マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ナナカードゲーム
  • ナナカードゲーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 15~30分
  • 6歳~
  • 2021年~

ナナカードゲーム

メーカー・卸元:Mob+(モブプラス) (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
あなたのいちばん大きいの見せてください!

・〝手札がある神経衰弱(トランプゲーム)〟みたいなゲームです
・カードは「いちばん大きい」と「いちばん小さい」しか出すことができません
・みんなの手札を推測しながら、しあわせの〝ナナ〟を見つけましょう!

〇『ナナカードゲーム』とは……

ナナは「同じ数字のカードを3枚当てる」ことを目指すゲームです。

遊び方はトランプゲームの「神経衰弱」と同じなのですが、遊んでみた感覚はまったく異なります。
神経衰弱は「場札」をめくっていくゲームですが、ナナは「誰かの手札」を公開していきます。
しかも手札は「いちばん大きい数字」か「いちばん小さい数字」しか公開できません。
(たとえ自分の手札だったとしても、です!)
たったこれだけのルールなのですが、驚くほど「悩ましいゲーム」になっています。

〇どこがおもしろいのか

基本的にやることは「同じカード3枚を探す」なんですが、その過程で色々なことがわかっていきます。
例えば、とある人の「いちばん大きい数字」が「8」だった場合。
数字は「1〜12」までしかないので、その人の手札が「小さい数字ばかり」だと分かります。
そんな時、もし自分の手札に「1」が2枚あったりしたら、その「小さい数字を持っていそうな人」の手札を公開しにいったりするわけです。
(もちろん必ず持っているわけではありませんが……)

こんな風に「とてもシンプルなルール」なのに「推理思考が楽しめる」のがナナの面白いところだと思います。

あとカードがかわいいのも魅力です!

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 8件

レビュー
401名が参考
約2ヶ月前

同じ数字を3枚揃えて、3セット集めるか、2セットの数字を足し引きして7(ナナ)を作るか、7(ナナ)を3枚揃えたら勝ちになるゲーム。

2人プレイでは1〜10の数字カード各3枚の計30枚を使用。裏向きで場に10枚、各プレイヤーに10枚ずつカードを配ります。配られたら数字を1→10になるように並べます。最近幸せなことがあったプレイヤーが先行になりますが、幸せがなければ幸せジャンケンで決めます。

手番になりましたら、場のカードをめくるか他プレイヤーを指名して大きい数字か小さい数字を公開してもらうか自分の手札の小さい数字か大きい数字を公開します。途中で違う数字が公開されたら手番終了です。

例えば自分の手札に10が2枚あるなら、場にあるか他プレイヤーが持っているかとなり、大きい数字を出してもらい10が出てきたら2枚を見せて10のセットができたりします。10を出されなかったら、出された数字がそのプレイヤーの最大数字だということが分かり、そこから残り手札がどうなかっていくかも考えていきます。

1セット揃えても揃えられなくても手番は順番にまわっていきますので、どのタイミングでどの数字を揃えるかも大事です。カードに描かれている動物は幸せを表しているらしく、やわらかいイラスト。カード下にどの数字と組み合わせたらnana(ナナ)になるかがデザインされているのは分かりやすくていいですね。プレイヤー人数も2〜5人と幅広く持ち運びやすいサイズとルール量で重宝されるゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
うらまこ
うらまこ
レビュー
179名が参考
約2ヶ月前

基本システムは3枚揃える神経衰弱です。独特な点として、各プレイヤー手札を持っていて、①場の伏せ札、②自分の手札、③他プレイヤーの手札、のいずれか好きな所のカードをめくっていきます。手札をめくる場合は、「〇〇さん、一番大きいカード見せてください」「××さん、小さい方おねがいします」のように、手持ちの最大値か最小値のどちらかを選んでめくります。ルールも至極簡単で、お互いの名前を呼ぶ必要もあり、初対面卓の導入として良さそうです。さくさくっとできます。私は記憶力の衰えを感じました。
カードの質もエンボス加工入っていて良きです。「7」カードは数字が金塗りになっていて、レアカードを引いたような気持ちになります。動物のイラストもかわいいです。

続きを見る
閉じる
大賢者
コーキ
コーキ
レビュー
163名が参考
約2ヶ月前

お互いのカードで神経衰弱(=^▽^=)✨

ゲームマーケット2021秋に発売されたゲームです!

基本的なルールは同じ数字を3枚揃える神経衰弱ですが、自分の手札や相手の最大最小の数字からある程度、欲しいカードがどこにあるかを推理する事ができます(^^)

これがシンプルながら実に楽しいヽ(*^^*)ノ

記憶力と推理力、そして直感を使って楽しめる実に面白いゲームです!✨✨


続きを見る
閉じる
仙人
スエ
スエ
レビュー
147名が参考
28日前

新たな定番傑作小箱ゲーム! 


変則的神経衰弱ゲームです。普通の神経衰弱と違う部分は大まかに三つ。


1 カードは「3枚1セット」。2枚だけ開いても獲得出来ない

2 場札に加えて、自分だけ見られる「手札」の概念がある

3 手札の公開方法は自分も他人も「最大」か「最小」のみ


といった感じです。

自分の手番が来ると、普通の神経衰弱のように場札をめくるか、もしくは、自分含めた誰かの「最大」か「最小」の数字を公開して貰い、神経衰弱をやっていきます。

同じ数字が出ている間は、次のをめくれる。別の数字が出たら、場札はまた裏向きに。手札は出した人に返して、次の人へ。

もし三枚同じ数字のカードが出たら、それをワンセットにして回収して、次の人へ(神経衰弱とは違い、連続手番にはなりません)。


これを繰り返し、基本的には誰かが三組とったら終了(終了条件が短く神経衰弱よりスピーディ!)。特殊勝利条件として、とった二組が足し引きで「7」になる組み合わせだったり、それこそ「7」のカードを三枚集めても、勝利です。ここがタイトルの由来ですね。実際数字は最大や最小から取られていくので、中央付近の数値である「7」はそう簡単に取れないためです。


プレイ感としては、神経衰弱よりも「記憶力頼み」な部分が減り、代わりに戦略性と運要素が少し上昇したような印象ですね。これがすこぶる気持ち良い。皆の知る神経衰弱に、このような良調整の可能性があるとはびっくりです。

また良くも悪くも運が結構重要な作品であり、だからこそ、軽くてプレイしやすく、負けてもすぐに「もう一回!」と遊びたくなります。


最初ルールを読んだ時は「子供と遊んだり隙間時間用だな」ぐらいの印象だったのですが、やってみると、もう一回もう一回と、ついつい何度もやりたくなる、とてもいいゲームでした。カードゲームとしては個人的に「スカウト」級の衝撃。


当然ながらゲーマーズゲームとかではないのですが、実際「神経衰弱」のように……というか、記憶力が全てすぎる神経衰弱以上に、誰がやっても楽しい傑作パーティーゲームになっていますので、是非一家に一つ!

どの場面、どの面子でも確実に面白い類のゲームかと!

続きを見る
閉じる
すあま
すあま
レビュー
143名が参考
25日前

4人で遊びました。

手札のある3枚揃える神経衰弱。

感想だけ言うとすごく面白かったです。


ほとんど神経衰弱なんですけど、手札があることによって人によって持っている情報が違います。

自分または他人のカードを公開してもらう際は最大か最小のみ公開可能なので、今どの数字が公開されるのかという論理的な思考も求められます。

この記憶と論理的な思考のバランスがとてもよかったですね。


ゲームバランスも勝利条件が3種類あり、どんな状況でも勝てる可能性があるというのがよいですね。


ルール自体はシンプルで誰でもできると思いますが、程よい記憶と論理的な考えどころが綺麗に詰めまれた素晴らしいゲームだと思いました。


コンポーネントについても触れたいです。

箱が小さくてコンパクトでいい!スリーブつけても入る!

イラストも可愛い!カードの手触りもいい!

7のカードの箔押し?みたいな加工もいい!


これは手元に置いておきたい小箱ゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
Yohey373
Yohey373
戦略やコツ
120名が参考
約2ヶ月前

ナナはただの記憶ゲームではありません!

プレイヤー一人ひとりが取る行動を観察・分析すれば、有利に立ち回ることができるでしょう。

たとえば、スタートプレイヤーが「○○さん、一番小さい数字見せてください」と言ったら、彼は1を2枚、または2を2枚もっているのではないか…と、予想することができます。

スタートプレイヤーがいきなり場札をめくったら、きっと1も12も持っていないのでは…?と予想できます。

また、数字を見たときのリアクションも大いに参考になります。

本当に残念なリアクションだった場合、「揃う目算があったが外れた」となるし、「ほぉぉぉ?➚」となった場合はただの情報収集かな?と思われます。

場札をめくった時、自分の手札に目をやる人がいれば、その人は同じ数字を持っているのかもしれません。

記憶力だけでなく、五感をフルに働かせて、幸運のナナをつかみとりましょう!

続きを見る
閉じる
国王
Kotecozz
Kotecozz
ルール/インスト
82名が参考
28日前

ゲームの目的
 同じ数字のカード3枚を当てる

準備
 ・サマリーカードを見て、使用するカード・手札・場札を用意する
 ・手札を受け取ったら、カードの数字が順番になるように並び替える
  ※並べ替えは必ず行う
 ・最近、ラッキーな事があった人がスタートプレイヤーになる

ゲームの流れ
 自分の手番になったら、以下の2つのアクションから1つを選び行う
 A.手札を公開する
 B.場札を公開する
 「チャレンジ成功」するか「チャレンジ失敗」するまでアクションを行う 

 1枚目に公開したカードと違う数字のカードを公開した場合、即座に「チャレンジ失敗」になる
 公開されていた手札は持ち主の手札に戻り、場札はそのまま位置を変えずに裏向きに戻す 

 同じ数字のカード3枚を公開した場合、「チャレンジ」成功になる
 公開したカード3枚をセットにして、自分の前に表向きに置く

A.手札を公開する
 自分を含めた誰かを指名して、手札から一番大きい数字または一番小さい数字のカード1枚を公開する
 公開された手札は持ち主の前に一時的に置く
 ※同じ数字のカードがあっても、公開するのは1枚だけ

B.場札を公開する
 場札から好きなカード1枚を選び、表向きにする
 ※最大や最小は関係なし

ゲームの終了
 以下のいずれかの条件を満たすと、そのプレイヤーの勝ちでゲーム終了になる
 ・チャレンジを3回成功させる
 ・チャレンジを2回成功させた時、獲得した2セットの数字を足し引きして「7」ができる
 ・「7」のチャレンジを成功させる

続きを見る
閉じる
仙人
TJ
TJ
ルール/インスト
72名が参考
25日前

ナナの公式ルール動画はこちらになります。

https://youtu.be/1L_s6kM5Deg

続きを見る
閉じる
国王
Kotecozz
Kotecozz
  • 商品価格¥ 1,980(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 68興味あり
  • 302経験あり
  • 108お気に入り
  • 218持ってる

チェックした商品