マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
マイストーリー
  • マイストーリー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45~60分
  • 8歳~
  • 2017年~

マイストーリー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
進もう!駆けよう! このめくるめく旅の中で、理想の自分を実現しよう!
  • スムーックス・チェン(Smoox Chen)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

『My Story』は手軽にプレイでき、あれこれと思案するのが楽しいボードゲームです。プレイヤーはゲーム内で社会人1年生となり、新たな人生の旅へと出発します。

ゲーム内でプレイヤーはさまざまなシチュエーション、いろいろな友達との交流、及びチャンスやプランニングなどを体験します。またプレイヤーはゲームを進めるにつれ自分だけのデッキを組み合わせていきます。チャンス到来時に何を選択するのか?挑戦が必要な時にどうやって乗り越えるのか?常に準備を怠らず、転職やプランを完成させて、豊かな人生経験を得ながら、自分が想い描くライフストーリーを追求します。

80種類以上のさまざまな種類のストーリー、人脈及びプランカードがゲーム内のシチュエーションをより実生活に近いものにします。あなたは「仕事」、「結婚・出産」など、人生の岐路に立った時、どのような選択をしますか?たくさんの可能性が広がる人生を一緒に模索しましょう!

レビュー 1件

170
名が参考にしたレビュー
 by 白州

4/10

ドミニオンタイプのデッキ構築タイプとパッチワークのような手番順システムが融合して、そこに最近話題のパースートオブハピネスのような人生観要素を追加した台湾のボードゲーム(メインはカードだが)。

台湾では、30歳と40歳のときに同窓会を行い、そこで人生の目標を決めるという文化があるらしく、そこを主軸にゲームが設計されている。

基本はドミニオンで、最初に全員同じのデッキと職業的な個性カードが1枚あり、それでゲームスタート。

場に何枚かカードが並べられていて、それを購入していき、買ったものは捨て札で、手札は使っていようがいまいが捨て札にする感じで、基本はほんとドミニオン笑

ドミニオンと違うのは、パースートオブハピネスみたいに毎回、違う場札で早い者勝ちということと、山札から遠いものほど、安く買える(ゲーマー向けにいえば、ダッチオークション)タイプ。あと、パッチワークみたいなコマを進めるタイプのコストもあって、それが手番順に影響する。

ちなみに得点となるカードは、自動的に山札に近く置かれる設計のため、必然的にコストは高くなる。

最初は人生が20歳でスタートし、50歳で終了、そして、50歳を超えるとなぜか失点をくらう()。

途中30歳と40歳のマスに誰かが入ると、同窓会がスタートして、早い者勝ちの得点カード奪い合いになる。得点カードは○○のカードを持ってると1枚5点とか基本的なものがメイン。

そして、全員が50歳までコマを進めたら終了。得点が高い人が勝ち。

普通に考えれば、面白そうなテーマだし、システム的にも悪くないはずなのだが、同窓会のカードが強過ぎて、それたくさん取れば勝ちじゃんと思わせるバランスの悪さと、カードのコンボがわかりづらい(色でコンボがあるのだが、それの処理がわかりづらい)のが気になった。

特に同窓会得点カードは5枚ずつ出るので、プレイ人数上、取る数はバラバラになるから、どうしても差は出る。まぁ、それを早い者勝ちで取るのがゲームだろといえば、そうなんだけど、得点源となるカードはかなり少ないからやっぱり気になる。

カードも結局は、アイコンの処理だけなので、パースートオブハピネスのようにカードの個性があるわけでもなく、リソースはドミニオンと同じで、毎ターンリセットなので、集めている感はあまりない。

名作ゲームのいいシステムを寄せ集めた結果、あまりうまくいかなかった感じの作品。

これやるなら、「パースートオブハピネス」「ドミニオン」「パッチワーク」をそれぞれ遊んだ方が楽しいと思うけど、それ全部遊んじゃって、これ全部そこそこ好きで、新しいのやりたい!という人ならやってみてもいいかも。

無駄にカードのアイコンをボード上でカウントできるようにコマまで用意して表示させたり、イラストのクオリティは高かったりするので、そこらへんのコンポーネントはいいなと思ったので、いろいろ惜しい作品。

3年弱前(2018年01月22日 17時16分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,400(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 7興味あり
  • 9経験あり
  • 1お気に入り
  • 8持ってる

チェックした商品