マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アディショナル人狼
  • アディショナル人狼当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~18人
  • 10~60分
  • 8歳~
  • 2019年~

アディショナル人狼

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
最も議論できる正体隠匿ゲーム議論の鍵は瞬発力仲間を見つけて説得しよう!
  • プラス(Plus)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

役職×役職!!
脱落なし!
複数回夜あり!
オリジナル役職によら、陣営の入れ替えが多発します!
人狼が苦手な人でも会話に参加しやすいゲームとなっています!

イントロ
この世界では、10歳になると子供たちが集められ、将来、能力を持つための職業訓練が行われます。
子供たちは、ここでさまざまな職業を体験し、将来自分がなりたい職業を選びます。
こんなところに、「自分たちにも能力が欲しい」とウルフ属の子供もやってきます。
しかし、これは民族で秘伝の職業です。そのため、ウルフ族に習得される前に見つけ出して追い出さなければなりません。

レビュー 1件

46
名が参考にしたルール/インスト
 by ボードゲームカフェプラス@梅田

アディショナル人狼 ルール説明


●ゲームの雰囲気

・複数夜あり 脱落なし

・人狼も能力を持ちます

・毎ターン、役職、能力が変わります

・人狼陣営の数が多いので、助け合いがしやすいです

・初心者でも議論のしやすい情報量の多さであり、上級者は情報量の多さから議論を有利に導きます

・暇をする人がいません 常に1人1人がゲームを左右する重要な役目になります


●ゲームの終了条件


投票ターンで、最多投票されたプレイヤーが人狼であった場合は、そのプレイヤーが「人狼です」と答えて、カードを表向きにして、ゲームが終了します。

その時に、裏切り者、人狼のプレイヤーは負けとなり、市民のプレイヤーは勝ちとなります。

また、設定した投票ターンの回数行っても人狼が見つからない場合は、そこでゲームが終了して、裏切り者と人狼が勝ちとなります。その時に市民であったプレイヤーは負けとなります。

説明書とは違い現在は、3回夜を行う3夜ルールを推奨していますが、こちらは何夜に設定しても構いません。


●ゲームの準備

役職カードとアディショナルカードをそれぞれ人数分選びます。

例えば、5人の場合は、

市民3枚 裏切り者1枚 人狼1枚

アディショナルカード

占い師1枚 香具師1枚 幻影魔導師2枚 策士1枚

などです。

市民は市民陣営です。

裏切り者と人狼が同じ、人狼陣営となります。

この時、市民陣営の数が人狼陣営の数以上であれば、ゲームが成り立ちます。

そのため、6人の時は、3人vs3人を推奨しています。

役職カードやアディショナルカードは好きなバランスに変えて遊びましょう。



○補足


プレイヤーは、役職カードとアディショナルカードの2種類を持ちます。

このゲームでは、アディショナルカードの能力によって、役職の入れ替えなどが起こりますし、毎晩アディショナルカードはシャッフルして配りなおします。


●ゲームの進行


ゲームマスターは不要です。

1人のプレイヤーが顔を伏せながら進行を行いましょう。

それぞれのプレイヤーに、役職カードとアディショナルカードを1枚ずつ配ります。プレイヤーは、それらを確認します。


役職カードを裏向きのまま、すべてのプレイヤーから手が届く場所に置きます。


●夜の進行


アディショナルカードに書いている能力がよるの行動です。

プレイヤーたちは、自分の役職カードを全員から取れる位置に置きます。

プレイヤーたちは、顔を伏せます(目を瞑ります)。


夜の行動は、

占い師→霊能者(2日目の夜から)→香具師→幻影魔導師→恋人

の順に行います。

占い師などが複数人いる場合は、占い師1→占い師2と順番に処理をしていきます。


●占い師のアナウンス


「占い師の方、顔を上げてください。

1人の役職コードを選んで確認してください。10.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0。顔を下ろしてください。」


●霊能者のアナウンス


「霊能者の方、顔を上げてください。昨日指名された人の中から1人を選び、役職カードの確認を行なってください。10.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0。顔を下ろしてください。」


●香具師のアナウンス


「香具師の方、顔を上げてください。自分と誰か1人の役職カードを裏向きのまま交換してください。10.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0。顔を下ろしてください。」


●幻影魔導師のアナウンス


「幻影魔導師の方、顔を上げてください。誰かと誰か(自分含んでもいいです)2人の役職カードを裏向きのまま交換してください。10.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0。顔を下ろしてください。」


●恋人のアナウンス


「恋人の方、顔を上げて下さい。お互いの確認をお願いします。10.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0。顔。下ろしてください。」


●役職がいない場合


飛ばして進行をしましょう。


●同じ役職が複数人いる場合


占い師1、占い師2など別々に1つずつ処理を行っていきます。


●香具師、幻影魔導師によって役職カードの入れ替えが起きた時


入れ替えが起きたあとは、全員顔を上げて役職カードを確認して、元に戻します。


入れ替えが起こるたびにこれを行います。


その後、顔を下ろします。


●議論時間


議論時間ははじめに決めておくか、納得がいくまでなど行っても良いでしょう。


●指名


議論が終わると、「せーの」の掛け声に合わせて、それぞれのプレイヤーは1人を選び指差しします。指を刺された数が最多のプレイヤーは、指名されたとなります。

2人以上同数のプレイヤーがいる場合は、全員指名されたとなります。

指名されたプレイヤーは、人狼であれば、「人狼です」と答え、人狼でないプレイヤーは、「人狼ではありません。」と答えます。

人狼が出てきた場合は、ゲームが終了します。


●アディショナルカードの変更


指名のタイミングが終わったあとは、アディショナルカードを裏向きのまま集めて、シャッフルし、配り直しをします。

プレイヤーは、アディショナルカードを確認して裏向きで置いておきます。


これが1日の流れです。


●役職一覧


「市民」

市民陣営のカードです。

人狼を探します。


「裏切り者」

人狼陣営のカードです。ただし、指名されても負けになりません。


「人狼」

人狼陣営のカードです。指名されると負けになります。


●アディショナルカード一覧


「占い師」

夜のターンに1人の役職カードを見る。


「霊能者」

夜のターンに、前日指名されたプレイヤーの中から1人を選び、その役職カードをみる(2日目から)。


「香具師」

夜のターンに1人を選び、自分の役職と入れ替える。


「幻影魔導師」

夜のターンに2人を選び、役職カードを交換する。


「策士」

指名された時に、策士のアディショナルカードを表にして、「策士です」と名乗り出る。

他のプレイヤー2人を選び、そのプレイヤーの役職カードを裏向きのまま受け取り、表面を自分だけが確認する。その後、自分の役職カードと混ぜて3枚の束にしてシャッフルし、それぞれのプレイヤーに1枚ずつ役職カードを返す。


策士の能力で見たカードの情報などについては、次の議論時間に話しましょう。


人狼が策士であった場合、指名された時点で負けとなり、能力は使えません。


「恋人」

恋人は2枚で1セットです。

夜のターンに恋人同士は、お互いを確認する。恋人の中に人狼がいて、その人狼が指名された場合、恋人プレイヤーは役職に関わらず負けとなる。


「休憩中」

能力なしです。


5ヶ月前(2020年04月30日 23時09分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,100(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 2興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 2持ってる

チェックした商品