マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ハリネズミは時計回りに
  • ハリネズミは時計回りに当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~4人
  • 45~60分
  • 12歳~
  • 2021年~

ハリネズミは時計回りに

メーカー・卸元:マーチヘアゲームス (委託販売作品

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
ダイスドラフト×マンカラ! 新感覚ボードゲーム!

ダイスを自分のマンカラで再配置するパズル要素と!
再配置したダイスで勝利点カードを獲得するセットコレクション要素と!
ダイスの色ミックスがキモとなるダイスドラフト要素が織りなす新感覚ゲーム!

あなたはハリネズミの錬金術師です。
豊かな老後のために、錬金術師ギルドに魔法素材を納品する毎日。
その小さな手だけでは間に合わないため、背中の針に素材を突き刺してはぐるぐると運びます。

カタツムリ・カエル・ドラゴンの素材をうまく集めてはギルドに納品して、金貨を獲得しましょう。

納品し終わったら、またぐるぐるとまわって保管庫に素材を1個ずつ戻します。

「ハリネズミは時計回りに」は、伝統ゲーム・マンカラとダイスドラフトの要素をミックスした、
新感覚のパズル風ボードゲームです。

あらたな素材(ダイス)を獲得するには、ダイスの色をミックスすることがキモになります。
オレンジ色のカエル(10面体)を獲得するには、赤と黄色のカタツムリ(6面体)が必要になる…などなど!
そうして獲得した素材を納品すると、ギルドから金貨が与えられます。

納品が終わったら、残りの素材(ダイス)は保管庫にしまいましょう。

背中の針に素材を刺して、ぐるぐると廻りながら1個ずつ自分の保管庫(5つの保管庫)に再配置します。
次のラウンドは、自分の保管庫いずれか1つにある素材をもとに始まります。

計画的に素材を再配置するパズル要素と、うまく素材を獲得するダイスドラフト、
報酬を獲得するセットコレクションが織りなす、新感覚マンカラ×ダイスドラフトゲーム!

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 1件

レビュー
166名が参考
1年以上前

素材を集めて駆け回れ、ダイスドラフトとマンカラの融合、思考と戦略のダイスゲー

ゲーム概要

あなたは錬金術師ギルドにせっせと素材(ダイス)を納品するハリネズミです、素材を集めるダイスドラフトと集めた素材をギルドが望む組み合わせで納品するセットコレクションに、手にした素材は背中の針に一つ刺しては保管庫へ、も一つ刺しては次の保管庫にと「時計回りに」しまうマンカラの要素が加わることで、次のラウンドを見越してダイスを配置するパズル感が加わったゲームシステムとなっています。

ゲームの目的は他のハリネズミより多くの素材を納め金貨・銀貨を手に入れることですが、納品カードは先取りであり、いずれかのハリネズミが5枚の納品カードを獲得した時点でゲームは終了してしまうため「狙いがバッティングしていないか、先に狙い通りに納品できるのか、大金狙いか、小金を手早く稼ぐか、」時計回りに廻るスタートプレイヤー、保管庫から出した素材、素材置き場のダイス目すべてがオープンされたゲームだからこそ、ダイスゲーなんて「運でしょ」なんて言わせない思考と戦略のゲームとなっています。

👤3~4 ⌛40~60分程度 3人でプレイした体感ではもう少し早く終わるようにも感じます。

インスト難易度 ☆☆☆★★ 普通

ゲームの目的、勝利条件はスッキリしており、セットコレクション要素である納品や保管庫への素材の戻し方と出し方に関しても実際にダイスを使いながら手順を説明することでボードゲームに慣れていない方でも比較的簡単に理解できることと思います。

少し難しいと感じたのは、初めに手元にあるのは初期素材であるカタツムリ(6面体)だけですが、上位の素材であるカエル(10面体)を獲得するためにはカエルの色に応じたカタツムリが必要となり、例えばオレンジのカエルが欲しければオレンジを構成する混色源である「赤と黄」のダイスを保管庫から取り出しておりどちらか一つを素材置き場に戻さなければなりません。

ここまで聞いても何が難しいの?と感じますが、カエル素材はもともとの色を内包したダイスで「オレンジでもあり赤と黄でもある」こと、上位の素材を獲得する際には指定された色のダイスを返却しなければなりませんが、上位素材ダイスはカタツムリ(6面体)の返却を無視することが出来るルールがあることで少し複雑化しています。

※このルールはさらに上位のドラゴン(20面体)獲得や、納品時の素材返却にも適用され難しく感じるかもしれませんが、そこが面白いので頑張って説明してください。

プレイフィール

納品カードは各方向性ごとに3枚ずつありますが先取りでなくなってしまうこと、プレイヤーごとに秘密の納品カードが2枚あることが戦略性を高め、ファーストアクションから始まる自分の保管庫と素材置き場それぞれの出目から何を納品するのか、他のプレイヤーが何を狙っているのかなど読み合いが楽しく、上手くダイスが取れたと思って保管庫にしまってみたら「なんか思ってたんと違うぞ」となったりきちんと考える必要がある分、勝ったときの満足感は重ゲーにも負けないなと感じました。

保管庫から取り出した時の任意の数のダイス振り直しや、1ラウンド2アクション(1アクションで手番は回ります)の1アクション目で納品した時のボーナス、1アクション消費する代わりにダイス一つを好きな出目に変えられるなど、素材の獲得だけでなくいかに上手にセットを組み上げるか、いつ納品するのか悩ましく、しかも素材を戻すときはマンカラルール!!この一つ一つピースを組み合わせていく「パズル感」一度体験することをおススメします。



続きを見る
閉じる
大賢者
タカオ/タカあゆゲームチャンネル
タカオ/タカあゆゲームチャンネル
  • 商品価格¥ 4,800(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 38経験あり
  • 6お気に入り
  • 34持ってる

チェックした商品