マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
シルヴィオン
  • シルヴィオン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~2人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2015年~

シルヴィオン

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
襲ってくる火から森を守れ!1,2人用協力カードゲーム
  • シャディ・トービー(Shadi Torbey)作

毎ターン、火が森の端から襲ってきます。大きさは色々ですが、あなた、もしくはあなたたちは、森に火が広がってしまわないように守らなくてはいけません。

1人でも2人でも遊ぶことができます。

難易度がいくつか設定されているので、長く遊ぶことが可能です。

レビュー 3件

222
名に参考にされているレビュー
2017年01月23日 15時40分

 個人的に好きなゲームなので、レビューさせて頂きます!

 ぼっちには嬉しい(泣)1人用ゲームです(2人で協力プレイもできます)。

 世界観としては

 『悪い炎の精霊から森を燃やされない様に守る』

 という内容のゲームで、タワーディフェンス系と言われるタイプなんだそうですが、

 タワーディフェンス系と言われてもピンと来ない方(僕もそうです)の為に簡単に説明すると、、、

①カードを並べて作った自分の陣地に

②敵のカードが侵入して来ないように

③自分の味方のカードを並べて

④戦い退ける

という内容です。

 守る為に戦う、という男ならアツくなる設定に、同じ作者の『オニリム』同様の独特で美しいイラストも相まって、『よっしゃー、この森の木々達の命は俺が守るぜ!』と意気込んで初回プレイをした所、森がほぼ全焼しました。

 、、、、、そう、このゲーム、メチャクチャムズいんです!!(僕が下手と言うのもありますが)

 最初にチュートリアルを兼ねた初級プレイ、それをクリアすると次は上級プレイが用意されているのですが、何なら『初級の方が圧倒的にムズい』んです(笑)一体どーなってんだ、、、。

 では何故そんな出鼻を挫くような性格の悪いゲームが好きなのかと言うと、『上達の実感』を如実に感じられるからだと思います。

 ボードゲームの楽しい瞬間の1つに『ゲームのコツを掴んだ時』と言うのがあると思います。

 このゲーム、敵が強くて最初は終始ボコられっぱなしなのですが、その攻撃を掻い潜る方法を見つけた時、それが負けた時だったとしてもすぐに『もう1回!』と試してみたくて仕方なくなります(半分は理不尽なまでの攻撃に対する悔しさでもあります)。

 そして炎の精霊に打ち勝った時の充足感たるや!

 皆でワイワイするような楽しさや心理の読み合いなどは一切ありませんが、突き詰める楽しさは凄くあると思いました。また、なかなかボドゲ仲間と会えない、(というか、そもそも友達いねーわ)等と言った人の『でもボドゲはやりたい!』という渇きを、炎の精霊がほんのり癒してくれるはずです(笑)

 欠点は、そもそもソロが嫌いな人には向かない事、そこそこ時間が掛かる事(45分~1時間くらい)、若干使用するスペースが広い事等です。

 最後に個人的にではありますが、持ってて損はないんじゃないかな、と思いました。長文失礼しました。

☆個人的評価☆かなり良い

 

続きを読む
閉じる
218
名に参考にされているレビュー
2017年01月24日 15時49分

一人でじっくり遊べる、手堅いゲームをお探しの方にオススメなゲームです。


プレイヤーは大いなる森〈シルヴィオン〉の番人となり、泉の聖霊や動物たちの力を借り、荒廃〈ラヴィジ〉が繰り出す炎の聖霊たちから森を守ります。


一人用ゲームにしてはお値段高めかな、と始めは躊躇したのですが、遊んでみると結構難易度高めでお値段相当に遊べます。

入門編でありながら大いなる森を何度も全焼させちゃうプレイヤーは私だけじゃないはず。。。


入門編だけでも一筋縄にいかないのに、入門編に使うカードの量は、全体の半分ほど。

更に拡張ルールが一緒に入っており、ソリティアゲームとしてはかなり充実感を得られる内容量です。

続きを読む
閉じる
171
名に参考にされているレビュー
2019年01月22日 09時15分

火の精の大行進を止めよ!!

 

一人用ゲームです。毎ラウンド、火の精が現れたりイベントを起こして襲ってくるので、動物の力や泉を用意して最後まで生き残って、最後は大地に恵みを与えきれれば勝利になります。

 

準備としては

協会カードいくつかを開花面にします。(HP的存在で破壊面が多いほど難易度があがります)

的カードの山札を4つに分けて縦に並べます。

そして、左に4枚カードを並べるスペースを作ります。

◇イメージとしてはラウンド毎に、敵の山札から火の精が現れて左に進んで4スペース渡りきると自分にダメージがいく感じです。


そして、自分のカードのデッキを作ります。

デッキ作りは上級ルールで独特で面白いのですが省きます。


ラウンドは4つのステップがあります。

・敵の山札公開--各敵の山札の1番上のカードを公開して、処理します。

・火の精移動--敵を左に1スペース移動させます。

・援軍--手札3枚を引きます。山札枯渇したらリシャッフルです。

・防衛--手札からコストを払って色々カードを出せます。ただしコスト=手札を捨てた枚数です。


これを繰り返していって、

火の精の行き先に泉を用意したら、火力があがって台無しになったり、火の精が左に行き着いたら自分のHPが削れる。だけど、HPが0になる前に動物の力を使って起死回生を試みたりとした攻防劇になります。

 

敵の山札が無くなったら終了です。

だけど、終了したらHPが全回復した状態でないと勝利になりません。

主に回復する手段は、樹木をスペースに植えて終了を迎えないと回復できません。しかし、樹木は火の精を倒すのにほぼ役に立たないのがネックになっていきます。


というのかま基本ゲームです。

あと、上級ルールと拡張が2つと付録が付いてます。



遊んでみて思ったことは、とても親切に出来ている設計だと思いました。

説明書がゲーム初心者を相手にしたような作りから、入門編ですぐに理解して遊べる流れの展開が上手いと思いました。

だけど入門編だけだと簡単過ぎて単調でこんなものかと思って遊ばないプレイヤーが現れる予感はしました。ゲーマーなら、入門編を少し遊んで流れを理解したら中断して上級ルールから遊ぶことをオススメしたいです。

上級ルールだと、敵に挑む前にデッキ作りをするのですが、何を大切にするか取捨するのかのジレンマが良く。そして、敵との攻防中に自分の山札からカードが除外されてくハラハラ感が良いです。

あと、このゲームの攻略法に気づいてしまったら「付録」を追加することオススメです。多分ですが、攻略法を打ち破ります。

拡張1と2は、個人的に悪くないですが拡張らしさが全開なのであってもなくてもいい感じはしました。


最近はゲームVSプレイヤーのゲームを遊び慣れてしまったのか個人的に拍子抜けに簡単だったので自分に少し合わない感じはありました。ただ、絵のテイストや説明書の設計から、一人用として勧められるゲームだと思います。


評価☆7



HP3(ハードモード)

基本+上級+拡張1+拡張2+付録

ギリギリ、クリアしました!


これ以上難しくする場合は、手札補充を2枚するというルールがありますが、これが挑戦できる限界かも(>人<;)

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 34興味あり
  • 76経験あり
  • 9お気に入り
  • 108持ってる

チェックした商品