マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ロータス
  • ロータス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 1998年~

ロータス / Lotus の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
禁断の花園を支配し、永遠の命と果てしない叡智を手にせよ!
  • ドミニク・テリエ(Dominique Tellier)作

 蓮園は、長きにわたり秘密とされていた場所であったが、あなたは真実を知ってしまった。ここで育った神秘的な花々は、持ち主に永遠の命と果てしない叡智を授けると言われている。

 あなたの目的は花々の力を利用するため、花々を能力が最大限に発揮できるまで育てて、蓮園から摘むこと。

 他の人々も蓮園への道を見つけ、花々を自分のものにしようとしている。植物を守る虫たちの助けを得ながら、蓮園を支配し、悟りの境地にたどり着かなければならない。

 このゲームでは、各プレイヤーは蓮園に咲く花々を支配することで得られる勝利点の合計を競います。各プレイヤーは自分の守護虫シンボルのある花弁カードの山札を持ち、そこから手札として4枚を引きます。自分の手番には手札から花弁カードをプレイして、テーブル上に花を作っていきます。花は花弁3枚のアヤメから7枚のハスまで5種類あり、花が完成した時点で完成させたプレイヤーはその花を手に入れます(花弁1枚につき勝利点1になります)。しかし、その花の支配者はその花に置かれた守護虫コマとその花を構成する花弁カードにある守護虫シンボルの数できまり、支配したプレイヤーは5点の勝利点か特殊パワーのどちらかを手にします。

 テーブル上に花々が咲き乱れる見た目も美しく、駆け引きも楽しい、友人同士でも家族でも遊べるカードゲームです。

ロータスに5件の書き込みがあります

175
名に参考にされています
2017年01月23日 20時24分

 ゲームの基本システムは、定番ゲームの「ゆかいなふくろ(アブザック・ダミー・ヤミー・ケチャップ)」と同じように3~7枚で完成する花を「完成」させた者がそれを獲得して得点とします。また追加要素として、完成した花の各プレーヤーの守護虫による「支配」により能力の追加(手札や出せる枚数の増加など3種)や得点があります。各人は守護虫の描かれた専用の山札や共通の場(守護虫無し)から手札を補充し、花の「完成」と「支配」をにらみながら花を育てていきます。お互いが出したカードを利用したり利用されたり、「完成」と「支配」を分け合ったりといった読みと計画性が必要となります。

 「ゆかいなふくろ」をプレイしていれば全体の流れが掴みやすく、追加要素もシンプルで分かり易いです。手札運・めぐり運の要素はそこそこ高いので戦略性を求める人には物足りないと感じられるとは思いますが、手番毎にほどよい悩ましさがあります。

 蓮園に次々と咲いていく花のアートワークも美しく、プレイしやすいルールも相まってお気に入りのゲームです。

続きを読む
閉じる
161
名に参考にされています
2017年03月28日 14時01分

各プレイヤーに配られる中身が全く同じデッキを使ってテーブルに花を咲かせるゲームです。
ルールとしては非常に簡単で、3種類ある特殊能力も手札が1枚増える等簡単なものあので、
ゲームとして敷居は非常に低い作品だと思います。

特徴は何といってもその美麗なアートワークでしょう。
緑の布地や麻雀のマットの上でプレイすることで、本当にそこに花を咲かせているような
それはそれは美しい光景が広がります。

上記の通りルールは簡単でゲームとしての敷居は低いですが、
花びらを出していく枚数や虫コマの動かし方、特殊能力を取るべきか否かなど
考えどころはしっかりと用意されており、ただ綺麗なだけのゲームではないのもポイントです。

簡単ではありますが、ペア戦も可能ですので、
カップル同士などで文字通り華やかな遊びも可能です♪
また、小学校1年生ぐらいであればプレイ可能ですので(小1の娘が気に入ってます。)、
娘さんとボードゲームで遊びたい全国のお父さん、一緒に花を咲かせてみてはどうでしょうか。

続きを読む
閉じる
149
名に参考にされています
2017年06月04日 23時45分

写真の断片のよーな花びらカードを並べるとお花が出来上がるという、綺麗というよりは芸術的な感じでアイデアがあると思った。

全部で5種類の花があり、完成時の花びらの枚数が3~7枚となっており、ゲームが進むにつれてテーブルが綺麗に彩られていく(完成した花はすぐに回収されるけど)。

得点の方法は2種類。花を完成したときにその花の上にいる自分の虫(カードに記載されているか、コマとして配置しているか)の数が多ければ一律5点か特殊能力の開放、あるいは、最後の花びらを置いて花を完成させたプレイヤーは、その花びらの枚数分(3~7点)の得点。これにより、自分の虫が少なくても最後の花びらを置いて得点化しようとするので、花ごとの逆転的な要素は多く、どの花にでも挑戦できる。1度に花びらカードを2枚まで置けるので、完成までの残り花びら枚数を見つつ、大きな花を完成させられやしないかと他人の心理を読む必要もある。特殊能力の開放はどれも強力なので最初に多く開放すべき。

自分専用のデッキがある、というのも面白い(共通の場札もあるが)。ただ、逆転要素はあるといったものの、終盤になると誰がゲームに勝つかはっきりしてくる印象。点数は地道にこつこつ溜めていくしかない(一度に大量得点できない)ので、引き離されると勝つ見込みはなくなってしまうのが残念。序盤からしっかり考えてやっていく必要がある。

虫を集めて5点を確保するか、素早く花を完成させて他の人が出したカード(=点)をかっさらっていくか。協力して花を作ってはいるけど、最後においしいところは持っていかなければならないのでけっこうドロドロするかも。虫のコマはどれもかわいい(イモムシを除く)

続きを読む
閉じる
86
名に参考にされています
2018年10月03日 16時29分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/0UBb2IZrhH4

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
58
名に参考にされています
2017年06月04日 23時50分

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 37興味あり
  • 117経験あり
  • 15お気に入り
  • 78持ってる

チェックした商品