マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
デッドライン
  • デッドライン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45分前後
  • 14歳~
  • 2017年~

デッドライン

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
探偵となって怪事件の謎を解き明かそう! ミステリーマニアも大満足の、協力型のミステリーゲーム!
  • ダン・シュナーケ(Dan Schnake)作
  • アダム・ウェスト(Adam West)作

 謎解きゲームにボードゲームテイストを加え、煩雑な処理は一切不要。

 快適なプレイ感が魅力的なミステリゲームの意欲作が登場です!

 舞台は1930年代のニューヨーク。

 あなたたちは、元警察官であるボスが集めた精鋭の探偵となり、協力して手札を出し合い、手がかりカードを集めることで物語を進めて、事件の真相解明を目指します。

 プレイヤー同士がコミュニケーションをとりながら推理を進めていく。

 本格的なミステリーゲームとしての楽しさはそのまま、誰もメモを取ったりする必要はなく、必要な情報はすべてカードのやりとりで手に入れ、確認することが可能です。

 また、推理だけでなく協力型のカードゲームとしての楽しみもしっかり存在し、プレイヤー全員が協力してカードを出していかないと、あっさりと失敗してしまうスリルもあります。

 解き明かすべき事件は12種類。ウソをつく関係者たち、現場に残されたさまざまな証拠、そして二転三転する物語......いずれの事件にもミステリーマニアが喜ぶようなトリック、仕掛けが満載!

 さあ、このゲームであなたもミステリー小説・ドラマの主人公になりましょう!

レビュー 1件

156
名が参考にしたレビュー
 by Masayuki Kunimitsu

デッドライン

Img_3985

======
ゲーム内容:
======
協力してカードパズルを完成させて、断片的なヒントを組み合わせて事件の全貌を明らかにする推理ゲーム。プレイ人数2-4名。プレイ時間60分以上。

=========
自分のプレイ状況:
=========
今回は3人プレイで最初のシナリオをクリア。全員がこのゲームの初プレイ。このシナリオをクリア。プレイ時間はインスト10分込みで90分ほど。

=====
一言感想:
=====
「推理ゲームとしてのシナリオは面白いけど、このゲームの特徴部分の協力カードパズルが足を引っ張っている。」

=======
レビュー詳細:
=======
各人に配布された数枚のカードで協力して、手掛かりカードが要求するアイコンを場に出せたら、その手掛かりカードの内容をオープンして次の手掛かりに進む。この部分のシステム的な出来は悪くなく、ゲームの序盤は協力カードパズルを完成させる達成感、高揚感もそれなりにある。
ただ、いかんせんシナリオを進行させる手掛かりカードの枚数が多すぎて途中でダレちゃう。特に終盤になってほぼシナリオの全容はつかめているのに、手掛かりカードを全て開かないと答え合わせに進めないのはただの苦痛。
これで、シナリオが「それはない」「なんじゃそりゃ!」であれば救いようがないゲームであるが、第1シナリオの感想としては無理筋もなく納得の流れ。次のシナリオをプレイしたい気分は十分あるけど、あの作業をまたやるのか・・・と思うと気が萎える。

========
バリアント提案:
========
と、プレイした印象があまりよくないけど、シナリオ自体は面白そうで、このまま積んでしまうのには勿体ない。問題協力カードパズル部分を少なくすれば、プレイ時間も短くなるし、ストレスなく遊べるかも!?

まずは、単純にプレイ人数を絞る。最小プレイ人数は2人。2人であれば1人当たりの手札の枚数も多いし、意思疎通もしんどくない。それに脱落プレイヤーへのペナルティのリカバーも容易になると思われます。

多人数で遊ぶのであれば、何らかのバリアントルールを導入して、カードパズルのプレイ量を削る必要があります。

例えば、

・ゲーム序盤の手掛かりカードは無条件でオープンして始める。
・逆に残りの手掛かりカードが少なくなったら無条件でオープンにする。
・1回のカードパズル成功で2枚手掛かりカードをオープンにする。

などなど。

====
最後に:
====
手掛かりカードをオープンすれば、すべてヒントは書かれているので、推理ゲームにありがちなメモを取る必要もなく軽く遊べて人気が出そうな要素はあるし、シナリオが面白そう。だけど、カードパズルに作業感を感じさせてしまう分量なのが勿体ない。そこを何とかクリアして「お手軽推理ゲー」としてみんなと遊びたい。

追記:
記事中の「手掛かりカードが少なくなったら無条件でオープンにする。」はHAL99さんよりご提案いただきました。ありがとうございました。

約2ヶ月前(2020年06月15日 21時11分)
続きを読む
閉じる
  • セール中¥ 4,455(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 15興味あり
  • 12経験あり
  • 0お気に入り
  • 34持ってる

チェックした商品