マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
バーゲンクエスト
  • バーゲンクエスト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30~60分
  • 8歳~
  • 2017年~

バーゲンクエスト

メーカー・卸元:アークライト

日本語マニュアル付き
ファンタジー世界で商店主となり、ヒーローに装備を売ってモンスターの撃退を手助けしよう!

 本作はファンタジー世界の商店主となり、ヒーローに武器や装備を売り、お店の評判を上げる対戦ゲームです。

 まず自分の商品のうちの1つをディスプレイに陳列し、ヒーローをお店に呼びこみます。どの商品を陳列し、どの商品を販売用として残すかという悩ましさもポイント。自分の店で武器や装備を購入したヒーローがモンスターを退治し活躍すると店の評判も上がり、最終的に最も店の評判を上げたプレイヤーが勝利します!

 自分が商品を売ったヒーローとモンスターとの戦闘は応援したくなること間違いなし! モンスターとの戦闘から無事生還したヒーローがまた自分の店で購入し、常連客となるとさらに愛着も湧きます! また、得たお金でディスプレイを増やしたり、従業員を雇ったりとまるで本当にお店を経営してるかのような体験も味わうことができます。

 ソロプレイや難易度が上がる選択ルールも収録、様々な遊び方を楽しむことができます。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 4件

レビュー
344名が参考
約1ヶ月前

ゲームシステムについて

このゲームは自らが商店の主となって冒険者に武器防具を販売し、街を襲うモンスターを討伐してもらう、といったゲームです。

ラウンドは以下の6つのフェイズで構成され、ゲーム終了条件を満たすまでラウンドを繰り返します。

  1. 討伐対象の公開と手札4枚のドラフト
  2. 冒険者の呼び込み
  3. 呼び込んだ冒険者への商品の販売
  4. 冒険者による討伐対象との戦闘
  5. 商店のアップグレード
  6. 次のラウンドへ持ち越す手札の選択

モンスターを3体討伐するか、冒険者がいなくなってしまったらゲーム終了で、前者の場合は得点計算を行いますが、後者の場合は町が滅び、全員敗北となってしまいます。


感想

冒険×商店というコンセプトは好きなので購入しましたが、少々残念な印象のゲームです。

まず1つ目に資金管理の煩雑さ。

このゲームでは資金の流れが銀行→冒険者→プレイヤーとなっており、銀行とプレイヤーの間にワンクッション置かれることで資金管理が面倒になっています。

2つ目に冒険者の装備制限。

冒険者には4つの職業タイプ(戦士、盗賊、魔法使い、僧侶)があり、それぞれアイコンで示されています。そしてアイテムカードにも同じく職業アイコンがあり、対応する職業にしか販売できません。複数のアイコンをもつ冒険者、アイテムカードもあるのですが、冒険者は奪い合いが激しく、複数に対応したアイテムは総じてカードパワーが低めに設定されています。

3つ目に逆転要素の薄さ。

このゲームの得点源は主にモンスターの争いに打ち勝つか 、一部の冒険者の効果で得るかの2つしかありません。さらに1ラウンドで得られる上限もはっきり決まっており、モンスターにダメージを与えると1点、モンスターから生き残ると1点、一部の冒険者の効果で1点です。毎ラウンドでどれだけ頑張っても3点しか稼げないので一度差が付くと追いつくのは結構難しいです。アイテムカードの中にも1枚だけ得点を得られるものもありますが、1点だけなのは変わりません。

4つ目に呼び込みの比重の重さ。

フェイズ2では手札の中から1枚選んで伏せて一斉にオープンし、1番アピール値が高いカードを提出した人から順番に、提出したカードのアイコンと職業が一致する冒険者を選ぶことができます。ここで負けてしまうと呼び込んだ冒険者の職業と手札のアイテムの装備制限が一致せず、うまく冒険者を強化できません。提出したカードは冒険者に販売こそできないものの、フェイズ6で次のラウンドにカードを1枚持ち越せるので大抵の場合アピールカードはそのまま持ち越されます。ドラフトでいいカードが回ってこない限り前のラウンドの勝者が次のラウンドでもそのまま勝ってしまうので、一度負けると強い冒険者を取るのはかなり難しくなります。

5つ目にアップグレードについて。

フェイズ5では自分の商店を強化できるのですが、4つ目に書いた通り呼び込みに負けるとかなり苦しい戦いを強いられるので全員が真っ先に陳列棚を強化します。次に陳列棚に置いた商品を次のラウンドに持ち越せるように倉庫を強化します。最後に使用人カードという個別能力を持ったカードを買いに行くといった形になるのであまりプレイヤー間の個性が出てきません。


あとがき

悪いところばかり書きましたが、ゲーム慣れしたメンバーとプレイしたために起こった現象な気がしてきたので軽く楽しむ分には十分楽しめると思います。あと、説明書にも乗っているヴァリアントルールでランダム要素を抜いてプレイしたのですが、前述した通り逆転要素が薄くなるのでランダム要素は入れたままにした方が面白いかもしれません。

続きを見る
閉じる
皇帝
カノーネ@WTR
カノーネ@WTR
レビュー
303名が参考
約1ヶ月前

街の商店主となり、モンスターから街を守ってくれるヒーロー達に武器、防具、アイテムを販売して店の知名度を上げ、NO1の繁栄を目指そう。

ゲームの概要ですが、表題通り各プレイヤーはファンタジー世界で武具、冒険に役立つアイテムを販売する商店の主となり、この世界で活躍するヒーロー達に商品を販売して売上を上げ、そのヒーロー達がモンスターとの戦いに活躍すればお店のイメージUPにもなり、再度ヒーロー達が来店する可能もあり、お店も繁盛するという好循環サイクルを目指しお金(コイン10で1点)+勲章トークンの合計が最も高いプレイヤーが勝利するバンドマネージメントカードゲームです。

対人戦がまだプレイ出来ておらず、来週中にはプレイしたいと思っていますが、その前にソロプレイを試してみましたので、ソロについて記述していこうと思います。

尚、ソロルールと通常ルールでは若干違いますので、ご注意下さい。


ゲームセットアップ

通常では全てのヒーローカードを使用しますが、ソロではランダムに14枚を抜き取りシャッフルしてヒーローデッキを作ります。


①準備フェイズ

モンスターデッキから1番上のモンスターを公開後、親からアイテムカード4枚引き通常ならここから1枚選択後左隣のプレイヤーに残りのカードを渡すいわゆるカードドラフトを行いますが、ソロでは一切カットされています。普通にアイテムカードを4枚引いてそれらを手札とするだけなので、味気なささえ感じさせます。仕方ないとはいえ何とかならなかったのかな?

ちなみにカード効果でお金やアイテムカードを得る場合は、新興勢力のライバル店から得るのではなく銀行(ストック)やデッキから得られます。


②陳列フェイズと買い物フェイズ

ここでライバル店カードの登場で、インタラクションが発生します。プレイヤーの陳列エリアに並べたアイテムカードに表記されているアピール値とライバル店カードに記載のあるアピール値を比較して、高い方からクラスの一致するヒーローを入店させ(ソロは4名のヒーローカードをセットアップ時に引いておき、各店に2名ずつ入店させます)残り手札で商売を行っていきます。あ、商売を行うのはプレイヤーのみで、ライバル店に入店したヒーロー達はお金を一旦脇に置いておくだけです😅

(ライバル店カードの枚数はモンスターのLEに応じてその枚数を引きます)


③冒険フェイズ

さあ、ヒーロー達が武具を身に着けてモンスターと戦う時がやって来ました!通常ルールと同じでプレイヤーは攻撃&防御を処理していきます。モンスターから一発でも攻撃を貰えば死んでしまうヒーローですが、1人死亡する事に負傷トークンを1個をショップボードに載せなければならない上に、全3匹のモンスターが倒される前に、負傷トークンが5個以上になったら、即ゲームに敗北します。ヒーロー達を如何に生き延びさせて活躍させるかがソロ攻略の鍵になりそうです。

それに引き換え、ライバル店に入店したヒーロー達は一応戦ったという事で負傷トークンを1個乗っけるだけです😓


④アップグレードフェイズ

プレイヤーは使用人カード1枚とアップグレードカード1枚購入出来ます。ライバル店の動きは特に無し。


⑤保管フェイズ

使用済みのライバル店カードをシャッフルしてライバル店カードデッキの底に入れます。

以上、ラウンドを繰り返しLE3のモンスターを無事倒せたら最終得点計算です。30点以上取れれば良い成績だと思います。最高成績は50点以上で満点。

ちなみに、ヒーロー5名の屍を築いて敗北。中々難しい。

⬛総括

ソロの感想としては、ハッキリ言って面白くないです。個人的評価として10点満点中だったら5点位ですね。ソロは日本語版だけの特典だと聞いていたのですが、プレイヤーの足を引っ張ろうとするライバル店カードだけで取ってつけたような感じで、洗練されておらず没入感がありません。ライバル店には点数が付かず、プレイヤーがスコアアタックにチャレンジする方向性にも面白味に疑問符が付きます。ライバル店と点数を賭けて競い合う内容なら、まだ良かったかと思いますが…何じゃ、こりゃLE😓

ですが、ソロがダメでも対人戦があります。2人用ルールとかもありますので、まだ戦略的にも楽しめそうです👍

対人戦目的なら止めません。

対人戦後、面白ければお気に入りに追加しておきます。

それでは、GOOD LUCK!!

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

8月21日追記

2人用ルールでマルチプレイしました。

ソロよりもマルチは遥かに良かった。

ただ、重ゲーに慣れていると物足りなさを感じるかも?

マルチは10点中7点の評価!








続きを見る
閉じる
仙人
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
レビュー
212名が参考
28日前

人事を尽くして天命を待つ、ドラフト型ボードゲーム

ルールについては他のレビューで詳しく取り上げられていたため割愛。

ファンタジー世界の装備屋店主となり、冒険者たちにたくさん装備品を売りつけることで、お金を誰よりも稼ぎましょう。

冒険者に売り付ける装備品カードをプレイヤー間でドラフトした後、その内数枚をショーウィンドウに飾ります。

ショーウィンドウに飾った装備のレア度が高い人から順に場に並べられた冒険者カードを一枚ドラフトし、装備品を売りつけることができます。

上記のように2重のドラフト要素がある一風変わったゲームです。ショーウィンドウに飾るカードのレア度が低いとお目当ての冒険者を来店させることが出来ず、売り上げが優れません。また、ショーウィンドウに置いたカードは売り付けることができないため、客引きに躍起になりすぎるとそもそも売るものがあまりない、なんてことになる悩ましくも面白いゲームです。

装備品を売りつけた冒険者が相手モンスターにダメージを与えるor生存して帰ってくるとお店の評判が上がり、勝利点が貰えますが、相手モンスターと戦う前にステータスを大きく変動させるカードを一人1枚引くため、冒険者の運命は毎度、天にゆだねられます。

人事を尽くして天命を待つ、程よいランダム性が含まれるドラフト型ボードゲームです。


続きを見る
閉じる
大賢者
山形
山形
ルール/インスト
183名が参考
約1ヶ月前

■どんなゲームか

プレイヤーは冒険者を相手に武器や防具、アイテムを売る店主。他のプレイヤーは同業の競合店です。

ゲームの目的は勲章(名誉点)を集めて街で一番の名高い店になること。名誉点は売上金額を伸ばしたり、自分の店に来た冒険者がモンスターを退治すると獲得できるので、冒険者の助けになるような良い装備やアイテムを仕入れて売ってあげる必要があります。

■準備

モンスターの山から一枚を返して場に出します。

冒険者カードをプレイヤーの人数分山から返して場に出します。


■仕入れと展示

各プレイヤーが4枚の商品を山から引き、一枚キープして隣の人に回すドラフト方式。各商品には攻撃力や防御力、その他効果、売値、装備できる職業などがあり、冒険者が購入し装備することで能力が変動します(戦闘にサイコロなどの変動要素はない)。

また、商品ごとにアピール値が設定されており、魅力の高い商品を展示している店ほど冒険者を呼び込みやすくなります。

仕入れた商品のうち一つは「客寄せ商品」として店頭に陳列し、そのターンに販売はできません。


■冒険者の来店と買い物

常にプレイヤーと同数の冒険者が街におり、各店に1人ずつ来店します。冒険者はそれぞれ固有の職業と能力、所持金を持っています。

この時陳列棚にある「客寄せ商品」のアピール値の高いプレイヤーから順に、自分の店に呼び込む冒険者を選べます。手持ちの商品を装備できる(職業が合っていて所持金で買える)冒険者をうまく選びましょう。

冒険者に装備を売ったら代金を受け取り、モンスター退治に送り出します。


■冒険

全てのプレイヤーが冒険者を送り出したら戦闘です。

一番手から順に、モンスターの体力と冒険者の攻撃力を比較(この時装備の効果を追加します)し、攻撃力がその時のモンスターの体力以上であれば攻撃成功。モンスターの体力を一つ減らします(つまり、出番が後になるほど攻撃はしやすくなります)。また、攻撃に成功した冒険者を送り出したお店に名誉点が一点入ります。

次はモンスターの攻撃ターン。モンスターの攻撃力と冒険者の防御力を比較(同じく装備の効果を追加します)し、防御力がモンスターの攻撃力以上であれば防御成功、冒険者は生還できます。失敗したら冒険者は即死です……。ここでも、防御に成功した冒険者を送り出したお店に名誉点が一点入ります。

累計でプレイヤーの数と同じ回数の攻撃が成功するとモンスターを退治したことになります(1人でも失敗すると、このターンでは退治できないことになります)。

ちなみにモンスターを退治できていない場合も、このターンの戦闘は各冒険者一回ずつです。次のターンにも同じ(傷ついている)モンスターと戦います。


■冒険者の帰還

防御に成功した冒険者を街に戻します。この時、装備は全部捨て札に(このゲームでは装備は各ターン使い捨てなんですね)。

生還した冒険者は、モンスターごとに定められた報酬を受け取ります。退治できたなら満額を、退治できなかったら減額された報酬となります。

生還できなかった冒険者は装備もろとも捨て札に。そして死んでしまった冒険者と同数の新たな冒険者カードを場に出します(街には常にプレイヤーと同数の冒険者がいます)。


■店舗のアップグレード

陳列棚や倉庫の拡張、あるいは使用人の雇用ができます(しなくても構いません)。

陳列棚を増やせばアピール力を上げやすくなります(が、売れる商品が1つ減ります)。倉庫を拡張すると、在庫整理の際に保管できる商品を増やせます。使用人は冒険者や店舗をアシストする能力を持っています。


■在庫整理

各店舗は「客寄せ商品」を含む在庫商品のうち一つだけを倉庫に残し、それ以外の商品を全て捨て、次のターンに入ります。

■ゲームの終了

これをモンスター3体を倒すまで繰り返します。3体目のモンスターを倒したら終了、名誉点の計算をします。この時、お店にあるお金の1/10を名誉点に加算します。最終的に名誉点が多いプレイヤーが優勝です。

続きを見る
閉じる
皇帝
はたらかないおっさん
はたらかないおっさん
  • 商品価格¥ 6,380(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 59興味あり
  • 121経験あり
  • 25お気に入り
  • 112持ってる

チェックした商品