マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ウィキッド・フォレスト
  • ウィキッド・フォレスト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 30~40分
  • 14歳~
  • 2020年~

ウィキッド・フォレスト

メーカー・卸元:アークライト

日本語マニュアル付き
魔女に出会ったら、それでオシマイ。

拡大再生産チキンレースゲーム「ウィキッド・フォレスト」

あなたは大切な人を助けたい村人となって、「穢れの花」を得る為に邪悪な魔女の居る森へ立ち入ります。

森で「邪悪な魔女」に出会ってしまえば再び村に帰ることはできないでしょう。

森から無事に帰れば、森で集めた「穢れの花」を使うことで、森での探索が有利になる「能力」や大切な人を助ける為の「魔力(勝利点)」を獲得できます。

よりたくさんの「魔力」を集めたプレイヤーが勝者となるでしょう。

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 9件

レビュー
536名が参考
8ヶ月前

個人的総合評価9(10点満点中)デザインが特に素晴らしい!ゲーム内容もチキンレースで、他のプレイヤーの動向を探りながら緊張の中めくられていく森のカード。魔女と出くわした時の盛り上がりと先に森から戦線離脱した人たちのにやけ顔はとても盛り上がった!

内容もシンプルでプレイヤーの基本的な行動は行くか行かないか決めるだけです。そのあとにお宝?で自分の資産を増やす行動をするだけなのでインストは簡単。

だいたい自分が慎重に行きたいときは周りも慎重になりますし、逆もまたしかり。リスクをいつ冒してリターンを手に入れるのか手に汗握るので、自分の駒は手汗だらけになりましたw

ちょっと残念な点としては箱が小さいので内容物を入れるのに苦労するのと、序盤で負け続けたプレイヤーは起死回生の一手が出にくい(強気で3点を取りに行くくらい)かな
とはいえ、ゲーム自体も慣れれば30分もかからないので再度トライしたくなるゲームですし買って損はない良作と思います。

続きを見る
閉じる
国王
じじい
じじい
レビュー
432名が参考
8ヶ月前

単純なのに面白い。それでいてジレンマをしっかり味わえる、間違いなく良ゲーです。

まずアートワークがいいですね。
出会いたくない邪悪な魔女のイメージにぴったりで、ゲームの雰囲気を盛り上げてくれます。

ゲーム内容ですが、
プレイヤー達は邪悪の森を進み、穢れの花をより多く集めることを目指します。
ただし森に住む魔女に2回遭遇してしまうとそのラウンドは何も獲得できないので、
時には戻る決断をして、それまでにオープンされた穢れの花を持って帰りましょう。

戻る選択をした人が複数いた場合は持って帰れる花は人数で割ることになるので、
チキンレース+バッティング要素のゲームになります。

ゲームをプレイした感想ですが、
この進むor戻るの選択がこんなにも悩ましいとは思いませんでした。

1回目の魔女まではセーフなので
「とりあえず1回魔女に出会うまで進んで、魔女が出たら帰ろう」
と安易に考えると当然バッティングすることになるので、
時には魔女にまだ出会ってないけど他のプレイヤーに先んじて帰る選択も必要になります。

さらにプレイヤーを惑わせるのが、
森の最も奥まで進んで生還したプレイヤーは勝利点を獲得できるシステムです。
これがあるせいで「もう帰りたいけど、もうちょっと進めば勝利点ももらえるかも」という誘惑が、
あなたを森の奥へ奥へと誘うのです。

プレイヤーを惑わせる邪悪の森に足を踏み入れてみたい方はぜひ。

続きを見る
閉じる
国王
カレオ
カレオ
ルール/インスト
356名が参考
10ヶ月前

プレイヤーは大切な人を助けたい村人となって、邪悪な魔女の居る森へ立ち入ります。このゲームでは『探索カード』を1枚ずつ公開して、その度に森に居るプレイヤーは「帰る」か「残る」の選択をします。「帰る」選択をした場合には、すでに公開されている『探索カード』に描かれている『穢れの花』を獲得し、それらを使用して『能力結晶タイル』や『魔力結晶カード』を獲得する事が出来ます。森に残ったプレイヤーは探索を続けますが、「残る」の選択をした後で『魔女』が描かれた『探索カード』が公開され、それらが2枚公開された状態になってしまった場合、何も得られず次のラウンドまで脱落となります。



【ゲームの目的と終了】

■ゲームの目的

ゲーム中に獲得した『能力結晶タイル』と『魔力結晶カード』に書かれている『魔力』と『森の魔力タイル』の『魔力』を足し合わせ、最終的に所有している『魔力』の合計が一番高いプレイヤーが勝者です。

■ゲームの終了

『探索カード』の山札が2回無くなった次のラウンドが最終ラウンドになり、最終ラウンドが終了したらゲームも終了します。


【コンポーネントの種類】

■探索カード

森の探索のためのカード。場には各ラウンド9枚の『探索カード』が並び、森に残る選択をした場合1枚めくられる。9枚すべて探索し、無事だった場合は『森の魔力タイル』を得られる。森から帰る選択をしたら、公開されている『穢れの花』を獲得できる。しかし、複数のプレイヤーが同時に帰る場合は取り分が減ってしまう。


■魔力結晶カード

森から帰ったら獲得した『穢れの花』を使用して、獲得できるカード。獲得した結果、大きな魔力を得る事ができる。


■能力結晶タイル

森から帰ったら獲得した『穢れの花』を使用して、獲得できるタイル。獲得した結果、栽培、交換、拡張の能力を得ることができる。これらの能力を得る事でより安全に『能力結晶タイル』や『魔力結晶カード』を獲得する事ができるようになっていく。


■穢れの花トークン

森から無事に帰った場合に獲得する。公開されている『探索カード』に描かれた『穢れの花』と同じ数と色のトークンを得る。

■森の魔力タイル

森にいる最後の一人になり無事に帰るか、森をすべて探索したら与えられる。3点の魔力として扱う。

■リーダーマーカー

リーダーマーカーを持つプレイヤーが探索する森のカードを決め、カードを公開する。

■村人駒

プレイヤーが秘密裏に「進む」か「帰る」かを選択する為の駒。

■個人ボード

獲得した『穢れの花』を保管しておく場所。初期状態では6つ『穢れの花』を持つことができるが、『能力結晶タイル』によって拡張すると10個まで『穢れの花』を持てるようになる。

続きを見る
閉じる
国王
TacticalGamesJP
TacticalGamesJP
レビュー
322名が参考
8ヶ月前

とにかくデザインが良いです。箱から、ミープルから、カードデザインに水晶など細かい所まで雰囲気抜群。説明書に小出しでストーリーが書いてあるのも個人的にはお気に入り。

ゲームとしても、チキンレース、ブラフ、バッティング、拡大再生産的なリソース管理といろんな要素がありながらルール自体はシンプル。

時間も3~40分ぐらいで終わるので他の拡大再生産ゲームより比較的初心者向けかもしれません。程よい運要素なのも初心者向け。

タイルが少し多く、セットアップに手間取るので別途小袋なり、箱に仕切りをいれて整理して片付けるようにすると楽かもです。

戦略については、バッティングを避けてチキンで確実に行くのが無難かな?と、魔力点を早めに取るのが良いのかなと。魔力は段々高くなるので安い内に買いたい。逆に能力の拡張は後から買っても安くなるので。

栽培タイルは強いのでなるべく最初に買い揃えたい。これがあるとチキンでも安定するので。逆に色変換は買える時に1~2個だけで良いかなと1 個だけでも良いかも。

倉庫は、ロスが結構デカいので使わなくても良いかも。

カバンは重いですが、色がバラバラで4つ集まったなら買う感じですかね……

勇気の3点はデカいですが……ハイリスクハイリターンです。自分がリーダーの時でデッキが減っている時はカウンティングで比較的有利に進められるかなと。とはいえ、出る時はでます。容赦なく。

自分だけが栽培タイルがある状況ならいっそ全滅しても得するので強気に進んでも良いかもです。

細かい所ですが、9枚捲りに行く勇気プレイが多くなると、ゲームの終了が早くなります。終盤、点数が勝っているなら敢えて余分に探索するのも逃げ切りに繋がるかもです。

続きを見る
閉じる
国王
ゆら
ゆら
レビュー
287名が参考
8ヶ月前

穢れの花から採れる結晶は、不治の病を治し、願いを叶えてくれるという不思議な薬。

しかし、穢れの花が咲いているのは恐ろしい魔女の住む森の中。

あなたの大切な人を救うため、無事に森から戻って来られるだろうか…


あの人気作品「まどかマギカ」のデザインを担当された方がイラストを飾る、チキンレース系ボードゲームです° ✧ (*´ `*) ✧ °


勝利条件は、森の中に入り、たくさんの穢れの花を採り、結晶(得点)にすること!

基本のゲームスタイルは、チキンレース系の「インカの黄金」と似たシステムで、プレイヤーは森の中に進むか戻るかをそれぞれ決定します。

進めば、更に多くの花を手に入れるチャンスがありますが、2回魔女に出会ってしまったら何も手にすることはできません。

無事に戻ることを選択すれば、今までに見つけた分の花を手に入れることができます。


そして、手に入れた花を使うことで、得点やゲームをより有利に運ぶためのタイルを買うことができます。



魔女を避けながら花を手に入れるドキドキ感、やれることが次第に増えていく、ワクワクする戦略的な駆け引きが楽しめる非常に素敵なゲームですヽ(*^^*)ノ

イラストもとても美麗な為、まどマギファンにも必見なボードゲームです( *¯ ꒳¯*)✨

続きを見る
閉じる
国王
スエ
スエ
レビュー
279名が参考
9ヶ月前

ウィキッドフォレスト

3〜5人で楽しめるゲームで、魔女に2回出会う前になんでも治すと言われる穢れの花を持ち帰り結晶化(買い物)をして得点にする。

9枚に並んでいるカードが1枚めくられるごとに「残るか」「帰るか」を同時選択。なんでも1人になったほうが都合がいいがそうはいかない。

つい残りたくなるシステムが悩ましく楽しんじゃう。イラストがゲームの世界観をさらに引き立たせているので、ハマること間違いなし。

http://blog.urakyoto-bg.net/?eid=1415


続きを見る
閉じる
大臣
うらまこ
うらまこ
レビュー
172名が参考
4ヶ月前

家族4人で何回もプレイしましたw

まず可愛らしくも恐ろしいアートワークとゲームのフレーバーがとてもマッチしていて素晴らしいです。

ゲーム自体もとても楽しかったです。

探索パートではチキンレースにハラハラしつつ森を探索して資源を確保し、レースを降りる(村に戻る)選択をする際は他のプレイヤーとのバッティング(獲得した資源の総取りor頭割り)が起こるので、それにも一喜一憂します。

村に戻らずに最後の1人となったもしくは最後まで森を探索し終えたプレイヤーにはボーナスとして勝利点3点が手に入ります。

ただし、探索中に魔女に2回出会ってしまったら探索失敗、村に戻らず森に残っていたプレイヤーは資源を獲得出来ず、そのラウンドは脱落となります。

無事村に戻れたら持ち帰った資源を勝利点や能力と交換するリソース管理・拡大再生産に頭を悩ませます。

30〜40分くらいで終わる比較的軽いゲームながら、運・駆け引き・リソース管理といった要素が楽しめるとてもよく出来たゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
国王
Say
Say
レビュー
170名が参考
3ヶ月前

《不気味で美しい魔女の森を探索する拡大再生産チキンレース》

【不気味で美しいアートワーク】

まず何といっても特徴的なのは、劇団犬カレー・泥犬氏による描き下ろしのアートワーク!この不気味だけど美しい絵柄はパッと見た瞬間に、「あ!劇団犬カレーだ!」と分かりました。それもそのはず、大好きなアニメ作品魔法少女まどか☆マギカの魔女や異空間設計を行ったアニメーション作家さんなんです。

タクティカル・ゲームスさんがこの作品を発表した時から注目しており、すぐに購入したのですがなかなか遊ぶ機会に恵まれず積んでいました。今回ようやく妻や7歳の息子を含む5人でプレイすることができ、とても楽しかったのでレビューします。


【ゲームシステムは拡大再生産チキンレース】

簡単に言うと、「インカの黄金」+「センチュリー:スパイスロード」という感じです。ゲームは①探索と②結晶化を繰り返して、もっとも「魔力」の高いプレイヤーの勝利です。①探索はチキンレース、②結晶化で拡大再生産を行います。

①探索フェイズ:チキンレース

探索カードを9枚並べて「森」を作り、リーダープレイヤーが1枚ずつめくります。1枚めくるごとに各プレイヤーは、森に「残る」か「帰る」を選択します。帰る場合は、森で見つけた「穢れの花(けがれのはな)」を持って帰ることが出来ます。

森に残った場合は探索を続けていきますが、魔女に2回出会ってしまうと穢れの花は全て失ってしまいます。ここは、「インカの黄金」と同じですね。


②結晶化:拡大再生産

森から持って帰った花で「魔力カード」という勝利点カードを購入することができます。

またこの際に、能力タイルを購入することもできます。能力タイルには2種類あります。

・栽培タイル:探索の初めに花を毎回1つもらえます。

・変換タイル:持ち帰った花を違う色に1回だけ変換できます。

探索カードが無くなるまで、これらのフェイズを繰り返して「魔力」の最も多いプレイヤーの勝利です。


【運要素と戦略的要素のバランスが非常に良い】

遊んでみて思ったのは、非常にバランスの良い面白いゲームでした。チキンレースとしては「インカの黄金」を持っていたのですが、ちょっと物足りないんですよね。運だけというか。また「センチュリー:ゴーレム」も持っているのですが、運要素があまりなく7歳の息子と遊ぶにはガチすぎるという。

その点、このゲームはチキンレース特有の運要素を持ちながら、獲得したトークンで買い物をして変換能力を獲得していくという拡大再生産の戦略性も楽しめるところがとても素晴らしいと思います。何回でも遊べます。

【誰とでもドキドキワクワク楽しめる】

今回遊んだメンバーは、私、妻、息子(7歳)、友人、友人の娘さん(16歳)の5人でした。かなりボドゲ慣れや年齢にバラつきのあるメンバーでしたが、みんな楽しめているようでした。特に魔女が出てくると、「わー!」「どうしよう!?」と大騒ぎです。また全て公開情報になっているので助言もしやすかったですね。


【意外にダウンタイムも少ない】

「インカの黄金」だと脱落(帰る)した場合、残っている他人のプレイを見ているしかないのですが、このゲームの場合は「帰る」選択をした後も、結晶化でお買い物をする楽しみがあります。そのため、森に残った人のプレイはそっちのけで、自分のお買い物に夢中になってしまいました。これによりダウンタイムをほとんど感じずダレることなくラウンドが進んでいきましたね。


【専門用語が分かりづらい】

一つだけ苦言を言わせてもらうと、説明書が分かりづらいです。 1回説明書を読んでよく理解できない場合は、「素の人(しろのーと)」さんの実況動画を見ることをお勧めします。とても分かりやすいです動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=LBKNOQG4OUM

ルールは非常にシンプルなので動画を見れば遊び方はすぐ分かるのですが、とにかく専門用語が多く、それが直感的に分かりにくかったです。恥ずかしながら「穢れの花(けがれのはな)」は最初読めなかったです。丁寧に書いてある説明書なんですが、テーマを重視しすぎるあまり名称が複雑になりすぎている印象でした。

※今回のレビューにあたり説明書、公式HPより画像引用させていただきました。問題があれば削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。


【良いところ】

  • 運要素と戦略的要素のバランスが非常に良い。
  • 誰とでもドキドキワクワク楽しめる。
  • ダウンタイムは少なく感じられる 。

【良くないところ】

  • 専門用語が分かりづらい。
  • 人によっては絵柄が怖いかも。(それが魅力なんですけどねw)

【説明書、お薦めな人】

説明書22ページ。インスト10分、プレイ時間40分。説明書は上述の通りです。お薦めは、劇団犬カレーのアートワークが気に入った人ですね。誰でも楽しめるのでパーティゲームとして非常に優秀だと思います。


【感想】

劇団犬カレーのアートワークに惹かれて購入しましたが、とても楽しめました。7歳の息子も最初は絵柄が怖いと言っていたのですが、みんなが遊んでいる姿をみて「僕もやりたい」と言い出したのは驚きでした。結果、とても楽しそうに探索カードをめくっていたのは印象的でしたね。

またあまりボードゲームをしない妻も「やってみようかな。」と言い出したのは、このアートワークのおかげと思います。パーティゲームとして今後も活躍してくれそうで楽しみです。

続きを見る
閉じる
国王
Sato39
Sato39
レビュー
114名が参考
5日前

家計を預かる酸いも甘いも知った大人4名でプレイ。

まずインストの「穢れの花を倉庫に保管するには同じ色の穢れの花を捨てたら、ひとつ保管できる」という方法を聞いてすぐに皆その方法は頭から消し去る。そんなもったいない…という思いは同じ。
まず「鞄」の拡張に走る(笑)

森の探索になると一人が呟く。

「どこに魔女がいるかわかっちゃうんだけど?」

え!?スピリチュアルな方はぜひこういうチキンゲームへの参加はお控え願いたい(笑)

「うそだ~」と皆で煽ったところ、悉く魔女を外して森を突き進んでいく。
こりゃ見えてんな、ほんとに…。

ところがそんなスピリチュアルビーフなS氏を横目に、チキンっぷりを惜しげもなく発揮しつつ的確に穢れの花を集めては得点カードや能力を着実に仕入れていくY氏…。

「そんなとこでもう引き返すのか!?」「なんてチキンなんだ!」と罵られつつも、かばんの中から花を溢れさせることも無く着実に点を稼いでいくY氏の様子に皆焦り始める。

皆鞄に穢れの花を仕入れたら、着実に能力を稼いでいく。

このゲームの良さは、「同じ色の能力を購入するのは一人1種類まで」という約束を守れば、いくつでも購入をしてもいいところ。

素材さえ集まっていれば、あれもこれも購入してもいいなんて夢みたいだ!
しかも能力を蓄えておけば、あれをこれに変えて、これはあれに変えて、だからこれも購入!という自分のやりたいように買い物ができてしまうのも爽快!!

結局スピリチュアルビーフなS氏は一人最後まで森に残った健闘賞の勝利ポイントをがっぽり儲けて1位、そしてチキンなY氏も着実に貯金を貯めて2位…

「勇気のあるチキンだ!」「合理的なチキンだ!」と皆で2位を褒めたたえるが、
「2位なのにまだチキンと罵られるのか」と苦笑するY氏。

そりゃそうだとチキンからポークへと格上げ。

結局チキンにもポークにもなり得ず最下位となった私…

これはおもしろい!!再戦希望!!!

https://youtu.be/bpTC9l4J6kI

続きを見る
閉じる
皇帝
凸凹ママ
凸凹ママ
  • 商品価格¥ 3,850(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 144興味あり
  • 217経験あり
  • 62お気に入り
  • 241持ってる

チェックした商品