マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
バザリ
  • バザリ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~4人
  • 25分前後
  • 10歳~
  • 1998年~

バザリ

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
気軽、だけど本格派!宝石をめぐるバッティングと取引のゲーム。
  • ラインハルト・シュタウペ(Reinhard Staupe)作

 カードゲーム「ザ・バクダン」の作者であるラインハルト・シュタウペの一番の代表作です。ドイツボードゲームの黄金期である90年代の一翼を担ったクラシックな作品ですが、遊び易さと遊び応えを兼ね備えており、今まさに遊んでいただきたいゲームです。

 プレイヤーは「バザリ」と呼ばれる東洋の市場の宝石商となります。市場を巡りながらライバルたちの思惑を読み、4色の宝石を集め、富を成すことを目指します。プレイヤーは全員、まずサイコロを振って市場を時計回りに進み、それから商いのアクションをタイルで選択する、という手順を繰り返します。誰かが試乗を1周したらラウンド終了。各色の宝石について一番たくさん持っている人からポイントを獲得します(赤のトップが14点、黄が12点、ミドリが10点、青が8点)。3ラウンドの後に最も多くのポイントを稼いだ人の勝ちです。

 ゲームの肝は何といっても、アクションの選択をめぐる駆け引きです。「サイコロ」「金貨」「宝石」の3つのアクションがあり、それぞれプレイヤーに恩恵をもたらしますが、アクションは全員が行えるわけではありません。タイルを用いて全員がアクションを秘密選択し、一斉に公開します。1人だけが選んだアクションはその人が即座に行えますが、2人の場合はどちらか1人しか行なえません。互いに手持ちの宝石を相手にいくらか支払う定時をして、アクションを譲ってもらう「取引」を行わねばならないのです。そして3人以上が選んだアクションは、誰も行えません!
 「サイコロ」のアクションの権利を獲得したら、もう1回サイコロを振って、市場をさらに勧めます。ラウンドが終わった時に1周できていたプレイヤーだけが10点を獲得できますので、これは重要です。「金貨」のアクションでは、止まったマスに記された値分の金貨(つまりポイント)が得られます。「宝石」のアクションでは、止まったマスに描かれた種類と数の宝石をストックから得られます。止まったマスの値や宝石、集めている宝石の色、ゴールまでの距離などにより、思惑はプレイヤーによって様々です。「何をするのか一番得か」だけでなく、「他のプレイヤーの狙いは何だろう」ということも考えて、極力アクションがカブらないことが大切です。でも勝負所は強気で、取引も辞さない!という態度も大事。1時間以内で気軽かつ本格的な駆け引きが楽しめる、ボードゲームの醍醐味が味わえるゲームです。

レビュー 14件

285
名に参考にされているレビュー
2018年05月02日 21時15分

新版は箱絵がシブく、コンポーネントはどれもしっかり作りこんである。折り畳み式のボードは硬いし、宝石はどれも綺麗に加工してあり、木製コマ・サイコロも良い。


基本はすごろく形式で、マスを進んで1周することを目指す(1周ごとに決算みたいなことがあり、3周するとゲーム終了)。

順番は無く、全員が同時にサイコロを振る。サイコロを振って進んだ後に、もう1回サイコロ振るか、勝利点をもらうか、宝石をもらうかのアクションが選べる(=アクションタイルを同時にオープン)けど、他人と被るとバーストして効果ナシになる。でも2人のみの被りだと、宝石を使った交渉に入る。この交渉が最大の特徴でもあるけど、別に無視して周回ボーナスを取りに行ったり、直接勝利点をもらってもいい。でも完全交渉無視じゃ勝てないかな、たぶん。1周すると種類ごとの宝石を最も多く所持しているプレイヤーにボーナス勝利点がもらえるので。


どれが自分にとって一番利益が出るかを考えて行動する必要があるけど、他人と被るなら別のアクションを選んだほうがいい、という、心理戦の要素もある。すごろく、交渉、バースト、心理と、いろんな内容があり、お気に入り。宝石はその種類ごとに1番多く持っていないと意味がないので、いらない宝石は交渉に使える。すごろくだけど運の要素は少ないと思う。

逆に言えば、こつこつ勝利点を貯めていくタイプのゲームなので、後半は逆転が難しいし、誰かが1周近くなったら選ぶアクションも適当になりがち。しかし宝石の手触りは良いし、プレイ時間は長くも短くもない中量級なので、程よく楽しめる。

続きを読む
閉じる
276
名に参考にされているレビュー
2017年01月25日 21時13分

モノポリーやいただきストリートのように、ゲームボードを双六のように周回。一般的に連想する「ボードゲーム」に一番近いユーロゲームでは??

 

---バザリ---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:30-45分
評価:☆☆☆☆☆



久しく絶版となっていたボードゲーム版のバザリ。このたび新しく書き下ろされたイラストを引っ提げて、ニューゲームスオーダーから再版されました。カードゲームのほうは遊んだことあるけど、ボードゲーム版の実力やいかに??



ルールは本当にシンプルで、各自スタート地点を決めたらとりあえずさいころを振ります。

で、出た目の通りに進んだらここで3つのアクションから選択



・数字:今自分のコマが止まっているマスに書かれた点数を得る

・宝石:マスに書かれた宝石を得る

・さいころ:もう一度さいころを振って、コマを進めるとともに、「6 - 出た目」の得点を得る

これだけ。そしてここからが最大のキモで、同じアクションは一人しか行えません。どうするかというと・・・

・アクションが3人でバッティングしたら、誰もアクションできない

・2人でバッティングしたら、宝石を使って交渉


という、バザリを最高に面白くしているフェイズが行われます。

誰かがボードを一周したら1ラウンド終了で、



・ボードを一周できたプレイヤーは10点

・赤い宝石を一番持っているプレイヤーは14点、以下、黄、緑、青の順で12点・10点・8点がもらえます。同着1位は点数を人数で割って、端数切捨て。

この宝石での点数を得るために、交渉が過熱するのです。

------------------

公称は必ず点数の低いプレイヤーからはじめ、アクションを譲ってもらうために自由に値をつけます。たとえば「緑2個で譲ってくれよ」とか。

条件をのむなら宝石を受け取ってアクションを譲る。飲まないなら宝石の数を多くするか、価値を上げて再提示します。

宝石の価値は 赤→黄→緑→青の順番。 つまり赤一個で提示されたら、次は青2個とか、数を吊り上げるしかないのです。

この交渉の時に、交渉に参加してない二人のプレイヤーの宝石獲得状況を見る必要があります。

「緑2個あげるから譲ってくれよ。これで緑が暫定トップだろ?」とか。

--------------

次のラウンドは、駒の位置はそのままに、そこが新たなスタート地点となってゲームが続きます。3ラウンド終了でゲームが終わり、一番点数が高いプレイヤーが勝利です。

-----------------------------



周回式のすごろくという使い古されたシステムをベースにしつつ、バッティングと交渉という、ユーロゲームの十八番を加え、非常に面白い!素晴らしいゲームに仕上がっています。

非ボードゲーマーにもわかりやすい仕組みでありながら、「こんなゲームがあるのか!」と楽しんでもらえる。導入にとてもいいゲームですね。

バザリ:カードゲームとの一番の違いは、「さいころ」のアクション。これはカード版の「商人」アクションに相当するのですが(カード版は商人を一定数集めるとラウンド終了)

カード版が、少ない数の商人を引いたときに特に救済がないのに対し、ボード版は「少ないさいころの目を振ってしまったら勝利点がたくさんもらえる」という点が異なり、ボード版のほうがバランスがとられている印象。

価格の低さと手軽さならカード版。ゲーム性をとるならボード版ですね。

続きを読む
閉じる
270
名に参考にされているリプレイ
2016年12月19日 08時43分

Rei Asano宅ゲーム会。いくつかやってみて初心者のKさんも慣れてきたところでボードゲームらしいやり取りの活発な「バサリ」を遊ぶ。

ルール自体はシンプルなのでインストは20分も掛からなかった。もちろん初見のKさんと、経験はあるものの記憶が古過ぎてほとんど内容を覚えていなかった大石は探り探りアクションを選んでいく。

第1ラウンド一手目はバッティングせず、各自がダイス、宝石、点を得てすぐに二回目のアクション選択へ。二手目からはほぼ毎回誰かしらがバッティングした。多かったのはRei AsanoとKさんの宝石の取り合いだったように思う。大石は最速ゴールの10点に目がくらんでダイス多めの選択をしていたため、あまり被らなかった。三人一致でお流れもたしか無かった。

そんなこんなで大石の駒が一周して一回目の得点計算が行われる。宝石の最多所有は獲得に熱心だったRei AsanoとKさんが赤と黄色をそれぞれを獲得し、大石はあまり動きの無かった緑か青のトップを二人と分け合った。この時点での順位はKさん>Rei Asano大石。各自の点差は5点以内に収まっていた。


第2ラウンド目は前のラウンドよりバッティングが多かった。トップゴールの10点にあまり意味が無いと気づいた大石が方針を変え、あまりダイスのアクションを選ばなくなったためかも知れない。相変わらず赤を中心に集めたRei Asanoは青のトップにもぎりぎり手を出せる状態を維持しながら比較的バッティングの起こりにくいダイスを生かして駒を進める。Kさんは宝石と点を止まったマスによって使い分けながら黄色と緑のトップを確保。大石はどの宝石でもいま一つトップを狙えそうに無かったので点のアクションに手を出しがちだった。

Rei Asanoの駒が一周してのラストアクションは三人一致のバッティングで打ち消し。二回目の得点を計算してみるとKさん>Rei Asano>>>>大石くらいの差がついていた。もちろん宝石によってついた差である。


そしてラストの第3ラウンド。遅れを取り戻したい大石は、図らずも前ラウンドで維持することになった「トップを取るには頼りないけど平均的に多めの宝石」を生かして全種のトップを狙いたいと考える。が、交渉がさっぱり上手くいかず、緑と黄色以外はトップの確保が出来なかった。緑を捨てることで赤を磐石にするRei Asanoと宝石に執着しないことで細かく点を刻んでいくKさん。二人を相手に交渉していては大きく開いた点差が埋まることも無く、Rei Asanoの駒が最後のゴールを決めて得点計算に。


集計の結果、

Rei Asano約96点

Kさん約95点

大石約70点

くらいでRei Asanoの勝ち。


トップ争いの二人の差は、ほぼダイス目の運くらいしかないものと思われる。どちらかの何かが違えば順位は変わっていた。

一方大きく差をつけられた最下位の理由は2ラウンド目の宝石争いにまったく参入出来なかったからだろう。「バサリ」は宝石を集めるゲームであり交渉が重要なゲームである。その辺りをしくじるとこうなりますと言う典型的な例だった。


以下、個人的な感想とか

大石「前回のプレイと間があったのでとても新鮮な気持ちで遊べました。まあ結果ひどいものでしたが。良くてWin-Win、基本は損ばかりの交渉だったように思います。今まで全然そういう認識は無かったのですが、自分は交渉苦手なのかも知れないと、そう思うような結果でした」

続きを読む
閉じる
230
名に参考にされているレビュー
2019年05月10日 14時12分

3種類の方法で点数を稼ぐゲームです

10歳の息子と、8歳の娘とで遊びました

派手好きな息子はやたら宝石をあつめたがりますし、堅実派の娘は「得する方」を選びたがります

最初のうちはそれほど点数に差がないのでワイワイしてましたが、得点の方法が絶妙で後半になるにつれ読みあいが強まってきます

みんなを出し抜いて1週(10点もらえる)するか、わざと相手に花を持たせて次のラウンドで勝負をかけるか、いかにキングメーカーをつぶすか、等

ルールはシンプルですがプレイヤー間のやりとりで勝負が決したり、でも交渉がメインでもないので堅実に勝負をしたりと、幅広く遊べるゲームだと思います

ちなみに、何度か子供達と遊びましたが1度も勝てた事はないです

大人の利害と、子供の利害は必ずしも一致するわけではないようですね()


「(あいつはもうすぐゴールだからサイコロ振るだろうし、あいつは赤い宝石たくさん貰えるからそっちを選ぶはず…ここは堅実に点数を選ぶか…)せーの!!」

「「「得点」」」 「うせやろ」


個人的評価:7.5/10

続きを読む
閉じる
157
名に参考にされているレビュー
2016年05月16日 23時59分

宝石や勝利点を集めながら、盤面を3周するゲームです。
プレイヤー皆同時にサイコロをふり、自分のコマを進めます。止まった箇所に描かれている、宝石の種類、または勝利点の獲得、もしくはサイコロを追加で降り、コマを進めながら、勝利点を得るの3つから、追加アクションを選択できます。
ただし、追加アクションは3つでプレイヤーはそれぞれ同時にアクションタイルを出します。もしバッティングすれば、行動の譲り合いを、持っている宝石の受け渡しで行います。赤の1つで、、、アクションを譲ってください!
いやいや、赤2つで譲ってください!

などなど、、、、宝石の交渉が行われ、アクションを進めます。

また、ラウンド終了時に、宝石の種類で多く持っている人は、応じた勝利点がもらえます。

宝石を取るか、
勝利点を稼ぐか、
コマをより早めにすすめるか、

アクションのバッティングと双六、交渉と要素が上手く混ざり合った面白いゲームです!

続きを読む
閉じる
151
名に参考にされているルール/インスト
2018年05月02日 21時16分


続きを読む
閉じる
151
名に参考にされているレビュー
2019年07月21日 14時42分

バッティング≠デメリット? バッティング系ゲームの名作


各プレイヤーがターンごとに同時にサイコロを振ってボード上を進み、その後同時にアクションを選択・実行する。アクションの選択においてバッティングの処理を行う、というのが基本的なゲームの流れ。


このゲーム最大の特徴は、アクション選択でバッティングが発生した際、バッティングしたプレイヤー間で競りによる交渉を行ってアクションの権利を奪い合う点にある。


競りは宝石という、ゲーム中のアクションで得られるリソースを使って行う。

他のアクションが確実に得点を得られる中で、宝石はラウンドごと・宝石の色ごとに最多所持者のみが得点を得られるという不確実な物。しかし競りにおける宝石の価値は固定となっており、ゲーム中における宝石の需要との乖離が発生する。

結果、交渉相手の足元を見てメリットの無い宝石を押し付けたり、交渉外のプレイヤーへのを妨害として交渉相手が最多所持争いをしている宝石を渡したりといった、所謂「性格の悪さがにじみ出る」様な、複雑な駆け引きが楽しめるゲームに仕上がった。このゲームにおいてバッティングは必ずしもデメリットとは言い切れない。


ルールは簡単で、プレイ時間も1時間弱程度、プレイ感も軽い部類に入るが、良くあるバッティング系ゲームほどの軽さではない。またシビアな交渉の相場感覚は初心者には少し荷が重いかもしれない。逆転要素が無いため、点差がつくと終盤のプレイはダレ気味になる点は注意。


現在新品で入手できるのはニューゲームズオーダーから発売されている新装版だが、コンポーネントが秀逸。メインボードをコンパクトにまとめつつも、宝石は紙ではなくプラ製、しかも種類ごとに凝ったカットを入れる、というツボを抑えた構成。また5人プレイ用に若干ルールが追加されている。


価格も手ごろで、個人的には広く薦めたいゲームのひとつ。

続きを読む
閉じる
111
名に参考にされているレビュー
2019年11月29日 16時35分

大好きなゲームシステムである「バッティング」と「競り」の2つを盛り込んで、白熱の展開を見せる傑作ゲームです。評判が良いのは知っていましたが、なにせ日本語版(ニューゲームズオーダー版)の表紙が、暗くて、怪しいおばあちゃんと美女が描かれた渋いもので、ちょっと取り出すタイミングを逸しておりましたが、最近たまたまスタート4人になることがあり、ちょっと試してみようかということで始めたところ、たちまち大好評な盛り上がりを見せる結果となりました♪(もっと早くやっておけば良かった。)

断言しよう、このゲーム気に入りました!


このゲームは、中東?の市場をめぐり、宝石商となって勝利点(お金?信用?)を最も稼いだ者が勝つ、というものです。

ボード上には、ぐるりと円周状にマス?があってバザーを表しており、自分の商人コマを『ダイスを振って、その目だけ進める』という、一見何の変哲もない『すごろく』ゲームのように見えます。(これはこれで、ダイス目に一喜一憂するボードゲーマー的には、シンプルで楽しいんですけどね。)

しかし、このゲームの真価はその先にありました!!

何と2つの盛り上がりポイントが導入されていたのです!


  1. バッティングアクションで腹の読みあいが楽しい!


このゲームは、サイコロで止まったマスごとに、「得られる宝石」と「得られる勝利点」が描かれており、どちらを狙うかが重要です。ところがその効果は止まったら無条件で得られるわけではなく、どの効果を受ける権利があるかは『バッティング』と言って、「他の人とかぶったら負け」というシステムです。(『ハゲタカのえじき』が有名ですね)

各プレイヤーは、手元に3枚のタイルを持っていて、自分がやりたいアクションを1枚選んで伏せて出し、一斉にオープンし、かぶってしまったら「そのアクションは無効!」という、ヒリヒリした読みあいが醍醐味です。

3枚のうちもう1枚は、追加でダイスをひとつ振って、そのぶん追加でコマを進めることができる、というものです。(もちろんこれもバッティングしたら無効です♪)誰かが先に1周したら、そのプレイヤーには何と「10点のボーナス」が入るのに加えて、そのラウンドは終了してしまいます。(これを3ラウンド繰り返すことになります。)そのため相手より先に進むのも大事な戦法です。

それぞれが止まったマスによっては、どの宝石がもらえるか、勝利点を何点もらえるか、がかなり違うので、その表示を見比べながら、相手の思惑を考えて、ニヤニヤしながら手を考えるわけですね。

これ楽しいですよ!


2.続けて今度は、宝石を使っての『競り』で勝負!!

もしアクションでバッティングしてしまっても、それで終わりじゃないところがこのゲームの凄いところ。手持ちの宝石を差し出して「そのアクションの権利を譲ってくれ」と交渉をすることができるんです。もちろん受ける義務はありませんが、もし拒否するなら今度は「それを上回る条件」で相手に再提示する必要があるのです。(「同種の宝石のまま、総数を増加させる」か「総数は同じままで、宝石のランクを上げる」か、どちらかを選択しなければなりません。)

相手が持っている宝石(上位からルビー→トパーズ→エメラルド→サファイアの4種です。)の数は公開されているので、何を渡すとまずいのか、いくつ以上渡したら損なのかをよく考える必要があります。また、うまくやれば相手が拒否できない交渉へ持っていく事も可能です。(それ以上の数持っていないから、せり上げることが不可能だったりするわけで…)

ここでも足元を見たえげつない交渉をニヤニヤしながらやることになるのですね。

この宝石を集めることも非常に重要で、各ラウンドの終了時に決算タイムとなり、それぞれの宝石を「最も多数持っている」プレイヤーに大きな得点が入るのです。(同数なら折半ですね)

おかげで、相手よりも1個でも多くの宝石を確保するため、相手に渡す宝石の数をコントロールするのは非常に非常に重要なんです。

ここも抜群に楽しい!


「じゃあまず全員でダイスね。ほれ…あ、また1だ(笑)。くそっ全然進まない~!」

「おお、〇〇ちゃんはまた6だ!やばいよ!もう半周過ぎてる。」

「そっちだってかなり進んでる~!」

「じゃあ次はタイルね……せーの、はいっ!」

「ギャー!お前やっぱり宝石か!だろうと思ったんだけどなあー!」

「やったー、私はもう1回ダイスね。えい…5進みます。」

「ほらヤバいヤバいって!1周しちゃうよ!」

「私はそのまま5点もらいます♪」

「う~、こっちはバッティングだから競りな。じゃあエメラルド2個で勘弁して-(笑)」

「当然、Noだな。甘い甘い(笑)。じゃあこっちの番か。エメラルド4個でどうだっ」

「きゃー、いきなり釣り上げたねー」

「う…これ断ると、俺ルビーとか渡さなきゃいけなくなるの?うーこいつ俺がエメラルド4個しか持ってないのを承知で言ってやがる!(笑)」

「わはは、当然だ」

「くうう~、仕方ない受けるよ。」

「やったー、これでまたルビーをゲットだぜ!」

「いやー!誰か何とかしてよ~(笑)」


という感じで、ヒリヒリのバッティングと競りですが、殺伐としたムードではなく、終始笑いながら盛り上がります。

ルールも比較的シンプルで、インストには5~10分程度しかかからないし、一度説明してしまえば後からサマリー等を参照する必要もありません。基本のサイコロでの進行などは手番順がなく一斉に同時処理をするのでダウンタイムも少ない、といい事づくめの良作です。

無理やり難点を上げるとするなら、きれいな宝石コマが美しいのはいいのですが、ちょっと小さいので扱いにくく、これを頻繁にやり取りするとき机の下にころがったりすると無くしそうで心配です。

【補足】

5人ゲーム用追加タイル、他の人とバッティングしても実行できる優れものだが、効果は非常に弱く、単独なら宝石を1つ返却して、任意の宝石を2個もらえる。2人以上が出しても有効だが、その場合は任意の宝石を1個もらえるだけ。というチキンな内容です。

【さらに補足】

ここまで書いて気が付いた。

このゲーム、すごろく式にバザーを1周するのですが、実はスタート地点とゴール地点が決まっていません。自分で好きなところにスタートマーカーを置き、そこに戻ってきたら1周という扱いです。

こういったボードのゲームだと、ルートの構成が基本的に1種類で、戦略が固定されてしまうため、ボードが両面仕様になったり、組み合わせを可能にして幅を持たせたりしています。

しかし、このゲームは単純な工夫で幅を持たせているのです。それが「スタートマーカーを好きなところに置いて、そこから1周」というやりかたです。

これで展開にバリエーションが膨大にできるのに加えて、誰がより進んでいるのかが一瞬では分からないようになっているのです。

こういう見事な工夫があることで、デザイナーの情熱や意気込みみたいなものを感じるので、さらに良いゲームに感じました。

続きを読む
閉じる
94
名に参考にされているレビュー
2019年10月06日 22時54分


一応5人まで出来るけど、4人プレイじゃないと最大限に楽しむのは難しいかも。

なんといっても素敵なのは宝石が綺麗なところと、交渉の自由度。

ターン制ではなく一斉に進行するのでストレスなく出来るのも嬉しい。

程よく他人と絡みながら、攻撃や妨害といったところがないのも好きなところかもしれません。

おススメです。

続きを読む
閉じる
91
名に参考にされているレビュー
2017年04月20日 20時15分

勝てないけど楽しいゲーの一つ!笑

交渉ゲー難しいけど楽しい!

普通に考えると赤と黄色の両方で1位になれば勝てるんだろうけど、それが難しい笑

青より1周のが高いのがポイントかな?

続きを読む
閉じる
77
名に参考にされているレビュー
2019年01月27日 13時34分

大好きなゲーム。やることはとてもシンプルなためゲーム初心者でも大丈夫。ダウンタイムもほぼないため、人の交渉を見てるときくらい、サクサク遊べます。4人プレイで3回連続で3人が被って、1人がアクションできたりしたらものすごい悲鳴が上がります。盛り上がります、楽しいです。

続きを読む
閉じる
60
名に参考にされているレビュー
2019年07月31日 11時33分

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
毎回3つのアクションから1つを他の人と被らないように選ぶバッティング系の面白いボードゲームです!
毎回アクションを選ぶごとに他の人と被らないように頭を悩ませ、そしてカードを表にめくる前までドキドキします。戦略性も程よくあって、それでいて初心者の方でもとっつきやすいゲームになっています。
裏目裏目に出てしまって、どうにもならないときもあり、そのあたりは運に左右されてしまいます・・・


好き度(Like)
 ▶4pt.≪★★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを読む
閉じる
45
名に参考にされているレビュー
2019年01月11日 14時57分

無言の宝石吊り上げが楽しい。

キラキラして華やかな見た目も素敵。

連続でバッティングするともりもり盛り上がる。

続きを読む
閉じる
32
名に参考にされている戦略やコツ
2019年07月31日 11時35分

とにかくバッティングを避けられるほうが効率的に進められます。宝石獲得のタイミングが重要なのと、宝石は累積されていくのがポイントです。意外と1周ボーナスもいいので、他の人の狙いが宝石に集中する場合には、駒を進ませるのもいいかと思います。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,850(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 129興味あり
  • 522経験あり
  • 104お気に入り
  • 318持ってる

チェックした商品