マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
イムホテップ / インホテップ
  • イムホテップ / インホテップ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 40分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

イムホテップ / インホテップ / Imhotep の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
周りの建設士を出し抜き、立派なモニュメントを建てよう!
  • フィル・ウォルカーハーディング(Phil Walker-Harding)作

石を切り出して各種建築物の建設現場に船で運びます。

ただし、船には他の建築士たちも石を積んでいて、自分だけでなく他の人が行き先を決めてしまうかもしれません。
また、自分が船を出したときでも、他の人の石は同じように運ばれてしまいます。

自分だけが得するタイミングで船を出し、他の建築士たちを出し抜く策略を行うことはできるでしょうか?

イムホテップ / インホテップに11件の書き込みがあります

473
名に参考にされているレビュー
2016年06月18日 12時45分

2016年のSDJノミネート作。エジプトのいろんな工事現場に石を運ぶ運搬業者となり、工事への貢献度を競う。

手番では石を船に載せるか、船を工事現場に送るかのどちらかをすることになる。石を乗せれば船は他のプレイヤーに動かされ、船を動かせば石を載せられない、と非常に単純明快なジレンマのゲームである。

他のプレイヤーがどこにどの船を送ろうとしているのかを読み、それに便乗して石を運んでもらえるように仕向けるゲームなのだろうが、ゲーム展開にあまりに翻弄されるゲームであり、やりたいことがあまりに思い通りにできない窮屈なゲームと感じてしまった。

個人的にはイマイチだった作品なのたが、おそらく好きになる人もたくさんいるだろうとは思える内容を備えている。イマイチ派のレビューだけというのもフェアじゃないと思うし、好きな人がいたら是非レビューを書いてみてほしい。

続きを読む
閉じる
351
名に参考にされているレビュー
2017年02月07日 13時31分

プレイヤーはエジプトの石切り場の作業員となり、公共事業(ピラミッドや霊廟の建設など)への貢献を目指します。
規定ラウンド終了時、最も貢献度(勝利点)が高いプレイヤーが勝利となります。
プレイヤーの行うアクションはシンプルで、以下の3通りとなります。
.
・石切り場から石を切り出す
・切り出した石を共有の船に載せる
・船を事業場所へ運搬する
.
基本的に1手番につき、上記のいずれか1つしか行動選択できません。
このゲームに交渉要素はないですが、1手番の重要性、プレイヤー間への相互作用・ジレンマが強いゲームです。
また、プレイヤーが盤面で視覚的に得られる情報は全員共通しており、非公開情報はほとんどありません。
.
載せた石はどんなプレイングをしていても基本的にはゴミにはならず、
必ずどこかの船着場にたどり着き、多かれ少なかれ、一定の恩恵は獲得できます。
ただ、船に載せた石を降ろす順番は船の先頭に詰まれた石からと決まっているため、
船に石を載せるにしても、どの位置に石を積むかという戦略性が点数に強く影響を及ぼします。
(ピラミッドを積むにしても、土台に積むより、頂上に石を積めたプレイヤーのほうが偉いのです。)
しかしながら、石を積んだら、その後の行動は次手番のプレイヤーに委ねられるため、
各プレイヤーの思惑がよい感じに行き違い、思い通りになる展開はほとんどありません。
取れる選択肢は決して多くはないけれど、考える要素は多い、とても悩ましいゲームです。

続きを読む
閉じる
301
名に参考にされているルール/インスト
2017年02月07日 14時32分

プレイヤーはエジプトの建築家となり、公共事業の貢献をしていただきます。

プレイヤーは石切場から自身の色の石を切り出し、手元のストックに石を集めていきます。公共事業には「市場・霊廟・寺院・オベリスク・ピラミッド」の5つの建築現場があり、手元の自身の色の石を建築現場に送り、公共事業に貢献しましょう。

.

石を送る手段としては船を用います。船は積載量が決まっており、2~4個までの石を載せることができます。建築現場には1つずつ、船着き場が設けられており、石を乗せた船は建築現場専用の船着き場に入ることができます。ゲームは計6ラウンド行われ、ラウンドの始まりに4隻の船が決定されます。プレイヤーは手番で石を切り出し、船に石を載せ、船を建築現場に輸送をしていただきます。4隻全ての船がいずれかの建築現場に載せ終われば1ラウンドが終了し、次のラウンドに進みます。

.

プレイヤーが行う手番は以下の3つです。どれか一つを選択してください。(アクションカードによる例外あり)

.

●石切場より、石をストックに獲得

自身の色に対応した石を3個まで獲得できます。ただし、手元のストックは5個までしか保持できないため、ストップに既に3個保持している場合は+2個しか獲得できません。

.

●ストックの石を船に積載

自身の石を4隻のうち、好きな船に1個載せます。船には船首から船尾にかけて縦1列に石を置くスペースがありますが、空きスペースならどのスペースに置いてもかまいません。

.

●船を建築現場に輸送

好きな船を空いている好きな建築現場に輸送します。その後、船首から順番に建築現場に石で建築を行います。『建築』は、石を1個ずつ、順番にシステム的に建築していくため、そこにプレイヤーの意思は介されません。

.

次に、建築現場の解決について説明します。

.

●ピラミッド

3×3のブロック上に、2×2の石を、2×2の石の上に1×1の石を積んでピラミッドを建築します。

ピラミッドの石を並べる順番は決まっており、石を積んだ場所に応じた所定の勝利点を獲得します。

.

●オベリスク

自身の色ごとに石を積上げます。

要するに石の高さの背比べです。ゲーム終了時の高さの順位によって勝利点を獲得します。

.

●寺院

石の壁を順番に建築していきます。

ラウンド終了時、壁を真上から見て自身の色の石の数に応じて毎ラウンド集計を実施します。

.

●霊廟

3×n列の平たい石をずらーっと並べていきます。

ゲーム終了時にパズルゲームの「ぷよぷよ」のように、一つの色の石が繋がっているほど高得点です。

.

●市場

石1つにつき、好きなカードを1枚ずつ獲得します。

カードにはゲーム終了時に点数になるカードや、使い切りアクション強化などがあります。

続きを読む
閉じる
287
名に参考にされているレビュー
2017年05月25日 11時55分

古代エジプトの建築現場をテーマに、
ルールはシンプル見た目はかわいく
だけど、ものすごく濃厚なインタラクションを楽しめるゲームです。

手番にやれることは
4つのアクションの中からどれか1つを行なうだけ。

石を切り出し、自分のストックに3コ乗せる
石を船の空いてるスペースに積み込む
石の詰まれた船を、建設現場に運ぶ
手元のカードを使う

どの船に石を積むのか。
船をどう動かすか。
どこを得点源にするか。
石を切り出すべきなのかどうか。
誰が何を仕掛けているのか……。
もう、何から何まで悩ましい感じがステキです。

自分の石を一つの船に固めると、
たいてい他人が動かしちゃって思うようにならない。
結果的に、いくつかの船に石が散るので、
どの船をどこに着けるのがベストなのか!? って考えちゃいます。
しかし、自分の手番にやれることは少なく、
手元に置いておける石も5つまでと少なくて…。

すっごい悩ましく濃厚な時間を過ごしてるけど、
終わってみると本当に40~60分ぐらい。
プレイ感はサクサクだけどしっかり、とすごく気持ちいいもの。
それと、コンポーネントの石が意外と大きくて
建設現場に積みあがってるのを見るのもステキな感じです。
遊んでよし、眺めてよしの良ゲーで、
インストは簡単だし、ゲーム時間も長くないので、
ぜひぜひ遊びたいタイトルです!

続きを読む
閉じる
262
名に参考にされているレビュー
2017年02月17日 19時16分

古代エジプトの建築家となり、様々な建物を建築することで、名声点を得るゲームです。
大きな石のコンポーネントが目を惹くゲームで、これを船で出荷することで建造物を建築します。船の出荷タイミングや出荷先の選びが勝負の鍵を握りますが、なかなか自分の思うようにいかない悩ましくも楽しいゲームです。

>>続きはこちら<<
http://nicobodo.com/archives/5413217.html


続きを読む
閉じる
227
名に参考にされているレビュー
2017年08月20日 10時25分

エジプトを代表する伝説の建築士、イムホテップ。 彼になりピラミッドを含む4つある建造物を点数が多くとれるように作っていきます。

石を切り出しストック(5個まで)したり、石を船に乗せたり、4つの建造物に石の乗った船を、接岸&組み立てして、多く点数をとった人が勝ちとなります。

船は4つの建造物の他、カードのある場所にも接岸できて特殊カードを取得することもできます。このカードで点数をとるか、建造物を組み立てて点数をとるかは考えどころです。

パズルのようで相手の動きをみながら動かしていくのでじっくりやりたい時などいいゲームです。

続きを読む
閉じる
226
名に参考にされているレビュー
2018年09月11日 00時03分

評価:5(リプレイすればもっと上がるはず)


エジプトテーマ好きの有我悟さんにインストしてもらいプレイっ!!

とはいえ、全員が初プレイの模様・・・


ルールを聞いたときは、とてもジレンマのある面白そうなシステムだったのですが、

実際にプレイしてみると有利プレイヤーをカットするお仕事が決まってしまい

たんたんとプレイが進んでしまった印象。


結果的には、比較的のびのびプレイしていた私が1位だったのだが、ちょっとしっくりこない。

感想戦をして、何度か繰り返すと評価があがりそうなゲーム。


他人プレイヤーの有利不利を意識が薄いプレイヤーがいると、すぐにゲームバランスが

壊れるピーキーなシステムなので、そのあたりは注意しないとつまらないと評価されそう。


固定メンバーで何度かやってみたいゲームです。

続きを読む
閉じる
224
名に参考にされているレビュー
2018年04月16日 12時40分

このゲーム、一筋縄では行きません。それぞれのプレイヤー色の石を積んでその貢献度に応じて勝利点が貰えるゲームなのですが、1回のアクションで1つの動作しか出来ず、他プレイヤーとの壮絶な邪魔合戦が続きます。全く思ったようには進まず、気づけばゲーム終了(笑)

ゲーム慣れしていない人でもプレイ事態は簡単かもしれませんが、ある程度ゲームをしている人でも勝つのは容易ではないと思います。

まだ1回しかやっていませんが、割と短時間で終わるのと、ボードを裏返すと難易度の高いB面がある為リピート率は高そうです。あまり場所を取らないのも良いポイントですね。

値段も優しめなので、買って損はないですよ!

☆個人的評価☆かなり良い+

続きを読む
閉じる
195
名に参考にされているレビュー
2018年04月10日 22時46分

エジプト度


このゲーム簡単に解説すると、石を船に乗せて建設地に運んで勝利点もらおう。これだけ笑


これだけのゲームなのにジレンマあり。ビジュアル良し。


まずゲームの流れとしては、

  1. 4隻船を選ぶ
  2. 市場カードを補充する
  3. アクションを手番ごとに行う
  4. 船が4か所に停まったらラウンド終了
  5. 1.へ戻る

これの繰り返しで6ラウンド行います。

  1. の船ですが4種類あり、1~4個石が積めます。船によって変わる最小積載量なるものがありまして、それを超えていないと出航できません。ラウンドごとに4隻がランダムで選ばれます。
  2. の市場カードですが手に入れたときに即実行のカードや、ゲーム終了時に得点になるカードなどがあります。
  3. のアクションは4種類あり、採掘場から石を自分の石材保管場に補充か、石を1つ船に積むか、最小積載量を超えた船を出航させるか、市場で手に入る青いカードを使うか、の4択になります。
  4. のラウンド終了条件ですが、船着き場は5か所あり、そのうち船が4か所に停まったらラウンド終了です。


船が目的地である、市場、ピラミッド、オベリスク、埋葬室、神殿のうちどれかに着くと得点がもらえるのですが、得点の回収方法はさまざまで、オベリスクなんかは石材を高く積み上げた人が高得点で、ピラミッドは石材を積み上げてピラミッドっぽく石材を積みます。

石材を下す順番は積載された順でイニシアチブがあり、大きく得点に絡んでくるのもジレンマの一つ。


あと、大事なコンポーネントですが、市場カードは花札ほどの大きさ、ゲームボードと船は厚紙、注目は粒の大きい石材トークンでコンポーネントの質量のほとんどは石材となります。


タクティクスあり、ジレンマあり、ビジュアル良し。とてもいいゲームです!


(エジプト度4とは箱裏面に書いてありました。エジプト度1なんてあるのか?笑)

続きを読む
閉じる
185
名に参考にされているレビュー
2018年12月27日 23時43分

自分の得点と他プレイヤーへの妨害が、1つの行動で同時に成される。最適な行動を相手との駆け引きの中で、最適なタイミングで実行する。そんな考えどころがありながらもサクサク進む軽さが魅力。

しかしそのシステムには感心するが、とにかくコンポーネントが野暮ったい!

スカスカの箱含めて是非リメイクしてほしいゲーム。


思考性  ★★★★★★☆☆☆☆  

ジレンマ  ★★★★★★★☆☆☆  

ギャンブル性  ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  

コンポーネント  ★★★☆☆☆☆☆☆☆  

テーマ ★★★★★★☆☆☆☆  

総合評価  ★★★★★★☆☆☆☆


お気に入りの点

・船を動かすタイミングと船の行き先の選択ひとつひとつが、100パーセント漏れなく自分と他のプレイヤーの得点に関わってくるという密度


いまいちな点

・船の貧相なデザイン(現実にそうだったとしても)

・各ボードにいちいち書かれている日本語説明が雰囲気を台無しにする。フォントもダサい!

・木製キューブが塗料臭い

・箱がスカスカ

・テーマの割に、以外に石を積まない。もっと巨大なピラミッド建てたい

続きを読む
閉じる
184
名に参考にされているレビュー
2018年12月08日 23時12分

 コロコロ堂で、3人でプレイした感想です。

 スシゴーやクマ牧場をデザインしたフィル・ウォルカー・ハーディングによる、古代エジプトの建築家にプレイヤーは扮して石を切り出し、船で運んで、ピラミッドやオベリスクなどの建物を建築するゲームです。

 なお、2016年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた作品です。

 ルールは、ルール欄に掲載されているので、省略します。

 このゲームは、5つの建築現場がミニゲームとなっていることが特徴的で、すぐ得点できるピラミッドや神殿、ゲームが終わらないと得点できないオベリスクや埋葬室に分かれます。

 ただし、唯一建築現場ではない市場は、ゲームにさまざま効果があるカードを入手できます。

 赤色カードは使い切りで、入手したらすぐに効果が発生します。青色カードは使い切りで、自分の手番に一アクションとして使うことで効果が発生します。緑色カードは、ゲーム終了後に1つの建築現場に石を積んだ数÷3(小数点切り下げ)を得点にできます。紫色カードは、ゲーム終了後に枚数に応じた点数が入ります。

 このゲームの好きなところは、自分の手番で取るべき行動が、自分の得点を高めるのか、それとも他のプレイヤーの高得点となるところを抑えるべきか非常に悩ましく、ジレンマを感じるところです。


 プレイ自体はシンプルだし、手番に3つしか選択できないのに、ジレンマで悩ましくも楽しく、プレイ時間もそこまで長くないので、ついつい「もう一回!」と言ってしまいます。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,536(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 123興味あり
  • 497経験あり
  • 101お気に入り
  • 271持ってる

チェックした商品