マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
スタータップス
  • スタータップス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~7人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

スタータップス / STARTUPS の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
オークションのジレンマを味わおう。
  • 佐々木 隼(Jun Sasaki)作

過去作「ライツ」のセルフリメイク作品です。
アートワークだけでなく、ルールにも違いがあるため、ライツを遊んだことがある人でも楽しむことができます。

書かれているのは6つの企業のロゴです。
どこかの企業にお金を出して投資をして、最終的な利益を一番多く稼ぎましょう。

オインクらしい、シンプルながらも考えどころのある作品です。

スタータップスに8件の書き込みがあります

421
名に参考にされているレビュー
2017年03月15日 19時08分

◾︎6人プレイで遊んでの感想

人数が多いこともあり、想像した以上に手番が少なかったです。

今回のプレイでは、あまり場にカードは出ず、ほとんどの場合で山札から取らなければいけない展開になりました。そして、ゲーム終盤になるにつれてうまく不要なカードを吐き出しきれずに他のプレイヤーに得点を振り込んでしまう展開となりました。

ゲーム終了時に出すための3枚のカードを蓄えつつ、カードを場に出すときに取捨選択をする感じでしょうか。とはいえ、基本ルールでの引き運に大きく左右されるゲーム展開は否めなかったです。

いらないカードはどんどん捨てて、他のプレイヤーの出方をもっと伺うべきだったのかなぁ...などと後から思いました。もう少し何度か遊んでみたい気がします。

ゲームには、オプションルールも用意されており、その場合は4ラウンドで順位に応じて得点を獲得するという内容になっています。(1位3点、2位1点、最下位-1点) なので、ゲーマーにはこちらのルールの方が好まれるような気がしました。

レビューの詳細やゲーム紹介はこちらをご覧ください。

http://nicobodo.com/archives/19328684.html

続きを読む
閉じる
328
名に参考にされているレビュー
2017年04月08日 22時40分

僕は勝手に「独占禁止(どっきん)」ゲームと呼んでいます。独禁タイルの使い方が勝敗のすべてと考えてもよいでしょう。

どれかを取られても、トータルでこれで勝てればいいのだ!という見極めが必要です。手札とマーケットのバランスを考えるので、上級者用かもしれないです。

これも傑作。オインク、恐るべし。

続きを読む
閉じる
316
名に参考にされているレビュー
2017年03月29日 23時47分

『ライツ』のセルフリメイクとのことですが、プレイ感はずいぶん違う印象でした。

『ライツ』も『スタータップス』も、同じ種類のカードを集めている人の中で一番多く集めている人に二番目以下の人が得点を支払う仕組みなのですが、得点のカウント方法が異なっています。

この違いで「『ライツ』→集めるカードの種類を絞ったらそれだけをなるべく多く集める。『スタータップス』→本筋で集めていないカードに手を出すのが得な場合があるので、損得を考えて集める」といったような考慮点が増えました。

この他にも「マーケット」の存在や「独占禁止トークン」など、新しい仕組みが追加され、本ゲームをより複雑で面白くしています。

ゲームの面白さに加え、コンポーネントもより遊びやすく(カードサイズとか)改良が加えられています。

続きを読む
閉じる
273
名に参考にされているレビュー
2017年05月24日 17時05分

4人でプレイ。

企業について最も多くのカードを持っていた人が、最終的に資金を得る権利を持つのですが、「自分だけ」が持っていても資金は手に入りません。

誰かが獲得を目論んでいる会社を後追いしてなおかつ最も多くのカードを場及び手札に持っていることが大切です。

手札は3枚しか持てないため、手札だけでは会社の獲得はおぼつかなく必ず投資するという意思を見せないといけないため、出しどころと出し方が難しいです。

獲得の意思がないふりをしてマーケットにカードを流した後に、自分の場にその企業カードを並べるなど、選択肢は少ないわりに決断が迫られるなど結構頭を使います。

4人でやった感じのバランスはよかったです。

なお、5枚しかないジラフビールは大変不人気ですぐマーケットに流されてしまいました。

続きを読む
閉じる
224
名に参考にされているレビュー
2017年12月24日 07時51分

5/10

海底探検とかで有名なデザイナーの株ゲーム。

ライツというちょっと前にあったゲームのリメイク。

それぞれカードに描かれている数字の数だけカードがあり、ゲーム終了時にそれぞれの株で、一番多くカードを出している人が得点するタイプ。

前作もそこそこ好きだったが、前よりもブラッシュアップしている感じ。

特に独占禁止チップの存在は大きく、ただ同じカードを集めるのが難しくなっている。

ゲームの最初に5枚抜くのが運がでかいと言われているが、たしかにそう感じなくもないが、そこまで気にならなかった。

個人的にはライツもそこまで悪い印象ではなかったので、特におお!という感じではなかったこともあり、この評価。

今はライツはあまり流通していないと思うので、お手軽株ゲーをやりたい人はこちらをどうぞ。

続きを読む
閉じる
211
名に参考にされているレビュー
2018年07月19日 21時38分

オインクさんはやっぱりコンポーネントがかわいいですよね。

ゲーム内容はゴリゴリ削られてシビアですが、

女の子受けはよかったです。


 

最終的にスートごとに自分の場札+手札が

ほかのプレイヤーより多ければチップがもらえて、

ほかのプレイヤーより少なければチップを支払わないといけなくて、

そのチップの合計金額が多い人が勝ちです。

 

まず手札がそれぞれ3枚配られて、

手番にできることは、

(1)1枚山札or市場から取って、

(2)1枚自分の場札に確定させるor1枚市場に出す

ってだけですが、

(1)の山札から取る際に市場にカードがあれば、

市場あるすべてのカードに1枚ずつチップを置かないと山札のカードを取れません。

 

また、場札に確定させるときに、任意のスートがほかのプレイヤーよりも多い枚数を確定させると、

独占禁止チップを受け取ります。

山札のカードを取る際に、

独占禁止チップを持っているスートに対しては、

チップを置かなくていいけど、

独占しているスートを市場から取ることはできません。

 

市場にいっぱいカードがあるとつらい…。

でも10の象さんカードで戦うのは気合が必要。

5は2枚と3枚の対決になるから、さほどうまみはないけど、

市場に出すと市場が汚れて自分も困る…。

手札はずっと3枚だし、安心して確定できるタイミングはない。

いつ覚悟を決めるか。

ずっとジレンマで苦しいゲームです。

 

ずっと苦しいのに好きです。

ジレンマが好きなので好きです。

個人攻撃が発生しにくいので好きです。

でも5人以上いたほうがいい気がします。

プレイヤーが多い方が楽しいです。

みんなでつらくて楽しいですよ。

続きを読む
閉じる
178
名に参考にされているレビュー
2018年03月23日 16時53分

会社カードをバレずに集めて、他プレイヤーからコインをがっぽり頂こう!

プレイヤーはそれぞれ、6つの会社のカードを集めていく。ゲーム終了時、プレイヤーの中でそれぞれの会社のカードを一番持っているプレイヤーが、他プレイヤーからカードの枚数だけコインを奪える。
他人が過半数持っている会社のカードは取りたくないが、人気のないカードにはコインが貯まっていく。
しかし、コイン目的にカードを取ると、ゲーム終了時までにカードを捨てなければ、他プレイヤーにコインを払わなければならない。

自分の投資している会社のカードを他の人が持ちすぎていないか。
自分が過半数のカードを持っていることをバレないか。
欲しい会社のカードが引けるかという運要素は多少ありますが、プレイヤー同士の駆け引きや戦略が楽しいゲームです。

続きを読む
閉じる
168
名に参考にされているレビュー
2019年03月03日 17時47分

★7.5【独占したいけど、独占したくないんだよ〜】

6社のカードを一番多く所有した人に利益が出るが、独占禁止チップや枚数が同じ場合は得点にならなかったりと、悩ましい選択を迫られるようなルールになっている。しかし、手番でやることはカードを(山札or共通の場から)引く、カードを(自分の場or共通の場に)置くという単純なものなので、ルールは簡単!

1回目は感覚や勝負所がつかめずわからないとは思うが、1度目のプレイが終わった時にはこのゲームの面白さに気がつく。そんなゲームだ。

1プレイもそんなに長くないため、ちょっと頭を使うボードゲーム をやってみたいという人にイチ推しのボードゲーム だ。

そして何と言ってもオインクゲームさんのアートワークが素晴らしい!全部集めたくなってしまう...


オインクゲームでプレイしたことあるもの...スタータップス・モダンアート・マスクメン・海底探検・ダンジョンオブマンダム・インサイダーゲーム・

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,376(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 66興味あり
  • 272経験あり
  • 55お気に入り
  • 214持ってる

チェックした商品