マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
勝手に相関図〜ミステリはお気に召すまま〜
  • 勝手に相関図〜ミステリはお気に召すまま〜	当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30~45分
  • 12歳~
  • 2021年~

勝手に相関図〜ミステリはお気に召すまま〜

メーカー・卸元:16PRODUCT (委託販売作品

残り2点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
みんなで勝手に相関図を作って楽しむ、ちょっと頭を使うパーティゲーム!

☆曜サスペンスのような捜査本部に集まった刑事たちが
情報を整理するためホワイトボードへ相関図を書き出すことに!?

■ジャンル:カード配置、ストーリーテイキング
「捜査」と「プロファイリング」のカードを使って、相関図を作っていきます。
犯人の条件が揃いだしてきてからが勝負どころ!
そこまでに、決定的な証拠品や状況を変えるカードを手元に集め、
ここぞ!というときに勝負に出ましょう!
ただし、勝負に出てもすぐ覆されてしまうこともあるので気をつけて!

内容物
カード(大)10枚(犯行現場6枚/サマリー4枚)
カード(小)100枚(捜査72枚/プロファイリング28枚)
チップ(短)45個(個性26枚/アリバイ2枚/第一発見者1枚/被害者2枚/血痕2枚/犯人(6色)計12枚)
チップ(延長)10本

─ ゲームの遊び方は、‘2通り’ ─

遊び方〈A SIDE〉
■ゲームの目的
カードを置いて相関図を作り、犯人になる条件を満たした人物に「あなたが犯人だ!」と決定することが目的です。

■プレイ方法
まずは、相関図を作りの準備として、人物、犯行現場、プロファイリングをオープンします。

相関図の作り方は簡単です!
プレイヤーは、下記から2アクションを行います。
1)「捜査」カードを相関図に置く
2)「捜査」カードを山札から1枚引く
3)「プロファイリング」カードを1枚オープンする
4)「特殊捜査」カードを1枚使う
・「捜査」カードには、相関図を作るための要素(人物、関係(矢印)、証拠品、特殊捜査)があります。
・「プロファイリング」カードには、犯人の条件や相関図を変える内容が書かれていて、ゲームの流れを左右します。
・「特殊捜査」カードには、他のプレイヤーの邪魔をしたり、相関図を変えられるものがあり、ゲームで有利になります。

これを各プレイヤーが順番に行います。

ゲームが進み、犯人の条件に当てはまる人物がいたら、「あなたが犯人だ!」チップを置いて指定します。
そして、他のプレイヤーが1巡する間に下記がなければ、犯人が決まります。
・犯人の条件が変わる
・別の人物に「あなたが犯人だ!」チップを置かれる

「あなたが犯人だ!」チップを置いたプレイヤーの勝利です!

遊び方〈B SIDE〉
■ゲームの目的
まずは、〈A SAIDE〉と同様に相関図を作ります。そして、できた相関図から話を作り、「面白い!」とみんなから票を集めることが目的です。

■プレイ方法
「捜査タイム」→「推理タイム」の、2部に分かれてプレイします。

「捜査タイム」
〈A SAIDE〉と同様に相関図を作ります。
そして、「あなたが犯人だ!」チップを置くプレイヤーが出たところで、「捜査タイム」が終了し、「推理タイム」になります。

「推理タイム」
1)今回の事件を推理した内容(話を作って)を順番に披露していきます。
まずは、犯人(チップを置く)、殺害方法、動機(犯行目的)を言います。
次に、1分間で、人間関係、証拠品の使い方、犯行目的を欲しがった理由などの「推理」を、自由な発想で話してください。
2番目以降の人は、前の人と違う推理をしてください。そのときに、手持ちの証拠品カード2枚までを相関図に追加することができます。
※矛盾点があれば、全員が話終わってから言いましょう。

2)そして、一斉に投票します。自分が一番“面白い”と思った話をした人を指さしましょう!
最後に、面白い話をしてくれた人に拍手を送りましょう!

推理(話を作る)ときのコツ
・相関図を作る時からおおまかにでも考えておくと良いです。
・相関図になくても、そこから連想される事件や人物や証拠品を加えると、より自由な発想が生まれやすいです!
・相関図の人物・証拠品・個性などを、推理に加えれば加える程、みんなからの票をもらいやすくなります!

制作者/関連企業/団体

  • 商品価格¥ 1,800(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 11興味あり
  • 8経験あり
  • 1お気に入り
  • 11持ってる

チェックした商品