マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
エイジオブタイラント
  • エイジオブタイラント当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30~50分
  • 10歳~
  • 2019年~

エイジオブタイラント

メーカー・卸元:サザンクロスゲームズ (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
「絶対に建設してやらない。」

建築狂の帝王は、今日も浪費のことで頭がいっぱい。みやこの庫は底を尽き、日夜繰り返される徭役に、民の怨嗟は天を衝かんばかり。
諫言すれば首が飛ぶ。放ったらかしでは国が亡びる。
そこで大臣(あなた)は考えました。のらりくらりと資材を蒐め、そしらぬ顔でなるだけ完成を遅らせましょう!

というフレーバーのもと、中華っぽい帝国の大臣になって、皇帝が命令してくる建設事業を、できるだけ完成させないようにしながら、毎ターン必ず入手させられる資材を調整したり、他人に押し付けたりする「”反”建築」ゲームです。

プレイヤーの行動そのものは通常のワーカープレイスメントですが、通常のワーカープレイスメントが、事業完成のための資材を集め、人より多くのポイントを稼ぐことが目的なのに対し、このゲームは事業を完成しないように資材をうまく集めないようにして、できるだけポイントを稼がないことが目的になります。

世界観/フレーバー/アートワーク

制作者/関連企業/団体

レビュー 1件

レビュー
192名が参考
約1年前

「絶対に建設してやらない。」という売り文句に惹かれて購入。

 基本は3人プレイが推奨されているようで、取説のルールもまずは3人用を念頭に書かれています。


 簡単に説明すると、プレイヤーは白と黒のディスクの絵が描かれた固定事業2枚と、茶のディスクが描かれた単発事業1枚を自分の場に抱え、事業ごとに設定されている必要資源をうまく貯めないように、アクションカード10枚(2列5段)で構成されているアクションスペースにワーカーを配置しなければなりません。

 ターンで行うのは、アクションスペースへのワーカー配置→資源獲得→アクションカードに書かれた効果の処理→食糧変換(同じ資源が5個貯まると強制的に4個をワイルド扱いの「食糧」1個に変換します。4個貯まっただけでは変換は起こりません)→使用ワーカーの色に対応した事業完成の可否→次プレイヤーの手番…となり、1ラウンドを手持ちワーカー(基本は白・黒・茶ワーカーの3回。追加の灰ワーカーがあるターンは4回)がある限りターンを回して行います。事業完成の可否の段階で手持ち資源を確認し、事業が完成させられるようなら必ず完成させ、事業毎に設定された各ポイントやトラックが上昇します。完成した事業は白・黒の固定事業ならカードを裏返し(裏にも固定事業が書かれています。完成するごとに表・裏を繰り返します)、茶の単発事業なら新たな単発事業を、事業山札の横に3枚公開されている「待機事業」から取ってこなければなりません。


 事業が完成すると、個人ボード上の3つのポイントマーカーが進んでいくのですが、このゲームの振るっているところは、「反乱ポイント」「浪費トラック」「犠牲トラック」という名前になってるところ。まぁ上げたくないですよね。

 ゲーム終了時の決済で、反乱ポイント合計が一番低い人が勝利するわけですが、この決済の際に、浪費トラックが一番進んでいる人は反乱ポイント+10されます。犠牲トラックは他プレイヤーとの比較で、一番犠牲トラックが進んでいない人と0~1差のときは何も起きませんが、2多いときは反乱ポイント+7され、3以上大きければ+11されます。


 最後に3人プレイ以外の人数の時の違いを書きます。


・1人用はスコアアタック。

・2人用は通常全6ラウンドのところ全5ラウンド、茶ワーカーを1つ多く渡されて、通常3つの事業を抱えるところ、4つの事業を抱える。

・4人用は4人用の追加アクションカード4枚のうち3枚をランダムで選び、アクションスペースに追加配置。アクションカード13枚でゲームを行います。


 3人もしくは4人プレイがいいのかな?と思います。

#一部勘違いしていた部分があったので修正しました(2020.7.26)

続きを見る
閉じる
勇者
sei0217
sei0217
  • 商品価格¥ 3,520(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 9興味あり
  • 28経験あり
  • 5お気に入り
  • 33持ってる

チェックした商品