マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
デュプリ
  • デュプリ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 15分前後
  • 10歳~
  • 2020年~

デュプリ

メーカー・卸元:Game to Life LLP (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
豊かな国は、善と悪いずれかだけでは築けない!時には善を、時には悪を成し、国家を勝利に導きましょう!

Dupliは国政と戦争をテーマに、戦争前に如何に強力な国家体制を整えて戦争に勝利するかを競う戦略カードゲームです。
・プレイ人数:2~4人
・対象年齢 :10歳以上
・プレイ時間:15分

~ゲームシステム~
 プレイヤーが使えるのは最初に配られた9枚の手札のみ。各ラウンドで手札から2枚ずつカードを出していく、シンプルなルールとなっています。カードにはそれぞれ一長一短があり、絶対に勝てる組み合わせはありません。相手の手を読みながら、いつ、どのカードを、何と同時に出していくかが重要となります。そこではあなたの戦略性の深さや、洞察力の鋭さが問われる事となるでしょう。

制作者/関連企業/団体

レビュー 4件

ルール/インスト
202名が参考
6ヶ月前

Game to Life公式アカウントです。


こちらのゲームは公式サイトにてルールを公開しております。よろしければご覧ください。


  • 簡単Ver

3分で分かるDupliの要約ルール説明


  • 詳細Ber

Dupliのゲーム詳細・詳しいルールの紹介【説明書Web公開Ver】

続きを見る
閉じる
大臣
Game to Life
Game to Life
レビュー
182名が参考
2ヶ月前

国を導くのは清き善政か、それとも強き悪政か…

このゲームは相手の手を読み、カードを出していく戦略ゲームです。

プレイヤーは9枚の手札から2枚を選び場に出し、その強さを比べます。最も強いカードを出した人が場のカードを獲得し、最終的に1番多くカードを獲得した人の勝ちです。


世界観とデザインが素晴らしく一目惚れして購入しました\(^^)/

カードは6種類あり、特定のカードにぶつけることが出来れば、強さを入れ替えたり、相手を脱落させたりといった効果もある為、どのカードをどんなタイミングで出すかの読み合いは熱いです( *¯ ꒳¯*)

ワンプレイも短くサクッと遊べるので、何度も遊びたくなる良ゲーだと思いました(^^)✨✨


1点、手札となる9枚は、全員均一のカードを使う遊び方と、ランダムに配る遊び方が用意されていますが、個人的には均一の方が読み合いがあり、面白く感じました。

また、4人の場合は、1位は5枚、2位は3枚など、2位の人にも点数が入るというようなハウスルールもありかもしれません( *¯ ꒳¯*)

続きを見る
閉じる
仙人
スエ
スエ
戦略やコツ
54名が参考
30日前

「このゲームに勝つコツ」は、2人戦であれ、3~4人戦であれ、相手の手元にどんなカードが残っているかを記憶力と想像力を頼りに推測することである。


そして、このゲームは頭脳戦と捉えるのも間違っていないが、心理戦と捉えた方が勝ちやすいかもしれない。
つまり、相手の選出カードは確率はなく、相手の心を読む意識で推測した方がいい。

考えることが増えた状態で、本気のジャンケンをする。そんな感覚が楽しい。


また、このゲームのいいところとして、ルールのシンプルさと持ち運びの楽さがあるので、持ち運んで、色んな人と遊ぶのが「このゲームを楽しむコツ」であろう。

続きを見る
閉じる
貴族
ルーク〈ゲーマー〉
ルーク〈ゲーマー〉
リプレイ
47名が参考
約1ヶ月前

友人Tとの2人戦。同条件の均衡時代編をプレイ。
一人称視点で思考を振り返る。「」の中が自分の思考である。

向き合って座り、互いに同じ手札9枚を配る。
初期手札はルールにのっとり以下の通り。
練兵×2枚、善政×2枚、悪政×2枚、革命工作×1枚、特攻命令×1枚、愛国教育×1枚
ゲームは4ラウンドで決する。


まずは1ラウンド目!

「4ラウンドと偶数回勝負して、毎ラウンド同じ勝利点(カードの枚数でカウント)が配分されるのだから、確実に勝つためには、過半数の3ラウンドで勝つ必要があるんだよなぁ。」

「ただこのゲーム、経験的に言って、ラウンドごとに引き分け(戦力が同じ)になることも多い。だから、引き分けがあれば2勝でも勝てたりする。2勝が求められるぞ。メリハリ!メリハリ!」

「愛国教育との組み合わせは強そうだから、残しておこう。」

「最初はなんとなく、悪政系のカードを使ってこなさそうな気がするぞ(勝負師のカン)」

私の選択カードはこれだ!
 練兵・練兵

相手の選択カードはこれだ!
 練兵・善政

結果:私の戦力2 友人の戦力1 私の勝ち!(4枚獲得)
「よし!いい読みだ!さて本格的な読み合いはここからだぞ。」


続いて2ラウンド目!

「リードがあるし様子を見たいから、愛国教育と革命工作はまだ残しておくか。」

「相手はまだ善政と革命工作を持ってるから、悪政や特攻命令を使うならまとめて使おうかな。」

「このカードつるつるでキレイだな。でもちょっと薄いから折れないかこわいな。スリーブ?」

私の選択カードはこれだ!
 悪政・特攻命令

相手の選択カードはこれだ!
 革命工作・悪政

結果:私の戦力5(しかし脱落!!) 友人の戦力2 友人の勝ち!(4枚獲得)
「負けた!だが想定内か。次いってみよう。」


後半開始3ラウンド目!

「相手はまだ悪政も特攻命令も残してるから、こっちの善政と革命工作を分けて使えば勝てるのでは?」

「3ラウンド目の時点で4ラウンド目まで見据えることになるな。」

私の選択カードはこれだ!
 革命工作・悪政

相手の選択カードはこれだ!
 練兵・善政

結果:私の戦力0(相手の善政で逆転)友人の戦力1 友人の勝ち!(4枚獲得)
「この時点で私の勝ちはないか…!ここが正念場だったようだな。」


ラスト4ラウンド目!

「この残りの手札だとどの組み合わせでも同じだな。。」

私の選択カードはこれだ!
 善政・愛国教育

相手の選択カードはこれだ!
 悪政・愛国教育

結果:私の戦力0 友人の戦力3(愛国教育に守られる) 友人の勝ち!(4枚獲得)


決着!私の獲得枚数4枚 友人の獲得枚数12枚 友人Tの勝利!!


(まとめ)

この勝負で私は遊ぶのが3回目、友人Tは初めてであった。
ルールはかなりシンプルであるので、説明は10分弱で済んだ。
とりあえずやってみようとなるが、とりあえず、から充分遊べた。
ゲーム自体も1ゲームあたり10分弱であった。
とてもサクッとできて、1度に何ゲームかできる。
同じメンバーで何度もやるよりは色んな人とやるのが楽しいゲームという印象だ。

続きを見る
閉じる
貴族
ルーク〈ゲーマー〉
ルーク〈ゲーマー〉
  • 商品価格¥ 1,980(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 36興味あり
  • 25経験あり
  • 6お気に入り
  • 38持ってる

チェックした商品