マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
声優になろう!
  • 声優になろう!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 30~90分
  • 14歳~
  • 2019年~

声優になろう!

メーカー・卸元:バニーイヤー

残り2点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
声優オーディションをテーマにしたカードゲーム

【ストーリー】
今日も、明日のトップ声優を夢見る若者たちが、アニメ出演のオーディションに集う。
配られたセリフカードを自由に組み合わせて役にピッタリなセリフを完成させろ!
No.1声優の座につくのは誰?

内容物:オーディションカード 15枚、役カード 35枚、セリフカード 200枚、遊び方ガイド 1枚

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 4件

レビュー
274名が参考
2年弱前

お題として提示されたアニメのキャラになりきり、ワードのカードを組み合わせてセリフを演じるパーティゲーム。


アニメの声優オーディションという設定になっており、各ラウンドで題材となるアニメは全プレイヤー共通で決められています。

役柄のカードが5枚準備されるので、そのラウンドで演じたいキャラクターを各々が選んでいきます。

その後、手札として配られたワードのカードを使い、そのキャラクターが「いかにも良いそうな感じのセリフ」を演じます。

全員の演技が終わったら、最も良かった人に投票をし、得点を得るというゲームシステムです。


『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ』というゲームをやったことがある方は、あちらに近い遊び体験をイメージしていただければと思います。


このゲームの良いところは「ワードの組み合わせ」だけではなく「演じる」という部分があるところ。

同じワードでも、読み方を工夫すれば色々なキャラクターになりきることが出来るので、ゲームとしての幅が広くなっています。


ただ、気恥ずかしさもあるのが事実ではあるので、気心しれた友達でも、一緒に盛り上がって遊べる人は限られるかも。


「単語の組み合わせの面白さ」は『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ』

「発表の時の面白さ」は『声優になろう!』

と面白さを感じる瞬間が少し異なっているので、『プロポーズ』を持っている方でも楽しめる作品だと思います。

続きを見る
閉じる
Ellis
Ellis
レビュー
87名が参考
約1年前

ルールの説明等は既に書かれているため実際プレイした感想になるのですが、ノリと勢いのある人には楽しく、考えすぎちゃう恥ずかしがりな人にはあまり楽しめないかもです。

アニメ設定と役設定がされてるなかで手持ちのセリフカードから自分で場面設定を作り、そのセリフを演じるのはプレイしていて少しだけ難しさを感じました。そのためか“プロポーズ”よりも考える事が多くなるため素直に楽しむ事がしきれなかった感があります。

とはいえ良くできたゲームだと思います。購入したらあまり考えずにノリと勢いで楽しむことをオススメします。

続きを見る
閉じる
国王
エリ
エリ
レビュー
79名が参考
7ヶ月前

声優としてオーディションに挑む、というフレーバーのゲームです。

オーディションカード、役カード、台詞カードの3種類で構成されています。

オーディションカードには、お題である架空のアニメのタイトルと、どんなアニメなのかが簡単に書かれています。

役カードには、オーディションが行われる役が書かれています(主人公のライバル、敵の下っ端等)。

そして台詞カードにはアニメに出てきそうな色々な台詞が書かれています。

進行としては、オーディションカードを1枚めくってお題を決め、次に役カードを5枚めくって場に出します。最後に台詞カードを7枚引いて手札にします。この時、最大3枚まで引き直しが可能です。準備が出来たらスタートプレイヤーから順に演じたい役カードとどんな場面なのかを宣言し、手札の台詞カードを組み合わせて作った台詞を演技します。手札は全て使っても、余らせてもOKです。また、役カードを複数枚選んで1人で掛け合いを演じても良いです。

全員の演技が終了したら、各プレイヤーは1番上手いと思ったプレイヤーを指差します(自分以外で)。

最も支持を受けたプレイヤーがそのラウンドの勝者となり、オーディション合格の証としてオーディションカードを貰う事が出来ます。

以上を繰り返し、最初にオーディションカードを3枚入手したプレイヤーが勝者となります。

楽しむコツは、照れないで堂々とやりきる事!あと他のプレイヤーの演技をしっかり見て聴いてリアクションすること!でしょうかw

真面目に役になりきるも良し、変な台詞で笑いを取りに行くも良しです。

引きが良ければ憧れのあのシチュエーションのあの名台詞(に似たような)シーンを演じることが出来るかもw

アニメ大好き声優大好きなウチの娘達とその友達が遊んでいるのを見ているのが1番楽しかったですw

続きを見る
閉じる
皇帝
Say
Say
レビュー
29名が参考
約1ヶ月前

ある種大喜利系でありその上リアルアクトの要素もある訳だから当然こういったタイプのゲームは楽しめる人を選ぶーーにしてもプレイ感を人に投げ過ぎな気がします。

演じるアニメの内容、キャラクター、セリフはカードから選ばせるクセにシチュエーションは自分で考えないといけない…

自由度と言えば聞こえはいいけど世界観とキャラが決められてる上それがミスマッチの場合窮屈で仕方ないですよ…

それが面白さと言われても"演じる"という主題がある以上ある程度全員がイメージを共有できることが大事だと思うんですよね。

それにセリフカードも何枚使って繋げてもokだそうですが、まるで色々なセリフぶつ切りにして混ぜたような有り様で"無双"とか"カレーパン"とかそれだけじゃ台詞として成立しない上、統一感もないわけで…しかも『弱い犬が』とか、なんか微妙にあるあるからズレてる気がするんですよね語感悪いし      接続詞なんかはアドリブでひっつけるにしても自分でも納得いかない支離滅裂な台詞を引いてしまったら感情移入してキャラに成り切れるわけないですよね。


アニメの内容であるオーディションカードも舞台やストーリーが被ってるものが多く、「勇者が魔王を倒す」「モンスターを退治する物語」「ドラゴンのいる惑星」とかほぼイメージするもの同じじゃないですか?ならいっそここも細分化して設定するかプレイヤーに投げてくれたほうが却ってやりやすいんじゃないかと思いました。

声優になるって点でみるなら『ヒットマンガ』の方がやりやすくて楽しいし言葉選びの面白さならみなさんが上げてる『今考えたプロポーズ〜』や大喜利ゲームの『ミリオンヒットメーカー』や『私の世界の見方』とかの方が余程自然に盛り上がるし楽しい。


ストレスを挙げ連ねましたが。たまに「あぁ、そのシーンいいね」と声が上がることもあるし動画映えはするかな?と思います。現に声優が動画上げてますし。

長くなってしまいましたが 言葉選び、設定のセンスが悪い。コンセプトをゲームシステムが邪魔している。てなところを省みて修正すればもっと盛り上がれるゲームになると思います。

続きを見る
閉じる
将軍
盤空
盤空
  • 商品価格¥ 2,970(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 40興味あり
  • 72経験あり
  • 11お気に入り
  • 83持ってる

チェックした商品