マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ユークロニア

データベースの投稿画像(当商品と異なる可能性があります)

  • ユークロニア
  • 10興味あり
  • 18経験あり
  • 4お気に入り
  • 23持ってる
  • 2~5人
  • 45~60分
  • 14歳~
  • 2012年~

ユークロニア / Uchronia の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
驚異の都、ユークロニアへようこそ。
  • カール・チャデク(Carl Chudyk)作

 ……そこでは恐竜はいまだ絶滅せず、遺跡の寺院の柱は住人達の誇りを示すかのように高くそびえ立っています。

 探検家や商人が財宝を求めて遠くへと旅する一方で、労働者や恐竜は建築家の厳しい目の下で共に苦労の声を上げています。

 彼らは全て、ジャングルの真ん中に偉大なるユークロニアを建築する一端を担っているのです。

 あなたはこのユークロニアのとある貴族の家の当主です。あなたは他の一族と争い、新たな建物を建造することで誰がこの都の栄光のために財産を費やしたか、そしてそれによりどれだけの人々の人気を得られるかを競っています。最も力のある当主は、間違いなくユークロニアの支配者となるでしょう。

 プレイヤーは恐竜が生き残り、使役されているユークロニアの貴族となって、この驚異の都市の建設事業に加わります。

 プレイヤーはアクションや資源を消費し、建物を建設し、得点を得ていきます。勝利のために求められるのは、徹底したアクション数や手札枚数、資源の数などのリソース管理と、建築した建物の効果を効率よく利用する判断力です。

 『ユークロニア』は、大好評のカードの能力を駆使して競いあう、やりこみ系の文明発達ゲーム、『イノベーション』のカール・チャデクが、自らの代表作である『Glory to Rome』をよりプレイしやすく、バランスよく、すぐ覚えられるゲームへとセルフリメイクした、待望の新作カードゲームです。

チェックした商品