツ
2016年03月02日 07時29分

ゲームに慣れていない時に陥りやすい勘違い。

結論から先に言いますと、このゲームは「カードをいかにたくさん獲得するか」ということが基本戦略にあります。
ゲーム中に出てくるカード枚数は人数によって固定ですし、1枚で取れる点数の上限も決まっています。

つまり、「ゲーム中に獲得できる総得点は決まっている」のです。

ここに気づくと話は早いです。
その得点ソースは何かというと、カードです。つまり

  他の人よりカード枚数が多い≒他の人より点数の分配が多い

と考えられます。もちろん1枚あたりの得点効率を上げることで、
その方程式を覆すことも可能ですが、それはある程度カードを獲得してから目指しても遅くないです。

もちろん資源集めや建築だって大事なことですが、
全てはカードを得るためだ、ということがブレない様にプレイすることをお勧めします。

「建築沢山して資源もいっぱい持ってるけど、カード枚数が人より少ない」
なんてことになりませんように。

続きを読む
閉じる
586
名に参考にされている戦略やコツ
2016年08月23日 11時04分

まず、早い段階で獲得することが重要なカードがあります。それは、「商人」です。このカードは5コインを獲得した上で2種類の物品を売買することができます。最初から所持している商人は3コインしか獲得できないのと、このカード1枚だけでは後々、建築やカードの獲得、入植者の追加が上手くいかなくなります。また、5種類全ての物品が供給できるように家を建てていれば、1枚で10点も獲得することができます。商人カードは人数にもよりますが、複数枚入っているので、大きな得点が期待できます。

また、専門家カードのうち、「石工」は気を付けなければいけないカードです。煉瓦都市につき3点を獲得でき、その都市数ぶんの煉瓦を獲得できますが、この効果はゲームの後半になるにつれ弱くなります。煉瓦都市はユピテルで点数にならないこともあり、煉瓦は資材の中で一番価値が低いこともあって、商人で取引して獲得するほうが有益に思えます。石工を取る場合は、早めに家を建てきることを考えてプレイすると、他プレーヤーがカードを購入するのを抑えて先行逃げ切りすることが容易になるでしょう。

後は最初のアクションをどうするかで方向性も変わると思います。これにはローマ近辺の都市で生産できる資源と、行動順番がかかわってきます。最初はどのプレーヤーも建築家カードで家を建てたいと思っているはずです。なので、誰かが建築家カードを使ったら他のプレーヤーは外交官カードでその建築家カードをコピーして使用し、自分の建築家カードを温存するでしょう。それを念頭に置いて、どのような順番で家を建築するかがポイントです。ただ、先に建築しないと余計なコインがかかってしまいますので、状況に応じて自分から率先して建築家カードを使うのもありかと思います。

なかなか難しいゲームですが、わかれば楽しさが存分に伝わるゲームだと思います。もし興味があってやってみたいという方は、boiteajeuxというサイトでプレイできますので、そこで練習してみてもいいと思います。

続きを読む
閉じる
445
名に参考にされているレビュー
2016年10月27日 23時44分

★★★★★4.5/5.0

運要素の少ない完全ロジックゲーム。記憶力による部分もあるが、ほとんどの行動がオープンで完全な読み合いと、ロジックの積み重ねで進んでいく。

ゲーム要素自体は、エリアマジョリティのような、各資源が生まれる都市に自分の建物を建てながら、獲得した資源を元に次のアクションを行っていく。

得点源は、建物の数、自分の建物のある地域の数、ワーカーの数など様々。
ちょっと変わっているのは、自分が持っているカードの枚数によって得点が変わること。カードの種類ごとに対応する得点源が決まっており、その得点源からの得点に、所持しているカードの枚数をかけていき、それぞれを足し合わせた数が最終的な得点になる。

運要素が極端に少ないが、その分やりがいがあって面白い。実力がそのまま試される。
盤面は都度変わるし、得点源に応じた戦略もあるため、リプレイ性も高い。

平均点は100点くらい。120点以上くらいが勝利ラインかなーと思う。
建物よりはカード枚数を取るほうが強いゲーム。

続きを読む
閉じる
393
名に参考にされているレビュー
2017年12月07日 14時33分

ローマ帝国を舞台にカードを使い、入植者として帝国の版図を広げていくゲームです。


基本的にプレイヤーができることは自分の手札のカードを一枚使うことだけです。しかしそれらのカードは様々な効果を有しているので、非常に考えることが多いゲームです。

直接攻撃はないですが、同じエリア(属州)にいる他プレイヤーも同時に利益を得るカードや直前に他プレイヤーが使ったカードの効果をコピーするカードなどがあり、インタラクションは十分にあります。


欠点としては、得点の見通しが悪いことです。カードの種類ごとに得点加算方式が異なるため、完全に他のプレイヤーの得点を把握するのは難しいです。しかし「サトゥルヌス」や「ユピテル」のカードを多く買っている人やたくさん家を建てている人は、高い点を稼いでると考えた方がよいでしょう。一方で、見通しが悪いことで誰が負け確定になっているか分かりづらくなっており、カタンのように途中で萎えてしまうプレイヤーは少ないはずです。


このような欠点はありますが、高い思考力が求められる点やリプレイ性が高い点、美しいボード、ルール自体はシンプルである点など素晴らしいゲームとなっています。私の一番好きなゲームです。

マップは表裏で2面ありますが、飽きてしまったら拡張版がたくさん発売されているので購入を検討するとよいかもしれません。

続きを読む
閉じる
385
名に参考にされているレビュー
2018年08月30日 17時19分

★9(個人的10段階評価)


重そうで軽い、意外と初心者向き傑作ボードゲーム!


既に沢山の方に支持されている本作ですが、個人的な見所は意外な程の「分かりやすさ」でしょうか。

手番が来たらカードを一枚使うだけ。船を動かすも家を建てるもカードを買うもリソースを手に入れるも捨て札を回収するも、全てがカードによって行われ、またそのカードに全部書いてあるため、重そうな見た目に反して実はかなり初心者向き。


またカードテキストも特殊効果がもりもりあるわけではなく、基本的には初期手札の発展系や亜種のため、ルールの把握は意外な程容易で、しかしながら勝つための得点方法は多岐にわたるため、ゲームとして悩ましい。


敷居が低く、奥が深いという理想を地で行くボードゲームです。


相応に時間のかかるゲームですが、あまり重量級を好まない知人でもこれは繰り返しやりたいと希望する程にはプレイ感が軽く、リプレイ性の高い素晴らしいゲームです。


難点は、点数の見通し(現在誰が勝っているのか)はどうしても把握し辛いところでしょうか。

ただこれは一長一短で、最後の得点計算の時に大きな盛り上がりが来たりするので、好き好きですね。勝利を確信していた人間がまくられるのは、どんな時でも楽しいです(笑)。


一見ゲーマー向けゲームに見えますが、カタンやチケットトゥライドの次のステップとしてもオススメしたいボードゲームですね。

続きを読む
閉じる
357
名に参考にされているレビュー
2017年04月08日 01時35分

護民官や元老院議員など古代ローマの「人物カード」を駆使し,ヨーロッパや北アフリカ,西アジアに広がるローマ帝国の属州に版図を広げていく,歴史ロマンあふれるゲームです。

自分の入植民のいる都市の生産物を売買して,それを元手に新たな都市に入植の手を広げたり,人物カードを購入して自分のデッキを強化していきます。大雑把に言って,手持ちのカードと広げた版図の掛け算で最終得点が決まるのですが,カードばかり購入していると版図を広げられず,かといって入植ばかりしていると重要なカードを先に買われてしまったり,ジレンマがあり悩ましい。毎ターン1枚使える人物カードの段取りをうまく考えないと効率よく展開していけないので,けっこう頭を使います。また,最初のボードのセットアップと山札のシャッフル以外にランダムさがないので,負けるとくやしい! もう一回! となります。ゲームが終わったあとの感想戦まで含めておもしろいですね。

また,ゲーム自体と関係ないですが,ボードに描かれた古代ローマの地図を眺めて古代の都市名を読みとくのが楽しい!! アエギュプトゥス? あーエジプトか!! みたいな。インペリウムマップの裏には2人プレイ用のイタリアマップ,拡張を買えばビザンチウム,ヒスパニア,ブリタニア,ゲルマニア,ガリア,コルシカと,マップがたくさんあり飽きることがなさそうです。ゲーム的にはリプレイ性も高いのではないでしょうか。

続きを読む
閉じる
357
名に参考にされているレビュー
2016年08月23日 03時19分

得点計算が複雑で自分の勢力を拡げていくゲームとしか言えません。

アクションは全てカードを出すことによって行い、基本的なカードの効果も多くないので90分のゲームでありながら、ルールはわずか4ページです。

直接攻撃がなく、どでかいマップに自分の駒を置いたり、お金や商品、カードを獲得し、ボードゲームの楽しさが詰まっています。

勝敗にシビアな人でも遊び終わったあと、楽しかったと心の底から思えるゲームだと思います。


【追記】

長年の謎だった灰色のリソースの正体ですが、どうやらアンビル(金床)というらしいです。

続きを読む
閉じる
275
名に参考にされているレビュー
2018年12月16日 22時54分

資材を集めて家を建てたり人を雇ったりして点数を競うゲームです

説明書とにらめっこしながら10歳の息子と遊んでみました

各カードには小難しく効果が書いていますが要約すると「人を動かして家を建てる」とか「カード買える」とか「お金もらった後に商品を売り買いする」とかなのでそこまで悩む事もありません

ターン毎に出来る事も「なんらかのカードを手札から出して効果を処理する」だけなのでルールさえ覚えてしまえばサクサク進んでいきます

但しこのゲーム、点数や順位がプレイ中は全くといっていいほど分かりません
自分が今何点なのか、トップが誰なのか、後何点あれば逆転なのかという情報が一目で分からないのでモヤモヤしながらプレイする感じになります

個人的にはこちらのアプリを立ち上げた状態でゲームすることをオススメします

ゲーム終了後の点数計算も「〇〇を持ってる数×△のカードの枚数」とかなので計算がめんどくさいですが、アプリがあれば直ぐに結果も出るので複数人数で遊ぶ場合は他の人のターンの間に一人がデータ入力という事も出来ると思います

説明書を読む時は難しそうなイメージでしたが(というか説明書が分かりづらい)、いざ遊んでみると結構簡単に遊べるので貿易や領地拡大などのゲームが好きな人にはオススメです


「日本語版のくせして地名が読めんやんけ(息子)」


■カードサイズ 91mm×59mm(ユーロサイズ):72枚


個人評価:7.8/10

続きを読む
閉じる
239
名に参考にされているレビュー
2018年11月03日 14時04分

いやいや、家建ててるだけじゃ勝てませんね…。

1回プレイしただけなのでアレですが、どうにも勝ってるんだか負けてるんだかわかりません。


後々の反省としては、このゲーム、カードを押さえる事で点数が結構跳ね上がるんですが、ついつい家を建てる事に集中してしまって、気付けば自分がどのくらいの点数にいるのかわからない!なんて事に。

ちなみに、家を建て切るとそこでゲームセット。点数計算に回ってしまうので、あんまり立て過ぎちゃうと手遅れ状態になってたり…。


一緒にやった人に聞くと、結構初回あるあるだそうです。


ルール自体は非常にシンプルなので、理解はできるのですが、得点計算の見通しがしにくいのが難点かなぁと思いました。


続きを読む
閉じる
220
名に参考にされているリプレイ
2016年10月27日 23時56分

4人プレイ。オンラインではよくやってたけど、オフラインでは初プレイ。
初期資源固定プレイも初めてやったけど、かなりやりづらい…。やっぱり好きに買えるほうが面白い。

3番手スタートで、初手はFarmerとDiplomat。食事都市がほどよくバラついていたので、FarmerとSATURNUSで約90点を目指す方針。
あとはレンガ都市を建てすぎないようにしつつ、Consulをそこそこ買えればいいかなー。

振り返ってみると、想定通りに手は進められたけど、結果は2位。
途中でちょっと鈍化したところがあり、手を伸ばしきれなかったか。あと1金あればもう8点というところでした。

1位は、ワイン国家。カードを一番買っていたこともあり、得点が伸びていた。

3位は、SmithとMason。初プレイなのに、建物建て切りでコンコルディア取っていて、無駄な手もあまりなさそうな好プレイだった。

4位は、Colonist戦略。食事も道具も取れなかったのはつらかったんじゃなかろうか。

うーむ悔しい。

続きを読む
閉じる
218
名に参考にされているレビュー
2019年02月17日 12時58分

すごい好きで、トップ5には入るくらいに好きなゲームです。ただ結構考える事も多く運要素が少ないゲームなので、好みが分かれるかもしれません。

人数によってプレイするマップが盤面の表裏で異なるので、プレイする際にはよく確認してからスタートしたほうがいいです。


コンコルディアという古代ローマ神話の女神の名前が付けられているように、ローマ神話の神々の名前が多々出てきます。

リソース獲得のシステムがとてもよくできていて、周りのプレイヤーとの腹の探り合いもアツく、それゆえリプレイ性が高くなっているゲームだと感じます。


このゲームはプレイヤーが持つ建築物をすべて建てきるか、場に売っているカードが売り切れるかでゲームが終了するのですが、ゲームを締めに行かないとなかなか終わらないので、自分が「今勝ってるな」と思ったらどんどん詰めて終わらせにいく必要があります。

ただ、点数計算に関わる係数が多いので、ラストの点数計算までなかなか計算しづらいので、この判断が難しいところもこのゲームの面白いところであると思います。

物品や硬貨もしっかりとすべて点数要素に関わってくるのでなかなか気が抜けません。


僕が初回プレイ時は僅差 (大執行官の有無) でゲームが決まったので、最後まで諦めずに点数を取りに行ったりすると思いの外勝てるのでは、と思います。

続きを読む
閉じる
187
名に参考にされている戦略やコツ
2019年03月05日 19時38分

コンコルディアは戦略的なゲームでありながら、どのカードをどのように、そしてどの順番で使おうかといった戦術的な面白さにも事欠かない作品です。

直接攻撃のない平和的なゲームですが、プレイヤー間のインタラクションは豊潤で、また多数の拡張マップがあり、産物の配置やサルサ拡張にあるフォーラムタイルによってプレイする毎に状況が変わるため、100回以上遊びましたが未だ飽きることがありません。

そこで、初プレイの方の指針になればと、これまで学んできたことを以下にまとめたいと思います。


■得点について

インストの時、自分はよく「長方形の面積を最大にするゲームです」といった説明をします。

このゲームでの得点はカードから入ってきますので、カードを買わずに家だけ建ててもダメ、逆にカードをたくさん買って家の数が少なくてもダメ、両方をバランス良くやっていって、カードをたくさん買い、1枚当たりの得点も高いのが理想と、そういう意味です。



■拡大再生産

このゲームは拡大再生産です。

建築家で家を建て、長官で物品を生産し、商人でお金を得たり物品の種類を調整して、そのリソースでまた家を建てていきます。

家を建てれば建てるほどプレイヤーの生産力が上がっていくという仕組みです。


家の建て方にはいくつか考え方があります。

序盤は、他プレイヤーと相乗りするように建てる建て方やひとつの属州に集中して建てて一回の長官での生産力を上げる建て方が考えられます。

どちらが良いかは一概には言えませんが、少なくとも自分から生産できる属州を1~2個持っていたほうが良いようです。

また拡大再生産を進める為に、まだ生産されていない(特産品タイルが裏返されていない)属州に建てるよう意識することも大事です。

既にその属州が生産済みの場合、一度長官で特産品タイルを表返すのを待たなくてはなりません。

これは序盤のタイムロスに繋がります。


拡大再生産を進める為には、物品、資金、カードの3つが必要になります。

どれが不足していてもその部分がボトルネックとなって拡大再生産を妨げるので気を付けましょう。


ゲーム開始時には家が一軒もありませんので、通常は建築家から入ると思いますが、建築家と商人がカード販売列の安いところにある場合、元老院議員からスタートする手順も検討に値します。

上に挙げた物品、資金、カードの3要素のうち、まずはカードの部分を改善するという考え方です。

このゲームでは、長官→商人→建築家というのがひとつのエンジンになりますが、初期手札にはこのエンジンが一組しかありません。

長官は初期手札に2枚あるので、建築家と商人を買うことでこのエンジンをふたつにすることが出来ます。

この初動をダブルエンジンメソッドと呼んでいますが、エンジンをふたつ備えることで、この後の拡大再生産がスムーズにいくようになります。


■終盤の動き

序盤は拡大再生産とアクションの強化を重視しますが、中盤から終盤にかけては、カード購入にせよ、家の建築にせよ、拡大再生産やアクションの強化よりも得点を意識して動くようにします。

より多くの属州に建築するようにしたり、購入したミネルバの家をコンプリートするよう心掛けたり、入植者を全員出すようにしたり、全種類の物品を生産できるように建築したりと、それまで買ったカードの得点が上がるように行動します。

逆にカードを買う場合も同様で、カードそれ自体の利便性も大事ですが、それ以外にもそれまでのゲーム状況から得点が高くなりそうという観点からの検討も必要です。


最後にコンコルディアカードについて。

このゲームのエンドフラグには、カードの買い切りと家の建て切りのふたつがあります。

エンドフラグを切ったプレイヤーには、コンコルディアカードの7点が与えられますが、これが意外に大きいです。

経験上、エンドフラグを切れる時は基本的に自分から切ったほうが良いようです。

逆に言えば終盤に入ったら自分がどちらのエンドフラグを切れるのか意識して、そこを目指して動くようにします。


同様に他プレイヤーの動向にも注意して、エンドフラグを切られてしまったときに最後の1アクションをムダにしないよう気を付けましょう。

続きを読む
閉じる
175
名に参考にされているリプレイ
2018年06月12日 21時42分

2018/03/04 下総ボードゲーム会にてプレイ。

重ゲーだけど、アクションは簡単。カードを一枚プレイしてその効果を発動するだけ。

カードを買うことがそれすなわち得点につながるけど領土広げられない。常に金がかつかつなので、5金商人は買っておきたいかな。

もってきてくれた人に感謝!自分の大好きなボードゲームのひとつ。

続きを読む
閉じる
100
名に参考にされている戦略やコツ
2018年12月02日 21時01分

何回かやってみましたがスタートプレイヤーがなかなか勝てないような気がします。5金スタートで建築家→長官→商人と来て次に建築家を打ちたいのですが、カードがなく長官をはさんで外交官で建築家コピーとなるので4人戦だと建築順が1番、8番となってしまいます。初手元老院議員もありだと思いますがなかなかうまくいきません。スタートプレイヤーでいかに上手くやれるか研究中です。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 8,000(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 174興味あり
  • 491経験あり
  • 172お気に入り
  • 400持ってる

チェックした商品