マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
やぎ山
  • やぎ山当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

やぎ山

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ルールはシンプルなのに悩みどころたっぷりのハンドマネージメントやぎ登山ゲーム。やぎカードの数字が大事!
  • 林 尚志(Hisashi Hayashi)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

コントロールの利かないやぎをならべて山を目指すカードゲーム『やぎ山』。
やぎ達の前にそびえ立つ3つの山。やぎ達は力を合わせて登ろうとします。
プレイヤーはやぎのボスとなって、たくさんのやぎを引き連れて山のより高いところを目指します。
大人も子供も、みんなで楽しいハンドマネージメントカードゲームです。

プレイヤーがやることは「同じ数字のやぎカードを何色でも何枚でも良いので出す」ことだけです。
出したやぎカードは自分の前に、色ごとに群れとして置きます。
前までに群れに並べた数字以上なら群れに入れます。
群れに入れないと、元の群れは枚数ぶん失点となり、さらに除外します。

群れの枚数が、場においてある山カードの数字以上だったら、得点として山カードをゲットできます。

そして補充は「いま出したやぎの数字の枚数だけ」というのがポイントです。
小さい数字のやぎはたくさん枚数があるので出しやすいのですが、補充が少ないというジレンマがあります。

どこまで我慢して、どこで群れを大きくするのを諦めて失点を少なくするか。
簡単なルールですが悩みどころたっぷりのカードゲームです。

https://okazubrand.up.seesaa.net/page/goatngoat.html

レビュー 2件

324
名が参考にしたルール/インスト
 by にゃも

「やぎ山」は、やぎの群れを率いてみっつの山の頂上を目指す、ハンドマネージメントやぎ登山ゲーム」です。


ゲームにつかうカードは2種類。山カードやぎカードです。


山カードに書いてある数字は、その山カードをとるのに必要なやぎの数で、そのまま得点にもなります。
みんなが見えるように場に並べておきます。


やぎカードには、1から5の数字が書いてあります。小さい数のやぎほど、たくさん山札に入っています。
また、山カードと同じ3色にわかれています。
プレーヤーの数ごとに最初の枚数が違いますが、このやぎカードが手札になります。


プレイヤーは、自分の番が来たら手札からやぎカードを出します。
同じ数字であれば、何枚でも、何色まざっていてもオーケーです。


出したやぎカードは、自分の前に色ごとに並べます。
この色ごとのグループを群れと呼びます。

前までに群れに並べた数字以上なら群れに入れます。
群れに入れないと、元の群れは枚数ぶん失点となり、さらに除外します。

手札へのやぎカードの補充ですが、今自分が「出した数字」の枚数だけです。
小さい数字は出しやすいけれど補充が少なくなる、というわけですね!


群れごとの枚数と、場に出ている山カードの数字を比べて、群れの枚数が同じかそれ以上なら山カードを獲得します。

そして次のプレイヤーに順番が移ります。


そうやってゲームを進めていって、最後に獲得した山カードの得点と除外したやぎカードの群れの枚数分の失点を計算して、いちばん得点の高い人が優勝です。


ルールは単純なのに悩みどころたっぷり。
「やぎ山」ぜひ遊んでくださいね!


以下はマニュアル、公式サイトにも掲載されている遊び方のマンガです。

11ヶ月前(2019年11月05日 21時04分)
続きを読む
閉じる
112
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 コロコロ堂で、4人と5人でプレイした感想です。

 横濱紳商伝や商売往来、メトロックス、ひつ陣などをデザインしたOKAZUbrandの林尚志さんによる、やぎの群れを作って登山させるハンドマネジメントゲームです。

 ルール等は、OKAZUbrandのサイトに記載されていますので、下記URLからご参照ください。

https://okazubrand.up.seesaa.net/page/goatngoat.html


 4人と5人でプレイしましたがプレイ感にあまり変化は感じられず、あの色でこの数字を出すのかどうかを考えながらジレンマで身悶える感じが、苦しくも楽しいカードゲームです。

 ルールはとてもシンプルですが、他のプレイヤーを絞っていくのか、それとも自分の利益に走って手札を増やしていくのか、はたまた手札を多くしすぎると(9枚以上は)ペナルティを喰らう可能性が出てくるので、頭を悩ませながらプレイすること受け合いです。

 箱絵は可愛いですが、中身はかなり悩ましいゲームですので、初心者には向かない気がしますが、ボードゲームに少し慣れてきたプレイヤーにはとても楽しめるゲームだと思います。

9ヶ月前(2020年01月08日 00時41分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,870(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 28興味あり
  • 101経験あり
  • 22お気に入り
  • 77持ってる

チェックした商品