マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
2人でお茶を
  • 2人でお茶を当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 20~30分
  • 10歳~
  • 2020年~

2人でお茶を

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
お茶会用のお湯を沸かすような、ホットなカードゲーム!
  • セデリック・チャボジット(Cédrick Chaboussit)作

 『2人でお茶を』は、アリスの不思議の国を舞台にした、2人用のデッキ構築ゲームです。ゲームは毎ラウンド、自分のデッキの一番上のカードを同時に公開し、数値の大きいカードを出した方が勝利し、そのカードの効果を使用するか、デッキ用に新しいカードを購入するかのどちらかを実行します。また勝者は、砂時計トークンを使って懐中時計上の時間を進めて、その時間の効果を適用することができます。こうしてプレイヤーは自分のデッキを強化しながら、砂時計やタルトやピンクのフラミンゴを収集して、星(勝利点)を獲得していきます。5つあるキャラクターカードの山札のうち、4つが尽きたらゲーム終了。より多く星を獲得したプレイヤーが勝者です。

 フランス・Space Cowboy社の2人用ゲームシリーズのラインから発売される、簡単なルールながらも悩みどころ満載の、対戦型の2人用戦略カードゲームです。

レビュー 3件

210
名が参考にしたレビュー
 by inu(いぬ)

「”デッキ構築”って、どんな面白さや楽しさがあるんだろう?」と

気になっているボードゲーマーに、お勧めしたい作品です。


この作品は、気軽に何回でも遊べる作品です。

デッキ構築が初めてな方も、デッキ構築が大好きな方も

どちらかが大差で負けてしまう・・ということも、あまり起きにくい

戦略と運のバランスが、とても良いゲームかと思います。

(ホビージャパンさんが

「勝ったのは戦略のおかげ、負けたのは運のせい」といえる作品

と言っていたのが印象的です。)


気に入っている点は、お互いのデッキから

「せーの!」

と、一番上のカードをオープンすること!

この時、相手より大きい数字のカードが出せなければ

手番すら回ってこないという、かわいいアートワークに反して

シビアなルールも魅力の一つです。

そのため、自分に手番が回ってくるよう、どうカードを選んでいけばいいか

自然とプレイヤーに考えさせるように出来ているのが魅力です。


また、デッキ構築で楽しい要素の一つである「効率化」も

分かりやすく体感できるようになっています。

破壊というアクションで、自分のデッキの効率を上げたり、

相手のデッキから有効なカードを排除したりします。


懐中時計やフラミンゴというアイテムも、ゲームの流れを一気に変える

盛り上げ役になっていて、これが戦略と運のバランスを

上手く保ってくれているように思います。

約2ヶ月前(2020年08月05日 00時16分)
続きを読む
閉じる
158
名が参考にしたレビュー
 by スーサカ

2人でする軽めのデッキ構築型のゲーム。ドミニオンよりはだいぶ軽い。同時にデッキからカードをめくり、カードの数字が大きい方が行動できるというゲーム。最初の方に負け続けると、後半に響き、大敗するという可能性もあるが、そこさえ乗り切れば後は自分の戦略次第でどうとでもなる感じがした。自分的にはかなり好きだった作品。運と戦略どちらも必要なので、必ずしも経験者が勝つというわけではないというところも自分好みだった。デザインも可愛くて良かった。最近は寝る前に毎晩やっている。

2ヶ月前(2020年07月23日 15時26分)
続きを読む
閉じる
65
名が参考にしたルール/インスト
 by malts_y

2人でお茶を・インスト

 (上から読むだけでインストになります)

■ 準備(読まなくてよいです)

 1.得点ボードは数字がある面をおもてにして横長に置きます。


 2.プレイヤーは自分の色(青または赤)を選びます。得点ボードの両端に青と赤があるので,自分の色の側にすわります。青プレイヤーは三月うさぎ,赤プレイヤーはいかれ帽子屋が得点コマです。それを得点ボードの0に置きます。

 3.自分の色のカード1組(中身はキャラクター・カードで1から9が1枚ずつ)を受け取ります。これをデッキと言います。自分のデッキをシャッフルして伏せて山札とします。

 4.地が灰色のカードは2人共通のキャラクター・カードで左上の数字で分類し,それぞれシャッフルして,4~8は得点ボードの下方に表向きの山として置きます。同じ絵のカードでも星の数が違います。これは2人共通の山札です。キャラクター・カードの1はウサギで,得点ボードの下方やや離れた場所に置いておきます。ウサギはみんな同じカードです。

 5.スタート・プレイヤーを決めます。リミテッド・エディションには金属製コインが入っていて,スタート・プレイヤーを決めるのに使います。スタート・プレイヤーはフラミンゴとタルト・トークン1枚を持ちます。もう一人はタルト3枚を持ちます。残ったタルト5枚と砂時計トークン5枚は共通のストックとします(ゲーム箱にはタルトの予備が1枚入っているようです)。


 6.ティー・カップ(25と書いてある)2枚は得点ボードの25のところに置きます。得点が25点になったら,ティー・カップをもらって得点コマを0の位置に戻します。

7.懐中時計の針をランダムな位置にします。


■ ゲームの流れ

 1.2人同時に自分の山札のトップをめくってすぐ隣に表向きに置きます。ここを捨て札の山と言います。いまめくったカードの左上の数字がカードの強さです。数字の大きい方がアクションを行います。数字の小さい方は何もアクションを行いません。同点の場合はフラミンゴを持っている方の勝ちです。

 2.アクションは2つのうちどちらかです。

   (1)キャラクター・カードの購入
     いまめくった2人のカードの数字の差と同じ数字のキャラクター・カードを得点ボードの4~8の山のトップから1枚もらいます。タルト・トークンはお金のようなもので,タルトを何枚か出すとその枚数分だけ,数字の差より大きいカードをもらうことができます。使ったタルトは共通のストックに戻します。数字の差より小さいカードをもらうこともできますが,おつりは出ません。キャラクター・カード1のウサギは購入できません。
     購入したカードは自分の捨て札の山に置きます。自分の山札がなくなったら捨て札の山をシャッフルして山札にしますので,捨て札に置いてもいずれ山札に入ってきます。


   (2)自分がめくったカードの効果を使う
       カードの下方に描かれている効果を使います。

3.懐中時計と砂時計トークン
   アクションを行った後,懐中時計の針を回すことができます。自分が持っている砂時計トークン(ゲームの最初は0枚です)を何枚か出して,出した枚数だけ針を時計周りに回して,そこに描かれている効果を使います。使った砂時計は共通のストックに戻します。

ここまでで1ラウンド終了です。次のラウンドは2人同時に山札をめくるところから始まります。

■ 星マークと得点ボード
   カードの右上や懐中時計に星が付いています。これは得点を表しています。ゲーム中いろいろな方法で得点を得たら得点ボードでコマを進めます。ゲーム終了時には別にボーナス・ポイントがあり,その分だけ得点コマを進めます。コマが最も進んでいるプレイヤーがゲームに勝利します。

■ カードの動き
 1.自分の山札がなくなったら捨て札をシャッフルして山札にします。山札と捨て札はぐるぐる回っているわけで,これを合わせて自分のデッキと言います。シャッフルするときはキャラクター・カードのウサギを1枚入れてシャッフルします。

 2.カードを破壊するアクションもあります。得点ボードの端の自分の色の×マークのところを破壊ボックスと呼ぶことにします。山札,捨て札,共通の山札からあるカードを除外して自分(破壊アクションを行うプレイヤー)の破壊ボックスに置きます。このとき,そのカードの右上に星があればその数だけ得点コマを進めます。破壊ボックスに,×=?☆と描いてあるのは破壊することによってカードに描いてある星の数だけ得点になるという意味です。

■ タルト・トークンと砂時計トークン
 ・タルトはお金のようなものです。
 ・タルトも砂時計も一度に何枚でも使えます。
 ・タルトも砂時計も,もらうときは共通のストックから取りますが,ストックが空になったら相手から取ります。

■ キャラクター・カード(1~9)と効果
 カードの左上の数字はカードの強さを表します。右上の星は得点。下方のアイコンはこのカードの効果です。効果を見ていきます。


1.チェシャ猫
 懐中時計の針を好きなところへ回してそこに描いてある効果を発動します。

2.ヤマネ
 タルトを2枚もらいます。

3.トランプの兵隊
 ここに描いてある赤い人は相手プレイヤーのことです。赤いカードは山札を表します。ここでは相手の山札のトップから3枚めくって捨て札にさせます。捨て札にしても相手が損するとは限りませんが。

4.処刑人
 ×印は破壊の意味です。これは相手プレイヤーの山札のトップを破壊することを表しています。
 破壊されたカードは手番プレイヤーの破壊ボックスに入り,それに星が付いていれば手番プレイヤーの得点コマを進めます。
 破壊することが有利で破壊されることが不利とは限りません。

5.ハートのジャック
 タルトを3枚もらいます。

6.イモムシ
 砂時計トークンを2個もらいます。

7.王
 フラミンゴまたはタルトを2枚もらいます。

8.アリス
 砂時計を1枚もらいます。  

9.女王
 得点ボードの下方にある4~8のキャラクター・カードの山のトップをどれか1枚破壊します。
 女王のカードの右上に破壊禁止のマークがあります。女王に対して破壊アクションが行われたとき,女王は破壊ボックスにでなく捨て札の山に移動するだけです。

1.ウサギ
 得点ボードの下方にある4~8のキャラクター・カードの山のトップをどれか1枚破壊します。

■ 懐中時計の効果
 12時から時計回りに説明します。


 1.星2つ
     得点を2点進めます。

 2.青い人と白いカードと×
     青い人は自分を表します。白いカードは捨て札を表します。自分の捨て札の山から1枚を選んで破壊します。自分の捨て札の山はゲーム中いつでも見ることができますが,順番を変えてはいけません。
     自分のデッキからいらないカードを破壊したり(デッキを圧縮すると言います),星の付いているカードを破壊して得点を得たりという使い方ができます。

 3.青い人と赤いカード×2=星
     自分の山札のトップから2枚めくって捨て札にし,その2枚に描かれている星の数だけ得点します。捨て札にするだけです。破壊ではありません。

 4.フラミンゴ
     フラミンゴを取ります。

 5.赤い人と白い札
    相手の捨て札のトップのカードの効果を発動します。

■ ゲームの終了
    1.ウサギを引くときにウサギ・カードがない
または
    2.共通の山札5つのうち4つがなくなる
のどちらかが起こったら,そのときの手番を完了させてゲーム終了です。

■ 目的タイルとボーナス得点
  ゲーム終了時にボーナスがあります。4~8のキャラクター・カードのうち,山札がなくなったところの上方に置いてある目的タイルの効果を2人とも使います。得た得点の分だけ,得点ボードのコマを進めます。
  山札が残っているところの目的タイルは発動しません。どのタイルを発動させるかも戦略の一つです。

■ 目的タイルの種類


目的タイルの種類は,
 ・ 砂時計=星2つ
     砂時計トークン1枚につき得点2点

 ・タルト=星
     タルト・トークン1枚につき1点

 +が付いている目的タイルは自分のデッキ(山札と捨て札合わせて)の中にあるカードの枚数を相手と比べます。同じ枚数のときはゲーム終了時にフラミンゴを持っている方の勝ちです。勝った方は,目的タイルが置いてある場所の数字4~8を得点としてもらいます。

 ・+赤い札=?星
   自分のデッキの総枚数

 ・+アリス=?星
   自分のデッキの中のアリスの枚数

 ・+王様=?星
   自分のデッキの中の王様の枚数

 ・+イモムシ=?星
   自分のデッキの中のイモムシの枚数

 ・+ハートのジャック=?星
   自分のデッキの中のハートのジャックの枚数

 ・+処刑人=?星
   自分のデッキの中の処刑人の枚数

 ・+×=?星
   自分の破壊ボックス内のカードの枚数

 ■ 勝利条件
   得点ボード上でコマがより進んでいる方の勝ちです。同点のときはフラミンゴを持っている方の勝ち。
   あらゆる場面で,特にゲーム終了時に,フラミンゴを持っていることは非常に有利になります。

 以上です。

約1ヶ月前(2020年08月19日 10時37分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,300(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 41興味あり
  • 51経験あり
  • 11お気に入り
  • 55持ってる

チェックした商品