マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
グルームヘイヴン
  • グルームヘイヴン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 90~150分
  • 12歳~
  • 2017年~

グルームヘイヴン

この商品はお1人様1つまでの購入とさせていただいております。
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
比類なき広さと深さのファンタジー・キャンペーンを実現した「重量級ゲームの到達点」
  • アイザック・チルドレス(Isaac Childres)作

 そこは文明世界の果て。傭兵は気楽な稼業とはほど遠い。それでも彼らは冒険や富や名声を求めて、比較的安全なグルームヘイヴンから防壁を超え、闇深き野性の森、雪深き山の洞窟、そして永らく忘れられた地下聖堂へと、蛮勇を武器に赴いていく。だがどんな依頼だろうと前金は期待するな。諸君が無事戻ってくるなどとは、誰も信じていないのだから。

 本作は、進化する幻想世界を舞台とするユニークで戦術的な協力ゲームです。各プレイヤーは、それぞれ固有の目的を秘めた百戦錬磨の傭兵を演じます。一致団結して戦い抜くことになる一連のキャンペーン・シナリオは、各プレイヤーの行動に応じて分岐します。見つかる財宝、冒険者の引退、未来を左右する決定的な選択によって、特異な経験を得られること間違いなしです。

 どのシナリオでも、高度に戦術的な決断が要求されます。ダイスを廃したスタイリッシュな戦闘システムを採用し、適切なタイミングで適切な能力を使えるかどうかが、勝敗の分かれ道となります。

 あなたはボードゲーム史に残る大作のエンディングを迎えることができるでしょうか?

レビュー 14件

1760
名が参考にしたレビュー
 by 八神月

2020/1/19 全面改稿

中2、小6、小3と私(アラフォーの父)で、ボードゲームしています。

今回、BGGランキング1位のこのゲームを、子供たちと遊ぼうと、先行予約で購入しました。


冬休み中に1回、子供達と遊んだのですが、

うーん、やっぱりですね…イラストの子供ウケが非常に悪く、

キャラ選びの時点で、「怖い、キモイ」「どれもイヤだ」と、特に末っ子の反応が悪く、

結局、キャラクター選びと、最初のクエストを1ラウンド回しただけで、終了してしまいました。


辛うじて中2の姉は、私に気を使って遊ぶ努力をしてくれましたが、翌日以降は誘っても反応が悪くて、結局一緒には遊べていません。

多分今後も付き合ってくれないだろうなぁ(涙


日本の子供って、キャラクターイラストと言えば、日本独特の目が大きくてかわいいキャラクターを基準にしているので、

ダークファンタジー全面押しのおどろおどろしい夢に出てきそうな個性の強いイラストは、さすがに受け入れてもらえませんでしたね…

洋風イラストでも、scytheやカタン(宇宙)、パンデミック等には抵抗がなかった3人だったので、受け入れてくれると思ったのですが、無理でした~(涙


そんなわけで今後は、私がソロで遊ぶことになりそうです(涙



そして実際にソロで、ティンカラーとスペルウィーバーの2人PTを使用して、シナリオは11個ほど攻略(敗北もあるので探索回数は14回以上)してみた感想です。


このゲームのレビューって、みんな大枚支払って購入したためか、良いコメントしか見たことがなく、まるで万人が夢中になって楽しめる、ハイクオリティなゲームのように誤解を感じるので、これから購入を検討している方のために、もう少し何とかしてほしいと思う、「ココはダメだよ、グルームヘイブン」を記述します。↓


このゲームの一番ダメ出ししたいポイントですが、

敵ユニットごとの残存HPや異常状態が、盤上に置いてある敵ユニットを見ても表示するものがいっさい無いため全く判らず、直感的ではないところです。


モンスターの残存HPや異常状態は、盤上とは別の「モンスターの状態を管理している正方形のモンスターデータシート」を見ることになりますが、

この1枚のボードで、同一種族のモンスターを最大10体まで管理しており、さらに、標準モンスター(台が白色)とエリート(台が黄色)モンスターを混在でワンシート管理するため、非常に解りづらいです。

当然種類の違うモンスターが居れば、データシートが増えます。(下記では2種類のモンスターが盤上にいる状態)↓

この手のゲームの場合、混戦状態中での戦術の考え方の要は、敵の配置、敵味方の武器のレンジと攻撃力、防御力、残存HP、異常状態を見て、

どの敵を優先的に倒せばよいか判断することが重要かつ醍醐味だと思いますが、

盤上を見るだけでは敵味方の状態情報が一切無いため、攻撃対象とすべき敵の優先順位をつけれません。


では実際の攻撃時の具体的な作業手順を説明しますと、

まず盤上を見て敵味方の布陣を確認したあと、

確認したい個体のコマに小さくかかれた数字を覚えて、「該当モンスターのデータシート」上の該当する数字の状態を確認する事となります。


特に残存HPの確認が非常に面倒で、

データシートには、あくまで「与えたダメージ分のダメージアイコン(赤くて丸くて中央に数字)が累積で置いてあるだけ」であり、

残存HPを知りたい場合は、初期のHPを確認(データシートの上部の小さい数値のうち一番上の値、左側は標準モンスター、

右側の背景が黄色はエリートモンスターの初期HP値、個体によって見るべき場所が違う)して、ダメージアイコンを数えて、差し引いた値が残存HPとなります。

当然、種族が違えば初期HPが違うし、

同一種族でもモンスターのレベルが違えば初期HPが異なります。

だから、ダメージアイコンを一見しただけでは、どのモンスターが弱っているのか、判断が非常に難しいです。


優先順位を調べるために状態確認を行っているわけですから、当然複数の個体に対して、上記の作業を行う必要があり、

盤上とデータシートを交互に、何度も何度も見直す事となります。

この作業が直感的ではなく、とても煩わしいです。

そして、ようやく攻撃対象を絞った後、実際に攻撃を行うのですが、

これもまたかなりの手間です。↓


実際に攻撃したときのダメージXの計算は、

X=ドローした能力カードの攻撃値+攻撃補正カード値+アイテム補正値+エレメント補正値ー敵のシールド値ー敵のシールド補正値+毒状態等

必ずしもすべての項目を加算するとは限らないですが、

かなり面倒な計算です。

範囲攻撃の場合は、上記の計算を攻撃範囲内の敵すべてに1体毎に計算を行います。

当然次のプレイヤーに手番が移ったら、攻撃対象の選定からやり直します。

モンスターからプレイヤーに対して攻撃するときも、似たような、手順をふみます。

もちろんモンスターの数だけ行います。

さらに、攻撃対象までの射線も確認する必要があり、

途中射線を遮るものがある場合、攻撃は当たりません。

細かいことですが、防御力を無視する(シールド貫通)武器やアクションもありますので、

ダメージ計算はかなりの手間です。

TRPGではこのくらい細かく計算する事もありますが、

TRPGでの戦闘行為は、あくまでも物語を楽しむ為のスパイスであって、シナリオの規模の割に戦闘行為が少ないです。

だから手順が複雑でも許されるし、煩わしさも感じませんが、

このゲームは戦闘戦術が主体でして、肝心要の部分がこの煩雑さでは手作業で遊ぶボードゲームとしては致命的では?と思わずにはいられません。




しかし私はすでに購入してしまったため、なんとかこの部分の作業を簡素化して遊べないかと、いろいろ調べて試してみました。ご参考までに↓


海外では下の画像のように、盤上のモンスターを見ただけで、個々のモンスターの状態が比較的簡単に判断できるグッズも販売されているので、導入するのも良いと思います。

試しに私が買ったのはコチラ↓

↑個々のモンスターの残存HPと状態が一目瞭然。

布陣の状態と敵の状態を、盤上だけで確認できるので、直感的に判断し易いです。




もしあなたが、ボードゲームにデジタルの要素を導入する事に抵抗がないなら、もっとおすすめなのがコチラ↓

アプリのgloomhaven helper

Android版は、無料で使えます。iOS、windows、Linux版もあります。


このアプリは、とてもよくできていて、

上記で問題視したゲームの本質とは関係のない煩わしい作業部分の、

敵すべてのユニットのHP、状態管理に加えて、味方のHP、状態、経験値、古銭、イニシアチブ管理、エレメント管理、ラウンド管理、モンスター種族毎の能力カード管理およびモンスター全体での攻撃修正カード管理!(呪いや祝福によるカード枚数の追加削除すらも管理してくれる!!)を一手に引き受けてくれるため、煩雑な作業から一気に解放されます。

モンスター能力カード上の攻撃力や移動力、シールド値などは、モンスターデータシートの値と合算したものを表示してくれます。とても親切です。

プレイヤーまたはモンスターが任意のタイミングで召還した、召喚獣の状態も管理してくれます。(凄すぎ!)


さらにこのアプリがすごいのは、

シナリオごとに登場するモンスターの種類を個々に覚えており、シナリオ番号を入力すれば、使用べきモンスターだけが、表示されるんです!

もちろんモンスター種族毎の能力カードもすべて登録されています!(本当に良くできてる!!)


さらに、複数プレーヤー(端末)に対応しており、各プレーヤーが自分のスマホにインストールしてネットを介して相互に接続すれば、ゲーム上の全個体の状態がリアルタイムに全端末で同期されます。(Android端末では確認済み)

これにより一つのスマホを4人で囲む必要はありません。

中央がホスト端末(ブルート)左はスペルウエーバー、右がティンカラーのプレイヤーの端末、各々がイニシアチブ値を入力したところ↓


続けて、、ホスト端末の人が左下のDrowボタンを押せば、ユーザーキャラクターと全モンスターのイニシアチブ値(モンスターは自動で能力カードをドローしてくれる、もちろん種族毎に)がすべて解決され、昇順に並べて表示してくれるので、全ユニットの行動順番が一目瞭然です。↓

全端末で情報が共有され、すべてのユニットのイニシアチブが解決された!



個々のユーザーがgloomhaven helperですべき作業は、

基本的にラウンド毎のイニシアチブ値の入力、自分の操作するキャラクターの状態が変化したときの入力、モンスターの状態が変化したときの入力(誰か一人が行えばよい)です。


さらにすごいのは、ラウンド途中で新たな部屋に侵入した時のように、新手のモンスターが発生した場合のイニシアチブ値割り込みにも対応しています。


そしてアプリを使うと下記のコンポーネントを使わずにすみ、戦闘解決の煩わしさがかなり軽減できます。

・モンスター種族毎のデータシートおよびスリーブと能力カード、モンスターの攻撃修正カード、呪い、祝福カード

・約10種の異常アイコンとダメージアイコン

・エレメントアイコンとボード、ラウンドマーカー

・プレーヤーキャラクターのHP,EXPボード

戦闘中の作業がかなり楽になり、盤上の攻略に集中出来るようになるので、オススメです。


ここまでで紹介したアプリや小物類、このようなものが他にも何種類も世界中でリリースされているので、

上記で説明した戦闘作業の煩わしさに関して、世界中のプレイヤーも私と同じように不満を感じているのでしょう。


特にgloomhaven helperは、補助アプリとして完成度が高すぎで、

補助アプリとしてここまでレベルの高いものがリリースされるという事は、戦闘の煩雑さが致命的であると、

世界中のプレイヤーが認めたとも言えます。


もしgloomhavenが将来大きくリニューアルする事があれば、

このあたりは要改善してもらいたいです。



他には、コンポーネント構成で気になった点ですが、

33000円もするのに、

・プレーヤーキャラクターは、プラのフィギュアなのに、モンスターはすべて厚紙で、ショボイ

・ダンジョン内のオブジェクトも全て厚紙のみなので、ダンジョンに立体感がなく、4000円位のボードゲームにしか見えない、プレーヤーキャラクターも厚紙だったら、アンドールの伝説と変わらないクオリティ

サードパーティー製の小物を使用して、立体感を出してみた例↓



・ダンジョンを構成するボードは30枚くらい入っているが、よく見ると同じ形のボードが色違いで何枚も入っていて、実はバリエーションが少ない、統一して枚数減らしても良かったのでは?と思いました。

・大量のコンポーネントが入っているのに、管理収納するものが入っていない。何らかの細かく分別できる収納ケースを必ず準備して仕訳しておかないと、必要なオブジェクトを探すだけで莫大な時間を要してしまい、ゲームすらまともに始められないです。

収納ケースは、マストバイです。


サードパーティー製の収納ケースの紹介↓

↑サードパーティー製は、専用設計なので箱に収まります。私が購入した収納ケースのお値段は、送料込みで93.5ユーロ(約12000円)※forgotten circles対応バージョン


さすが専用設計なだけあって、必要なオブジェクトがどこにあるのか分かり易いです。

6角形の障害物アイコン(テーブルや罠など)などは、裏と表で描かれているイラストが異なるので、安易に形だけでまとめて収納すると、探すときに見つけるのが非常に苦労しますが、この収納ケースは、同じオブジェクトを表と裏別々の場所に分けて収納出来るので、探すときにいちいち裏返して確認しなくて良いです。

モンスターの行動カードもジグザグかつ傾斜をつけて収納するため、すぐに必要なカードを取り出せます。

アイテムカード等も、解放済み(UNLOCKED)と未解放(LOCKED)と分かり易い仕切りが付属しているため、簡単にカードの仕訳できます。

とてもよく考えてあると思います、高いだけのことはあります。



100均のケースの場合↓

↑当然箱には収まらないが、

全てのオブジェクトが常にシナリオ開始時に必要というわけではない(常に箱の中の7割のオブジェクトは使わない)ので、

シナリオを進める度に、必要なオブジェクトを入れ替えて、必要な分だけコンパクトに100均ケースでまとめて収納するのも良いと思います。


このゲームを屋外へ頻繁に持ち出すなら、サードパーティー製でコンパクトさや運びやすさを優先して、自宅でのみ遊ぶなら100均ケースにいれるのが良いと思います。



次に値段に関する部分ですが、

英語バージョンでは、$100程度で販売されているボードゲームなため、仕様的にいろいろ無理やり突っ込んだ感があり、上記のように足りない部分や、無理やり実現していると思われる部分があるように思いました。


また日本語版を出していただいたアークライトさんには申し訳ないのですが、一消費者としては、

このボードゲームのクオリティや内容物だと、もとは$100程度であることを考えると、33000円は高すぎると思いました。

日本語版は、20000円以下が妥当かなぁ?

購入前にあらかじめ中身や使い勝手を把握していたら、gloomhavenを購入する資金で、10000円前後の別のボードゲームを3つ買っていたと思います。


画像でしか見たことが無いのですが、「クトゥルフの死もまた死すべし」が、あれだけのコンポーネントが入っていて、日本語版が11000円販売出来ているし、

ヌイグルミ騎士団と少女の夢(こちらは購入済み)には、gloomhavenのシナリオブックとほぼ同じ100ページ以上もある上質紙のシナリオブックが完全日本語化されているうえに、フィギュアの数もgloomhavenより多いのに、税込み8000円ちょっとで販売されている事を考えると、

何故このボードゲームは、33000円もするのだろう?と、ちょっと納得できないです。


違いはカード枚数ですが、カードって生産にそこまでコストがかかるものなのでしょうか?


もし、オリジナルの英語バージョンが$300だとしたら、

BGGランキングで1位には輝いていないと思います。

10位以内にも入れないと、私は思います。



このゲームはTRPG風ですが、GMが必要ない仕様となっているため、ダンジョン内部の情報がシナリオブックに全て記載されています。

これがアダとなって、未踏破のダンジョンにも関わらず、最奥の部屋の中の状態まで、最初から知ることが出来てしまい、RPGの醍醐味である未踏破区域探索やハプニングの楽しみをかなり損ねていることです。

例えば、ダンジョン最奥のボスが初めから認識出来てしまうため、最奥に到達してもサプライズ感が全くない↓



他にもキャンペーンボード(世界地図のボード)上の街および街周辺に、将来どの場所にクエストが発生するのか予め数字で記載されているため、地図上の未踏破区域探索の楽しみも損ねています。

ここは数字は一切印刷しないで欲しかったとおもいます。

シールを貼る際に数字が印刷されていなくても、貼るべき位置の座標を教えてくれる(H-10など)ので困ることはないんですよね。↓


このような情報公開は、予めトリックと犯人を事前に知らされている状態でミステリー小説を読まされるようなものです。


ダンジョン探索中に未踏破の扉を開いて部屋に進入しても、すでに敵や宝物の配置が解っているため驚きが無く、攻略しても達成感に乏しいため、シナリオをクリアするための作業感が強いことが否めません。


このゲームを実際に遊んで煩雑な処理を苦とせず、予めネタが判っている事が気にならず、高評価された方は、同じメンバーでD&Dなどの本格的なTRPGで遊ぶと、もっと楽しめるのではないでしょうか?

あるいは、このゲームにあえてGM役を置いて、GM+プレイヤー4人でゲームしたほうが楽しめるような気がします。

この場合、GM以外はシナリオブックをいっさい読まないようして、ダンジョン内の未踏破部分をプレイヤーに対して完全に隠匿することで、プレイヤーに探索感や踏破時の達成感を高めることが出来るかもしれません。


昔はTRPGを相当な時間遊びましたが、その当時の経験からすると、

正直このゲームは、TRPGになりきれず、ボードゲームになりきれずと、中途半端感が否めません。




最後に、もしあなたが一人で遊ぶことを前提にこのゲームを購入しようと考えているなら、

デジタル版がsteamで開発中で、

現時点(2020/01)で早期アクセス部分を遊ぶことが出来るので、一度確認してみることをお勧めします。

完成版が発売になるのはまだ1年ちかくはかかると思うけど、

媒体がボードゲームで無くても良く、1人で遊ぶつもりなら、こちらで遊ぶことも検討しても良いと思います。

パソコンのゲームなので、上記で説明した状態管理の煩わしい部分は全てコンピューターが処理してくれるため、純粋に戦術やシナリオを楽しむことに集中できると思います。

ただし、まだ英語版しかありません(汗

ゲームが正式に完成したら、たぶん有志の方々が日本語化してくれると思います。



長々と書きましたが、

ゲームの内容によっては、ボードゲームに向くものデジタルゲームに向くものがあると思います。

本来コンピュータ処理がふさわしい部分を、アナログで表現したのはすばらしいと思いますが、

そのために煩雑な作業が目につき娯楽性を損なってしまっては、本末転倒。

今時、スマホは一人一台の時代なので、無理に全アナログ作業とはせずに

適材適所でスマホと連携した設計でも良かったのでは?と思わずにはいられないのが正直な感想です。

3ヶ月前(2019年12月23日 12時34分)
続きを読む
閉じる
1422
名が参考にしたルール/インスト
 by まつなが

買ったものの、ちゃんとルール把握できるかな、と不安なところ。

とてもわかりやすい、間違いやすいポイントをまとめてくださっているブログを見つけたので、リンクを貼っておきます。


ルール解説系

・かばろぐさん:【グルームヘイヴン】毒・装甲・反撃・範囲攻撃!ルールのわかりにくいポイントを紹介!

https://pape-pape.com/gloomhaven-question/


・Boardgame-overReview:グルームヘイヴン【ボードゲームの紹介】

https://boardgame-overreview.com/games/gloomhaven/


公式情報

・アークライト:【エラッタ】グルームヘイヴン

https://arclightgames.jp/%E3%80%90%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%80%91%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3/

※特に戦闘任務のエラッタはいちばん最初のシナリオでも引く可能性もあり、エラッタ見てないと「??」ってなるので、チェック必須です。


・上記の公式エラッタには未掲載の(今後掲載されるかもしれない)エラッタです。

https://kedoko-boardgame.hateblo.jp/entry/2020/02/08/235131


プレイレポ系

・Gigazine:難攻不落な100種類以上のダンジョンに挑める超大作ボードゲームRPG「グルームヘイヴン」約9時間の激闘レポート

https://gigazine.net/news/20200118-gloomhaven-play-4/ 



インサート・ツール・アプリ系

・かまじゅう会ブログ:グルームヘイヴンを5シナリオほど遊んだ感想!

https://kama10kai.hatenadiary.jp/entry/2019/10/01/080339 


・TEENOさん:グルームヘイヴン(Gloomhaven)完全日本語版 プレイ前にやるべきことまとめ

https://ameblo.jp/amappai/entry-12560462528.html


・サイショクケンビ:『Gloomhaven』便利ツール

https://pocketwar.tumblr.com/post/185437910933/amp


・グルームヘイヴンのマップアプリ(Appleのみ。無料)

https://apps.apple.com/jp/app/gloom-map-for-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3/id1494832517 


遊ぶ気力が湧いてくる系

・ボードゲーム好き夫婦の楽しい毎日:【暫定速報版】グルームヘイヴンがユーロゲーマーにも刺さるボードゲームであると思う理由

https://www.pepepediary.com/entry/2020/01/12/094658


その他、私が迷ったり間違えたりしたとこ

(ルールをちゃんと読まずにスタートしたこともあり、普通にルールに書いている部分が多い)


・特定のシナリオで番号付きの宝箱を略取後、宝箱は配置しない

・装甲や反撃などの受動的な効果であっても、自分の手番後に発動する

・視線を遮るのは壁だけ。辺で直線じゃなくても遠距離攻撃はすることができる。

・モンスターは不利にならないように動く。移動距離が短く攻撃できること優先。

・大休息が複数人いたときの順番は、シナリオ通しての規則を決める。

2ヶ月前(2020年01月21日 10時11分)
続きを読む
閉じる
888
名が参考にしたレビュー
 by ゆうのん

日本語版が届き1シナリオ目が出来たので投稿します。

ゲームとしてはD&DなどのTRPGに近い感じでキャラクターを育成、装備を整えてダンジョンを攻略するの繰り返し。

ではこのゲーム何がすごいのか?個人的に凄い!面白い!となった点をいくつか紹介します。

1.圧倒的重量!

コンポーネント10kgありますからとにかくデカいし重い。家に置いておくだけで嫌な事があっても「でも私は家にグルームヘイヴンあるからな」と心の安息になります。

2.プレイ感の簡潔さ!

ルールブック50P越えの超ヘビーゲームですが、街では体制を整える、ダンジョンではカードを二枚使う。これだけでゲームができます。枝葉のルールはとても多いですが、やる事はシンプルですし言葉がRPGに寄ってるので日本人には直感で伝わります。

3.リプレイ性の高さ!

パーティが旅した結果が世界地図に反映されてドンドン世界が広がります!ワクワクが止まりませんよ!!早く進めよう!となること間違いなし。

4.軍師様が入る余地のないゲームデザイン

協力ゲームあるあるですが、一人がすべて指示出してクリアするようなプレイをするといったことがありません。ゲームデザイン上全てのプレイヤーは個人の傭兵であり独自の目的を持って行動する為、指示を出すと言った事ができないのです。

個人的にココはかなり評価が高いところです。

5.なんと言ってもファンタジー!

世界観、ゲームシステム共に素晴らしいの一言です。ダンジョン探索の楽しさは古今東西ゲーマーであるなら魂で感じる事ができると思います。


ちなみにゲームとしての難易度はかなり高いです。アグリコラで平均スコア50クラスのゲーマー3人でプレイしたところ、難易度普通ですらシナリオ1の1ラウンド目で二人死にました。リベンジするも2つ目の扉で全滅し結局難易度下げることに。難しいゲームが好きな方にはとても楽しいと思います。


BGG1位の時点で神ゲーであることは保証されていますが、想像を遥かに超えて楽しかったので悩んでる方は買えるうちに買った方が良いかもしれません。レガシーゲームでこの重量だと市場から消えたら入手難になると思います。

3ヶ月前(2019年12月23日 12時41分)
続きを読む
閉じる
712
名が参考にしたレビュー
 by ベノム

よくTRPGみたいだと言われますが詳しくないので

自分なりに例えるとデジタルのシミュレーションゲームその物。

行けるようになった場所を地図にシールを貼っていくとか

今までのボードゲームではあまりした事のない経験

早く続きがやりたい…。

プレイヤーの出入りも自由なので

敷居もそんなに高くないイメージ…時間以外は。

シナリオの難易度はダクソ並み。

だが楽しい。

3ヶ月前(2019年12月24日 00時07分)
続きを読む
閉じる
631
名が参考にしたレビュー
 by ggjhhi

自分は待ちきれず輸入版を購入したのですが、今アークライトさんが日本語版を出そうとしているそうです。

内容物を知っている自分からすると、エラッタなしで発売日するなんて難事業です!

これを翻訳してくれるなんて日本人として感謝しかありません。


最新情報でました!

https://twitter.com/arclightgames/status/1196985262837923840?s=21


予価33,000円

4ヶ月前(2019年11月18日 22時53分)
続きを読む
閉じる
627
名が参考にしたレビュー
 by 塞翁の馬

友人が購入したので、開封から一緒にやってシナリオ1をクリアまでプレイ

気づいたら6時間が経過、セッティングも片付けも大変で手間も時間もかかるけど、めちゃくちゃ面白かった

事前にネットでイージーモードでも充分な難易度との情報を得ていたので、イージーでルールブック片手に4人でプレイ

ルール覚えるのも大変。でも、絶妙な難易度設定になっていてイージーでも歯ごたえ十分にプレイを楽しめ、かつかつでクリア

早く続きやりたくて仕方ない

まさにアナログでやるRPG

2ヶ月前(2020年01月19日 09時53分)
続きを読む
閉じる
471
名が参考にしたリプレイ
 by まつなが

 グルームヘイヴン、始めました!わーい!!ということで、リプレイです!ネタバレを多く含みますので、既に遊んだ人やそういうの気にしない方向けです。


昔イベントで戦闘部分は遊ばせてもらって面白かったものの、3万円もするしどうしよう。。と悩んでいたところ、まさに私にあてて書いたようなレビューを発見し、これは遊ぶしかないじゃん?ということで購入。

https://www.pepepediary.com/entry/2020/01/12/094658

ボードゲーム好き夫婦さんの【暫定速報版】グルームヘイヴンがユーロゲーマーにも刺さるボードゲームであると思う理由。


箱を開けてちゃんとルール確認やタイル抜きを始めたのが今日の9時頃。ゲーム会は12時から@自宅。なんでこんなにギリギリになったかというと、色々内容物ありすぎて、一度広げると片付けるのがまた大変で億劫になってしまい、結局当日。


ルールブックが読みにくいっていう話をどこかで聞いてびびっていたんですが、全然そんなことなくて、とても読みやすい。昔1度遊んだからっていうのが大きいけども。前から順に読んでもいいけど、全体をまずパラパラと読んで、シナリオクリア時の処理とかを先に読むと成功イメージ湧いてやる気がでていいかもしれない。。。


とか言いつつ、全部読まずに始めたので色々ルール違ってるかもですが、そのときは掲示板で優しく教えてね。


キャラ作成

3人で作ったパーティはこちら。

アイノックスのブルートが私で、あとはクワトリルのティンカラーとオーキッドのスペルウィーヴァー。

初期で選べる6種類を眺めながら、このプレイヤーボードの裏見つつ、まあ初期の6人のうち3人だからどういう組み合わせで取っても死なないとは思うけど、まあパワー系が1人は必要だよねー。アイノックス多分パワー系だ。遠距離というか魔法系が必要かな?このスペルウィーヴァー多分そっち系だよねー。ティンカラーかわいいね!鍵開けたり罠解除したりしそうじゃん?知らんけど。って感じで割と適当に決定。私はねずみちゅんのキャラもちょっとやりたかったけど、小柄なキャラ3人はやばそうだったので、やめておいた。


あ、人生の目標みたいなやつ、いつか達成できるかな。。。


最初のお買い物は、無難におすすめのものを購入!


街イベント・外イベント

なんとか亭でうだうだしていたら、兄を助けてほしいと声をかけてきたやつが。とりあえず近くの森だしオッケーしたら、何かの外イベントが解放。きっといつかお兄ちゃんを見つけることができる・・・はず?どんな状態のお兄さんでもいいから見つけて・・・みたいな嫌なフラグ立てられたのが気になす。


リッチな感じのお姉さんから依頼を受け(10ゴールドって安すぎない?)、いざ黒盛り塚へ。


そして外に出ると、機械が得意なクワトリルが小さな飛行機に乗って落ちてきた。。もう一回飛べるように手伝って!って言われて手伝ってみたら、、、悲しい。。。。。なんでいきなりこんな鬱イベントが発生するんだ。。。私たちが悪かったのか・・・?


シナリオ#1:黒盛り塚

到着!そういえば、難易度は標準。

最初の部屋は、割と手番がかかったものの、1回しか使えない技を使ってみたりなんかして、まあなんとか。

次の部屋は、アイノックスがカウンター攻撃のために突っ込んだりしてまじで死ぬかと思ったけど、たまたまモンスターの攻撃が空ぶったりしてギリギリ攻略。

しかし最後の部屋に入ったあたり、最初に豪勢に使いすぎたのが災いし、休息してもなかなか回復しないことに気づき始める・・・そしてアイノックスが手札不足で脱落。その後、残り2体くらいの段階でスペルウィーヴァーが急に脱落(急ってこともないんだけど、気にかけてなかった)。残ったティンカラーがやけに宝箱を気にしていて残り1体のガイコツよりも宝箱を優先。宝箱を取れたものの、回復し出したスケルトンにカード的な意味で体力が足りずに脱落。

・・・全員脱落!!!!!


ということで、最初のシナリオはクリアならず。

戦闘も途中で細かいルールが違うことに気付いたりしたので、ルール読み直さねば。1回遊んだゲームのルール読むのってけっこう楽しいよね。


グルームヘイヴンヘルパーっていうアプリ、試してみようとしたんですが操作方法がいまいちわからず。とはいえちょっと時間見て試してみたら問題無くいけそうなので、次からは導入しよっと。


また次遊ぶのが楽しみ!

別の人と遊ぶときって、うちは別のキャラクター使ったほうがいいのかな?同じキャラクター使ったほうがいいかな?

2ヶ月前(2020年01月25日 22時48分)
続きを読む
閉じる
359
名が参考にしたレビュー
 by MC流れ弾

デザイナーであるアイザック・チルドレスに言いたいこと

・他のボードゲームを遊んだことがありますか?ルールブックの書き方によって遊び心地がだいぶ変わってきますよね

・箱の中に仕切り等がないとどう整理したらいいかわかりませんよね

・モンスターの行動とかHPの管理とかわかりにくいと思いませんでしたか?

・射線の概念がわかりにくいですよね、参考となる例をもっと記載してはいかがでしょうか

・シールは剥がせる仕様にできなかったかなあ、まあコストかかるのでそれはいいか

・そもそもこのゲームの目標ってなんなの?


そんなこんなで文句は無数にある。ドイツ発祥のユーロゲームとしては明らかに落第の出来である。まるで洗練されていない、粗野で、暴力的な出来としか言いようがない。それでもBoard Game Geekではランク1位!なぜならアメリカ人が多く投票しているから。というわけで、完全に「別ジャンル」のボードゲームという認識に至った。それはそれで悪くないと思う。セットアップやらルールやらの煩雑さはどんなジャンルでも改善されるべきではあるが。


あまりに別ジャンルすぎるため、これがもう少しユーロ寄りになった場合にはどうなるんだろうと思いを馳せる。それは結局のところ、いわゆるレガシースタイルになるのだろうか?パンデミックにせよ人狼にせよ、いわゆるレガシー系のゲームの元になる素材はどうもユーロ色が薄い気がする。ワレスやフェルトのレガシーが見てみたい。何が言いたいかというと、グルームヘイヴンが別ジャンル過ぎてやってる間に「ボードゲームやりたいな……」と思ってしまうという話でした。

おしまい。

17日前(2020年03月13日 21時37分)
続きを読む
閉じる
317
名が参考にしたレビュー
 by けーど

【細かいルールの多いゲームが苦手で、いつも中量級ゲームを中心に遊んでいる私からの目線】


細かいルールが多い!!けど、協力ゲームなので、チームにルールをちゃんと理解し、処理してくれる人がいれば、全部把握しなくても遊べる!!(感激)しかも、楽しい!!


ルールは一人で全部把握する必要がなく、みんなでお互いに補っていくので、更に一体感になれて、なんか嬉しい。


なので、重ゲーを敬遠している軽ゲー・中量級中心のゲーマーも安心して遊んでほしい!!処理してくれる人がいたら、やることがとても単純なので!!しかも、楽しい!!


敵が強い!!いつもピンチ!!でも、ギリギリにクリアできるこのバランスの良さがすごい!!攻撃力の補正カードを引く時もドキドキ!!


あと、一人一人のプレイヤーがちゃんと遊べるところが素晴らしい。

協力ゲームで良く起こるプレイヤーの一人が仕切ってしまう現象が発生しません。


誰もがぜひ遊んでみてほしいゲームです。



私がこのゲームハマっていて、この一ヶ月半で70時間ぐらい遊びました。

(4人プレイなので、プレイ時間が長めなのです)

1日に12時間でだいたい3シナリオ。


重ゲーメンバーはもっともっとハマっています。

キャラクターを成長させていくのが楽しいらしいです。



なお、日本語版ではエラッタがちょいちょいあるので、プレイする前に、公式のエラッタページを要確認です。


そして、個人的にグルームヘイヴン日本語版のエラッタ(公式ではまだ公開していないもの)をブログにまとめました。ご参考になれば幸いです。

https://kedoko-boardgame.hateblo.jp/entry/2020/02/08/235131

約2ヶ月前(2020年02月09日 09時41分)
続きを読む
閉じる
305
名が参考にしたルール/インスト
 by しろー

ルール・インストではないですが、安価で収納する方法の参考になれば幸いです。

100円均一の商品で全てを箱に収めてます。

ある程度、プレイのしやすさも意識してます。

https://sirowata-board-game.com/gloomhaven100-yen-uniform-organizer

約2ヶ月前(2020年02月03日 00時16分)
続きを読む
閉じる
300
名が参考にしたリプレイ
 by まつなが

グルームヘイヴン、前回と別のパーティでまた遊んでみましたー!

シナリオ#1、黒盛り塚。アゲイン。


前回の3人チームではなく、私と初プレイの人の2人チームを結成!前回負けてしまったシナリオ1に標準難易度で再挑戦。

マインドシーフとブルートの青々コンビ!マインドシーフはもともと私も気になってた種族だったので、動きが見れて嬉しいな。


街イベントでは怪しい羊皮紙をつい買っちゃって、野外イベントでは悪人たちをつい放出しちゃって、黒盛り塚に到着!

2人だとけっこう戦略の幅は狭いなーというのと、手札の数がふたりとも10枚と同じだったので休息のタイミングがかぶりまくったのがちょっとよくなかったね。

私は前回の慣れもあったのでちゃんと強いカードを最初に使わずコツコツ敵を倒しつつ、HPが6しかないねずみちゅんをかばいつつ前進!途中ねずちゅんが死にそうになりましたが、手札除去でHP減をなしにするのも使いつつ、無事、クリア!!!!やったーーーー

召喚獣、盾としてとても役に立ちました。素晴らしい。


グルームヘイヴンに戻ったら大食い大会やってたのでがんばって参戦したよ!


という感じで、やっと走り出せた!!!ルールも読んでだいぶわかってきたので、どんどんスムーズにできるようになってる。

次はアプリだ!2月にやる予定もできたし、どんどん進めたいなー

2ヶ月前(2020年01月27日 16時13分)
続きを読む
閉じる
231
名が参考にしたレビュー
 by ts

最大4人のプレイヤーが様々なシナリオを攻略して自身のキャラクターを育成して
さらなるシナリオに挑んでいくゲーム。ゲームの性質上、中身に関しては言えませんが
少しずつマップが埋まっていき、それぞれのプレイヤーで異なる冒険譚を作れるのが
魅力となります。

以下、レビューです。
運要素:2(ダメージのブレ以外はすべてプレイヤーの実力が問われるため)
戦略性:4.5(イージーモードでも難易度は高い。よく考えてプレイしないとクリアは難しい)
インストのしやすさ:2(初回プレイ時、シナリオ1をインスト込みで5時間以上掛かりました。)
リプレイ性:0.5(できなくもないが、基本的にはレガシーと思った方がよい。)
入手性:3(ボードゲーム専門店レベルなら入手可能。値段的に再販はどうだろう…)
総合:4

【総評】
お値段もボリュームも超弩級ですが、面白いのは間違いないと思います。
他プレイヤーと協議しての意思決定や感想戦では各自の考え方の違いが
見えるのが面白く、リアルな冒険感を醸し出している点で評価は高いです。
そして、やっていくごとにプレイヤーの言動がならず者になっていくので
笑ってしまいます。(ルール的制限のため、詳しくは書きませんが段々と
全力で叩き潰すとか全部奪い去っていくとか言うようになります)

なお、よほど高頻度でやらない限り、クリアには年単位の時間がかかるので、
これから買う人は覚悟を決めてポチリましょう(笑)
ただ、ゲームの性質上、可能な限り同じ面子で進めていくことが求められるので
定期的に同じメンバーで集まれる環境が必要なのはハードルが高めです。
ちなみに、プレイに当たっては以下の点を確認されることをお勧めします。
(一部は説明書での記述が薄いので、独自解釈で進めると難易度が割と変わります)

<確認した方がよいもの>
・攻撃時の射線の通り方(twitterなどでまとめてくださっている方がいます)
 当初は六角形のマス目から直線状に伸びる範囲だけだと思っていたのですが、
 確認してみると考えている以上に柔軟な解釈だったため、確認は必須です。

・ダメージキャンセルについて
 こちらは説明書には書いているのですが、見落としやすいです。ダメージは
 手札を1枚ゲームから除外してキャンセルできます。ちなみに初回プレイ時は
 敵の集中砲火でキャラが落ちました…

<各種オプション>
・オーガナイザー
 テラフォーミングマーズあたりと比較すると、優先度は落ちますがあると便利です。
 少なくともタイルやカードは袋などで種類ごとに分けておくことをお勧めします。

・貼って剥がせる専用のシール
 現状、日本語版はなく海外の通販サイトなどから買う必要があるためハードルは
 高いですが、何度も遊びたい場合は買うのもありです。私たちの卓では再プレイ
 できるころにはフロストヘイヴン日本語版が出ているだろうということで、
 見送りました。

23日前(2020年03月07日 15時46分)
続きを読む
閉じる
194
名が参考にしたリプレイ
 by まつなが

グルームヘイヴン、パーティ1で2回目の冒険!ネタバレあるので注意!


前回3人でプレイしシナリオ1を敗退したパーティ1(パーティ名は省略)。ティンカラー、アイノックス、スペルウィーヴァーに加え、新しくスカウンダレルが参入。前回は大量のルールミス(私がルール読まずに始めたせい)がありましたが、今回は完璧!


まずは前回敗退したシナリオ1、黒盛り塚。

こちらは無事勝ち!

そして初めて連結地への続けてシナリオ。シナリオ2、なんだっけな。

ボスがドアをばんばん開けていくシナリオでしたが、部屋の奥にいるゾンビさんがあまり動きが早くないこともあり、あまり危機感はなく。無事勝ち!


さて、ルールは完璧だと思っていたのですが1個ルールミスがありまして、シナリオレベルを0にしちゃってたんですが、4人の場合はイージーでもシナリオレベル1ですよね、多分。やけに簡単でした。


ここで初めてシナリオ分岐が出てきたので、これからどっちをやっていこうか、楽しみ!私アイノックスなんですが、アイノックスが悪いことしてるらしく、ちょっと不安…。

あとは街シナリオでひとつシナリオが開放されたので、そっちも見に行くの楽しみ。


一気にシナリオの選択肢が4つまで増えたので、次は要相談ですねー。次は1ヶ月後でまだまだ先だ。。早く遊びたい!!

約2ヶ月前(2020年02月12日 10時12分)
続きを読む
閉じる
189
名が参考にしたルール/インスト
 by けーど

グルームヘイヴン日本語版のエラッタ(公式ではまだ公開していないもの)をブログにまとめました。ご参考になれば幸いです。


https://kedoko-boardgame.hateblo.jp/entry/2020/02/08/235131

約2ヶ月前(2020年02月09日 09時11分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 33,000(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 300興味あり
  • 164経験あり
  • 84お気に入り
  • 190持ってる

チェックした商品