マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
再入荷
マラカイボ
  • マラカイボ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 60~150分
  • 12歳~
  • 2019年~

マラカイボ

メーカー・卸元:テンデイズゲームズ

残り1点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
17世紀のカリブ海を舞台に、一船団の船長として、西欧諸国による覇権争いに身を投じたり、探検を行ったり、時にいろいろな出来事に対処しながら、より高い得点獲得を目指します。

プレイヤーは、一船団の船長となり、自分の船駒をカリブ海の島々、村や町をめぐるように進め、それぞれの場所でアクションを実行していきます。
この時、一度により多くのマスを一度に進めたほうがより効率よくアクションを実行をすることができますが、船駒は一度進めると後戻りすることができないため、どのように進め、どのようにアクションを実行するかは、非常に悩ましいものがあります。また、町には固有のアクションが割り当てられているため、進める数だけでなく、どこで止まるかもとても大事になります。

ゲームを進めながら、プレイヤーは、さまざまなカードや、船の強化を通じ、収入やアクションの底上げを行います。
どのようなカードをプレイし、どのように船を強化するかによって、同じアクションでもその効果は大きく変わっていくのです。
拡大再生産的な要素は薄いですが、次第に強化していくことから得られる高揚感は高く、とてもエキサイティングなものになっています。

こういったゲームシステム以上に、このゲームがユニークなのは、ストーリーカードによるナラティブ要素、物語性の高さです。
ストーリーカードには、さまざまな物語が描かれ、プレイヤーたちはその物語を読みつつ、用意されたクエストをこなすことで、物語に関わっていきます。
時にゲームブックのように選択肢が提示され、その選択によって、物語は異なる展開を見せていくのです。
また、その展開によっては、ボード上の構成が変わることも・・・。
とはいえ、いわゆるレガシーゲームのように不可逆的な変化が加えられることがなく一度遊んだたら終わりということはなく、また、ストーリーを追わずともゲームを遊べるようにもなっているため、通常の戦略ゲームと同様に遊ぶこともできます。

探検トラックにみられるパラメータ上げ的な要素や、西欧諸国の覇権争いにみられるマジョリティ争いの要素など、そのほかの点にも注目すべき箇所はいくつもあります。

非常にボリュームのあるゲームですが、このクラスのゲームとしては非常に遊びやすく、大変、オススメの一作です。

※予約販売分に関しては、希望到着日時よりもご到着が前後するおそれがあります。ご了承の上、ご購入ください。

レビュー 7件

レビュー
1914名が参考
11ヶ月前

Pfisterの集大成的な作品、と評されることの多いこのゲーム。

テーマははっきりしていて、カリブ海周辺の島、村、町などをうろつき、探検、植民地化、戦闘等により勝利点を稼ぎます。ただシステム的にはやや抽象的なのはPfister氏ならではというところでしょうか。

ついに2版ベースの日本語版もリリースされました。価格は1万円弱となかなかのものです。もともと私は英語版を50ドル位で購入していたので、あれっ、と思ったら今では米アマゾンでも100ドル近い価格となっていますね。

Pfister氏のこれまでの諸作品は日本語版も比較的廉価で、非常にコスパが高いと感じていたので、ここはやや残念です。

が、内容は充分その価格にも見合ったものといえます。


マラカイボは、グレートウエスタントレイル(GWT)と同様に、一方通行でカリブ海を進み、その間に止まった村、町でアクションを行います。1周でラウンド終了のため、ラウンドの長さはプレイヤーの行動によって変わります。ゆっくりと時間をかけて多くのアクションを行っても良いし、ガンガン進んで強力なアクションに注力するのもありです。

 プロジェクトカードは150枚以上ありますが、効果の類似しているものも結構あります。 プロジェクトカードはボーナスや、別のアクション、ラウンド終了時の収入を与えます。 また、コンボ要素などもあり、このカードが、多様性をもたらすキーとなっていることは間違いありません。

カードは他にストーリーカード、職業カード、建物カード、オートマカードなどありますが、ストーリーカードに関しては日本語化の恩恵を最も受けられる部分でしょう。

このストーリーカードを使用するモードは今までのPfister氏の作品には無かった要素です。流れはカード主体なので、すごい変化がある訳ではありませんが、プチオルレアンストーリーズのような感じで、基本ゲームにこのようなものが含まれているのは大変嬉しい試みだと思います。



このゲームにおけるリソースはお金くらいですが、お金を取るか、勝利点を得るかの判断に悩まされることが多々あります。このようなジレンマも数多く、それが重厚なプレイ感に繋がっています。

先ほどの、島の中を素早く探索するのか、それともじっくり探索するのか。

村で多くの弱いアクションを獲得するか、より強力な町のアクションを得るのか。

人材の募集、戦闘への参加、探検トラック、ボーナスのロック解除、クエスト、拡大再生産への投資、建物カード、助手アクションの活用、などをどのように行っていくのか。

いくつかに特化しなければならないが、その上でバランスも大切という、GWTやモンバサ譲りの感覚も健在です。

インタラクションは弱め。どちらかといえば、自分の事で手一杯ですが、早取り要素もあり、他人の動向は見ていたほうが良いに越したことはありません。

BGGでも大変評判が高くすでに100位以内に入っており、GWTにも迫る勢いを感じます。

ここまでのゲームなので、プレイ時間はかかりますが(プレイスタイルによるが、4人なら3時間はかかる)、やりごたえは充分。近年の重量級ゲームはカードマネジメントにより多様性を付加しているものが多く見られますが、マラカイボもGWTのデッキビルドからさらに深化させつつ、モンバサのエリア管理、ブラックアウト香港などの要素も混ぜつつ、全体的にはプレイアビリティを向上させるよう、広く浅く整えた感があります。

モンバサ、GWTなどプレイ経験のある方であれば導入は比較的楽でしょう。そうでない方にもPfister氏の重量級ゲームの代表作としてまずお勧めできる傑作です。


最後に、日本語版の販売元のブログにはとても熱の入ったレビューが掲載されています。概要に興味のある方はそちらもご覧になると良いかと思います。読んだら欲しくなってしまうかも知れませんが。


評価9/10  重さ8/10 

続きを見る
閉じる
maro
maro
レビュー
717名が参考
約1年前

一方通行路システムならではの、先を行って限りある配達やクエストを遂行するか、牛歩で行って収入や永続効果の強化を図るか等の戦略が楽しい。カードの種類が多彩なので(そういうのが好きな人は)やりこみがいがあると思います。しかしアイコンにわかりづらいものが多く、慣れてない人は1ゲーム目は練習になるかも。ストーリーはフレーバー程度にしか感じない(文才のない自分の訳し方のせいかもしれません)ですが、レガシータイルで盤面に変化が出るのはリプレイ性に良い感じで貢献していると思います。

純正のメタルコインは豪華で、使うとゲーム中のテンションがあがります。

続きを見る
閉じる
皇帝
よし(JIGEN)
よし(JIGEN)
レビュー
559名が参考
10ヶ月前

色々な要素があって、慣れるまで難解ですが、楽しい

そんなゲームです


いわゆる重ゲーなので、時間はかかりました

初プレイはインスト込み、4人で4時間かかりました笑

慣れたら2時間半くらいになりそうな感じでした


色々な要素があって、勝ち筋が多様です

戦争をして、点を稼ぐか、冒険に特化して進むか、バランスよくいくのか

そこらへんの選択肢の多さが楽しいです


基本的には船をすごろくのように周回させていくのですが

面白いのが、進む歩数を自分で決められるところです

7マスがんがん進んでいくのか、1~3マスくらいで必要なところに寄っていくのか

結局のところ自分で決めていくしかないってのが楽しいですね


アクションの数も一気に7マスくらい進むと3アクション、1,2マスで止まると1アクション

とかあるので、そこらへんも悩ましいです

1週だれかが先にゴールまでいくと、強制的に次の周回へと続いていくので、ゆっくりもしてられません


キャンペーンモードもあるので、まだ未プレイですがこれから楽しみです

のんびり長く楽しめそうなゲームです


まとめ

重ゲーできるメンバーがあつまるならおすすめ

選択肢が多く、どれが一番有利なのか考えるのが楽しい

続きを見る
閉じる
仙人
さんず
さんず
レビュー
434名が参考
6ヶ月前

プレイヤーのうち1人でも周回が早いとそこそこ終了がお早めになる。

基本は戦争で影響力上げたほうが有利、それを回避する方法は見当たらない。何せ3カ国の影響力争いが背景だから。

定期収入が結構大きいので、先行逃げ切り策ができるのかもしれない。

移動力が固定で変わらないので、人物にそういった追加能力あればもしかしたら……とは思う。

逃げられないならば腰据えて積み上げるのが有利になるだろうから、手札調整しつつ効率が良いルート作りを目指すゲーム。

続きを見る
閉じる
勇者
カネ重がイイ
カネ重がイイ
レビュー
424名が参考
10ヶ月前

GWTと同じくマップを周回しつつ、色んな行動をして得点を伸ばすタイプのゲームですけど、体感的にGWTほど他プレイヤーの影響を受けなくて、自分のやりたいことをやりやすい印象。しかしながらやはり得点倍率がやはり効率が高く、何回かやるとプレイの仕方が決まってくる印象。

続きを見る
閉じる
仙人
ナオト
ナオト
リプレイ
219名が参考
9ヶ月前

17世紀のカリブ海を舞台を堪能できるゲームです。

覇権争い、交易、冒険、疫病イベントなどのキャンペーンが盛りだくさんです。


どうしても生き馬の目を抜く感じのプレイに寄ってしまうので、いつか購入してのんびりソロプレイして17世紀のカリブ海を堪能してみたいかもと思いました。

とても面白いので、どんどんプレイしたいゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
とだな
とだな
レビュー
214名が参考
29日前

舞台は17世紀のカリブ海でフランス、スペイン、イギリスが覇権を争っており経済的、政治的地位を高めようとしています。各プレイヤーは船乗りの冒険者となり各国の地位を高め、より良い人脈を作り富と名声を得て、この厳しい競争を勝ち抜き最も勝利点を稼いだプレイヤーが勝利です。

HAVANNAからプレイヤー達は出発して4ラウンドに渡って船でMAP中を航海し、停泊した場所でアクションを実行します。これらのアクションによって計画カードを購入してプレイしたり、自分の助手を特定の場所に派遣したり、各国家の旗の下で戦ったり、町に商品を輸送して船を改良したり、クエストを遂行したり、内陸部を探検家コマで探検したりして利益獲得していきますが、取るべき戦略はいくつもあり、思う様に勝利点を伸ばすにはかなり頭を使いますね。どのプレイヤーかが、船で一周したら中間特点計算が入りまだ航海途中のプレイヤー達も中間得点計算に入り強制的にスタート地点であるHAVANNAに戻されるのでのんびりもしていられず(タイムトラック)、エリアマジョリティ(所有権マーカー争い)とハンドマネージメント(初期時計画カード4枚スタート)が熱く面白いゲームです。

1番のストーリーカードからプレイすれば、キャンペーンのストーリーを体験しながら遊べて、ゲーム終了後もそのカード類を保管袋に入れておけば、次のゲーム時にもストーリーの続きからプレイ出来るのが面白い試みですね。ルールが変更になったりレガシータイル(全23枚)が登場したりと変化しますが何度でも最初からプレイ出来ますので、レガシーと聞いても心配ありません。キャンペーンをひと度通りプレイするには相当時間掛りそうです。自分はまだストーリー②です。尚、ソロでもプレイ可能でキャンペーンもOKですよ。

簡単にゲームの流れを記述します。

①航海フェイズ

自分の船コマを場所1つ〜7つ分移動させる事が出来ます。自分で進める歩数が選択可能ですが、1〜3なら村アクション(巻物がない場所が村)1回、4〜6なら2回、7つフルに移動したなら3回村アクションが実行出来るので、近くて寄りたい所で止まるのか、もっと先に進むのか悩ましいです。町(巻物がある場所)がある場所に移動すると町アクションが1回だけ可能で歩数は無関係なのでそこも考えどこです。

②メインアクションを1つ実行してフリーアクションを望むだけ実行する。

メインアクション…町アクション(商品の輸送や戦闘。戦闘はアクションポイントを使用して共に戦う国を決定する。その国に対する影響力を拡大したり、その国の影響力マーカーをボード上に配置してエリアマジョリティを競う。他の国を追い出してエリアを奪う事も可能)、村アクション(1~3回)クエスト、ストーリークエスト、自分の助手アクション、冒険者コマを進める冒険アクション。

フリーアクション…手札カード(計画カード)を計画エリアに3枚まで置いておく。こうする事で村アクション時、お金やリソースを払ってカードを購入して収入トラック数値を伸ばしたり、ゲーム中優位になる持続効果を得たり、助手アクションを可能にしたり、カード購入した時点で即時効果を得たり出来る。尚、手札カードも(計画エリアにない)購入しないと使用出来ない。

☆購入しないで使用出来るのは商品を輸送する時のみ。

☆村アクションで名声建物カードにお金やリソースを投資して最終得点計算時利益を得る事も可能。中々の値段してますけどね(汗)

☆船の改造について…荷物を輸送(手札に記された商品とボード上の商品と一致したカードを捨札にする)すると自分の船ボードから丸いディスクを取り除けて各場所のディスクが無くなれば、船の改造が完了してゲームが優位になる。改造箇所は多数あります。

経歴の任務を達成していれば、お金やリソースを貰う。

③手札が上限になるまで裏向きの計画カードを引く。

以上を繰り返し4ラウンド行います。終了後最終得点計算に入ります。

総括

箱にはプレイ時間1人✕30分と記載されていますが、中量級で収まらないゲームです。1人でゲームセッティングしたら30分は掛かりますしプレイ時間もソロで遊んでも90〜120分掛かりインストも時間掛かる重量級で羊の皮を被った狼的存在という印象です。対人戦だともう少々時間必要かもしれません。今回対人戦の前にソロで2回プレイしましたが、仮想敵は5段回難易度調整なので非常に簡単でプレイ。1回目はテストプレイで得点不明で翌日2回目は65VS78で届かずでした。考えどころが多くエリアマジョリティ争いが好みのゲーマーにお勧めします。

それでは、大海原に向けて出発!

続きを見る
閉じる
仙人
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
  • セール中¥ 8,000(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 253興味あり
  • 291経験あり
  • 95お気に入り
  • 321持ってる

チェックした商品