マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ディシプリン~ジェレミア魔法学校の3年間~
  • ディシプリン~ジェレミア魔法学校の3年間~当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 40~60分
  • 12歳~
  • 2020年~

ディシプリン~ジェレミア魔法学校の3年間~

メーカー・卸元:636GAMES (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
魔法学校の先生は大変なんです!

○魔法学校のクラス担任として生徒たちに力をつけ卒業まで導こう
○生徒同士の力関係をコントロールしないと学級崩壊が起きることも
○他の先生と協力して生徒たちのトラブルを回避しよう

伝統あるジェレミア魔法学校の教師として、クラス担任を受け持つことになったあなた。
しかし12名の可愛い生徒たちは、みな何かしらの問題を抱えています。
他のクラスの先生とも協力し、彼女たちの不安を取り除きながら、力を伸ばしていきましょう。
ただし、力の強い生徒がストレスを抱えると、周りの生徒にも不安が広がってしまいます。
ストレスを抱えすぎた生徒は不登校になってしまうことも…
学級崩壊が起きないよう、生徒たちのバランスを取りながら、卒業式を目指しましょう。
 
□個性豊かな生徒たちを育てよう

あなたの受け持つ12名の生徒の中には、天才、勉強が苦手、優等生、一匹狼といった問題児が混ざっています。
彼女たちをうまく育てて、休学にならないよう導いていきましょう。
ゲームは一斉授業と個別指導を交互にこなしていくことで進みます。
一斉授業では席番号カードを2枚引き、生徒に力としてパワーマーカーを、ストレスとしてネガティブマーカーを、それぞれ付与します。

個別指導では、生徒一人のストレスを取り除くか、力を伸ばしてやるかを選んで実行できます。
パワーマーカーの個数の差により、生徒間には力関係がうまれます。
ストレスを表すネガティブマーカーが生徒に付与されると、その生徒は自分より力の弱い周囲の生徒にストレスを拡散します。

ネガティブマーカーが4個以上乗った生徒は、学校に来なくなってしまいます。
拡散を最小限におさえ、生徒全体に目を配る必要があるリスクマネジメント型の育成ゲームです。
 
□職員会議を乗り切ろう

1年に2回、職員会議フェーズがあります。
職員会議では、各クラスの生徒が起こしたトラブルについて話し合います。
トラブルはイベントとして生徒全員分が用意されており、クラスごとにランダムに1人の生徒が問題を起こします。
しかし、教員の力を合わせても、回避できる問題は1つだけです。
プレイヤー全員で相談し、対処するイベントを決めてください。
 
□4クラス、総勢48名のキャラクター

生徒たちはすべて異なる名前、容姿、背景を持っています。
彼女たちの個性を活かし、3年間の学級経営を乗り切ってください。
 
□1人から4人まで遊べる

複数人で遊ぶ場合は協力型ゲームとなります。
一緒に遊ぶ人が集まらない時でも、1人からプレイできます。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 5件

レビュー
415名が参考
約1年前

4/5点

ソロプレイのみだが

ひとまずレビューを。


クラスに12人の学生がおり

全員無事卒業させることを

目標にゲームを

進めていく。


カードに記載されてる通り

パワーマーカーや

ネガティブマーカーを

置いていき

ネガティブマーカーを

置いた後隣接していて

自身よりパワーメーカーが

少ない学生にも拡散する。


ネガティブマーカー

4つ貯まってしまうと

その学生はお休みと

なってしまうため

いかにそれを

発生させないようにするか

試行錯誤していく点は

パンデミックにも

近いかな。


ただパンデミックは

1~2時間かかるのに対し

コチラは慣れれば

サクサク進むため

10~20分で終わる。


全体的に運要素

強い気はするが

席替えで

誰と誰の場所を

チェンジするか

途中発生する

強制イベントのうちの

どれを発生させるかなど

プレイヤーの選択肢も

いくつかある。


イベントも多数あり

毎回ランダムなのは

面白い。


気になる点としては

カードのアイコンが

分かりづらいこと

ぐらいかな。


プレイ時間のワリに

やたらシャッフル多いが

そこはシステム上

仕方ないか。


2人以上でも

プレイ可能だが

個々の盤面で

それぞれ

プレイしていくため

ソロプレイ感強そうだし

ソロで充分かな。


機会あれば

試してみたいが。




続きを見る
閉じる
仙人
ワタル@ボドゲ
ワタル@ボドゲ
レビュー
357名が参考
約1年前

校長先生(仮)による、邪なハウスルールを導入。

一人ずつ丁寧に描き分けられ、それぞれ個性とバックボーンを持つ生徒たち。

12人×4クラス分のアクシデントまで人数分用意されています。

そんなかわいい生徒たちが48人もいるのです。彼女たち全員を無事に卒業させたいものです。

しかし、それでも自分のクラスに「推し」の生徒ができてしまうのも人の性。そこで…

校長先生!お願いします!

「うむ、卒業時に最もパワーポイントを持っている生徒を『嫁』として認める!」

「うおーっ!頑張りまっす!」

という邪なハウスルールを導入して遊んでいます。

「もちろん、依怙贔屓があってはイカン。クラス全員が無事に卒業できたときに限る。」

という縛りも大切。じゃないと教室がスカスカに…。

各クラスの授業が同時進行するため待ち時間もほぼなく、職員会議や個別指導での協力プレイもあり、サクッと遊べて思い入れも持てる。楽しいゲームです!

続きを見る
閉じる
勇者
wholebean
wholebean
レビュー
254名が参考
約1年前

魔法学校で学級経営(^^)

席替えをしたり、学力を伸ばしたり、時には自分のクラスだけではなくて、他のクラスを助けることも!


確率を考えながら配置するパズル的な楽しさもあり、上手く学級をマネジメント出来た時にはプレイヤー全員に達成感のある協力ゲームとしてとても素敵な作品です\(^^)/

続きを見る
閉じる
仙人
スエ
スエ
レビュー
188名が参考
3ヶ月前

各プレイヤーはジェレミア魔法学校の教師となって3年間12名の女子生徒を受け持ち、無事卒業させるのが目的の半協力対戦ゲーム。 

何処かのボードゲームショップで、本作の説明概要で「学園版パンデミック」と記載されていましたが、なるほど!確かにパンデミックとシステムが似ているとプレイ後思いました。

4クラスの中から担当するクラスを選び生徒カードをシャッフルして横に3枚ずつ並べて縦は4枚になるように配置します。1クラス12名になります。席番号カードを良くシャッフルし、初期設定を行なっていきます。席番号カード3枚引き、その席番号にいる生徒にパワーマーカー(その生徒の学力を表しています)を1個ずつ3人の生徒カードに配置していきます。次も席番号カードを3枚引き今度はネガティブマーカー(その生徒のストレスを表しています)を同じくその席番号にいる生徒に配置します。席番号カードをリシャッフルして初期設定は以上になります。進行カードのターンマーカーがフェーズを表していますので、それに沿ってプレイを行なっていきます。1フェーズごとに席番号カードを2枚引き、パワーマーカーとネガティブマーカーを配置していきますが、ここからが、「学園版パンデミック」と言われる由縁かと思いますが、パワーマーカーの数の多い生徒にネガティブマーカーが配置されると、上下左右のパワーマーカーの数が少ない、学力がその生徒より弱い生徒にネガティブマーカーが連鎖します。ネガティブマーカーをその生徒達に配置して、更にネガティブマーカーを受けた生徒の学力の低い上下左右の生徒達に…と言う具合にネガティブマーカーが置かれていくわけです。4個配置された生徒は、ストレスにより休学となり、生徒カードを裏返しにしなければなりません(涙)又、「パンデミック」の様に席番号カードの捨札をシャッフルして山札の上に乗せなければならないカードもあります。このゲーム、生徒達のアートワークも可愛く、見た目はギャルゲーっぽさを感じさせるのですが、ゲームシステムはかなりシビアで、難易度は高い方だと思います。

ビンクのマーカーが、パワーマーカーで黒がネガティブマーカーです。3年間フェーズ終了すると、結果判定が出て、誰も休学あるいはパワーマーカーが0の生徒がいなければ、一流教員、卒業出来なかった生徒の数に応じて、ベテラン教員、新人教員、教員失格の称号が貰えます。下記の写真時の結果は2人プレイで、生徒3人休学していたので、新人教員でした。ちなみに一流教員の称号はまだ1度も貰えた事がありません。最高でベテラン教員止まりです。


生徒の特性、職員会議

色々な特性の生徒がいて、パワーマーカーやネガティブマーカーを受けた時の処理方が違う生徒が多く、難易度を上げている理由の1つかと思います。職員会議ではトラブルイベントが起こり、上手く乗り切れるのか各プレイヤーの協力が試されます。


半協力について

教員失格の場合はゲーム敗北で終了ですが、それ以上の称号が貰えた時は、自分のクラスのバワーマーカーの数と職員会議のトラブル解決時(ここでお互いに協力出来る)に手助けした時に貰ったバワーマーカーの数を合計して、全クラスで最も得点が高かったプレイヤーが勝利して、最優秀教員となります。


総括

教員失格は何度も味わっていますが、学級崩壊を防ぎながら、3年間バランスを取りながら、クラスを受け持つ管理マネジメントを楽しむゲームですね。これに惹かれたなら、買っても損はしないと思います。自分の知らない内に拡張も1つ発売されているみたいです自分は拡張所持してないですけどね。小箱ながらプレイ時間はソロで馴れれば30分程、2人プレイなら60分は掛かる中量級ぐらいです。

それでは、卒業式で!

続きを見る
閉じる
仙人
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
リプレイ
55名が参考
9日前

ソロプレイで開始。

クラスは青のクラス(カリスクラス)。


何回かプレイして自身の中で一番成績の良かった回。(プレイミスしてたらすいませんm(__)m)

(だいたいいつも2~4人休学させてる教師失格の者です)


最初の1年目、基本的に個別指導はパワーマーカーの配置を選択。

一斉授業で開いた差を埋めることを意識。(1年目は熱血教師になる)

そもそもパワーマーカーが乗っていないことが関係してか、ネガティブマーカーの拡散はあまり見受けられなかった。

職員会議の対象の生徒が結果的に効果が起きなかったりと幸運が重なり、何とかネガティブマーカー を全員1以下におさえながらなんとか進行できた。


席替えで真ん中にパワーマーカーがより多く乗っている子を配置。


2年目、途中で1人休学者発生

ここくらいからどんどん、パワーマーカーの差が顕著に開き始める。

比例して、ネガティブマーカーの数もかなり増えてくる。

この時点での個人指導は2年目の一回目の職員会議のときくらいまではパワーマーカー配置を重視して行ったが、終盤はネガティブマーカー3つ乗りの生徒が増え、取り除くことに専念する事態に。(授業からカウンセリングに移行??)

何とか乗り切って3年目へ。


ラストイヤー3年目突入。

何とか休学からの復活を望んでいたが思っている通りには行かず。。。(現実は甘くなかった。。。)

個人指導は完全にネガティブマーカーを取り除く一択に。(先生の本職はカウンセラーだった??)

3年目は「お願いなのでネガティブマーカー多い子に行きませんように!!」と強く祈りながら一斉授業することに。(だいたいほかの回のプレイでは、3年目で大量の休学者を出してしまう。同時に2人休学などもざらにあった。)


そしてなんとか卒業試験を迎えることができた。

この時点でネガティブマーカー3つのこが3人いたのでほんとにヒヤヒヤした。

なんとかネガティブマーカー1つの子のところへ行ったのでほんとによかった。


そしてゲーム終了!!

称号は休学者1人でベテラン教師獲得!!


何度プレイして感じたことは、一斉授業済みの生徒の把握がとても大事だなと感じた。

なので私は適当な駒を持ってきて一斉授業終了した子には乗っけるようにしてプレイ。

こうすることで誰が一斉授業済みかが、全体を見渡すと把握でき今後の動き方を考えやすくなる。

リシャッフルの際は逆に、今まで乗っけていなかった子に駒を写し、誰が優先的に一斉授業済みが来るかを把握。


プレイ時間はちょうど1時間。めっちゃ脳を働かせてくれる良いゲーム。

キャラクターもみんな可愛いし個性があるからプレイすればするほど愛着がわいてくる。

何回遊んでも飽きないし、回数を重ねるほど楽しくなる個人的に大好きなボドゲ。

続きを見る
閉じる
国王
ほわいる
ほわいる
  • 商品価格¥ 4,400(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 106興味あり
  • 80経験あり
  • 35お気に入り
  • 108持ってる

チェックした商品