マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ハダラ
  • ハダラ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 45~60分
  • 10歳~
  • 2019年~

ハダラ

メーカー・卸元:アークライト

残り1点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
目指すは世界一の軍事国家? 芸術の国? それとも経済大国? 文明の発展する方向は、すべてはあなたの采配次第!

 文明の発展という壮大なテーマを、ドイツゲームの老舗Hans im Gluck社が遊びやすいルールとプレイ時間で表現した傑作が、完全日本語版で登場です!

 タイトルの『ハダラ』はアラビア語で “文明”を意味します。その名の通り、各プレイヤーは文明の指導者となって、3つの時代を乗り越えて誰がもっとも繁栄した文明を築けるかを競い合います。

 ゲーム自体は軍事、文化、食料、経済などの文明カードの山札から2枚を引き、1枚を捨て、もう1枚を購入するか売却する、というシンプルかつ悩ましい選択を繰り返しながら進行します。

 また、捨てられたカードについてもあとで改めて購入するか売却するかを選択するタイミングが訪れるため、手元だけでなく捨てられたカードにも注目しながら、どういった方針で文明を築いていくのか計画していかなくてはなりません。

 その文明が行き着く先は、きらびやかな芸術の国か、高い経済力を有する大国か、はたまた強大な軍事国か。すべてはあなたの采配次第です!

レビュー 10件

レビュー
603名が参考
3年弱前

友人に持ってきてもらって4人で遊びました!

ちょっと変わったカードドラフト系。多少、周りのプレイヤーのことを考えてカットとかもありますが、直接カードが隣に回るわけではないのでお仕事感があるシーンがなく、代わりにソロゲー感がある感じなんですかね?コツコツ自分のやりたいことができます。

カードを買うためのお金以外は、コストとして支払うというより達成条件として参照するって感じで持っているものが減らないので、ずっと大きくなっている感じが気持ち良いです。


抽象的(アイコン的)&インタラクション小&サマリがわかりやすい&拡大感、ということで私は大好きでした!!

続きを見る
閉じる
たまご
まつなが
まつなが
レビュー
586名が参考
2年以上前

 コロコロ堂で、4人でプレイした感想です。自宅でソロプレイした感想も含みます。

 ダイスカンフーやエマラの王冠などをデザインしたベンジャミン・シュヴェアによる、カードドラフトをしてプレイヤーが各自の王国の収入、軍事、文化、農業を育てるのに、二部制に別れたカードドラフトを行うゲームです。

 ゲーム感としては、ドラフト部分はビブリオス、拡大再生産部分は宝石の煌きに似ていると感じます。

 ルール等は、hal99さんの動画をご参照ください。

【ボードゲームレビュー】「ハダラ」-2つのドラフトでステータスアップ。程よいプレイ時間と絡み合いが新鮮

https://youtu.be/pnaajlhXuHk


 4人でプレイした感想ですが、序盤から中盤にかけてお金がカツカツなので、どのタイミングでカードを捨ててお金を得るのかと、ボーナスである金銀トークンにお金を消費するのかとても悩みます。

 また、軍事に特化するのか、文化に特化するのかなど、ジレンマに悩まされます。どっちかにした方が得点が高くなるかと思えば、各色バランス良くカードを持っているともらえるボーナスもあったりとプレイ中は悩ましいことでいっぱいです。

 なお、ソロプレイ用のルールもアークライトゲームズが公開していますので、そちらもNPCが結構強くてゲーマーなら楽しめると思います。私は一番弱いNPCと3戦し、1勝2敗です。

https://arclightgames.jp/【サポート】ハダラ/

 通常のプレイもソロプレイもやり込み要素もあって、何度もリプレイしたくなる好ゲームだと思います。

追記(2020年07月13日):Yucataで、2020年07月10日からハダラがプレイできるようになりました。私も参加しています!

続きを見る
閉じる
たまご
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
529名が参考
約2年前

第1巡選択希望〜〜プロ野球のドラフト会議がゲームになりました。ドラフトというメカニクスに関しては、セブンワンダーよりハダラの方が明らかにドラフトしてます。

ただし、ドラフトの種類が違います。セブンワンダーがブースタードラフトなのに対し、ハダラはロチェスタードラフトになっています。

第1巡から第5巡までは2択です。一色の色2枚のうち好きな方を選び買います。単独指名なので確実です。これを5種類行います。即戦力を買いましょう。お金が少なくなって5人買えないかもしれません。

休憩を挟んで、第6巡から第10巡までは、さっき全員が見捨てたカードの中から、好きなカードを1枚ずつ指名していきます。休憩中にお金が入っているので、買うことができます。もちろん、再度見送っても構いません(カードを捨てるとお金が入るのです)。こうして10巡目までに何枚かのカードが手に入ります。

プレイはこれだけです。これを3世代繰り返して終了です。ドラフト会議で言えば、3年間分です。

インタラクションは……あります。2択の際捨てたほうのカードは後に他プレイヤーに取られる可能性があるので、そこを考慮しないといけません。もちろん、自分で再度取ることも計算に入れます。

持っているカードと同じ色のカードを買うときは、持ってるカードの数だけ1金安くなります。みんな当然安く買いたいので、選ぶ際は、相手に安く買わせないというカットの必要性も出てきます。他にも、例えば、お金が無くて買えない時は、カードを取ってそのまま捨てるしかないのですが、そのときは相手が欲しそうなカードを捨ててしまうのです。

カードを買うと、個人ボードのパラメーターが上がっていきます。黄は収入、赤と青は得点源、緑は食糧(カードの枚数制限)で、つまり、自分の全カード枚数と同値以上のパラメーターを保持しなければなりません。(緑のポイントが少ないと、そのポイントと同数になるよう買ったカードを捨てなければなりません)

攻撃力の観点で言うと、赤の軍事力は、30ポイント貯めると、入植タイルから約16〜24VP手に入る可能性があります。青の文化力(偉人の彫像)も30ポイント集めると22VPになります。

紫は特殊効果です。魅力的な効果が多いのですが、枚数は少な目です。

戦略的には、5色のカードを平均的に集める金メダル戦略か、2色の色(赤と青)に特化して集める戦略、あるいは、赤か青どちらか1色に特化する戦略。いずれにせよ、即戦力を取るか将来性を取るか、方針を決めておく必要があります。

ポイントとしては…

■メダルを買うなら、第一世代。赤または青に決め打ちしているなら銀メダル。金メダルを買うなら、第二世代までに2枚とも買いたい

■おいしい紫があったら、ドラフトの会議方針が狂ってもいいので、ワンチャンスで指名する

■赤パラメーターで得られる移植タイルは、お金の無い序盤でも、侵略せず併合する手もある

■緑の農業パラメーターは上げ過ぎない。無駄手と無駄金になるので、カード枚数と同値が理想

■青の彫像は、メダルと違って1つずつしか建てられないので、4個置ける計画を立てながらパラメーターを上げていく

↑ メダルを全て買っている(上段)。青の彫像4つ目(22VP)は失敗。紫があと1枚あれば金メダルボーナス(5色のセットコレクション)でさらに14VP追加で入っていた(さらにもう1枚で+28VP)。赤は20ポイントだが、あと1ポイントあれば21の移植タイル(11〜16VP)がもらえた。緑は23ポイントあるが、カードは18枚なので余剰である。(この写真で170VP位。上手くやれば200VP行けましたね)

続きを見る
閉じる
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
レビュー
431名が参考
2年以上前

HADARAは”世界の7不思議”や”すしごー”といったカードドラフトゲームに近いプレイ感でした。

しかし他のドラフトゲームと違って、”山札から2枚引いて1枚選ぶ”というシステムのため他プレイヤーへのカードカットといった妨害要素が薄かったです。

そのため初心者にもおすすめできるカードドラフトゲームだな思いました。

しかし勝利点を伸ばす要素が複数あるため、「このラウンドで何色の点数を上げようか・・・」と迷まされる部分はしっかりと作られてるため、やりごたえは十分にあります。

あと言語依存の少ないゲームなので、外国語版でも十分プレイできます。

詳しくはこちら

続きを見る
閉じる
国王
ケイ
ケイ
レビュー
410名が参考
3ヶ月前

 2人プレイ。
 パッケージで購買欲そそらないよねっていう笑い話してましたけども(ひどい)、遊んでみると変則ドラフトでまんま7Wondersだなって思いました。

 いわゆる4X系のパラメータいじくる系ゲームなんだけど、テラフォ以上にパラメータいじってるだけ感が結構強いです。食料とお金特化戦略だったけど植民地独り占めされたのでかないませんでした。基本的に4X系は兵力ガン無視して食料・文化や金につぎ込む偏ったプレイスタイルなので(7Wondersもそうなんだけど)全然勝てね~ってなりがちです。ゲーム下手か! 7Wondersも1回しか勝ったことないです!

 でも植民地の扱いがちょっとガバすぎやしませんかね? 余裕で独占されちゃったので、最初のラウンドで2個取られたらパラメータ伸ばす気起こらないし独占されたらほぼ勝てないまである。2人で遊べると書いてはあるけれども、2人用に調整されているとは思えない。 少なくとも2人プレイなら特定のパラメータ無視して何とかなるゲームではないわ。少人数ではあんまり戦略に幅はなさそうな気がします。多人数(4,5人プレイだった場合)だと赤無視でもいいかも知らんけど。

 変則ドラフトのシステムは面白いと思うんですけど、最初にカードを2枚取って1枚捨てる時に1枚表が見えてたら、自分の手番でどれを取るか選べるんじゃないの? って思ってたんですけど、それだと何かダメなんだろうな。ほどほどの運要素が必要と言うことなのだろうか。運ゲーは嫌いじゃないけど、ゲームスタート時にとっかかりが何もないのは今ひとつですね。

 後これは結構ずっと言ってるんですが、特定パラメータを消費する必要がある時にそのことを色だけで表すのはダメだと思います! マイナスがそんなに嫌いかよ!

 ドラフトぐるぐるシステムやカードを売るか買うかシステムなどは結構いいなと思うのですが、モヤモヤが残る感がありました。後フォントの選び方やアートワークの味気なさがちょっとなぁ。パラメーターを上げる喜びがあんまりないんですよね。本当にただ数字を動かしているだけという感じがどうにも。

続きを見る
閉じる
たまご
有我悟(あるがさとる)@GM2022秋土ウ19
有我悟(あるがさとる)@GM2022秋土ウ19
レビュー
320名が参考
1年以上前

共通ボードからカードを取り、個人ボードのステータスを強化し、最終的にはカードや個人ボード上の得点の合計で競う。

個人ボードには、収入(黄色)、軍事力(赤)、文化力(青)、食料供給(緑)の4つのパラメータがあり、カードはこの4色+様々な効果を持つ紫の5色がある。

フェーズAでは各色順番に2枚取っては、1枚を表向きにして戻し、1枚を買って個人ボードに置くか売るかする。置いた場合はカードに書かれたパラメータが上昇する。売った場合はコインになる。

フェーズBでは、フェーズAで全員が表向きにして戻したカードを1枚ずつ順番に取っていく。これも置くか売るかする。

各フェーズ、終わった後に収入、入植、彫像を行う。フェーズBの後は食料供給とメダルの購入を行う。

これを3回(時代I~III)行う。もちろん、時代が進むごとにカードは強くなり、購入に必要なコイン数も増える。


とても好きなゲームなので、自分のブログで詳しくレビューしました。よろしければどうぞ!

https://minarinbg.com/hadara/

続きを見る
閉じる
たまご
みなりん
みなりん
レビュー
264名が参考
約1年前

このゲームは、3つの時代を通じてプレイヤーが担当する集落を発展させて勝利点を獲得し、ゲーム終了時に最も多くの勝利点を獲得しているプレイヤーが勝利者となります。

発展させる分野は「収入」、「軍事力」、「文化力」、「食料供給」の4つで、プレイヤーが受け取る「準備カード」によってこれらの初期値は変化します。また、これらの分野を発展させるための主な方法は、「文明カード」を自分の手番時に購入し、そのカードに描いてある色の四角の中にある数字分だけを増やします。さらに、自分でプレイした同じ色の「文明カード」を購入する場合には、その枚数分だけカードの購入金額を減らすことができますので、なんとなく「宝石の煌き」と似ています。

しかし、自分の手元における「文明カード」の枚数は、「食料供給」分野の数値を同じだけしか持つとができません。調子に乗って「文明カード」を増やしていくと、超過した「文明カード」を捨てることになり、せっかく増やした各分野の数値を捨てたカードに描いている数字分だけ減らさなければなりませんので、注意が必要です。

「文明カード」を安く手に入れるためには、特定の色に特化したほうがいいですが、あまり特化しすぎると食料供給の数値より多くのカードを持つことになったり、金のメダルトークンの特典(文明カード5色1組につき7勝利点)の恩恵があまりなかったりする場合があります。特定の色にやや特化するぐらいが良いのではと思います。

それから、「文明カード」を購入する方法が特異で、最初のフェイズでは紋章で指定された色の山札から2枚引き、1枚を捨札、もう一枚を購入するか売却するかします。これを5色分それぞれ1回行います。つまり、全ての色の「文明カード」を各プレイヤーは、手に入れることができるチャンスがあります。次のフェイズでは、親から順番に最初のフェイズで捨札にした「文明カード」を捨札山から、一番上にあるカードをどの色でからでも選んで、カードを購入か売却するかすることができます。これを捨札の山が無くなるまで各プレイヤーが順番に行います。そのため、最初のフェイズで捨てる札はその次のフェイズで他のプレイヤーが購入して入手する可能性があることを考慮して選ぶ必要がありますので、悩ましいところです。

このようにカードを集めて、文明を発展させていくゲームですので、ルールはそれほど難しくないと思います。我が家では小6の次女も楽しんでプレイしています。

下の写真は、家族4人でプレイしたときの様子です。ちなみに私は最下位でした。


続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
226名が参考
約1年前

世界の7不思議+イッツワンダフルワールドのようなゲームです!

どの資源を伸ばすのか、トリッキーに戦うのかを悩みながら各ラウンドをこなしていきます!

正直、お金が足りなくて資源が買えない…みたいなことがあり最初のラウンドでどういう方針で攻めるのかを決めることが大事なゲームです!


続きを見る
閉じる
大賢者
るんば
るんば
ルール/インスト
106名が参考
約1年前

セットコレクションタイプの拡大再生産カードゲーム。

  • 各プレイヤー、個人ボードとランダムに配布された準備カードに書かれた分のお金と初期パロメーターを入手。
    パロメーターは「収入」「軍事」「文化」「食料」の4つ。
    個人ボード上の各パロメータートラック上で駒を動かすことで数値を表す。
    中央ボードは5つのエリアに分かれていて、各エリアに「収入」「軍事」「文化」「食料」「特殊」の5種類のカード山札を配置。
    各山札はプレイ人数×2枚。
    中央ボードの真ん中にダイヤルがあり、各プレイヤーが5つの種類の山札のうち、どの山札からとるか指定される。
    このダイヤルが回転し、毎回とるカードの種類が変わっていく。

  • ゲームは3時代で構成。
    各時代ごとにカード山札が異なり、時代を経るごとにコスト・効果が高くなっていく。

  • 各時代は、「フェイズA」「フェイズB」に分かれる。

  • 「フェイズA」は、「カード入手or売却(文明強化)」→「収入」→「植民地入手」→「彫像入手」で構成。

  • まず、スタートプレイヤーから順に決められた種類の山札からカードを2枚引き、1枚を表向きでその種類の山札の横に戻す。
    手元に残った1枚を、書かれたコストを払って個人ボードの該当箇所にプレイするか、裏面に書かれたお金をもらってゲームから除外(売却)するかを決める。
    カードをプレイしたら、その種類のパロメーターをカード記載の数だけUPさせる。
    ボーナスがあればそれもGET。なお、カードをプレイする際のコストは、個人ボード上に既にプレイされている同種のカードの枚数分だけ安くなる。

  • つづく「収入」では、個人ボードの収入パロメーターの分だけお金を入手。

  • 次の「植民地入手」では、個人ボードの軍事パロメーターが一定以上の数値に到達していたら中央ボード上の「植民地タイル」を1枚もらえる。
    植民地タイルはお金や勝利点やパロメーターUPボーナスがもらえるもの。

  • 次の「彫像入手」では、個人ボードの文化パロメーターが一定以上の数値に到達していたら、5種のうち1種のパロメーターをUPするか、ゲーム終了時にその種類のパロメーターに比例する勝利点を入手できる。

  • 「フェイズB」は、フェイズAの手順の最後(彫像入手後)に、「食料チェック」と「メダル入手」が加わる。
    食料チェックでは、個人ボードの食料パロメーターよりもプレイしたカードが多い場合、その分のカードを捨ててパロメーターを下げないといけなくなる。
    メダルの購入は、ゲーム終了時にプレイしたカード5種ごとに7勝利点もらえる「金メダル」と、ゲーム終了時に5種のうちいずれかのパロメーターの数値がそのまま勝利点になる「銀メダル」のいずれかを購入できる。
    時代を経るごとにメダルのコストは跳ね上がっていく。

  • なお、フェイズBの「カード入手or売却(文明強化)」は、フェイズAとは異なり山札からもらうのではなく、フェイズAで山札横に戻されたカードの中から好きな種類のカードを1枚もらう形なので、自分が強化したい種類のカードを入手しやすくなっている。

  • フェイズBが終わったら、中央ボードの山札を全て除去し、時代2の山札をセットし直す。
    時代2が終わったら時代3へ。時代3が終了したらゲーム終了。

感想と評価は下記ブログで。



続きを見る
閉じる
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ルール/インスト
89名が参考
1年以上前

1)ゲーム名:ハダラ

2)勝利条件:ゲーム終了時に勝利点が最も多く獲得しているプレイヤーが勝利となる。

3)ゲームの準備

①5つに分かれているゲームボード盤を組み合わせる。

②「文明カード」を、5色の色別及び時代I〜III別に分ける。その後各山札から「ゲームの人数☓2」枚をランダムに抜き出し、ゲーム盤の対応する色のエリアに置く。残った「文明カード」は使用しないので、箱にしまう。

③25枚の「植民地タイル」を左下にある赤色のアイコンの数字に従って5つの山にわけ、「ゲームの人数☓1」枚のタイルをランダムに抜き出して、山札とする。

④「コイントークン」や「10点トークン」をゲーム盤の脇に置いておく。

⑤各プレイヤーは、5種類の紋章のいずれかが描かれた「個人ボード」を受け取る。それに加え、ランダムに配られた「準備カード」1枚、「概要シート」1枚、「ボーナストークン(4色を各2個)」、「金のメダルトークン」、「4色の国力コマ」を受け取る。なお、「準備カード」は表面・裏面どちらでもプレイヤーが望む面を使用してよい。また、「準備カード」に描かれてある4色のマスに描かれている数字が各プレイヤーの国力の初期値となるので、「個人ボード」の対応する色の数字のところに「国力コマ」を置いておく。

4)ゲームの進行

ゲームはI~IIIまでの3つの時代を通じて行われる。各時代では以下のフェイズを繰り返す。

①フェイズA

・ステップ1:「準備カード」の優先番号が小さいプレイヤーが親になる。時代Iでは最も小さいプレイヤーが、時代IIでは2番めに小さいプレイヤーが、時代IIIでは3番めに小さいプレイヤーが親となる。なお、ゲーム中に親にならないプレイヤーは、ゲーム開始時に1コインを共通在庫から受け取る。2人プレイ時に、1回しか親にならないプレイヤーがこの1コインを受け取る。親プレイヤーは、ゲーム盤中央にある紋章ダイヤルを自分の望む向きに合わせることができる。

・スッテプ2:各プレイヤーは、自分の紋章が指してあるエリアの「文明カード」を2枚引く。2枚のうち1枚を同じエリアの捨札置き場に表にして捨てる。残り1枚は必要なコインを払って購入するか、売却してカードに描いてある数字のコインを獲得する。なお、同じ色のカードを購入する場合は、配置している「文明カード」の枚数分だけ購入時に支払うコインを減らすことができる。売却したカードは番外に除外カードの山として裏向きで置いておく。全プレイヤーがカードの購入か売却をしたら、紋章ダイヤルを時計回り1つ動かす。その後、同様のことを山札だ無くなるまで実行する。

・ステップ3(収入):各プレイヤーは、親から自分の収入に等しい額だけ、コインを獲得する。

・ステップ4(入植):各プレイヤーは、親から順番に獲得条件をクリアした植民地タイルを1枚だけ獲得する。獲得は「侵略」・「併合」の2つの方法があり、「侵略」を選んだ場合はタイルの表面のコインを獲得する。「併合」を選んだ場合は、タイルを裏返して、描かれている「発展値」を獲得する。なお、植民地タイルは獲得条件ごとに1枚のみ獲得することができる。

・ステップ5(彫像):各プレイヤーは、親から順番に配置条件を満たした彫像のマスに「ボーナストークン」を表面か裏面かを決めて入れることができる。表面でいれた場合は、入れた色の「発展値」を描かれている数だけ得ることができる。裏面で入れた場合は、ゲーム終了時に描かれている数字だけ勝利点を獲得することができる。

②フェイズB

・ステップ1:親は任意の「文明カード」の捨て山にある1番上のカードを受け取り、購入するか売却するかを決める。その後、時計回りに次のプレイヤーが親と同様のことを行い、ゲーム盤の全ての捨札の山が無くなるまで行う。

・ステップ2(収入):フェイズAのステップ3と同様に行う。

・ステップ3(入植):フェイズAのステップ4と同様に行う。

・ステップ4(彫像):フェイズAのステップ5と同様に行う。

・ステップ5(食料供給):購入して配置済みの「文明カード」1枚につき、食料供給が1必要になる。「個人ボード」の食料供給(緑色)の数値と配置済みのカードを比較し、食料供給が配置済みのカードの枚数以上であれば、問題がない。少なければ、その差分だけのカードを選んでゲーム盤の外の除外の山札置き場に置く。

・ステップ6(メダル購入):金と銀のメダルを購入することができる。金のメダルを購入すると、ゲーム終了時に5色の「文明カード」のセット1組につき7勝利点を獲得する(金のメダルを2個購入していると14点になる)。銀のメダルを購入すると、手元にある「ボーナストークン」のいずれか1つをマスにいれることができる。ゲーム終了時に、マスに入れた「ボーナストークン」の色と同じ国力の半分を勝利点として獲得する。

③新たな時代の「文明カード」を「ゲーム人数☓2」枚になるように配置し、フェイズAとBを時代IIIが終わるまで繰り返す。

3)勝利点計算

時代IIIのフェイズBが終わるとゲーム終了となり、勝利点の計算をする。

・植民地タイルの右下にある勝利点を獲得

・彫像のマスに「ボーナストークン」を配置している場合は、その勝利点を獲得する。さらに、裏面で配置しているマスがある場合は、追加で左下にある数値分だけ勝利点を獲得する。

・銀のメダルのマスに「ボーナストークン」が配置されている場合には、その色に対応する国力の半分(端数切り上げ)が勝利点となる。

・金のメダルを購入している場合は、自分の「文明カード」5色1組で勝利点を獲得する。

・配置されている(購入した)「文明カード」の右下にある勝利点を獲得する。

・手元にあるコインを、5コイン支払うごとに1勝利点を獲得する。

上記で獲得した勝利点を合計し、最も点数が高いプレイヤーが勝利者となる。


以上


続きを見る
閉じる
Hide
Hide
  • 商品価格¥ 6,380(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 236興味あり
  • 631経験あり
  • 174お気に入り
  • 363持ってる

チェックした商品