マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
オストル
  • オストル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 5~15分
  • 6歳~
  • 2017年~

オストル

メーカー・卸元:JELLY JELLY GAMES

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
「Ostle(オストル)」のカラーバリエーション「ナイトムーン」

青の深さと月の明るさが美しい「ナイトムーン」

「Ostle(オストル)」は将棋やチェスに似たマインドゲームです。
1分で説明できるシンプルなルールと、5分からあそべる気軽さ。
それでいてポケットに入るほどコンパクト。
友達と、恋人と、ご家族と。いつでもどこでも頭脳戦を楽しんでみませんか?

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 9件

ルール/インスト
1482名が参考
約2年前


コンポ―ネント

布製ゲームボード / 黄コマ 5個 / オレンジコマ 5個 / 穴コマ 1個 / 説明書 2枚




ルール説明

    

概要

  • 両プレイヤーとも、自分のコマをボードの手前に並べて設置する。
  • 交互に自分のコマか穴コマを動かし、相手のコマをボードの外か穴へ押し出す。
  • 相手のコマを先に2個押し出したプレイヤーの勝利。


ゲームの準備

  1. ゲームボードを両プレイヤーの真ん中に設置する。
  2. 自分のコマ色を決め、ボードの手前に一列に並べる。
  3. 穴コマをボードゲームの中央に置く。


ラウンドの流れ

先行プレイヤーから交互に手番を行う。

  1. 自分のコマか穴コマを上下左右に1マス動かす。
    ※穴コマは開いているコマにしか移動させることができない。


  2. ボードから相手のコマを押し出すか、穴コマへ落とすことで1個取ることができる。


     ※相手のコマが複数並んでいた場合も、1マスずつ押し出すことができる。

    ※1つ前の状態に戻るよう動かすことはできない。

     

先に相手のコマを2個取ったプレイヤーの勝利!


ブログではより詳しいルールや感想を載せてますっ!→ルールの詳細

ウシとキリンが実際に戦ってみた様子もあるので、ぜひ見に来てください~!

実際に遊んでみた様子

Twitter (@futariasobi_bg)では記事の更新を最速でお知らせしてます。


サイズ一覧

箱サイズ 9cm×4.5cm(直径)
ボードサイズ 15cm×15cm
続きを見る
閉じる
仙人
FUTARIASOBI
FUTARIASOBI
リプレイ
392名が参考
4年弱前

Ostle初プレイは通常版ではなく、作者がゲームマーケット会場で製作したという巨大版!!


コンパクトな通常版もいいですが、ゲーム会などではこの大きさが映えますね。

コマ同士が接触した時の、硬質な音がきもちいいです。


勝負は早い段階に、コマを1コ落とされかなり不利な展開に。

その後、だいぶ粘ったものの逆転できず、そのまま終局となりました。


また再戦したいですね。


続きを見る
閉じる
仙人
HappyGames_RYO
HappyGames_RYO
レビュー
382名が参考
約1年前

他レビューに対して思っていること…

一部、このゲームを自作して遊んでます。とのレビューがあるが僕個人としてかなり不快。作者が推奨しているならともかく…。

ルールさえ知ってしまえば自作が用意なボードゲームはたくさんあるけども、そもそもデザイナーのアイデアあってこそで、ボードゲームの購入はそのアイデアにお金を払っている部分が大きい。そしてコンポーネントもデザイナーがテーマに合うように考えたものだと思う。

自作やプロキシはすべて禁止!とかいうつもりはないし、何かしら必要なときもあると思う。だけど、少なくとも、こういったサイトに、ゲーム自体を持ってる!と書いたり、レビューと称して、さもゲームを遊びました。みたいに書くのはどうなのかな?通販サイトよここ?作者への敬意とか、デザインを蔑ろにしているように感じてならないかな。デザイナーはボランティアで遊び方を紹介してるわけではないし、ボードゲームを販売する事により収入が発生している事がわからないかな?

もし、そんなつもりなくても、そういう事なんだって知ってほしいかな。。

オストルの自作が作者公認で推奨なら、ごめんなさい。坊主にします。 

追記:2021年時点レビューは消されたみたいです。ついでに画像も消してほしいです。


続きを見る
閉じる
大賢者
もりお
もりお
レビュー
373名が参考
4年弱前

自分のコマと、盤面中央にあるアナを移動させ、
相手のコマ2個を盤面から押し出すか、アナに落とせば勝利です!!

接触しているコマを押して、いっしょに移動させるルールがあり、
パズル的で面白いですね。


コンパクトな盤面なので場所を選ばず、

ちょっとしたテーブルがあれば楽しめます。


小学校低学年からお年寄りまで広く楽しめるゲームだと思います!

続きを見る
閉じる
仙人
HappyGames_RYO
HappyGames_RYO
レビュー
349名が参考
1年以上前

上下左右に、交互にコマを動かしながら、盤外へ2つ相手のコマを押し出した方が勝つ。黒い丸はコマの代わりに1マスずつ動かせて、黒丸のあるマスへコマを押し出せば盤外扱い。直前の盤面と同じ配置となるようには動かせない。

なんと、基本的な説明は以上。ボードゲームに慣れ親しんでいない人にもあっという間に説明可能なシンプルゲームです。

そして、木製のコマを使っていながら盤が布であるため、収納してしまえばとてもコンパクト。



嘘偽りなく、手のひらサイズです。

プレイ自体もダラダラとはなりにくく、自身の安全を確保しながら相手を追い込んでいく方法をジリジリと考えさせられます。

そしてアクセントとして存在する、黒い丸(穴)。

実際にはここへ押し出すためというよりは、相手の進路妨害として、利用することが多いです。でもそれ1つあるだけで、見るべきポイントが急激に増加します。

シンプル、コンパクト、そして短時間が故の手軽さと爽快感。アブストラクトゲームの入門編としてもオススメしたい一品です。


続きを見る
閉じる
勇者
sss
sss
レビュー
342名が参考
9ヶ月前

2人用アブストラクトゲーム。


黒側と白側それぞれ5枚のタイルを保有。手番では自分のタイル一枚か黒丸(穴)を前後左右一マス動かす。ただし、黒丸はタイルのある場所には動かせない。

タイルは自分や相手タイルの枚数に関係なく、押すことが出来る。これによりフィールド上から押し出されたタイルを取ることが出来る。(押す→取る。だからオストル)押し出した先が穴だった場合も同様に取ることができる。ちなみに押されたタイルをそのまま戻して、前手と同じ状態にするという動きは出来ない(いわゆる千日手)

先に相手のタイルを2枚取ることが出来たプレイヤーの勝利。


ずっと気になっていて買おうか迷っていたボドゲなんだけど、この度DAISOから100円ボドゲにラインナップされたことを知り、即購入。ややコンポーネントはちゃっちい感じはするけど、ゲーム性は申し分ない面白さ。

将棋や囲碁のような高度な先読みが必要というわけではないけど、オセロよりは考えることが多いくらい。ちょうど良い思考力が求められるゲーム。

穴の使い方が思ったより重要。しかも2枚取られたら負けだから「一枚犠牲にして一枚取る」みたいな、いわゆる自滅戦略がとりにくい。そこがまた戦略を深くしている。


個人的にはイメージカラーが白黒のボドゲは、ゲームシステムを純粋に味わえるから好きなんだよね。もちろんゲームシステムがダメだとそれも如実に出るし。

ゲームシステムは◎だから、コンポーネントに特にこだわりがなければDAISO版を買えば良いし、こだわりたければ通常版を買えば良いと思う。おすすめ。

続きを見る
閉じる
山田
山田
レビュー
266名が参考
1年以上前

簡単ルールのお手軽だけど、しっかり考えて遊べる二人用アブストラクトゲームです。無料体験パンフレットで遊んで気に入ったので購入しました。


将棋のように交互にコマを動かして、先に相手のコマを2つ盤外に押し出した方が勝ちといったルール。非常にシンプルなルールですが、盤外扱いとなる穴コマが一つあり、自分のコマの代わりに穴コマを動かすことが出来ます。

数回プレイすれば、穴コマを上手く使うことで、攻撃にも守備にも使えることや、強い陣形、詰みパターンなどが見えてきて、急激に面白くなってきます。他のガッツリしたアブストラクトゲームに比べて、こういう分かってくるまでの時間が非常に短いのがスゴくいいトコだと思います。

慣れてくると千日手の盤面が頻出してしまうので、できればルールでフォローされていると良かったかなと思います。

コンポーネントもスタイリッシュで、コンパクト。インストも5分かからず、プレイ時間も10分程度。カバンの中に放り込んでおいて、休み時間などに取り出して気楽にプレイといった使い方が出来るのも魅力です。

無料体験パンフレットはWeb公開されているので、気になった方は遊んでみてはどうでしょうか?

続きを見る
閉じる
皇帝
Kaichi
Kaichi
レビュー
80名が参考
5ヶ月前

ダイソーゲームで買いました。

ゲームはシンプルで楽しい。

上下左右+中央付近にまで落下場所あるから

よく考えないといけない。

1つ犠牲にしても取る!って行動できたりするから

2つ落下で負けはいいよね。


けどさすがダイソー、

場面の折り目が引っかかって動かしにくい。

ラミネートしちゃおうかな…

続きを見る
閉じる
勇者
C
C
レビュー
27名が参考
2ヶ月前

シンプルの極みがいい!押すというゲーム性から滑りやすい盤の方がストレス無く遊べそう

続きを見る
閉じる
勇者
ろくろく双六
ろくろく双六
  • 商品価格¥ 1,650(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 102興味あり
  • 489経験あり
  • 84お気に入り
  • 585持ってる

チェックした商品