マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
マリポーサ
  • マリポーサ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 45~75分
  • 14歳~
  • 2020年~

マリポーサ

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
渡り蝶オオカバマダラの5,000kmにもおよぶ壮大な旅を体験しよう!
  • エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)作

・春、夏、秋と移り行く季節の中で、繁殖して世代交代を行いながら目的を達成・勝利点を獲得しよう。

・カードプレイによる蝶コマの移動と、セットコレクションによる得点に焦点を当てたゲームシステム。

・地図ボード、蝶コマ、生活史カード、花ダイス、花トークンなど多彩で豪華な内容物で遊ぶ、『ウイングスパン』のエリザベス・ハーグレーブによる、大空を翔る渡り蝶がテーマの自然派ゲーム最新作!

レビュー 6件

317
名が参考にしたルール/インスト
 by ルシュエス

注:翻訳サイトを使用した直訳ですので、ルールのニュアンスが正確とは限りません。

2ヶ月前(2020年09月27日 15時03分)
続きを読む
閉じる
277
名が参考にしたレビュー
 by winterkoninkske

二人プレイ時の感想を書きます。


マリポーサは、移動をアクションカードの選択によって行いながら、豊富なジレンマや美麗なアートワークを楽しめる変則双六のようなゲームです。

作者は「ウイングスパン」のエリザベス・ハーグレーブ。今回は北米大陸を繁殖のために渡る蝶の生態系をテーマにした、自然の美しさと厳しさを体感できるものとなっています。

春、夏、秋の3ラウンドにて展開され、各ラウンドにはゲーム毎にランダムで選ばれる「季節目標」と呼ばれる勝利点目標があります。

プレイヤーはメキシコのミチョアカン(スタート/ゴール地点)から自分の蝶コマをスタートさせ、二枚ある手札のアクションカードから一枚を選択してメインボード上のマスを進みます。

アクションカードは数種類から二枚がランダムに選ばれますが、弱いカードはなく、それぞれ使うタイミングに長所と短所がある悩ましいものが用意されています。

各ラウンドの大まかな動きとしては

春→繁殖をしながら北米大陸を北上

夏→繁殖を重ねながら季節目標を達成しつつ、秋に南下するための準備

秋→大陸各所から南下し、スタート地点のミチョアカンへ戻る

といった流れです。

初回プレイでは、得点の高いミチョアカンへの帰還のタイミングが分からず、あまりいい結果になりませんでした。

二回目でようやく感覚を掴んで、いい勝負になった印象です。


都市を経由することでランダムに強力な能力が解放されるセットを集めるルールがありますが、これが中々に達成が難しく、ある程度運に任せながら思い切った行動に出たり、安全策で目先の得点を諦める判断も必要になるなど、その時々でしっかり悩みどころがあるので楽しいです。(正直に言えばここはもう少し簡単な方が盛り上がったかも)

基本的にプレイヤー間で邪魔し合ったりする要素は無く、定められた条件を最も自分のために活かせたプレイヤーが勝利を掴みます。


前述した都市に止まると得られるボーナスがランダム要素のため、止まってみるまで何が置かれているか分からない問題があります。そのため人数が多いほど伏せられた要素が開示されやすくなる性質があり、計画を立てやすくなります。

二人プレイだと、この点で分かっていないもののためにとるリスクが高くなってしまうので、最低でも三人いた方が作家が本来目指したバランスで楽しめるかと思います。

それでも、若干のもどかしさはあるものの、ゲームバランスを大きく崩すものではないので、二人だけでしか遊べない環境でもお勧めできます。

後はもう、とにかくコンポーネントが最高です。

木製のカラフルな蝶コマ、質感の良い個性的な花ダイス。花の描かれた大量のタイル、カードの裏には蝶づくしの美しいデザイン。

北米大陸を花で彩ったメインボードなど、所持欲をくすぐられるコンポーネントで溢れています。

これら良質なアイテムを使い、蝶の生態をなるべく忠実に再現したゲーム性が相まって、とてもテーマをイメージしやすいものに仕上がっています。

最後にミチョアカンへの帰還を目指す蝶たちに感情移入までしてしまうほど、何か心に訴えかけられるような感動的なゲームです。

箱もドンと置くだけでアートになるので、積みゲーマーにもやたらとオススメ。


ここまで「渡り蝶」をテーマとして再現性を高めたものは他にあるはずもなく、唯一無二のゲームとなっていますので、是非とも一度(出来れば慣れた二戦目まで)プレイしていただけたらなと思います。

7日前(2020年11月23日 17時26分)
続きを読む
閉じる
235
名が参考にしたレビュー
 by でゃーこ

届いたので早速家族3人でプレイしてみました。

ゲームの簡単な進め方と感想など。

春夏秋の3シーズンでメキシコから北米まで蝶を行ってこいするゲームです。

自分の番では手札のカードを切って記載されたマスだけ蝶を進め、止まったマスで羽化のエサとなる花を集め、特定のアイコン(トウワタ)の周囲のマスで次世代の蝶を羽化させます。

基本的には最終第4世代の蝶がたくさん戻ってきたら高得点ですが、他の得点要素としてシーズン毎のボーナスや保護区と呼ばれる都市マスに止まることで得られる生活史カード及びそれを集める事により得られるボーナスや能力を組み合わせて得点を積み上げます。

これら追加ボーナスの獲得条件が北アメリカ到達だったり、東海岸だったりと、全米各地だったりと、主目的であるメキシコ帰還とのジレンマとなっており、ウインクスパン同様バランス感覚を要求されるゲームとなっています。

シーズン毎のボーナス条件が20種類の中から3種類であること、保護区で得られる生活史カードがランダムの配置になるなどリプレイ性もあり、ルールはシンプルながらも毎回頭を悩ませることになりそうです。

初回のプレイではボーナス獲得に傾倒してしまい、蝶をあまり戻せませんでした。ここは何度かプレイするとコツを掴めそう。

ボードや駒など、とても美しいコンポーネントで纏められ、渡り蝶の長旅をテーマにした唯一無二のボードゲームですので、お子さんをお持ちの方にもおすすめです。

7日前(2020年11月24日 12時44分)
続きを読む
閉じる
209
名が参考にしたレビュー
 by take@

日本語版が届いたので嫁と2人で2戦ほどプレイしました。

『プレイ結果』

1戦目

プレイ時間:約1時間半

勝利点:私45、嫁38

2戦目

プレイ時間:約1時間

勝利点:私45、嫁37

『感想』

・ルールは、プレイする前はわかりにくかったが、プレイするとシンプルでわかりやすかった。

・蝶の世代交代で親の蝶の駒がボードから取り除かれるときは寂しくなります。

・勝利点の大半が季節毎の目的カードによるものと感じた。無駄な蝶の動きを減らすことで、もう少し勝利点は伸ばせそうです。


以上、ざっくりですがレビュー終わります。

9日前(2020年11月21日 23時01分)
続きを読む
閉じる
189
名が参考にしたレビュー
 by プトシ

ウイングスパンとはうって変わって特殊効果のない蝶コマを淡々と移動させるゲーム。その渋味が逆に好き。

アートワーク最高。ヘックスや得点トラックの縁取りまですべてお洒落泥棒。

親世代の蝶が死んでしまうのが辛いです。(次世代の生産コスト上がるから)

7日前(2020年11月24日 10時45分)
続きを読む
閉じる
175
名が参考にしたレビュー
 by カレオ

個人的にはゲームバランスがちょっとイマイチな気がしました。

得点の獲得は大きく3つの方法があります。

  • 季節目的カード
  • 生活史カード
  • ミチョアカンに帰って来た第4世代の蝶の数


移動して止まれる各都市に裏向きのチップがあり、
そこに止まるとチップの表に描かれている生活史カードをゲットできます。
生活史カードは1枚1点になるのですが、
季節目的カードは1つ達成で6点くらい、複数達成すれば10点以上とれたりするので、
重要度は季節目的の方が高いです。

なので目の前に都市があって生活史カードを獲得できる場面でも、
季節目的が未達なら都市に止まる余裕はありません。
そのため生活史カードの存在感が薄くなってしまっていると感じました。

一応、同色の生活史カードを4枚コンプリートすると、
特定のメリットを享受できるセットコレクション要素もあるのですが、
前述の通りチップは裏向きランダムで配置されているので、
狙った色のカードを獲得できるとは限りません。
コンプリート目的で生活史カードを狙うのは非効率に感じます。

上記のように得点を獲得する有力な手段が季節目的達成に絞られるため、
「色んな勝ち筋がある」というゲームバランスに達していない印象です。

ゲーム全体としては一定の面白さはあるものの、
細部のバランスが気になる惜しい作品でした。

4日前(2020年11月26日 23時35分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,380(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 96興味あり
  • 64経験あり
  • 9お気に入り
  • 80持ってる

チェックした商品