マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ゾンビサイド:屍者に安らぎなし
  • ゾンビサイド:屍者に安らぎなし当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~6人
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 2018年~

ゾンビサイド:屍者に安らぎなし

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
「屍⻯」をはじめとした、ゾンビサイド史上最も邪悪な敵が襲来!

 闇の魔法が土壌に沁み込んでいて、足を踏み入れる存在すべてを堕落させる地があるという。死霊術師の儀式に冒されたり、穢された聖域であったり、最近顕現した異界的存在の影響下にある場所。そんな領域には、炎を目指す雲霞のごとく感染動物が集まってくる。そんな屍者どもに寿命はない。さらには己の呪われし棲み処とすべく、屍⻯までもがやって来る。もはや自然の法則そのものが黑疫禍に屈し、すべての希望は失われたかのようだ。だがそれも、俺たちが来るまでのこと。俺たちが戦いをやめない限り、屍者どもに安らぎはない!

 『ゾンビサイド』史上、最も邪悪な敵の襲来に覚悟せよ! 闇の魔術より生まれし屍鼠の群れや、恐ろしき屍霊が襲来する。巨大なネクロマンティック・ドラゴン(屍⻯)の翼に率いられて!

 だが、巨獣こそ恐れるべきだ。君たち生存者もまた、新たなおもちゃであるバリスタ(弩砲)を見つけたのだから!

 さあ、心せよ!

 ※この拡張セットを遊ぶには『ゾンビサイド ブラック・プレイグ』もしくは『ゾンビサイド グリーン・ホード』が必要です。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 3件

レビュー
329名が参考
1年以上前


購入してまだ開封のみ、実際に拡張を取り入れてプレイしていませんが、レビューいたします。


・本商品は拡張なので、ゾンビサイドブラックプレイグ、もしくはゾンビサイドグリーンホードが必要


・追加でネクロマンティックドラゴン、スペクトラルウォーカー、ゾンビラットがゲーム本編に参戦


【ネクロマンティックドラゴン】

・出現時にストンピング(踏み荒らし)、方位カードに従い生存者を仰け反らせる(状況によってはダメージ)

・遠距離攻撃+ゾンビ吐き出し(ゾンビ追加)

・弱点カードに書かれている武器でしか倒せない


【スペクトラルウォーカー】

・通常武器では倒せない(呪文やバリスタのみ)

・その他基本的にウォーカーと同じ性能


【ゾンビラット】

・ゾンビラットカードがひかれるたび追加行動

・移動のみ2倍の速度

・その他基本的にウォーカーと同じ性能


【バリスタ】

・2アクションで直線上の全てのゾーンに攻撃、命中したら即死(ダイス×3、命中率4+)


開封して、ネクロマンティックドラゴンのあまりのインパクトに驚きました。デカイ...(^o^;)

ドラゴンはかなり手強そうですが、生存者側にも強力なバリスタがあるため、なかなか面白い展開になりそうです。

その他のゾンビもやや癖があり、本編をさらに盛り上げてくれそうですネ☆


お値段は相変わらず高めですが、これはフィギュアの話から考えると、妥当なのかなと感じました。


今後、実際のプレイレビューをまた追加いたします。




2020.03.07追記

ブラックプレイグのシナリオ1に、スペクトラルウォーカー&ゾンビラットを導入してみました。(生存者側のバリスタは無し)

スペクトラルウォーカーは通常武器では倒せず、なかなか悩まされますね。ゾンビラットは同じゾンビラット出現カードをひいた時に追加行動になるのですが、これがかなりエグい!ただでさえ2マスも移動するのに、下手をすると、ゾンビターンで一気に6マス近くも接近されてしまいます...(-_-;)

通常版のプレイにもより難易度&やり応えが増して、かなりいいアクセントになっていると感じました。

あと、スペクトラルウォーカーの色が鮮やかなため、ゲーム上もさらに華やかになります笑

続きを見る
閉じる
大賢者
女装男子アッキー&pooh
女装男子アッキー&pooh
レビュー
156名が参考
11ヶ月前

ゾンビサイド・ブラックプレイグの大型拡張セット。

そのため、このセット単体ではゲームを遊ぶことはできません。別途基本セットかグリーンホードが必要。

・・・ですが、もろもろの事情で、グリーンホードかウルフスブルクとの併用を推奨します。理由は後述ですが、ブラックプレイグ基本セットのみにこのセットを混ぜることはおすすめできません。

セット内容は、追加エネミーのみという割り切った内容となっており、地図タイルや物品&宝物カードなどの収録もなく、あまつさえ追加シナリオすらも付属していません。
本当にエネミーとエネミーに必要なものしか収録されていません。

これだけだと、購入意欲がわかないかもしれませんが、実際そんなことはないです。
ゾンビサイド・ブラックプレイグが気に入った方は是非購入をお勧めします。


以下追加エネミーの紹介。


●「ゾンビラット

ゾンビとなったネズミの群れ。一見弱そうに見えますが、このセット最強の敵です。

確かに防御力もなく、攻撃優先度も高いため、倒すことそのものは簡単です。

攻撃力も1と平凡。

しかし、このゾンビラット最大の武器は出現カードを引いた際、既にボード上に存在するゾンビラットが即座に追加行動するという特殊能力にあります。

このため、立て続けに出現カードを引くと、すぐ前に引いて出現したゾンビラットも追加行動を行うため、凄まじい機動力を誇り、まさに群れの攻撃力が高まります。

また、行動回数は1回ですが、1回の移動で2マス進み、さらに「壁」と「閉じたドア」以外の障害物を全て通り抜けてしまう能力まで持っています。

この障害物通過能力は、主にウルフスブルクの塔ゾーンで発揮されます。塔の壁をよじ登ってショートカットしてくるのです。

しかしながら、動きが大変面白く、倒すこと自体は簡単であり、ゲームを盛り上げてくれます。また、このセットの追加エネミーでは特に何も考えずに追加しても問題ないため、非常に使いやすく、ゾンビウルフよりメリハリがあります。

何度かゲームに追加して遊びましたが、こいつに殺されたことが何度もあります。


●「スペクトラルウォーカー

要するに幽霊。ゴーストというやつです。

基本的な強さは標準のゾンビであるウォーカーと同じで、イメージと異なり障害物を通過することもありません。

このエネミーの特徴は、攻撃への耐性。要するに物理攻撃でダメージを与えることができません。だから幽霊というわけです。

倒すためには「攻撃呪文」が基本となります。また、「宝物」や「魔法装備」といった貴重な武器で倒すこともできます。

このため、基本セットのみにこいつを追加すると、攻撃呪文8枚と宝物2枚でしか倒す手段がないため、苦戦するというより詰まる可能性があり、追加の宝物や魔法装備が収録されている、ウルフスブルクやグリーンホードとの併用を強く推奨します(難しくなるというより、意味も無くだれる)。

この耐性のためか、一度の出現数は比較的少なめとなっています(大量に出現する場合もあります)。

初期装備でダントツにいらない子「マナブラスト」の需要が増えるという点も少し面白く、倒せる手段をある程度追加できていれば、なかなかゲームを盛り上げてくれます。
(初期装備なので確実にこいつを倒す手段となります)

ゲームに投入する場合も、倒す手段以外はあまり気にせず追加しても構いません。

何度もゲームに追加して遊びましたが、こいつに殺されることは少ないものの、ゲームは盛り上がりますね。


●「ネクロマンティック・ドラゴン

このセットの目玉とも呼べる、パッケージでも大きく目立っているゾンビドラゴン。

収録フィギュアの大きさが尋常ではない巨大さで、説明書でも大きく警告されている迫力満点の追加エネミー。・・・ですが、正直弱いです。

はっきり言って肩透かしと言っても言いすぎではないと思います。

通常のエネミーと異なり、完全に独自のルールを持っています。特に視線ルールを使用しない点に注意。飛行する巨大生物なので、生存者とドラゴンはどこにいようが互いに見えるわけです。

ドラゴンをゲームに追加する場合、出現カードだけでなく、ゲーム開始時に生存者の味方となる攻城兵器「バリスタ」をスタート地点に配置する必要があります。さらに弱点カードや方位カードなども用意しなければなりません。

まず、例外を除いて常にマップタイルの中央にしか存在しません。出現・移動もマップタイルそれぞれに中央に出現・移動します。

次に、ドラゴンは弱点カードによってライフと耐性の管理を行います。ドラゴンの耐性は出現ごとに変化し、出現時にオープンされた弱点カードで指定された攻撃でしかダメージが通りません

またドラゴンに攻撃が通ると、現在の弱点カードを捨て札にし、ドラゴンは一時的に逃げ出します。この時倒したプレイヤーキャラは経験値に加え、なんと「宝物」を手に入れます。

ただし、攻撃が通って弱点カードが捨て札になった時、弱点のカードが全て捨て札であればドラゴンのライフは0となり、撃破されます(弱点カードは5枚なので、ライフは5と認識すればいいでしょう)。撃破されたドラゴンは、以降出現カードがめくられてもゲームが終了するまで出現しなくなります。

ドラゴンには攻撃手段が2種類あります。

1つは出現および移動時に行うドラゴン・ストンプ
出現した場所・移動した場所に対して無差別攻撃を行います。
その場所にいるエネミーは全て無条件で即死します。アボミネーションだろうがネクロマンサーだろうが死にます(もちろん生存者が関与して無いので経験値は発生しません)。
次にその場所に居る生存者は、即座にダイスを振って結果次第で避ける(移動する)ことができますが、結果次第では踏まれて貫通ダメージをうけてしまいます。
最後に攻城兵器は生存者と同じくダイスで避けることができますが、避けそこなった攻城兵器は粉々に粉砕されてゲームから取り除かれてしまいます。

もう1つは攻撃範囲に生存者がいる場合に行うゾンビ・ガッシュ
これは口からゾンビを吐き出して出現させるという、ダメージが直接発生しない特殊な攻撃となっています。攻撃範囲は周囲8方向1マス(つまり斜めも含む)。いずれかに生存者がいれば、そこにゾンビを吐き落とします。
この時に出現するゾンビは通常のゾンビの出現と同じ処理となりますが、さすがにこのラウンドでは行動しません。

おおまかなルールはこんなところですが、では何が弱いのか?

1つは後述するバリスタの存在で、バリスタならドラゴンを簡単に撃退できてしまいます。また基本的に常に地図タイルの中央にいるため、バリスタで狙いやすいというのも向かい風です。

次に、ゲームの性質上、攻撃させないように立ち回るのは基本であり、ゾンビ・ガッシュもダメージそのものは直接発生しないので、状況にもよりますがあまり脅威ではありません。
ドラゴン・ストンプにいたってはエネミーを蹴散らしてくれるので、こっちが助かる場合すらあります。行動回数も1回なので、気をつけて立ち回っていれば、むしろアボミネーションたちのほうが怖いくらいです。

さらに撃退時には宝物が確定で手に入る上、撃破してしまうと以降の出現カードは事実上「なにもいないようだ」のボーナスカード状態となってしまいます。

ただし、強さとは別の意味で気をつける点があり、ドラゴン・ストンプを行った場所が建物であれば、その建物は破壊され進入不可能になります。これでゲームのクリア条件が満たせなくなれば即座にゲームオーバーです。

なんだか、面倒くさい割に強くないので少々がっかりです。

何度かゲームに追加して遊んでみましたが、ちっとも強いと感じられず、むしろボーナスキャラのように見えてしまうほどです。
もちろん危険になる状況が無いというわけではないのですが・・・少なくとも見た目の圧倒的威圧感には到底つりあわない弱さだと思います。


最後にドラゴンと共に追加されるバリスタです。

基本的には投石器と同じようなルールですが、攻撃範囲は直線状の全てで、命中すれば即死という思い切った性能となっています。

数を処理する性能は低いですが、数が少ない相手にはめっぽう強いです。

また直線が攻撃範囲であるため、必然的に攻撃目標が目視できている場合が多く、命中率も高いです。

バリスタによる即死は、目標の耐性やルールを全て無視するため、ドラゴンだろうがスペクトラルウォーカーだろうが、日本未発売のアボミナトロールやアボミナバニー(どちらもドラゴンファイヤー以外で死なない)すらも即死させる脅威の攻撃性能を誇ります。

正直、ネクロマンティック・ドラゴンの強さと比較すると、強すぎるのではないかと思うほど。公式ルールではドラゴンには必ずバリスタが用意されるため、余計ドラゴンのボーナスキャラっぽい印象が助長されてしまう印象です。


以上ですが、このセットの欠点はシナリオが付属しないことよりも、「宝物」と「魔法装備」に関するルールを持つエネミーが2種類も収録されているのに、肝心の「宝物」も「魔法装備」も1枚も付属しない点にあると思います。

これが、基本セットのみにこのセットを追加するのをおすすめしない理由であり、セット内容を考えると、つけてくれたほうが明らかに良かったと思います。

それでもゲームを盛り上げるエネミーの存在は、決してダメではないです。是非追加してみてほしいところ。

最後にうちのWikiの宣伝しておきます。ゾンビサイドを取り扱っています。
https://seesaawiki.jp/privatedesktopgame/

続きを見る
閉じる
皇帝
しりかげる
しりかげる
レビュー
113名が参考
6ヶ月前

ネクロマンサーの闇の魔法が土壌に染み込み足を踏み入れる全てを堕落させかつてない屍者が襲来した!?押し寄せるゾンビ軍団を打倒し各シナリオ達成を目指す協力型本格ゾンビサバイバル拡張第2弾。

本作をプレイするには、基本「ゾンビサイドブラックプレイグ」もしくは独立拡張「グリーンホード」が必要です。

本作はキャラクターや武器、シナリオ等の追加はなく、3種類の屍者と弩砲のみという思い切った拡張になっております。ゾンビの種類を増やせば難易度は高くなる一方で、個人的にはゾンビウルフの機動力、オークゾンビのパワー、この2種類のゾンビを混ぜるだけでも相当難易度は跳ね上がるので、他の拡張や本作の3種類のゾンビを色々試し、難易度設定を行う使用方法が良いかと思います。ゾンビの種類が増えれば対処方法も変わるので、絶望的難易度を試す為にあえて全て混ぜるのも有りですが(笑) 

なので、本拡張対象者はゾンビサイドを気に入った方です。

尚、本作を使用したシナリオは公式で発表されていますので、入手した方はチェックしてみて下さい。


①ゾンビの種類

↑スペクトルウォーカー 全18体。与えてくるダメージ1 攻撃優先度1(屍竜、屍鼠がいる場合は4) 必要なダメージ1 得られる経験値1 黒疫禍で進化して変異した屍者らしいが詳しい事は謎に包まれている通称ゴーストゾンビ。ゴーストと呼ばれる通り通常の剣や矢は一切効かず、弩砲、攻撃呪文、宝物の魔法装備、ドラゴンファイヤーでしか倒す事が出来ない。装備が貧弱な時に出現すると悩まされるが、唯一の救いはウォーカーの追加行動+1の効果を受けない事か。ちなみに投石器も通常攻撃に判定されるので、この厄介なゾンビを倒す事は出来ない!

↑ゾンビラット 全15体。与えてくるダメージ1 攻撃優先度1(屍竜がいる場合は2) 必要なダメージ1 得られる経験値1 黒疫禍の影響を受け屍鼠と変貌した鼠。攻撃優先度1と高く倒すのに必要なダメージも1と単体では非力なゾンビラットだが、こいつらの恐ろしさが発揮されるのは複数の群れで出現した時で移動時に2ゾーン進み、更に別のゾンビラットが出現した時点で盤面上の全てのゾンビラットが1アクションを得て攻撃or移動を行う群れの暴力。しかも閉じたドア、壁以外の障害物をスルーしてサバイバーに襲い掛かる。他の近いサバイバーを発見しても、当初の目標ゾーンに突き進み、不運なサバイバーは喰い尽くされるだろう。

↑ネクロマンティックドラゴン 全1体 与えてくるダメージ2 撤退もしくは倒す為に必要なダメージ2(弱点ルール参照) 撤退時に得られる経験値1+ランダムな宝物カード1枚倒した際に得られる経験値 捨札となっている弱点カード1枚につき1点

まさにBIGなミニチュアで、大きさは「ネメシス」のクイーンを超える通称ドラゴンゾンビ。ネクロマンサーどもが侵攻している時、ドラゴンはゾンビどもを撃退する為に立ち向かう。当初、ドラゴンの力を持ってすれば、事態は収まると思われていたが、撃退叶わず逆に屍竜となってしまうという展開に…。

ネクロマンティックドラゴンには特殊なルールがありますので、記述していきます。


②ネクロマンティックドラゴンの特殊ルール

・ネクロマンティックドラゴンは危険LEが黄色以上で出現します。

・ネクロマンティックドラゴンは弩砲および現在公開されている弱点カードに対応する武器でのみダメージを与えられる。ドラゴンファイヤー、支援魔法、技能は効きません。

・上空を飛ぶ巨獣なので、視界を一切遮りません。サバイバーが建物ゾーンにいたとしても目視する事が出来ます。


③ネクロマンティックドラゴンの出現

ゾンビカードを引いて、ドラゴンゾンビが出現すると、必ずゾンビカードを引いた地図タイルの中央のゾーンに出現し空中から地上に着地する時にドラゴン・ストンプ(踏み荒らし)を行います。ドラゴンゾンビが出現したゾーンに存在する全てのゾンビは、種類に関わらず即座に倒れます。これによって倒されたゾンビから、サバイバーは経験値を獲得する事は出来ませんが、ゾンビの数を減らす事が出来るので、ゾンビのミニチュア切れを遅らせる可能性が生まれます。

では、サバイバーや攻城兵器がドラゴンゾンビ出現ゾーンに存在したら?かなり危機的状況に陥ります。サバイバーや攻城兵器につきダイスを1回ずつロールし、その出目と方角カードを参照し、対応する方角にサバイバーや攻城兵器を動かします。ドラゴンゾンビのストンプをサッとかわした状況ですね。逆にかわした方角に壁があったり、ボードの外に出たりなどの理由で動かす事が出来ない場合はドラゴンストンプを避ける事が出来ずサバイバーなら2点のダメージを受け、攻城兵器なら即座に破壊されます💦 ドラゴンストンプは防護判定不可です。瀕死状況に追い込まれます。

ドラゴンゾンビが出現したのが建物ゾーンなら、建物は崩れ落ちそのゾーンに瓦礫カードを配置します。配置されたゾーンは瓦礫に寄って視線を遮り、探索はおろか移動することも出来ません。すでにそのゾーンにサバイバーがいる場合のみそこから出る事が出来ます。

要注意点としては、シナリオによっては、このせいで目的の達成が不可能となる場合がある事です。(目的トークンの回収が不可能になるなど)  その場合、直ちにプレイヤーはゲームに敗北します!

弱点カードを1枚引き公開します。明記された種類の武器(2点ダメージを与える物)のみダメージを与えられる。


③ネクロマンティックドラゴンの行動

ドラゴンゾンビも通常のゾンビフェイズのルールに従います。

・攻撃ステップ…ゾンビ・ガッシュ

0〜1ゾーン離れた、最もサバイバーのいるゾーンがあるなら、そこに対して腐った胃の内容物を吐きかけて攻撃してきます!斜め方向でも可能で複数のゾーンが対象ならプレイヤーに選択権が与えられます。この攻撃にはダメージはありませんが、攻撃対象となったゾーンにゾンビカードを1枚引き、現在の危険LEに相当するゾンビを配置しなければなりません!ネクロマンティックドラゴンの由来はゾンビを召喚するこの技にあるのです。

・移動ステップ…ドラゴンストンプ

ドラゴンゾンビが攻撃を行わなかったら、全ゾンビの移動後に移動します。通常の移動ルールに従いますが、その方向の隣接タイルの中央へと移動します。また、ドラゴンゾンビは地下の宝物庫へと移動出来ないので、サバイバー全員が宝物庫に籠もっていればドラゴンゾンビは移動を行いません。目的ゾーンに移動したら、再度ドラゴンストンプを行います。前述した流れになるわけです。


④弱点カード

ドラゴンゾンビは、弩砲か弱点カードに明記されている種類の2点以上ダメージを与える武器でダメージを受けて初めて弱点カードが取り除かれ捨札となります。

弱点カードの山札があるなら、ダメージを受けたドラゴンゾンビは空へと撤退し、再び強襲をかける機会を伺います。撤退させたサバイバーは経験値1点と宝物カード1枚をランダムで獲得します。

全ての弱点カードが捨札となったのなら、ドラゴンゾンビは地に倒れます。弱点カードは5枚あるので、倒したサバイバーは経験値を5点得ます。以降、ゾンビカードを引いてドラゴンゾンビのカードを引いても、その効果は適用しません。ドラゴンバスターの称号を得たのです!

ネクロマンティックドラゴンの実力は実際体感しましたので、プレイ編をご覧下さい。


⑤攻城兵器 弩砲(バリスタ)

↑弩砲は投石器と違い四方どこにでも打てるわけではなく、発射すると上下左右一直線に放たれ、ゾンビに命中しても壁や閉じたドアに当たるまで停止しません。ゾンビを次々と貫いて行く強力な攻城兵器です。

射程…1ゾーン以上。

ダイス…3個

命中…4以上。誰か目視していれば3+ 命中した対象は、どんな種類だろうと即座に倒されます。攻撃優先度や誤射ルールは変わらず適用されます。

移動or発射…弩砲を移動するには2アクション消費。発射にも2アクション消費。

浸水ゾーンに移動した瞬間、破壊される。発射には、大きな音を立てない。


⑥プレイ

基本セットのシナリオ1 サバイバー6人の2人プレイを行いました。基本+本作拡張のみを混ぜました。ゾンビウルフやオークゾンビを混ぜると、早々に敗北する事も考えられますので(笑)

シナリオ1のクリア条件はランダムに配置された7個ある目的トークンの内青色のトークンはネクロマンサーの研究所を表していて、ネクロマンサーの研究所を暴き、且つネクロマンサーとアボミネーションを最低1体ずつ倒す事です。目的トークンを回収したサバイバーは経験値5点を獲得します。まだ、基本のみでもクリア出来ていないシナリオですが、果たして?(アボミネーションを倒せず未クリア)

↑クローヴィス、ネリー、バルドリック、サイラス、サムソン、アン、基本6人でスタート!弩砲を置き忘れていますが、後で配置しています(笑)

↑とりあえず、南西のドアを開けて1つ目の目的トークンを回収して宝物庫の入口を開けて宝物カードをGET! 部屋にゾンビが出現しましたが、まだまだ平気🎵

↑宝物庫の隣の部屋のドアを開けたら、序盤でアボミネーションが!?現時点で倒す手段は弩砲のみ!

↑その頃、北のゾンビ出現トークンから、ゴーストゾンビと…

↑東の出現トークンからはゾンビラットが…

↑弩砲に近づいて来るアボミネーション。攻撃のチャンス!

↑弩砲は一直線に発射され、アボミネーションを貫き、開いたドアを通過しウォーカー1体にも直撃!今までアボミネーションを倒す手段が得られず苦戦していましたが、遂にクリア条件の1つを達成。弩砲強い!

↑下のドアを開けようと移動したら、ゴーストゾンビ3体出現。倒せる手段が魔法のみだったので…

↑同じゾーンにいたネリーが宝物庫でGETした強力魔法「インフェルノ」を発射!一か八か。

↑ゴーストゾンビを1体仕留めたが、残り3発は外れ、アンに命中💦 アンは燃え尽きた

↑ゾンビラットの出現&移動or攻撃が発生。

↑ネリーがピンチ!?

↑ゾンビラット、ウォーカー、ネクロマンサーに囲まれ為す術なく餌食に。

↑北の方では遂にドラゴンゾンビが出現!ドラゴンストンプを放つ! サムソン避けろ!?

↑運よく左に避ける事が出来た。この後ネクロマンサー共々弩砲でダメージを与え、撤退させたが…

↑2度目の出現で建物ゾーンに着地、ドラゴンストンプで建物が崩れこのゾーンは通行不能になった💦 幸い目的トークンは青色では無かったのでゲームオーバーは免れましたが…

↑クローヴィスがゾンビラットに喰われ…

↑サムソンもゾンビラットに囲まれながら奮闘するが…

↑倒しきれず死亡…

↑サムソンがまいたドラゴンの胆汁にサイラスが着火、ドラゴンファイヤーを発生させて燃やすが…

↑この絶望的状況の中…

↑バルドリック、そして最後のサバイバーサイラスも餌食になりゲームオーバー!

本作の最強ゾンビはゾンビラットですね。群れでの移動or攻撃がエグい😅

ドラゴンゾンビは厄介な攻撃もありますが、弩砲で撤退or退治出来れば何とかなりそうです。今回は3回まで撤退させただけで倒せませんでしたが… 手強いゾンビと混ぜれば、ドラゴンゾンビだけかまっていられなくなるので、その辺で難易度調整すれば良さそうです。1番困ったのが、建物ゾーンに出現して瓦礫と化した部屋で、移動がままならなくなった事です。

敗因は弩砲でバンバン倒しすぎて、危険LEを上げすぎた事かも?

それでは、今週も良きゾンビサイド日和を!

6月13日追記

シナリオ1の勝利条件に目的トークンを全て入手する事と書かれてましたので、ドラゴンゾンビ2回目出現時に建物ゾーンに出現して瓦礫と化したので、目的トークンを入手出来ずこの時点で既にゲームオーバーになっていた事を確認しました。どちらにしても敗北してましたね。

基本のみですが、シナリオ1を3度目でクリアしました。(サバイバー1人死亡、残り5人でクリア)拡張入れるとグッと難易度上がるので、徐々にチャレンジして行きます。基本だけでも11のシナリオ、すべての拡張、公式の発表も合わせると60以上にもなりますので、「ゾンビサイド」シリーズは価格は張りますが、末永く楽しめますよ。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

2011年11月6日追記

本日、本作拡張のゴーストゾンビのみ+基本のシナリオ1をプレイしました。(結果はゾンビサイド ブラックプレイグを参照して下さい。)


続きを見る
閉じる
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
  • 商品価格¥ 7,480(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 27興味あり
  • 8経験あり
  • 10お気に入り
  • 52持ってる

チェックした商品