マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
チョコっと密輸
  • チョコっと密輸当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~8人
  • 15~60分
  • 5歳~
  • 2020年~

チョコっと密輸

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き

レビュー 3件

266
名が参考にしたレビュー
 by カシスオレンジとスクリュードライバー♂

4人でプレイしました。

1人が警備員役になる(警備員役はラウンドごとに時計回りに変わる)。

旅行者にはそれぞれチョコレートが0個〜3個描かれたカードがランダムに5枚配られる(全体の中では0個と1個のカードが多く、2個と3個は少ない)。その中から運び込む荷物を2枚、賄賂を1枚選び荷物と賄賂を伏せて出す。余ったカードは使わない。全員が出そろったら賄賂カードのみを表にする。

カードの配付によっては選択肢がかなり限られてしまうこともあるので、チョコ3個のカードは常に全員持っているくらいのルールの方が駆け引きが生まれそうで良かった気がする。


警備員の3つのアクション

賄賂を受け取り、その旅行者を通す。

(通った旅行者はすぐに荷物を表にする)


誰かの荷物1つを表にする。

誰か1人を逮捕する。

3人〜4人プレイだとそれぞれ1回ずつできる。

5人以上だと人数によって回数が増えるアクションもある。

※どのアクションから行ってもいい

大量密輸を狙うか、誤認逮捕を狙うか。

賄賂でブラフをかけるか。

旅行者の心理を読みとれるか。

旅行者も警備員も思惑が交差するので楽しい。

警備員役を全員が2回プレイしたら得点の多いプレイヤーの勝ち。

後半は消化試合になる場合あり。

4ヶ月前(2020年07月30日 12時20分)
続きを読む
閉じる
190
名が参考にしたレビュー
 by マクベス大佐@ボドゲブロガー

クニツィアのブラフゲーム!『赤ずきんは眠らない』の完全上位互換の可能性を感じます!


【お断り】

 キャッチコピーだけで記事の内容を判断しないでください。内容は必ず最後の【個人的な感想】を見て判断してください。


【ざっくり解説】

 1つだけ合法的にチョコを持ち込める世界で、検査官の目を盗むか、賄賂を渡して密輸することを目指します。

 1人が検査官、残りは輸入業者を担当します。検査官は「カバンチェック」、「逮捕」、「賄賂を受け取る」の3つのアクションを各プレイヤーに行っていきます。このアクションの数は人数ごとに調整があります。

 密輸業者は検査官に逮捕されないと踏んで大量密輸するか、法律を守って1つだけにするかを考えます。差し出す賄賂の量も決めます。この時カバンの中が1つ以下の人を逮捕してしまうと、誤認逮捕です。検査官は賠償しないといけません。一番点数(チョコ)を稼いだ人が勝ちというゲームです。

 パッケージイラストのキャラクターはゲーム中には登場しません。僕のようなボドゲおじも安心して楽しめます。


【長所】

 シンプルなルールのブラフゲームであること。ゲームのテーマが分かりやすいので、結構盛り上がります。大量密輸は逮捕しても後から発覚しても絶対盛り上がります。「メチャクチャやりやがったー!」と思うこと間違いなし。

 人数ごとに調整があるとはいえ、密輸し得な人数があります。しかしカードの入りから、密輸のリターンが低くなることもあるので、一概に密輸し得にならないのが良くできています。人数ごとの調整のセンスは神ですね。


【短所】

 大きな点差がつくと逆転が困難です。点数の少ない人ほど、密輸したくなるゲームデザインなのにそれがカード運次第なのでどうしようもない時が生じ得ます。その時はできるだけ誤認逮捕を誘導するしかない気がします。

 逮捕される人数の少ない人数で遊ぶと、誤認逮捕を誘導する戦略がとりにくいです。この時にチョコカードの個数が少ない手札は単純に得点のチャンスを失ったと思いやすいです。お勧めは5人です。


【個人的な評価】

 国産ゲームの『赤ずきんは眠らない』を過去の作品にしたと思いました。本作と『赤ずきん~』は本質的にやっていることが似ていると思います。

 これは海外ゲームの世界でもあり得ます。ゲーム界全体の進歩としてより良いゲームがデザインされるのは、大いなる進歩です。そのために下位互換となってしまうゲームが出ることは避けられません。誰が悪いわけでもないです。

 とはいえ可愛い絵柄と『赤ずきんは眠らない』は手軽さが売りです。今後も売れ続けると思いますし、『赤ずきん~』をプレイする価値がないとは一言も言っておりません。そこは間違いのないようお願いします。


 ただこれゲームとしては5人ベストでその他の人数はあまり良くない気がしますね。半数逮捕が誤認逮捕を狙う戦略、密輸のリスクリターンでバランスが一番良いと思います。このゲームの真価を引き出したければ5人一択です。

 逮捕率の一覧表はレビュー最後に添付しておきます。基本的に50に近い人数ほど面白くなると僕は思っています。参考にしてやってください。


 一度遊びましたが5人は素晴らしい人数でした。メチャクチャ盛り上がりましたし、誤認逮捕を誘うプレイで2位を取れました。誤認逮捕は検査官との点差で見ると4点縮まるので思っているより強いです。

 なので誤認逮捕狙いが面白く活きる人数でのプレイを強くお勧めします。遊ぶなら間違いなく5人!これは力強く言いきります。面白かったので5人集まれば是非またプレイしたいです。


【逮捕確率と推定ベスト人数度】()内のコメントは僕の感想です。

3人が50%(ただ、もっと人数が欲しい)

4人は約33%(密輸し得そう)

5人が50%(推定ベスト)

6人が40%(まあまあ)

7人が約33%(密輸し得そう、カウンティングまあまあ活きやすい)

8人が43%弱(アリだが人数が多すぎる、カウンティングが活きやすい)

24日前(2020年11月01日 17時31分)
続きを読む
閉じる
136
名が参考にしたレビュー
 by ナオト

大人数であればあるほど盛り上がる数字系心理戦ゲーム。より多くのチョコを密輸し高得点を狙う密輸者と、密輸者の賄賂を受け取りつつ、密輸者の正体を見抜き逮捕することで得点を独占する警備員をぐるぐる回しながら得点を得ていくゲーム。

約2ヶ月前(2020年10月01日 22時42分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 40興味あり
  • 90経験あり
  • 16お気に入り
  • 76持ってる

チェックした商品