マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ツリーラインアベニュー
  • ツリーラインアベニュー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20~30分
  • 14歳~
  • 2019年~

ツリーラインアベニュー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き

レビュー 7件

243
名が参考にしたレビュー
 by Ellis

5種類の木が描かれたタイルを並べ、最も美しい公園を作ることを目指すゲーム。

公園は6×6の正方形になると完成するのですが、各プレイヤーは自分の「庭師」をタイルに配置することで、その「庭師」を置いた縦のラインと横のラインの美しさを得点にすることが出来ます。


ライン上に1種類の木を揃えていくことで、美しさが高まり、得点を伸ばしていくことが可能です。

さらに、公園にいる動物を獲得したり、各プレイヤーに与えられる秘密のミッションを達成することでも点を得ることが出来ます。

公園は全てのプレイヤーで共通のものとなるため、他のプレイヤーと場所や動物の取り合いが発生します。


タイルの選択については、使いづらいタイルを選んだプレイヤーが次のラウンドで早くアクションが出来るルール。

「あのタイルはあそこに置きたいけど、庭師を置かれないように先の手番を狙おうかな…」

など、程よいジレンマが生まれて楽しいです。


アートワークが可愛らしく、箱もコンパクトで持ち運びもしやすいところも良いポイントです。

若干点数が計算しづらいので、誰が優勢なのかを常に追うのが難しいのが欠点でしょうか。

7ヶ月前(2019年11月25日 08時30分)
続きを読む
閉じる
219
名が参考にした戦略やコツ
 by TacticalGamesJP

『ツリーラインアベニュー』は取るカードの価値によって次のラウンドの手番順が変わる為、欲張って価値の高いカードを選ぶと次回のラウンドでは、手番が最後になってしまう。

この為、欲張りは禁物ですが、価値の高いカードには「ゲームが有利になるカードのアクション」や、「得点計算時に追加得点を得る事が出来る樹木」など良いカートがあります。どのタイミングでどのカードを取るかが『ツリーラインアベニュー』のコツです。


■ゲームが有利になるカードのアクション

カードにはゲームを有利にする4つのアクションを持つカードが有ります。アクションはカードを配置した際に、1度だけ配置したプレイヤーが行う事が出来ます。しかし、いずれのアクションも価値の高いカードになっています。


■得点計算時に追加得点を得る事が出来る樹木

これらのカードを担当する並木道に置く事で得点をより多く得る事が出来る様になります。


次のラウンドの手番順を考慮しつつ、カード取る事がゲームを有利に進めるカギとなります。

9ヶ月前(2019年10月04日 18時15分)
続きを読む
閉じる
173
名が参考にしたルール/インスト
 by TacticalGamesJP


カード6枚×6枚分の公園に順番でカードを配置し、全員で1つの公園を作ります。ラウンドで供給される樹木は限られ、早い者勝ちで公園に配置するので場所や樹木の取り合いが起こります。自分の庭師が居る縦横の列に同じ種類の樹木を集めて配置する事で高得点を狙えます。ただし、どのカードを配置するかによって次のカード選びの順番が変わるので、慎重に選ばなくてはなりません。 

【ゲームの目的と終了】
■ゲームの目的

エリアカード6枚分×6枚分の公園に手番順でカードを配置していきます。自分が担当する並木道を公園の中で最も良い環境にすることが目的です。その為には、なるべく同じ種類の樹木を持つエリアカードを自分の庭師駒を置いたエリアカードの縦横の列に集めます。

■ゲームの終了

エリアカードが6枚×6枚(36枚)すべて配置されるとゲームは終了します。自分が担当する並木道から得られる景観点と達成できた計画カードの景観点を足し合わせた合計が最も高かったプレイヤーが勝者となります。

【システム概要】

■ゲームの流れ

手番では左側の列に有る好きなエリアカードを1枚選んで公園に配置し、アクション駒が手番順タイル1stに有るプレイヤーから手番を行います。続いて2nd、3rd、4thの順番で手番を行います。最後のプレイヤーが手番を行ったらラウンドが終了し次のラウンドの準備を行います。これらを繰り返し行い、36枚のエリアカードがすべて置かれるとゲームが終了します。 

■手番

自分の手番では庭師駒をすでに公園に配置されているエリアカードの上に置くことができます。置いた場合、縦横の列から動物駒を2つまで取って庭師駒と一緒に置きます。庭師駒を置いた縦横の列を担当する並木道として、ゲーム終了時に得点を得ることができます。その後、エリアカードを1枚とって公園に配置します。こうして自分が担当する列になるべく同じ種類の樹木を集めていきます。

■エリアカードの価値

エリアカードには「得点を得る為に有利なアクションを持っているもの」や「特種な得点計算を行うもの」、「計画カードに必要な施設を持つもの」があります。これらのカードは価値が高い為、取ると次のラウンドで手番順が後の方になってしまう可能性があります。欲張った結果、次のラウンドでは欲しいカードを取ることが出来なくなる可能性が有るので注意が必要です。


■得点計算

ゲームが終了したら、自分が担当する並木道と達成した計画カードの合計点を計算して合計点が最も高いプレイヤーが勝者となります。


並木道の得点方法
1つの並木道から得られる得点を計算するには、その列に同じ種類の樹木がいくつ置かれているかを数えて置かれている動物タイルと庭師駒の数にかけて計算します。

計画カードの得点方法
計画カードの上段にある要素を庭師駒があるエリアと担当する並木道に集める事で達成します。


【コンポーネントの種類】
■エリアカード

1~10の価値があり、5種類の樹木が有ります。いくつかのエリアカードには計画カードを達成する為の施設や、アクションアイコンがあります。

■計画カード

条件にある動物や施設を集める事でゲーム終了時にカード下部に示されている得点を得る事ができます。

■庭師駒

自分の手番に公園に配置されているエリアカードに置きます。ゲーム終了時に庭師駒を置いたエリアカードの上下左右の列から得点を得ます。

■アクション駒

手番順タイルの上に置かれたアクション駒の順番で手番を行います。

■動物タイル

庭師駒をエリアカードに置く時に、左右上下に置かれている動物駒を2つ取って庭師駒と一緒に置きます。これらは得点源となり、また集める事で計画カードを達成出来ます。

9ヶ月前(2019年10月04日 17時25分)
続きを読む
閉じる
155
名が参考にしたレビュー
 by キッコー☆マン@庭師

本屋さんで出会い、もともとタイル配置系が好きなのと見た目の綺麗さに衝動買いした一品 笑

自由にタイルを配置するのではなく、36枚のカードを6×6になるように配置します。

自駒の庭師駒を配置し、与えられた公園カードの得点効果をうまく発動出来る様に樹木タイルを配置します。

得点効果の高い計画カードを発動させたいのだけど、そっちに懲りすぎるとライン効果のある同じ樹木を配置しそこねたり、うまく動物トークンが取れなかったり。

単純そうな見た目のわりに、割りと悩ましく考えさせられるゲームシステムです(´・ω・`)

ゲーム難度は私、中1長女迄は理解し楽しめる難度。割りと難しいゲームをやれてしまう小4長男、小2次女には動物トークンの取り方や駒の配置をする意味が、意外な事にうまく理解出来なかったようです。

難点は箱が小さい事、駒やトークンを袋に小分け収納すると箱内がパツパツになります。

あとはルールブックが少々解りにくいかな??こちらは2~3回ルールブックを読みながら流しプレイすればだいたい理解が追い付くと思います。

淡々と静かに進むゲーム感なので、大人がのんびり楽しむゲームです。


6ヶ月前(2019年12月26日 20時58分)
続きを読む
閉じる
117
名が参考にしたレビュー
 by オグランド(Oguland)

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ツリーラインアベニューは、並木道のエリアカードを毎回1枚ずつ配置していき、自分の庭師駒のある並木道の得点が高くなるようにする面白いカードゲームです!
カードの色味やデザイン、庭師駒など、全体的にオシャレな感じに仕上がっています。
ゲームとして今一つ足りない印象を受けてしまいます(庭師の移動や動物タイルの移動が得点に影響するので、そのあたりのアクションをもう少しフレキシブルにできるようにするとか…)・・・


好き度(Like)
 ▶2pt.≪★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶2pt.≪★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


ツリーラインアベニューの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

6ヶ月前(2020年01月08日 08時34分)
続きを読む
閉じる
71
名が参考にしたレビュー
 by 007

みんなでワイワイ公園づくり 

私はこのゲームの持つ雰囲気が大好きです。本当はその魅力をお伝えしたいのですが余りにも文章が長くなってしまうので、ルールやこのゲームの魅力については他の方のレビューを参照してもらうことにします。今回は私が何度もプレイして感じたこと、よりスムーズにプレイするためのささやかなアドバイスをお伝えしたいと思います。


・ゲームシステム:カード配置、ドラフト

・内容物:

左上から反時計回りに説明書一式、庭師駒、アクション駒、動物タイル、ラウンド順列タイル、手番順タイル、エリアカード、計画カード、早見表(表面:サマリーシート/裏面:得点シート)

・おすすめプレイ人数:このゲームは2~4人で遊ぶことが出来ます。しかし私がおすすめするのは3~4人です。2人プレイではドラフトゲームとしての性質上どうしてもお互いに邪魔のしあいになりがちです。それはこのゲームが複数人で各々の計画カードを達成しつつ美しい公園をつくるものであり、一対一で相手を妨害したりして得点を伸ばしていくことに馴染まないからです。※個人の見解です


気になったポイント

・このゲームの主な得点源の1つである計画カードですが、ゲーム開始前に2枚ずつ配られます。しかしゲーム中に獲得できる計画カードはプレイ人数に関係なく2枚となっており、このカードを得られる機会が少なくプレイヤー間の点数が広がってしまうことが多々ありました。

・少しルールが複雑なので、インスト技術の拙い私にはプレイ中に適時インストを挟む必要がありました(ガイスターのようにゲーム開始前にインストが完了するタイプのゲームではないと感じました)。その点少し面倒ではありましたがゲームの面白さを損なうほどのものではないです。


アドバイス

・エリアカードの右上には①~⑩の数字が記されています。ゲーム終了後片付ける際に①と②のカードはそれぞれ分けるといいでしょう。理由はこの2種類のカードはゲームの準備段階で使用するので、他のエリアカードと分けておいたほうが準備がスムーズに終わるからです。※下記写真参照(準備では①を5枚、②を1枚斜めに配置します)

・エリアカードをスリーブに入れるとカードに余白が出来てしまいカード配置に支障が出そうです。その理由から、基本的にエリアカードをスリーブに入れることはおすすめしません。余白が小さいものであれば可能かもしれません。

※エリアカード寸法:6.35cm×6.35cm、計画カード寸法:6.35cm×4.2cm


編集後記

・私はパッケージの雰囲気に一目惚れして購入しましたが、ゲーム内容もこの雰囲気の通りでした。このパッケージに魅力を感じたのなら、購入して後悔することのないゲームに仕上がっています。おすすめです。

2ヶ月前(2020年04月20日 20時01分)
続きを読む
閉じる
21
名が参考にした戦略やコツ
 by オグランド(Oguland)

庭師駒を置いた列で並木道を揃える感覚よりも、計画カードの条件達成と通常得点に大きく関係する動物の獲得を中心に組み立てながら、並木道を合わせにいく感覚のほうがいいかと思います。

6ヶ月前(2020年01月08日 08時36分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,530(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 35興味あり
  • 55経験あり
  • 5お気に入り
  • 77持ってる

チェックした商品