マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ふたつの街の物語
  • ふたつの街の物語当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~7人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

ふたつの街の物語 / Between Two Cities の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
両隣と協力して町を作る、ドラフト式のタイル配置ボードゲーム
  • マシュー・オーマレー(Matthew O'Malley)作
  • モートン・モナード・ペダーセン(Morten Monrad Pedersen)作
  • ベン・ロゼット(Ben Rosset)作

 かなり独特なゲームデザインです。

 プレイヤーは街の発展を目指して「酒場」や「住居」「工場」などの建物タイルを16マスに設置していきます。設置先は手元のボードではなくプレイヤーとプレイヤーの間に置かれた「右隣の16マスの街」と「左隣の16マスの街」です。

 隣のプレイヤーと8枚ずつ置きあって、2つの16マスの街を完成させます。つまり自分の街が存在しないボードゲームです。

 建物タイルはドラフト式(受け取った7枚のうち2枚を選択 → 隣にまわすと5枚のうち2枚が選択される)で受け取っていきます。毎ラウンド、2枚の建物タイルが手元に入ってきます。

 この受け取った2枚を、左側の人と相談しながら左の街に1枚、右側の人と相談しながら右の街に1枚設置します。同じように、右側の人・左側の人も2枚中1枚を設置してきます。

 これを繰り返していき、最終的に4×4の街並みが完成。様々な建物の組み合わせにより点数が決まります。

 思うように街を発展できなくなるジレンマが魅力の1つなのですが、それは「得点計算方法」と「隣のプレイヤーは自分に関係ない側の隣についても考慮している」ことにあります。(この2つがゲーム性を占めている大半の部分ともいえます。)

 例1)公園を1つ設置するごとに4点だけど3つでとどめると効率が良い。4つ目以降は+1点。
 例2)住居と工場がくっつくと住居ボーナスが1点に減少。くっつかなければ高得点化。

 例えば、右隣の街に公園が2つ設置されている状態で、自分が公園タイルを手札にするかどうか悩ましくなります。なぜなら「右隣の人」も公園タイルを引いてしまうかもしれず、得点のロスにつながってしまうからです。

 仮に公園タイルが被ってしまったとしても、「右隣の人の右隣の街」に公園を設置させる猶予があれば自分も公園を引いてしまって構いませんが「右隣の人の右隣の人の右隣の街」次第で、その人もまた公園タイルを引いてしまっている可能性があります。

 文字で見せるともはや訳が分からなくなってきます。

 細かいカラクリを抜きにすると…隣り合う人と共有する街のために、WIN-WINであったり、リスクテイクを引き受けたり、ギブアンドテイクなどのコミュニケーションをしながら、共有する街を発展させていきます。

 協力ゲームというか協力のみによって進行するゲームです。協力しかないのに得点競争があるのでワークショップやチームビルディングに向いてる、ビジネス活用度の高いボードゲームと思います。

ふたつの街の物語に9件の書き込みがあります

485
名に参考にされているレビュー
2016年09月12日 21時17分

【良いところ】
◯協力しつつも勝利を目指す新感覚の楽しさ
もっとも高い勝利点のプレイヤーが勝ちという一番を決めるゲームながら、両隣と協力し相談しながら街を作るという勝負なのか協力ゲームなのかわからない新感覚のプレイ感がサイコー。タイルをドラフトするというのも効いていて、「今の手番では使わなかったけど、次の手番では渡したタイルの中のアレかコレを選んで欲しいな〜という気持ち、汲んでくれるかな!?」という期待と意思疎通のバランスも気持ち良い。結局タイルは1枚しか配置できず、右とも左とも相談しないといけないわけで、協力ゲームな側面もありながら、奉行問題をほぼ解決しているところも好印象。

◯無駄に凝っているコンポーネント
席順を決めるカードとか、巨大なスコアボードとか、プレイヤーコマの造形が見事とか、無駄に凝ってるコンポーネントに思わず笑い声が上がってしまいました笑 さすがストーンマイヤー! こういうくだらなさ、大好きです。ソロプレイ用のオートボットカードも付属している。しまいには、オートボットに名前をつけるためのカードまでついてるし……。アホみたい。

【悪いところ】
×得点計算が若干複雑で面倒
街の種類が6種類あり、それぞれに得点の方法が異なるため、若干ですが複雑で面倒です。ゲームプレイはこの得点方法を理解していないと全く勝負になりませんので、ゲームに慣れていない人はちょっと戸惑うかもしれません。ゲーマーならすぐわかるんだけど。あと、慣れてしまうと1プレイが短いので、得点計算にかかる時間もちょっと気になります。

×勝敗はタイルの引き運によるところが大きい
プレイしている間は楽しくて気づきにくいですが、よくよく考えると、タイルの引き運が結構強く、ガチで勝ち負けを決めるゲームではないということがわかります。本気で勝敗を気にする人には向かないかなー。

【総評】
最高におもしろい!

初回こそインスト込み30分くらいかかるものの、2回目からは1プレイ10〜15分程度。得点計算を入れても15〜20分で終わる。しかもほぼ同時にプレイするゲームなので、7人いても、おそらくほとんどプレイ時間は変わりません。

「結局はタイルの引き運が全て」とか言われちゃうとそうなのかもしれないけど、タイルをドラフトすることによって、自分の「これを置いてくれ〜」という思惑を伝えることができたりするので、運の要素をあんまり感じないです。意志の疎通を図る手段が乏しくままならないながらも相手がそれを汲んでくれるという期待が、運とかいうクソなランダム要素をうまく中和してくれているように思えます。

……まぁ、結局は引き運なんだけど。この新感覚の楽しさに対し、そこを突っ込むのは野暮ってもんです。

一般人にも絶対ウケる、一家に1タイトルあっても良いくらいのパーティー戦略ゲームです。

続きを読む
閉じる
318
名に参考にされているレビュー
2018年08月04日 19時12分

7人、人が集まるとのことでこのゲームを持っていきましたが、急用などで集まったのが3人でした

集まったし、やらないのは勿体無いからと3人で始めましたが…


声を大にして言います

このゲームは最低4人、ベストは6人は欲しい!!


3人でやるとドラフトもただの作業、ゲーム終了時の感動も無く、得点計算後も『あ、はい…勝ちました』程度になってしまいました


次は大人数でプレイして、このゲームの醍醐味を味わいたいと思います


ゲームは何も悪くありません…人数が致命傷でした(´・ω・`)

続きを読む
閉じる
248
名に参考にされているレビュー
2017年08月24日 07時46分

ゲームは面白いです(レビューぶん投げ)

個人的に大変不満があるのが、コンポーネントの色使いが全体的にトーンが暗くて陰気くさく、できあがった街を見てもあんま楽しくないとこです。

一個一個のパーツはちゃんとアイコンに即した色になっているのに、何故こんなに暗いんだろうと考えたのですが、パネルのフレームがグレーで囲われているんですね。このデザインは早急に見直すべきだと思います。

箱庭ゲーの魅力は、できあがっていく街を見る楽しさですから。グレーの街なんて作りたくないのです。ただそれだけです。

続きを読む
閉じる
231
名に参考にされているレビュー
2017年02月17日 20時24分

今までのボードゲームとは一線を画す、全く新しい斬新なゲームシステムです。

隣人との協力プレイで、4×4タイルから成る街をつくっていきます。そのため、最終的にプレイ人数-1の街が出来上がります。ふたつのうち、点数の低い方の街がプレイヤーの最終得点となりますので、どちらも捨て置くことはできず、ドラフトで回ってきたタイルを見比べながら頭を悩ませることとなります。

隣人との協力プレイながら、最後は1人の勝者が決まる点が良い。交渉や相談が飛び交い、とても活気溢れるゲームとなります。隣人のみならず、更にその隣の人とも交渉をし始めると更に面白さが倍増します。(ドラフト要素や、隣人にとっての2つの街のどちらも捨て置けない状況を見越した更にその隣人との代理交渉等)

続きを読む
閉じる
221
名に参考にされているレビュー
2018年12月14日 06時01分

ドラフトゲームが大好きな友達(7Wondersとすしごーのファン)のために、ここぞとばかりに引っ張り出してきて4人で対戦しました。他のレビュアーさんがおっしゃる通り、短時間で決着がつき、ライト感覚でできる、非常に良いゲームだと感じました。

ただし、ひとつだけ気になる点がありました。


途中経過”の得点計算の問題です。


ゲーム初心者が多い場合、途中の得点が直観的にわかりにくいと感じます。例えば「担当する2つ街の低い点数の方が最終的に自分の得点になる」ところや、「最終的にその建物の所有率が高い人から順に得点がつくタイルがある」ところ等が、みえにくくしている要因です。


1ゲーム、3ラウンドで進行していくのですが、なにかしか建物を建てるたびに“得点を表す旗が立つ”みたいな目印nのよう、ゲームのシステム的にラウンド毎の中間計算がありません。参加した初心者ゲーマーは、どこにタイルを配置すると効果的に点が取れる(もしくは失点)が分かりにくいようでした。そのため「私がこのリスクを取るから、あなたはコレをして」というコミュニケーションが初心者が混ざると採りにくいと思いました。


付属の得点ボードは、1ゲームごとの点数を記録するために利用します。ダウンタイムが極端に増えずに、中間計算に使うことはできないかなぁ?と考えたりします。


私がイメージしているのは、(ゲームのシステムは、全く異なりますが、)タイル配置ゲームの「アルハンブラの宮殿」のような途中経過の発表です。こういうのがあれば各々のプレイヤーがとるべき戦略が直観的にわかってくると思います。(しかし、こういうのがあるから、アルハンブラは時間がかかるというジレンマがあります)


もしかすると、熟考を避け、「こうーじゃないか、あーじゃないか」とパートナーと話し合うところが、このゲームの正しい楽しみ方なのでしょか?


次回はゲーム中級者以上を集めて、当ゲームをプレイしてみたい思います。

続きを読む
閉じる
199
名に参考にされているレビュー
2016年10月01日 19時54分

はじめてプレイしましたが、カードの種類も少なく、ドラフトのルールもわかりやすいので問題ないと思います。

また、他のプレイヤーとも基本的に協力関係にあるのでギスギスするようなこともないので安心です(笑)

世界の7不思議よりもライトに遊べるので、その辺りも好みによるかもしれません。

カードゲームよりもボードゲームをやった!という感は強いので満足感は高いと思います。

面白いのでよかったらプレイしてみてください~ヽ(・∀・)ノ

続きを読む
閉じる
197
名に参考にされているルール/インスト
2017年06月04日 18時41分

7人まで遊べる協力しながら競争する
不思議なドラフトゲーム
初対面のメンバーとも気軽に遊べるステキな作品
ふたつの街の物語

日本語版が出て遊びやすくなった……
ハズなんだけど、インストはすっごく大変でした  

そんな私たちのチャレンジを動画にしてみました
ぜひ観てみてくださいませませ♪


続きを読む
閉じる
160
名に参考にされているレビュー
2018年10月19日 10時26分

プレイヤーはそれぞれ二つの街を担当し、手持ちの二つのタイルを両隣の人とシェアしながら、街を作っていくゲーム。

商店・工場・酒場・オフィス・公園・住宅の六つの建物をうまく組合せ街の得点を高くしていくのが目的だけど、注意しなければいけないのは二つの街のうち低い方が自分の点数になってしまうという事。

ゲーム途中で選択する2マスのタイルの置き場がいいジレンマになって大体ここで悲鳴があちこちから聞こえてきます。

必ず両サイドの人と話さなければならないゲームだし、協力型対戦ゲームという他に類を見ないシステム。

30分/人ながら30分で大体1ゲームが終わることからもボードゲームの魅力を伝えるにはあまりあるゲームです。

ライトなゲーム会ではおおよそ大活躍間違いなしの1本です。

続きを読む
閉じる
28
名に参考にされているリプレイ
2019年01月22日 22時59分

酒場重なってるじゃん

他の街も振るわずに、1点差で勝利!!

まだ、3人でしかやったことないんで、多人数でやってみたいんだけど、あんまり多人数でやっても運ゲーになかなあ?

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,104(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 113興味あり
  • 527経験あり
  • 97お気に入り
  • 292持ってる

チェックした商品