マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
グレートウェスタントレイル
  • グレートウェスタントレイル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 75~150分
  • 12歳~
  • 2016年~

グレートウェスタントレイル / Great Western Trail の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
牧場経営、19世紀アメリカが舞台のゲーマーズゲーム!
  • アレクサンダー・フィスター(Alexander Pfister)作

時は、19 世紀のアメリカ合衆国。あなたはテキサスの牧場主です。

繰り返し牛を育て、鉄道を利用して大都市カンザス= シティへと出荷します。

あなたは優秀な牛を育て上げなければなりませんし、

いろいろな施設をうまく利用して牛たちをスムーズに出荷しなければなりません。

そのためには腕のいいカウボーイや、職人や技術者を雇うことも必要になるでしょう。

牧場経営をうまく行い、なおかつ幸運を利用し、思わぬ落とし穴を回避できた者だけが、勝者となります。

本ゲームは、本格的な「ゲーマーのためのゲーム」であり、手に汗握る決断の連続、代えがたい充実した戦略を味わうことができるでしょう。

グレートウェスタントレイルに9件の書き込みがあります

1023
名に参考にされている戦略やコツ
2017年04月27日 16時06分

①3つの戦略

このゲームは大別して3つの戦略があると考えています。


A.牛戦略

カウボーイを雇い、牛の購入をメインに据えた戦略です。デッキの平均収入が上がるため、カンザスの配達による得点も見込めます。

牛で50点、配達で20点といったところでしょうか。


B.建物戦略

大工を雇い、建築及び建築した建物アクションをメインに据えた戦略です。

共有建物アクションより強いアクションが打てるため、その建物が特化する分野の得点が見込めます。

建物で30点、特化する分野の得点が30点くらい?


C.機関車戦略

エンジニアを雇い、機関車の前進をメインに据えた戦略です。

駅舎改良時の駅長ボーナスによる得点も見込めます。

駅舎改良で30点、駅長が1枚10点程度として2~3枚で20~30点くらいでしょうか。

なお、このゲームではエンジニアを雇う際に細かいボーナスがついています。


各戦略は雇う労働者の種類に対応しています。各労働者とも4人目を雇う際のボーナスが強いので、対応する労働者を4人までは雇うことを目標にプレイするとよいかと思います。

なお、5人目以降は1人につき4点のボーナスがついてきます。


②3つの組み合わせ

どの戦略も特化しても60~70点で頭打ちとなるため、2つの戦略を組み合わせてそれぞれで40点くらいずつ取るのが強いのではないかと考えています。


a.牛+建築戦略

カウボーイと大工を雇い、牛の購入とデッキ回転に寄与する建物を建築する戦略です。カンザスの収入を上げることを目指します。手札上限の黒ディスクを外すことができれば、さらに回るでしょう。

弱点としては機関車を進めないため、カンザスの配達で支払う追加コストでキャッシュフローが厳しくなることでしょうか。建物の収入等でカバーする必要があります。


b.牛+機関車戦略

カウボーイとエンジニアを雇い、牛の購入と機関車の前進を並行して行う戦略です。ディスクを多く外せるので、補助アクションが充実し、機関車を進めるついでに証書トラックを上げる機会も多いかと思います。

弱点としては共有建物に頼るため、デッキの回転が遅いことです。牛の購入は先行投資と割りきって、証書でカバーする必要があります。


c.建築+機関車戦略

大工とエンジニアを雇い、機関車の前進や証書トラックの上昇に寄与する建物を建築する戦略です。

bと同じく、ディスクを多く外せるので補助アクションが充実し、機関車を進めるついでに証書トラックを上げる機会も多いかと思います。

弱点としては牛をあまり購入しないため、証書トラックの上昇が必須となることでしょうか。


③捨てる戦略について最低限やること

いずれの組み合わせも残りの1つを捨てることになりますが、序盤に最低限のアクションを行うことは必要と考えています。


a.牛+建築戦略

機関車が渋滞して効率よく進めるうちに機関車を進めておきます。


b.牛+機関車戦略

大工コスト1の建物を建築しておきます。牛の購入か機関車の前進に寄与する建物が望ましいです。


c.建物+機関車戦略

3牛を購入して、手札だけで最高9金のデッキにしておく必要があります。


④全体的な指針

以降はゲームの流れに沿って、各戦略に共通する指針を書きたいと思います。

前提として、このゲームは各プレイヤーがだいたい6~7回カンザスに到着すると終わります。


1.序盤

最初のカンザスの配達では収入に関わらず、0のマスにディスクを置くのがよいと思います。-6点と6金のトレードですが、この6金で雇った労働者はゲームを通じて6点以上の価値を生むのではないかと考えます。

2周目スタート時に、初期資金+カンザスの収入+上記の6金で、だいたい20金くらいを持っている前提で、その使い道を考えます。基本的には、14金で各戦略に沿った労働者を2人雇うのがよいと思います。建築戦略の場合でも、最初の建築は大工コスト1の建物だと思いますので、大工の優先度は他の2種に比べて低いです。

残りは戦略に応じて、3金で3牛を購入するか、2金で建物を建築するか、1金で駅舎改良して駅長タイルを取るかといったところでしょうか。

ここからは2~3周目でカンザスの収入10金を目指します。カンザスの配達及び駅舎改良で外すディスクの優先度は以下の通りでしょうか。


a.牛+建築戦略

白:手札交換、1金

黒:手札上限


b.牛+機関車戦略

白:手札交換、1金、機関車、証書上昇、証書上限

黒:手札上限、証書上限

ここは牛戦略メインか機関車戦略メインかでバリエーションが出るかと思います。


c.建築+機関車戦略

白:1金、機関車、証書上昇、証書上限

黒:証書上限


2.中盤

各プレイヤーが3~4回カンザスに到着して、最初の牛の補充が発生したら中盤です。

このあたりはあまり書くことがないのですが、ティピーについては相場が6金以上なら足を止めて取りに行ってもよいのではないでしょうか※4金以上なら取るべきという説もあります


3.終盤


各プレイヤーが5~6回カンザスに到着して、最後の牛の補充が発生したら終盤です。そろそろお金を得点に変換する頃かと思います。目安として、コストのお金-1点くらいのアクションが残っていれば優先的に取りに行きます。

但し、お金は最後5金:1点にしかならないため、多少効率悪いアクションであっても使いきることが重要です。


(続きます)

続きを読む
閉じる
779
名に参考にされているレビュー
2017年09月10日 22時51分

世紀の誤訳もあり2017年超話題作となったゲーム。パッケージからしてかなりの重厚感がある。一言でいえばおっさんのおっさんのよるおっさんのためのゲームであろう。もちろん女性や若者も楽しめる(笑)


より遠くの都市に牛を出荷してお金を稼ぐゲーム。遠くに出荷するためには鉄道網を充実せなばならない・・・そう、これこそがグレートウェスタントレイルなのだ!


ただ鉄道メインのゲームと思って買うと失敗するぞ。基本はおっさんゲーだぞ。


一言で言うならば人生ゲームにドミニオンを足したような今までありそうでなかったプレイ感。基本は移動と止まったマスのアクションを解決するだけなので長考することもあまりなくサクサク遊ぶことができる。プレイ時間的には重ゲーであるがプレイ感はかなり軽い。プレイ感は軽いけどいい牛を買い足したり鉄道を延ばしたりおっさんを雇ったり・・・戦術が色々ろあり悩ましいので、何度でもプレイしたくなる。


おっさんと牛しか出てこないのでとっつきにくい人もいるかもしれないが、意外というかボードやコンポの雰囲気は明るいので思ったほど重苦しくはならない。ただ、牛が無尽蔵のデッキから出てくるのはどういう理屈なのだろうか?(笑)


重ゲーは苦手だけどしんどいのは嫌だ!という人には超オススメゲームです。あとおっさん好きの人。

続きを読む
閉じる
603
名に参考にされているレビュー
2017年06月04日 02時09分

19世紀アメリカ西部の牧畜業者となって,ジョブマーケットに並ぶおっさんたちをどんどん雇っていくついでに牛を出荷して事業を拡大するゲームです。

ダイスを使わない桃鉄みたいなゲームなのですが,ボート右下にあるスタート地点から左上にあるカンザスシティまで牧畜業者コマを進めていく道中さまざまな施設に立ち寄り,手札の牛を売ったり,おっさんたち(カウボーイ・職人・技師)を雇ったりします。カウボーイは牛の仕入れ,職人は建築,技師は機関車を進めるのに大活躍します。

カンザスシティに着くとそこから牛を出荷します。目指すはサンフランシスコですが,そこまで出荷するには,手札にある異なる種類の牛の価値の合計(なので,同種が複数頭いても意味がない)を大きくしないといけません。そのために,道中市場で価値の大きな牛を仕入れ,いらない牛をデッキから破棄して,自分の牛デッキを強化していきます。また,自分だけが使える強力な効果を持った施設を建設したり,そこを通る他のプレイヤーから通行料をせしめたり,機関車を進めて駅をアップグレードし永続的な補助効果を得たり,さまざまな戦略があり,非常にやりごたえのあるゲーム内容となっています。

今回はどんな戦略で攻めようか,そのためにはどのおっさんを集中的に雇っていくか,考えるのがとてもたのしい。個人ボードにずらりと並ぶ雇ったおっさんたちを眺めると,じわじわ喜びがこみ上げてきますよね。


2人プレイについて

2-3時間かかる重ゲーですが,2人プレーの場合はルールブック通りに遊ぶとゲーム終了までの手数がちょっと足りない感じで,建物など十分に展開できないまま消化不良で終わってしまう気がします。BGGにある2人プレイヴァリアントのひとつ(ジョブマーケットの各行に常に2人ずつではなく2,3,2,3とおっさんを並べていく改変ルール)を採用してみたところ,手数が増えて,よりゲームを楽しめるようになりました。

続きを読む
閉じる
582
名に参考にされているレビュー
2017年03月17日 01時46分

カンタンに言うならばドミニオンのように牛を買ってデッキを構築していき、異なる種類の牛を売り、より高い金額を得てそれを元手に、建物を建てたり、高いコストの牛を買ったり、それを円滑にするために職人やカウボーイ、技術者を雇っていきラウンド終了までに高得点を目指すといったゲーム。
だがしかし、タイルはランダム配置(初期は、a,b,c・・・と言った順番がお勧め)なので、何処で牛を買うのか、人を雇えるのは何処か・・・等々、戦術が変わります。
そして、ゲームが進むにつれて建物が立っていくと移動するのが大変だったり、ルートによっては他のプレイヤーへの支払いや洪水・干ばつ・落石・・・等によって、お金がかかったりしていきます。
これが非常に悩ましい。
道は一方通行なので、「あのルートだとお金が足りない・・・牛が買えないじゃないかっ!!」等々、ついつい考え込んでしまいます。
しかも、牛を売った後にマーカーを必ず置かなければいけないのですが、楽なルート(低コストで売ると)隣接して置くと逆に点数が下がってしまったりして手札の管理が大事になってきます。
最初はワイワイしていても、後半になるにつれて「うーっ・・・」とかうなり声しか出てきませんでした。(苦笑)

でも、終わってみると得点が僅差の決着だったりするし、充実感は半端なかったです。

プレイヤーの時間がある時にじっくりと遊んでみたいゲームだとはいえるでしょう。
中途半端な時間に始めると結構かかるとおもうので(笑

続きを読む
閉じる
408
名に参考にされているレビュー
2018年01月14日 15時00分

より多くの牛をより多くの都市に出荷していくゲーム。時にはお店を建設し、時には労働者を雇い、時には災害等の問題を解決し、お金と勝利点を効率よく稼いで勝利をもぎ取ろう。

重厚感のあるゲームというか、勝ち筋が色々とあるため、戦略を考えるのが楽しいし、他のプレイヤーへの妨害行為も少ないため落ち着いてプレイが出来る。

多くの牛を遠方に出荷する事に精を出すか、牛の保有王になるか、建物をどんどん立てるかなど非常に楽しいです。何度も繰り返しプレイをしたいゲーム。

初プレイ時は、インストに2時間程度、プレイに5時間程度でした。

ただ、慣れると長考も少なくなるため、この半分以下で済むと思います。

続きを読む
閉じる
377
名に参考にされている戦略やコツ
2019年03月08日 00時00分

戦略というかゲーム進行円滑化のためのDIY

グレート・ウエスタン・トレイルのゲーム進行を円滑にするために、100円ショップのグッズ(小袋とアイロンシール)DIYの紹介です。数字は、型紙つくってアイロンシールに貼り付けると作業しやすいです。

540円です。


後、繰り返しプレイするためにも便利なので、プレイヤー色ごとのカード・コマ・タイルを分類パックすることもおすすめです。

432円です。


続きを読む
閉じる
337
名に参考にされているレビュー
2018年03月28日 16時22分

双六系ですが、家がマスの役割で、家を建てるとマスが増えていきます、家には色んな能力があります。手札の牛を沢山買って、ゴールを目指し、列車で運びます、盛り盛りのてんこ盛りルールです、まさにゲーマーズゲームの決定版っと言った感じ、最初の1回じゃちょっと入って来ないかなぁ、でもこれが不思議と辞められなくなる面白さがあるんですよねぇ

続きを読む
閉じる
327
名に参考にされているレビュー
2017年12月21日 15時42分

どの髭のおじさんを雇うかが主な選択で、雇った髭を有効活用できるように行動を取っていくという感じですが、市場に居ないと雇えないので自由に選択できるというわけでもないです。ですがそれが逆にゲームの度に戦略を組み立てる楽しみにもなると思います。

牛を買うのがカウボーイの数が少なくても問題なく割りと安定して得点を稼げる気がします。逆に列車は競合するとかなり厳しいと感じました。

今のところデッキ構築の部分はドミニオンのようなものではなく、点数にもなる強い牛をデッキに突っ込むだけな印象なので、ドミニオンが好きだから、ドミニオン要素を楽しみたいという人向けでは無いような気がします。

続きを読む
閉じる
159
名に参考にされているリプレイ
2018年01月10日 18時37分

1月7日 オオバコボドゲにて4人戦。

2位の点数が過去最高。点数表を貼ります。


続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,940(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 227興味あり
  • 420経験あり
  • 174お気に入り
  • 331持ってる

チェックした商品