マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ケイラス 1303
  • ケイラス 1303当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 60~90分
  • 10歳~
  • 2019年~

ケイラス 1303

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
棟梁諸君、ケイラスへようこそ!
  • ウィリアム・アティア(William Attia)作

 1303 年のことです。イングランドとの戦争は終わりましたが、ギュイエンヌ地方は彼らの手に残りました。このため、国境付近に位置しているケイラスの城を補強し、近代化しなければなりません。棟梁として、あなたは建設現場に資材、食料、労働力を供給します。建物を建設し、強力な人物を採用し、労働者をできるだけうまく管理して、ケイラスで最も誉れ高い建築家になりましょう。

 このゲームでは、9ラウンドに渡って、プレイヤーは町を発展させたり、ケイラスの城の建設に手を貸したりして名声点を得ます。ゲーム終了時に最も多くの名声点を獲得しているプレイヤーが勝者となります。

 『ケイラス1303』は、2005 年に初版が発売された名作ボードゲーム、「ケイラス」の最新版です。初版を作成したチームによって再編された「ケイラス1303」は、初版のメカニズムを再検討し、近代化されています。ラウンドは迅速でよどみなく進行し、プレイ時間も短縮され、簡素なルールが無限ともいえるリプレイ性を備えたリメイクとなっています。

レビュー 2件

429
名が参考にしたレビュー
 by 荏原町将棋センター

ワーカープレイスの先駆け、アグリコラ誕生のきっかけとなったケイラスが、一昨日、日本語版新ルールで発売されました。2006年に大賞を受賞した重ゲーですが、今は洗練された現代のワーカープレイスと比べられ、煩雑だ、長くて退屈だ、という評価に落ちてきました。

今回の新版では、ルールの簡易化と時間短縮を目指しています。これは有難い取り組みです。

軽ゲーと比べて重ゲーは、ルールが難しいからこそ面白く、仕事やら勉強やら現実から離れて、その世界に没入するのがいちばんの楽しみ。これは30分で終わる軽ゲーではなかなかできません。特にカードゲームは、ボードが無いし…

そのために!難しいルールを覚えるのですが、本当のことを言えば、「ルールが簡単で時間が短く終わる重ゲー」が理想です笑

さて、それに挑戦したケイラス1303。

まず、ボードの美しさ!川がある綺麗な牧場の風景。ボードに配置していく建物タイルも、説明書に書いてある名称を入れずに、絵の一体化を優先しているのが素晴らしい。没入できそうです。(おかげで建物の名称が言えませんが)

コストとして、お金を無くしたのはよかったと思います。これによって、コストはワーカーで払う形となり、建設のリソースは、食料、木材、石、布、黄金の5種類です。

また、監督官一人となったので、「ワーカーの置ける範囲が動く」という当時の画期的なシステムもそのままに、9ラウンド制となり、終わり方も分かりやすくなりました。

ワーカーは、一人ずつ順番に置いていき、その都度リソース効果はもらわず、全員好きなだけ置き切ります。そのあと、城からいちばん遠い建物から、順番に効果をもらっていきます。

ボード下部に「ギルドの橋」があり、全プレイヤーが順番に、監督官を前や後ろに動かすことができます。これによって、監視下の先にあるワーカーは効果がもらえなくなるので、直接的なインタラクションコーナーです。

とはいえ、あとは人物タイルの取り合いぐらいですから、旧ケイラスより地味になった感じもします。ただ、その人物タイルはそれぞれ特徴があり、良い悪い別にして、均衡バランスを崩してくれます。(人物タイルも、絵を優先して名前が書かれていません。「早起きの人」とか、書いてなくてよかったと思います笑)

主な戦略としては、建物を片っ端から建てていく戦略と、邸宅を構え大きなVP(最大20VP)のモニュメントを狙う戦略でしょうか。城の建築資材を貢いで5VPを得る納入恩恵戦略もあると思いますが、初期建物が早々に邸宅に改築されていくと、建築リソースはなかなか貯まらない展開になります。その他、黄金や布のVP変換レートも高いので戦力になり得ます。

最後に。このゲームから派生したゲームがいくつかあります。アグリコラやグレートウエスタントレイルなど、プレイス数が増えて行くタイプです。ケイラスを含め、この系統は、個人的には苦手なのですが、ケイラスは手持ちカードが無い分、遊び易いかなと思います。

肝心な時間短縮ですが…2人プレイで60分、ギリギリ公約通りかなという感じです。

5ヶ月前(2020年06月28日 16時22分)
続きを読む
閉じる
253
名が参考にしたレビュー
 by tiwa

リメイク前の「ケイラス」は未経験の大人2人でプレイ。なかなかに面白いです。


プレイヤーは棟梁として、労働者を雇い、ボード上の町に建物を建てたりケイラスの城の建築現場に資材を納入したりします。そうして得る名声点を9ラウンドを通して最も多く獲得したプレイヤーが勝者となります。

このゲームは「ダイスの目」や「カードの引き」といった運の要素がありません。資材や建物といったすべての情報が最初から公開されている中で「目標設定→資材の確保→計画修正」を繰り返す感じです。


さて、「ケイラス」から簡略化されたルールと聞いていましたが、ルールブックを読んだ最初は「???」と戸惑いました。一度理解してしまえば難しくないのですが・・・参考までに準備が終わった後のゲームの流れを簡単にまとめてみます。


1)手持ちの労働者を順番にボード上の建物かお城の建築現場に1コマづつ置いていく。

2)労働者をこれ以上置かない、というプレイヤーからボード下方にある橋に左詰めで家コマを置いていく。(以降、このラウンドで他のプレイヤーは労働者を置くとき、追加で1コマ必要になる)

3)労働者が置かれた建物の効果(資源の獲得、建物の建築、監督官の移動、恩恵等)を処理していく。

該当者がいればさらに、

4)お城の建築現場に労働者を置いた人は資源を納入する。(最も多く納入したプレイヤーは恩恵を受ける)

5)邸宅や記念碑の建設。

6)労働者の雇用


1から6を9ラウンド繰り返します。この過程で手持ちの人物カードに発動できる効果があればその都度発動させます。


注意点としては、

・一つの建物に置くことができる労働者は1コマだけ。(早い者勝ち)

・労働者を置いた建物が他のプレイヤーの所有地であれば、1ポイントを所有者に払う。

・建物の効果の処理はボードの左下隅から監督官がいる手前の建物まで順番に行う。

・処理が終わった労働者コマは手持ちではなく「野営地」に戻す。

・橋に家コマを最初に置いたプレイヤーが次ラウンドのスタートプレイヤーになる。

位でしょうか。


建物の効果は全て違うので労働者をどこから配置していくかが駆け引きとなりますが、ラウンド毎のファーストプレイヤーもプレイヤー自身でコントロールできるので「次のラウンドは絶対ここに配置したい!」という時は、今のラウンドを早めにパスするという戦略もあります。


2人プレイの場合、1人が1ラウンドで出来ることが多いからか計画が建てやすく、上手くいかなかった場合の計画修正も楽なのでストレスなく楽しめました。監督官の移動やお城の建築現場への資源納入など、邪魔をするより交渉して譲り合った方がお互いの得点が伸びたりします。結果、監督官の移動システムは完全に機能停止していましたが。


初めてのプレイ時間はインスト含めて2時間半くらいでした。おしゃべりしながら町の発展作業を楽しみたい人にはお勧めです。

4ヶ月前(2020年07月21日 14時07分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,700(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 70興味あり
  • 77経験あり
  • 10お気に入り
  • 96持ってる

チェックした商品