マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ユグドラシル年代記
  • ユグドラシル年代記当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~5人
  • 90分前後
  • 14歳~
  • 2019年~

ユグドラシル年代記

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
神々の黄昏、ラグナロクのサガに語られる脅威に立ち向かえ!
  • セドリック・ルフィーヴァ(Cédric Lefebvre)作

 九つの世界を支える宇宙樹のトネリコの木、ユグドラシルは危機に瀕しています。神々の黄昏“ラグナロク”が迫っているのです。時の始まりから予言されていた最後の戦いが、今始まりました。北欧神話の大いなる神であるあなたは、悪の勢力の容赦ない攻撃に立ち向かうことになります。あなたの目的はただ1つ、敵がユグドラシルを破壊するのを防ぐことです。

 「ユグドラシル年代記」では、プレイヤーは「オーディン」や「トール」や「フレイヤ」などのアスガルドの神々の一柱となり、アルフハイムのエルフや英雄エインヘリャルを従え、炎の巨人「スルト」や裏切者「ロキ」や世界樹の根を齧る「ニーズヘッグ」などの敵を退け、世界の破滅を防ごうとします。

 ゲームでは、各世界は神話同様に巨大なユグドラシルの木の立体ボード上に存在し、神々は各世界を行き来しつつ、シナリオで記された条件を満たしてユグドラシルの破壊を避けるべく、敵の進攻を退けるなどしますが、1 つのシナリオに成功しても次のシナリオはサガ同様に状況が悪化し、巻を進めるごとに挑戦しがいのある過酷なものとなっていきます。

 シナリオはバルドルの殺害に始まり、最終的にはヴィーグリーズの戦いに続く“ラグナロクのサガ”のまま展開する 6 つのシナリオで構成されています。また、それぞれの神々には個別の能力があり、登場するアイテムや敵にも神話に由来する能力が与えられるなど「原作の存在するボードゲーム」らしい構成となっており、キャンペーンモードでプレイすることでラグナロクを追体験することができるでしょう。

 その世界観と大胆で美しいコンポーネントが魅力のビッグゲームです!

レビュー 2件

284
名が参考にしたレビュー
 by えだまめ

協力ゲームです。

見た目とても派手です。

世界樹かっこいいです笑

以前別の形で出たものがあり、今回パワーアップしてリメイクされたそうです。


さて、このゲームの目的は世界樹ユグドラシルの木の根をかじってるニーズヘッグという蛇が一定条件で駒を進めていき、

ニーズヘッグがゴールに着くまで世界樹を北欧神話に出てくるオーディンとかフレイとかが協力しヘルとかロキとかスルトなどの敵からユグドラシルを守ればプレイヤーの勝利となります。

逆に誰か1人でもやられる、国が全部滅ぶ、などで即死負け確定します。

なかなか難しい協力ゲームですが、ゲーム好きな人ならどこかで聞いたことある武器や神器やクリーチャーが出てきてちょっと興奮します笑

グングニルとかベルダンディとか、ギャラルホルンとかニョルニムとか^ ^


準備

①プレイヤーがどの神に成り代わるか決める。

神はそれぞれ強力な能力があります。

②その神のイラストが、描かれた敵カード5枚、ニーズヘッグ1枚の計6枚を受け取り、人数に応じたライフを個人ボードに置きます。


プレイヤーは5人まで、

自分の手番になったら次の順番でプレイしていきます。


1.敵カードを捲る

手順を相談の上決めて、捲る順番を決めます。

カードに描かれている敵カードを所定の場所に置きます。

敵カードの2枚目が出たらユグドラシル内部に出現し、世界を壊そうと動いていきます。

ニーズヘッグの場合、2枚目が出たらゴールに一歩進みます。

ですので、カードを誰が、どの順番で捲るかは非常に重要なのです。

出現後カード持ち主のカードプールの一番下に入れます。

となると、このはあとしばらくは出てこない事が確定します。

カードの位置を記憶しながら次何が出てくるかを予測していきます。(メモした方が正直楽ですしゲームの難度的にした方が良いと思います)


2.世界を移動

ユグドラシルは9の国があり、内部を移動することができます。

基本的には自分のいる位置から真上、真下、もしくは同フロアの隣の国、移動しない、という4選択になります。


3.今いる世界で行動する

大まかですが2つです。

3-1.その国の恩恵を受ける、敵を弱める

武器やアイテムやモンスター(味方です)の力を借りる、場所によっては敵を弱める場所もあります。

3-2.使命を果たす

要は敵の神を倒します。

必ず勝てますが、敵のステータス分ライフが減るので武器や味方を増やす必要があります。

回復手段はかなり少ないです。


ここまでやったらプレイヤー交代、1から繰り返します。


プレイした率直な感想ですが、

敵強すぎるわ!笑

です。

4人プレイしまして、一応ハードでクリアしました!

中途半端に遊んでると速攻で負けます。

遊ぶときはしっかり相談してみんなで勝ちにいきましょう笑

9ヶ月前(2020年01月28日 22時59分)
続きを読む
閉じる
168
名が参考にしたレビュー
 by けーど

このゲームは北欧神話を題材にした完全協力ゲームです。

ゲームの見た目が素晴らしい上に、

システムやキャラクターなども北欧神話に忠実しており、

北欧神話ファンにはたまりません。


こんな人にオススメ

● 北欧神話ファン

● キャンペーン(ストーリーがあり、毎回ルールが追加されたりする)ゲームが好き


懸念される点

● 運要素がやや強い (パンデミック似)

● 他のメンバーに支配されやすい (パンデミック似)

● 敵とキャラクターの能力が多様多彩なため、

細かいルールを一気に覚えるのが苦手な人は

少し疲れるかも。


このゲームは、通常のプレイも遊べ、

キャンペーンも 6 つあります。

キャンペーンは1度遊んだ後でも、

繰り返して遊ぶことができます。


ストーリーが進んでいくと、

キャラクターが強化していきます。


キャンペーンが面白かったです。

ネタバレになりますので、詳しくは言えませんが、

キャンペーンのページをめくる度に、ドキドキします。

ゲームの展開が読めないのが好きな人なら、

このゲームが楽しめると思います。


個人的には、面白いと思いますが、

人を選ぶと思います。

(なので、他の人にはちょっと勧めにくい)


気の合った友達と遊んだら楽しいです。


敵が手ごわいし、運に頼る部分も多いので、

達成した時の感動が大きいです。


 但し、パンデミックでありがちな、

他のプレイヤーを支配されることや

運要素を嫌う人なら、やめた方が良いでしょう。


逆に言えば、パンデミックが好きなら、

このゲームも大丈夫だと思います。


とりあえず、北欧神話ファン

キャンペーンが好きな人には

一度遊んでみてほしいゲームです。

8ヶ月前(2020年02月22日 09時17分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,150(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 22興味あり
  • 9経験あり
  • 1お気に入り
  • 21持ってる

チェックした商品