マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ペアっと!
  • ペアっと!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 5~15分
  • 6歳~

ペアっと! / Pairtto! の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
めくってのぞいてコンボして
  • 岡田 耕(Ko Okada)作

・園長さん、逃げた動物たちをつかまえて!

動物園から動物たちが逃げ出してしまいました! 逃げ出した動物をつかまえて、自分の動物園に戻さなければなりません。ほかの園長さんに負けないように、たくさんの動物をあつめましょう!

・めくってのぞいてコンボして

このゲームの目的は、動物7種類をすべてそろえるか、同じ動物を4枚あつめることです。

テーブルに伏せて並べられた3×3=9枚の「フィールド」の中で、同じ動物のペアを作りましょう! めくった1枚目のカードと、手札として持っているカードが同じ動物なら、手札からペアを作ることもできます。

ペアを作ると動物を獲得! そして特殊効果が発動! ペア成立ボーナスで手番が継続! フィールドのカードをのぞいたり、手札を増やして、ペア成立をコンボさせていきましょう。

・ペア成立のチャンスは他のプレイヤーの手番にも!

自分の手番が終わっても、ペア成立を諦めてはいけません! 手札に「ペアっと!」という特殊効果のついたカードがあれば、他のプレイヤーの手番でもペアを成立させることができます。強い特殊効果のカードと自分の「ペアっと!」をペアにして、有利にゲームを進めていきましょう。

他のプレイヤーの手番には「ペアっと!」チャンスをうかがい、自分の手番では誰かの「ペアっと!」にヒヤヒヤ……

たった9枚のフィールドのカード覚えることは、簡単そう……ですが! フィールドは手番終了時に毎回補充されるので、「今ここに何のカードがあるの?」と混乱してしまうでしょう。でも大丈夫! このゲームは記憶力がすべてではありません!
どのカードでペアを成立させるか? どの特殊効果を使うか? いつ「ペアっと!」するべきか? 運と戦略も大きく勝利を左右する、コンパクトなカードゲームです。

・基本となる「ノーマルルール」と、動物を奪い合う「バトルルール」のルール2種類入り。

ペアっと!に1件の書き込みがあります

98
名に参考にされています
2018年05月06日 20時58分

神経衰弱に色々なルールを付け足した動物集めゲーム。


普通の神経衰弱は場の2枚をめくって、合ってればカードがもらえますが

このゲームでは、手札とゆーものが存在し、その手札からも

めくった場のカードに合っていれば出せるのが特徴的です。


つまり、手札に場のカードがあれば、記憶に頼らずに

カードが取れちゃうのです。

しかも、カードには特殊能力が書かれていて、

取った2枚のうち、どちらかの能力が使えちゃいます。

(残りの1枚は捨て札になる)


能力は、相手のカードを奪うものや

場の2枚のカードの内容をこっそり見れたりするものなどがあり、

通常の神経衰弱よりカードが取りやすくなっていて

序盤からバンバン、カードを取れたりします。


ただし、ルールが若干、ごちゃごちゃしているために

ルール説明を含め、慣れるのにちょっと時間を要しました。

いや、普通の人でも十分理解可能だとは思うくらいのルールだとは思うんですけど

うちは、僕の説明が下手だったからか、

1,2回はゲームをしなきゃ完全理解できない感じでした。

もーすぐ6歳になる息子は、理解に苦労してたけど

最後にはちゃんとできました。

それでも、ややこしいと述べておりました。


その一番の原因がタイトルにもなっている「ペアッと」のルール。


カードの能力の中には、「ペアッと」の能力を使えるカードがあり、

これが手札にあると、他の人の番でも、その動物のカードがめくられたら、

場に出して、動物をゲットできるとゆーものです。


これによりゲームはさらにスピーディーに展開し、

他の人の番でも集中してゲームができるんだけど、

初めてルールを聞く人には、ちょっとわかりづらいかな。


動物を全7種類そろえるか、1種類の動物を4つ集めれば

その人が優勝ですが、場のカードが尽きても終わり、

その場合は、ゲットした動物が一番多い者が優勝です。


ルールを完璧に把握した者同士がプレイすれば

相手と自分の差がどれだけあるかなどのゴールへの見通しの良さや

突然の「ペアッと」攻撃によるやられた感や

特殊能力の応酬などで

盛り上がるかなり面白い神経衰弱のパーティーゲーム

であることは間違いないとは思います。


イメージ的には記憶力が足りない部分を

手札運や特殊能力で補い

運が足りない部分を記憶力が補うって感じかな


神経衰弱が苦手な僕ですが

調子いいとサクサク最初からカードを沢山ゲット出来て

僕は結構楽しめました。


このゲームは基本ゲームの他にバトルルールもあり、

まだやってませんが、そちらも面白そうです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,944(税込)日本語マニュアル付き残り2点
  • 5興味あり
  • 30経験あり
  • 2お気に入り
  • 19持ってる

チェックした商品