マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
サンタモニカ
  • サンタモニカ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 35~40分
  • 14歳~
  • 2020年~

サンタモニカ

メーカー・卸元:ケンビル

日本語マニュアル付き
横に広く連なっていくビーチ! 観光客や地元民、VIPまで誰もが大満足の、最高のリゾートを作れ!

プレイヤーは、南カリフォルニアでリゾート開発に勤しみます。

手番では、上下2段構えの場からカード1枚をゲット。

自分の手元にも、上下2段構えのリゾートを作っていきます。

カードの持つアイコンや効果、カード同士の位置、3種類の人型駒の配置や移動から、勝利点を得ましょう。

カードを使ったゲームに定評のあるAEG社の所属で、「タイニータウン」のディベロップも担当したWood氏による、春を越えて夏をグンと先取りする中量級ゲームです。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 4件

レビュー
309名が参考
4ヶ月前

海辺の施設を並べていってコンボする、見た目が最高にかわいいゲーム!

なんとなーく海辺だしサメ出てくるかな?とか、緑の人コマあるしゾンビものかな?とか思ったりもしたのですが、純粋な海辺リゾートでした!!!

システムもけっこう今風で、初期のホテルが人によって違ったり、強化アクションみたいなのがゲームごとに違ったりして、リプレイ性が高められています。

観光客コマはカメラ下げてて地元民コマはサングラスかけてて、建物カードは全部ユニークで細かく書き込んであって眺めているだけでも飽きない作り。

ちょっと寂れてたり壊れてたりする建物があるのが妙にリアルというかなんというか。


手番でやることは、場からカードを1枚得て、自分のボード横に並べていくだけ。カードごとにちょっとした効果があったりします。

お買い物ゲーですね。


カードが14枚並んだプレイヤーがいたら終了トリガーです。

最後の得点計算は主に、カードの得点(VIPコマが歩いた足跡や特定のエリアにいる人コマの数、繋がってる建物の種類で得点だとか)と、ゲームごとに設定されるボーナス点です。


それほど真新しさのあるルールではないですが、シンプルでわかりやすく、1時間弱でさくっと遊べて、絵も眺めててかわいい、遊びやすいゲームだと思います。

ちょっとアイコン周りや細かい処理が複雑でサマリが充実してたほうがいいかなという感じはありましたが、1回遊ぶと気にならなくなる程度かなと思います。


これが私のお気に入りのカード。

続きを見る
閉じる
たまご
まつなが
まつなが
レビュー
293名が参考
4ヶ月前

南カリフォルニアを舞台としてリゾート地を開発し、客を引き寄せるゲームで、とてもリラックスした雰囲気と、シンプルなルールの中にも結構ヘヴィーな思考要素を持っている。

タブロー構築というジャンルがある。BGGによれば、「各プレイヤーはアクション選択に影響を与えるコントロールされたコンポーネント(カードやタイルなど)のコレクションを持ち、このコレクションはゲーム中にアクセスできるアクションの質、量、種類に影響を与える。」

このコレクションがタブローあるいはテーブル、アレイ(配列)などと呼ばれ、プレイヤーはアドバンテージを獲得できるようカード、タイル等を集めて配し、タブローを作成していくわけである。

BGGではこのタブロー構築はゲームのメカニズムではなく、分類(ファミリー)であると記載されている。それもそのはずで、上記をタブロー構築の定義とするのであれば非常に多くのゲームがそれにあてはまる。

ただ、個人的には狭義でのタブロー構築の妙味とは、カードを集めて作成したタブロー自体がプレイヤーボード、あるいはゲームボードの役割を果たしそこでトークンや コマなどを操作するものである。例えばスルー・ジ・エイジズ、パックスシリーズ(パミール、ポリフォルニアなど)、レースフォーザギャラクシー、レスアルカナなど。どれもプレイしごたえのある作品である。

このサンタモニカもその意味ではまさにタブロー構築のど真ん中の作品でありながらBGGのウェイトで約2.0と、とても簡潔にまとめられている。

手番ではカードを1枚ドラフト(選択)して自分の領域に置くだけだが、各カードにはそれぞれ効果があり、主たるリソースである人コマの配置やデリバリーに関わる。この人コマ(3種類ある)を得点要素のあるカードへ移動させるのが主な得点源の1つである。また、カードの配列(建物など)による得点という要素もあり、無駄の無いシステムがうまく絡み合う。

これらのカードによるタブローが個人ごとのゲームボードを形成しており、その上を観光客、VIPなどの人のコマが移動するのは印象的で、まさにタブロー構築の醍醐味を味わうことができる。

さらにゲームごとにランダムの特殊アクションも用意されている。追加のボーナス得点もある。

この所要時間1時間程度の、軽めの中量級によくここまで各要素を取り入れたと感じる。

得点計算は特定のカードに移動させた人コマの数・種類やVIPコマの足跡、建物の配列がメインで、それほど多様なわけではないが、このクラスのゲームでは十分で、1-2回プレイすれば概要は把握でき、大差がつくことなく楽しめるだろう。

洗練されたシステムから生じる考えどころはたっぷりあるが、やはりゲーム内の要素は少なめなため、重厚なプレイ感を求めるのにはやや物足りない。いわゆるプレイヤー間のインタラクションも少なめ。タイルの選択に早取り要素はあるが、自分の手番を犠牲にしてまで相手の邪魔をする意義があるかというと微妙なところだ。箱も内容物に比するとずいぶんと大きい。

BGGでのレートは7.6弱であるが、非重量級では負のバイアスがかかるBGGにおいては健闘しているといえる。クアックサルバーやパークス、アズールといったような軽中量級の定番と並ぶ存在になり得るか注目の作品である。


評価7/10  重さ4/10 リプレイ性6/10

続きを見る
閉じる
maro
maro
レビュー
183名が参考
3ヶ月前

二人プレイ時の感想を書きます。


サンタモニカは、決められたカードの列から「ビーチカード」か「ストリートカード」を獲得し、自分の町(ビーチ)に並べて拡張していくパズル要素を持ったゲームです。

ビーチは上側、ストリートは下側の二列の横長の町を作りますが、カードには特定の配列によって勝利点を得る効果があります。このため自分が取るべきカードを見極め、適切な位置にセットしてより大きな得点となるようパズルを組んでいかなければなりません。

カードは共通の場から取りますが、取れるのは四枚から。その上にもう四枚の列があり、取ったカードの上から下に落ちていき、空いたスペースにカードをランダムに補充します。

常に一枚先のカードまでが公開されているので、戦略的な思考が生まれますが、他のプレイヤーに取られる可能性もあるため取得のタイミングにジレンマがあります。

またカードの列にはボーナスを得られるコマが配置されている場所もあるため、なるべくならそれも得たい。これもジレンマ。


さて、カードを並べるだけならただの配置パズルですが、カードには「地元民」「観光客」「VIP」というコマを配置したり、動かしたりする効果を持ったものもあります。町(ビーチ)を作るだけでなく、人を呼び込む観光業も行うわけです。

コマは自分の町に配置され、このコマもカードを取得した時の効果で動かして自分の町を移動させ、特定のアイコンが描かれたカードや、アクティビティサークルと呼ばれる、コマをそこに辿り着かせることで勝利点となるカードに誘導しなければなりません。逆にアクティビティに誘導出来なかったコマは失点となるため、気が抜けません。

つまりプレイヤーは、自分のビーチをパズル的に組み立てながら、自分のコマたちをパズル的に移動させる二つの局面を同時に行うことになるのです。

これらが非常にシンプルなルールのなかに精妙に組み込まれており、カードを引いてセットするだけのアクションに贅沢なジレンマを与えてくれます。

町を広げるか、人を移動させるか…その両方を効率良く満たすカードはないか?欲しいカードは二列目だから先に取って…いやそうしたら他の人に取られるかも知れない…ボーナス欲しい…など、カード一枚一枚への集中力と計画性が試され、考えている時間はあっという間に過ぎてしまいます。

更に「サンドダラー」と呼ばれる金を使うことで、二列目からカードを取ったり、配置したカードを入れ替えたりする特殊なアクションを行うことができ、使用するタイミングに更なるジレンマが加わります。

誰かが14枚目のカードを配置した時点で終了フラグ。二人だと45分ほどですが、ほんとに体感は一瞬です。楽しすぎて時間が吹っ飛びます。


コンポーネントはビーチとストリートのカードがメインですが、絵柄と効果は全てユニークで、可愛らしいイラストとなっており、飽きを感じさせません。

人型コマは観光客ならカメラのプリントが、現地民ならサングラスのプリントがひとつひとつに印刷されていたり、サンドダラーもプリント駒になっていて、全ての木駒が可愛らしい色合いで飾られたイメージ性の高いものとなっています。

カードは一回のゲームでは使いきれない量があり、最初に選んで戦略の方向性を決めるメインタイルも種類があり、サンドダラーによる特殊アクションも数種類からゲーム毎に変えられるなど、リプレイ性もよく考慮され高められたボリューム感があります。

プレイ時間も短く気軽に始められることから、我が家では頻繁に遊ばれるメジャーなゲームに昇格しています。


イメージ性の高いコンポーネントに癒しがあり、戦略通りにハマった時の爽快感も格別なので、本当にオススメです。

中量級の新たな選択肢として、ご家庭に置いておく価値もあると思いますので、機会があれば是非ともプレイしていただきたいです。

続きを見る
閉じる
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
レビュー
129名が参考
4ヶ月前

わたせせいぞうさんのマンガの絵が合いそうなボードゲームです

勝利点の取り方が色々ありなかなか手番に良いカードが来ず後で入れ替えたりすると後々矛盾が出たりとかなり考え込むゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
ワタワタ
ワタワタ
  • セール中¥ 4,000(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 83興味あり
  • 82経験あり
  • 19お気に入り
  • 61持ってる

チェックした商品