マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
王府百年
  • 王府百年当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 7~9人

王府百年

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
日本のマーダーミステリーの原点とも言えるシナリオの日本語版が遂に登場!

レビュー 6件

175
名が参考にした戦略やコツ
 by たーとるりばー

設定を重厚に作られていますが、120分というゲーム時間内に最深部までいくのは困難です。Twitterか何かで見たのですが、最深部まで行ったのは1組だけだとか。100組いて1組でも上出来だと思います。


ただ、そこまでいくには単純に時間が足らない。

設定を解き明かしていくのに時間(と他プレイヤーの協力)が必要なのですが、そこが罠。肝心かなめの”犯人は誰か”を考察する時間を失ってしまうのです。

また、情報が増えれば増えるほど、情報量に溺れてしまう。ここはミステリー慣れしていないと厳しいかもしれません。


とはいっても、犯人を誰か当てる、ということに焦点を絞ればそれほど難しいわけではありません。

重厚に作られた設定を1つも抜かなくても、キチンと会話するだけで犯人候補を2~4人に絞れるはずです(誰を担当するかによる)。

逆に言えば、設定を抜けば抜くほど犯人候補を少なくできます。その分、情報が多くなりすぎて、処理できるかはプレイヤー次第ですが。


マーダーミステリーのコツは情報を絞る事。意外とできない人が多いんですね、これが。

(探偵小説ではない)ミステリー小説でいうところの、いわゆる作者からの”読者への挑戦”に慣れた人にはわかっている事ですが。

全部の情報を見ようとして、大事なものを見落としてしまうのを、結構な勢いで見ています(ゲームに参加せず、見学したことも数回あります)。


時間の使い方も重要ですね。自分がこのゲームで失敗した点でもあります(犯人を正答したが、他プレイヤーを説得する時間を失ってしまった)。

自分のプレイスタイルは”犯人ではない人を見極めること”、そして”味方を作る事”。味方を作って共闘できれば最高ですね。このために時間を使っている、とも言えます。

犯人に目星をつけて票を集めることができますし、自分が犯人として扱われる可能性を減らすことも出来るからです(ただし時間内に犯人を1人に絞ることが重要)。

ちなみに自分は、容疑者一番手をプレイしても1票も貰ったことはありません。


犯人は誰か、これが重要なところですが、ミステリー小説ではなく探偵小説から引用すれば”あらゆる不可能事を排除して、ありえない事象が残ったとしてもそれが真実である”ということです。

とはいっても、マーダーミステリーでは”全ての情報が開示されるわけではない”のです。

そして王府百年では最終的には1人絞れるはずなんです。犯人(候補)が持っている情報と、第1段階を突破した設定を見れば。

だからこそ、自分は最後の最後ではあったとしても、犯人にたどり着けたのですから(第1段階を突破しなくても犯人を2人に絞られていた状況です)。



あと、これは人によると思うのですが、犯人を見つける方法について。

犯人候補を少人数に絞ってから犯人の要素を見つける方法。いわゆる帰納法ですね。

情報を集めて解析してから犯人を捜しあてようとする方法。いわゆる演繹法。

どちらがご自身に向いているか考えてから、マーダーミステリーに望んでみるのも一興です。


ちなみに自分は帰納法ですね。麻雀で言うところの一点読みをするタイプ。麻雀はからきし弱いですが。

約1年前(2019年10月17日 23時23分)
続きを読む
閉じる
173
名が参考にしたレビュー
 by Feiron33

下手に書くと色々と不味いゲームなので、

誠に勝手ながら「かわぐちまさし」様のページのURLを記載させて頂きます。

問題がありましたら、削除致します。<(_ _)> 

https://note.mu/kancho/n/ncc6af33a1ed2

約1年前(2019年08月22日 22時44分)
続きを読む
閉じる
167
名が参考にしたリプレイ
 by たーとるりばー

登場人物は最大9人。

自分が犯人なら投票されないように動く。非犯人なら残り8人のうちのだれかを犯人に見立てる。難易度は割と高いです。

登場人物は日本人ではないため、意外と覚えにくいのが難点。


自分がプレイしたのは非犯人でしたが、最初に犯人と見込んだ人物は犯人ではありませんでした。

前半の60分でも怪しいままのうえ、後半の30分でようやく疑いを解いたのですが、時間の無駄になってしまったのが残念。


参加者が口が重いタイプ…というより、マーダーミステリーのムーブが出来ていないため、

積極的にアクションを起こせないまま後半を終えてしまうという痛恨事。


最後に3分間、自身の推理を公開するフェイズがあるのですが、

ここでも最初の一歩を踏み出す人がいないため、自分から3分間の推理を公開…したのが運の尽き。


この段階では犯人を2人に絞っていたのですが、適当にしゃべりながら3分間を終えたのですが、

その後にドラッグストアで買ったブドウ糖を1袋かじりながら、何とか犯人を1人に絞ったのでした。


他の人の推理公開フェイズですが、ここで犯人に1票投じるよ、という人がいたので

2票は確定か、と思ったのですが、最終的に1票だけでした。


自分自身は犯人に投票できたのですが、他の人は別の人に投票してしまったので見事犯人の逃げ切り勝利、無念。


反省点は、自分に与えられた情報と、犯人から引っ張り出してきた3枚の情報カードを大事にするべきでした。

そうすれば、割と簡単に犯人はこいつだ、と分かったうえで推理公開フェイズで主張できた…と思います。

最初に推理公開フェイズで発言したため、犯人を1人に絞った後に説得できなかった。痛い。

ましてや、最初に犯人と見立てた人が積極的に情報公開しなかったために後半30分まで”時間を稼がされた”のも痛手でしたね。

完全に犯人に利する行動を(自分を含めた)全員が取ってしまったがために起きた事象でした。


良かったところでは、前半の最後に15分、後半の最後に10分、全体会談が出来たことでしょうか。

そこで手に入れた情報もあったのですから。


あと、容疑者一番手をやっておきながら1票も貰わなかったのは良かったでしょうか。

…別のマーダーミステリー、”約束の場所へ”でも容疑者一番手で1票も貰わなかったですし。

逆に言うと、どーして一番疑わしい人物をやることになるのかなぁ…

約1年前(2019年10月16日 00時53分)
続きを読む
閉じる
129
名が参考にしたレビュー
 by ケイ

【ストーリー】

奕劻(えききょう)の逝去から100年、奕劻の邸宅であった慶親王府を

観光地として開発することとなる。

プロジェクトの発起人である羅利(らり)は開発資金を調達するため公開入札を実施した。

その後、3人の投資家が共同出資することで決定。

羅利は王府で関係者の決起会である会食を開く。

そして翌朝事件が起こる。

開発スタッフの一人である楊清華(ようせいか)の死体が王府の中庭で発見され、王府は大混乱。。。


【内容】

ジャンル:マーダーミステリー

人数:9名

時間:2〜3時間


最近流行っているマーダーミステリーの王府百年です。

最大人数9名と大人数用のシナリオとなっています。もともと中国のシナリオのため人物&建物名が全て中国語になっていて覚えにくいかもしれませんが、難易度はそれほど高くないので初心者の方にもオススメです。

詳しくはこちら

11ヶ月前(2019年12月02日 20時13分)
続きを読む
閉じる
97
名が参考にしたレビュー
 by オグランド(Oguland)

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
王府百年は、物語の登場人物となって犯人の特定と各自バラバラの目的の達成を目指して調査、推理していく、いわゆるマーダーミステリーです。
開放型のマーダーミステリーが発展した中国においても定番中の定番の名作で、日本においてマーダーミステリーの火が付くきっかけとなった、マーダーミステリーの代名詞と言われる作品です。マーダーミステリーのベーシックな要素が揃っているので導入に良いかと思います。また、最初に自分のカードのネタバレになるので、細かいことが書けないのが苦しいですw
一番の難点は漢字の名前がなかなか頭に入らないことです。あとはマーダーミステリーにつきまとう役割による満足度の違い、誰が重要なカードを引くかのランダム性による調査の進行度の違いは気になる点です・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶1pt.≪★≫


王府百年の簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

7ヶ月前(2020年04月19日 08時00分)
続きを読む
閉じる
33
名が参考にした戦略やコツ
 by オグランド(Oguland)

全員が個別の目標、隠したいことがあるので、そちらを優先させていくと、真相に辿り着かなくなってしまいます。マーダーミステリーの基本である、犯行時刻のアリバイやその日の行動を洗っていっての情報共有化はしたほうがいいかと思います。

7ヶ月前(2020年04月19日 07時58分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,930(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 49興味あり
  • 93経験あり
  • 21お気に入り
  • 40持ってる

チェックした商品