マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ウェーブレングス
  • ウェーブレングス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~20人
  • 30~45分
  • 13歳~
  • 2019年~

ウェーブレングス

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
「ザ・マインド」と「モニカーズ」のクリエイターたちによる、テレパシー・パーティゲーム!

 「ウェーブレングス」は、2 つのチームがお互いの考えを読んで競うパーティーゲームです。このゲームは、誰でもプレイできる、会話をし、考え、共に喜び合う、スリリングな体験でもあり、あなたの決定が緊張を与え、戦略的で、その意味の奥深さを感じさせる、ワードゲームの魔法でもあります。

 自分のチームが正解した時には、不可能な魔法を力を合わせて一緒に実現したような達成感を得るでしょう。これまでプレイしてきたゲームとは異なる次元での、素晴らしい達成感を得るでしょう。誰もが喜びの声をあげ、お互いをたたえ合うでしょう。近くにいる人たちは、何が起こったのかを見にやってくるかもしれません。湧き上がる一体感、サイコー!

 このゲームでは、2 つのチームに分かれて、チームの 1 人がサイキックとなり、デバイスのスクリーンの後に隠れた、サイキックだけが知っているラウンドごとに異なるターゲットの位置を、チームメイトに当てさせるのが目的です。

 その方法は、現在のラウンドの波長カードに表示されている、2 つの相反するコンセプト(例:「熱い:冷たい」など)について、その位置にふさわしい度合いの言葉1つををヒントとしてチームメイトに与えます。(例えば、この波長カードの場合、ターゲットの位置により、「溶岩」、「熱湯」、「焼き芋」、「体温」、「氷」、「ドライアイス」などのヒントで示します。)

 そのヒントを基に、チームメイトはターゲットがどこにあるかを予想し、的中すれば得点します。また、その間に相手チームも推測して、的中すると得点でき、先に 10 点を獲得したチームが勝利します。

 内容物 デバイス 1 台、推測トークン、得点トークン、波長カード 126 枚(基本カード 84 枚、ボーナスカード 42 枚)、ゲームのルール

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 7件

リプレイ
425名が参考
約1年前

プレイ動画を作成しました!4人プレイです。

ザ・マインドやティーフェンタールの酒場など、様々なボドゲを手掛けるヴォルフガング・ヴァルシュさんの作品です!みんなでワイワイ楽しめる作品で、毎回ランダムに変わるお題と答えで何度でも楽しめるようになっています。

ゲームのルールや雰囲気が知りたい方は是非動画をご視聴ください!


verywellボードゲームでは週に一本以上、ボードゲームの動画をアップしています。

ボードゲームが気になる方、ボードゲームが好きな方は是非チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録リンクはコチラ↓↓↓ 

https://t.co/QLysk5QKcg?amp=1

続きを見る
閉じる
仙人
verywell boardgames
verywell boardgames
レビュー
414名が参考
1年以上前

『ザ・マインド』や『クアックサルバー』、『ティーフェンタールの酒場』などの名作を次々と生み出している鬼才、みんな大好きヴォルフガング・ウォルシュの新作ワードゲームです。※他のデザイナーと協作のようですね。


まず、見た目からコンポーネントがいい!!!

すごくワクワクするコンポーネントが入ってます。



で、やることはすごくシンプル・単純な協力orチーム戦のワードゲームです。


たとえば、「強い・弱い」「カジュアル・フォーマル」のような、2極端な二つの言葉が書かれたカードがセットされています。


そして、親が上の写真の2~4の得点のゾーンに当てはまるような言葉を一つ考え、子に一つ伝えます。

上の写真だと、お題が「Weak・Strong(強いか弱いか)」で右の方に行くほど強いもの、左に行くほど弱いものです。例えば「ゴジラ」みたいなことを言えばすごく右になるし、「ミジンコ」と言えば一番左の方だということになります。仮に、写真の点数ゾーンを見て親が「ワニ」と言ったとしましょう。


子はそのお題を聞いて、点数ゾーンがどこかを隠された状態で、赤いダイヤルを回します。ワニなら肉食動物だし、真ん中より強い方だろう、でも動物でももっと強そうなライオンとかいるし、恐竜とか言わないからそこまで右でもないんじゃない?みたいなことを考えたり相談しながら、どこに回すかを決めます。


決まったらオープンして、点数のゾーンと被っているかを確認します。写真なら2点ゾーンと被っているので、2点獲得です。


協力ゲームだと、7枚お題を繰り返して何点取れたかによって『花火』や『ベルラッティ』のように評価が出たり、チーム戦なら相手より先に10点を達成することを目指したりします。


コンポーネントを触った時のテンションの上がり方から、ゲームの直感的なわかりやすさ、そして価値観の差によってうまく伝わる・伝わらないといったゲーム性がとてもよく、めちゃくちゃ盛り上がるゲームです。

続きを見る
閉じる
仙人
あらい
あらい
レビュー
227名が参考
9ヶ月前

いわゆる感覚共有型のボードゲームです。
スピードメーターのような装置と、「熱い 冷たい」「必須 不要」など対になる言葉が書かれているカードを使い
ランダムで決めたメーターの位置に合うような言葉を1人が考え、その言葉からどの位置にメーターがあるかを当てるチーム対抗型のゲームです。
同系統のボードゲームとして一番近いのは「ito」だと思いますが、回答を考えるのが1人である点と、数値ではなく漠然とした位置を考える点が相違点でしょうか。
itoを遊んでの不満点だった「全員が回答を出せるお題を選ぶ必要がある」「お題のバリエーション・数が少ない」「ラウンドが進むと回答が出揃うまでに時間が掛かる」といった欠点はウェーブレングスだとかなり軽減されていて良いと思いました。特にお題の数はitoの倍以上が用意されています(その分それ何なの?というお題もあるのですが、数も多いので気軽に選び直せます)。
また相手チームのターンでも、相手の予想が左右どちらにズレているかを当てれば得点となるので退屈しないルールとなっています。
そんなわけで個人的にはitoよりもオススメなのですが、難しいお題も多いので子供を交えて遊んだり、アイスブレイクとして遊ぶならitoを、そうでなければこちらのウェーブレングスを薦めます。
あとは簡素なコンポーネントの割に箱がデカいので持ち運びには向いてないかもしれません。

続きを見る
閉じる
国王
けん
けん
レビュー
180名が参考
9ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ウェーブレングスは、お題を出す人の感覚がどのあたりかをチームメイトが当てていくパーティーゲームタイプの面白いボードゲームです!
アイスブレイクにもちょうどよく活用できますし、回答が分かったあとに、どうしてそう思ったかの感想戦も楽しいです。

お題を出すのが苦手な人にとってはお題を出すサイキック役になるのが苦痛になってしまうかもしれません・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


ウェーブレングスの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
171名が参考
11ヶ月前

チーム対戦のお題当てゲーム。ルーレットみたいに得点リールの場所を出題者が確認し、両極端なお題カード(例:大きい←→小さい)に沿ってお題を出し、回答者はリールを当てて得点を得ていくゲーム。回答してない方も、得点チャンスが与えられ、かなり白熱した競争になるが、主観が大きく置かれるゲームなので、好き嫌いは別れる。

続きを見る
閉じる
仙人
ナオト
ナオト
レビュー
94名が参考
約2ヶ月前

出題者の感覚を回答者が読み取る感覚共有系のゲームです。

まずプレイヤーは2チームに分かれます。

出題側のチームを決め、さらに出題者は円型のボードを誰にも見えない位置で回します。

このボードには2,3,4,3,2と得点が書いてあり、この得点の位置を見て出題します。

出題はたくさんあるカードから一枚選びます。

このカードには「綺麗←→汚い」「小さい←→大きい」といったような対になる言葉が記載されています。親は4の位置を当てて貰えるように出題します。

4が真ん中よりちょっと左の位置にあるならちょっと綺麗目なものを。右のほうにあるならば汚いものを出題としてプレイヤーに伝えます。

それを聞いた味方はどこに4があるかを赤い針を回して示します。

もし出題者の感覚と味方の感覚が一緒であれば点数を獲得できます。では敵チームはと言いますと、暇にはなりません。赤い針を動かした後に4の位置は赤い針のどちらにあるかを予想します。この予想が当たっていれば1点が獲得できます。

これを繰り返し10点を取ったチームの勝利になります。

プレイ感としては30分程度で気軽にチーム戦ができ、盛り上がれるゲームだと思います。

強いて言えばコンポーネントの関係で箱が大きいため持ち運びづらいことが弱点です。

しかし、パーティゲームとしてみれば外箱のデザインからは想像できないほど楽しめるゲームです。

続きを見る
閉じる
勇者
がっくん
がっくん
戦略やコツ
55名が参考
9ヶ月前

出題者側はヒントを1つしか言えないですし、その後どんな反応もしてはいけないので、普段の仲の良さとか、単純に運に左右されてしまいます。ゲームとして説明書にも記載ありますが、出題者はスクリーンを全て開けきって目盛りを確認するようにしないと、途中までで止めるとそのあたりに目盛りがあることがバレてしまうので注意が必要です。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 4,950(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 117興味あり
  • 490経験あり
  • 80お気に入り
  • 247持ってる

チェックした商品