マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
七人の探偵
  • 七人の探偵当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人

七人の探偵

メーカー・卸元:アークライト

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
カードを出したら、すかさず素早くリアクション! さあ、次にへまをやらかすのは一体だれだ!?

 へまをやらかした探偵仲間を見つけ出そう。

 プレイヤーは順番に1枚引いて共通の捨て場に公開。カードのイラストには全て効果があり、それぞれ1回カウント、2回カウント、特別なセリフを言う、無言で過ごすなど、取るべき対応が決まっている。

 取るべき行動を間違えたプレイヤーは、ペナルティとして、その時点での捨て場のカードをすべて受け取る。

 最初に自分の山をなくしたプレイヤーが、ただちに勝利する。

 『ごきぶりポーカー』のジャック・ゼメによる手軽でコンパクトなカードゲーム。

 一回のミスで逆転するかもしれないシチュエーションで、盛り上がり必至。何回でも遊びたくなる。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

制作者/関連企業/団体

レビュー 6件

レビュー
220名が参考
8ヶ月前

記憶と集中力を試すパーティー系ゲーム。


カードには探偵(1人と2人の2種類)と電話してる探偵(こちらも1人と2人の2種類ある)、お茶を飲んでる探偵の5種類ある。


プレーヤーに均等に全てのカードを配る。

配られたカードは見てはいけない。

順番が来れば一番上のカードを出し、オープンする。

即座に定められたアクションを起こさなければいけない。


基本的にカードが出されると、1から7までルールに従いカウントアップし、

7まで行くと、1までカウントダウンをしなくてはいけない。


探偵カードが2人探偵の場合は、そのプレーヤーが「3,4!」と連続した数を言い、次のプレーヤーはお休みになる。

次の次のプレーヤーが直ぐにプレーを続ける。

電話探偵が出れば、数字は言わずに「モシモシぃ?」と言い、次のプレーヤーは電話探偵もカウントしつつ、自分の数字を発言する。

ティータイム探偵は黙っていなければならない。

次のプレーヤーはティータイム探偵をカウントしつつ、自分の数字を発言する。


間違えてた人は、場に出されたカードを引き取り、ゲームを再開。

カードを最も早くに無くせた人が勝ちです。

モシモシぃ?が続くと意外と忘れます。

ティータイム探偵がしれっと出されてると、自分の番を忘れかけます。

思ったより面白い!

続きを見る
閉じる
皇帝
Typhoon
Typhoon
レビュー
177名が参考
8ヶ月前

ポンコツ判定ゲーム。

自分自身がいかにポンコツかを自覚させてくれるゲームです。

カードに数字が書いてあるわけではないですが、カウントする数字はたったの7。

多少の特殊カードはあるものの、このたった7つのカウントアップアンドダウンがまあ言えない。

カードに映る探偵の素知らぬ顔が間違った時のショックを増長させてくれます。

説明も簡単に出来て、使うのはカードのみなので手軽にできて大人数でも楽しく出来ること間違いなし。

是非プレイしてみんなで笑顔になりましょう!

続きを見る
閉じる
仙人
ハンズ
ハンズ
レビュー
164名が参考
7ヶ月前

いかに失敗しないかを競うゲーム。

プレイ感が好きなゲームです。遊んでいると、脳の普段使っていないところが働いている気がします。

感覚が近いゲームだとドデリドやゴビットでしょうか。これらもシンプルな部類だと思いますが、それらと比べてもかなりとっつき易いルールだと思います。


説明書に記載のルールでは、配られたカードを出し切った人が勝利とのことですが、苦手同士で遊ぶと中々終わらなくなってしまうので、「一定ラウンド行って手札が少なかった人が勝利」等のルールで遊ぶのも良いと思います。

箱が小さく持ち運べるのも良いですね。

続きを見る
閉じる
勇者
K
K
レビュー
89名が参考
約1ヶ月前

探偵のカードを出しながら、正しい行動をとっていくゲームです。

数を覚えつつ、電話しているカードは「もしもし」、紅茶を飲んでいるカードは何も言ってはいけない、といった行動をしっかりとらなければなりません。

一緒にプレイした方いわく「酒入った状態だとカオスになる」

続きを見る
閉じる
皇帝
哀川 勉
哀川 勉
レビュー
79名が参考
7ヶ月前

探偵の数を数えていくカウントゲーム。簡単なルールながら、1から7までいったら今度は下がっていく。更に沈黙、もしもし、順番飛ばしもあって、なかなかの難易度を誇る。更にノーミスでも順番飛ばされたら勝てるとも限らないので、シンプルながら味のあるゲームである。

続きを見る
閉じる
仙人
ナオト
ナオト
ルール/インスト
49名が参考
3ヶ月前

まず、カードを全てのプレイヤーに均等に配りきります。

カードを出しながら「1,2,3,4,5,6,7,6,5,4,3,2,1,2,3,4,5,6,7,6,5,4,3,2,1…」と7まで行ったら戻るカウントをどんどんしていきます。

カードは5種類有ります。

①探偵が1人描かれているカード
場に出したら、カウントを1つ進めます。例:「1」「2」

②探偵が2人描かれているカード
場に出したら、カウントを2つ進めます。例:「1,2」次の人は飛ばされます。カードを出してはいけません。

③探偵が1人、電話しているカード
場に出したら、「もしもし」と言います。カウントを言ってはいけません。ただし、カウントは1つ進みます。

④探偵が2人、電話しているカード
場に出したら、「もしもし、もしもし」と言います。カウントを言ってはいけません。ただし、カウントは2つ進みます。次の人は飛ばされます。カードを出してはいけません。

⑤探偵が紅茶を飲んでいるカード
場に出したら、何も言ってはいけません。ただし、カウントは1つ進みます。


これらを順に出していき、間違った行為を取ってしまったり、カードを出す番でない人がカードを出してしまったりすると、ペナルティとしてその人が場に出ているカードをすべて引き取ります。


これを繰り返し、手札が無くなった人の勝ちです。

続きを見る
閉じる
皇帝
哀川 勉
哀川 勉
  • 商品価格¥ 1,980(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 42興味あり
  • 94経験あり
  • 24お気に入り
  • 75持ってる

チェックした商品