マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ロールプレイヤー:モンスターズ&ミニオンズ
  • ロールプレイヤー:モンスターズ&ミニオンズ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~5人
  • 60~120分
  • 10歳~
  • 2018年~

ロールプレイヤー:モンスターズ&ミニオンズ

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
勇者創造ダイスゲーム「ロールプレイヤー」に、戦闘要素を追加する拡張セットが登場!
  • キース・マティエイカ(Keith Matejka)作

 武器を持て! 恐るべき怪物どもの進軍によって、王国の至るところに死と破壊の爪痕が残された。国土を蝕むこの脅威を打ち払うため、王は有能な冒険者たちを首都へと召集した。

 この『ロールプレイヤー拡張 モンスターズ&ミニオンズ』では、幻想世界で最高の勇者を創造するにとどまらず、宿敵との最終決戦に備えるために、迫り来る脅威に関する情報を集め、プレイヤー同士競い合うことになります。

 戦いの準備を整えるほど、報酬は上がります。しかし情報も無料ではありません。来たるべき戦いのために、モンスターの手下からなるべく詳細な情報を集めましょう。

 モンスターの棲み処はどこにあるのか? そこに至る道に障害はあるのか? 次にどんな攻撃を仕掛けてくるのか?

 凶悪なモンスターやその手下を撃退することによって、追加で名誉の星を獲得することができます。ひときわ大きく輝く名誉の星を射止めたプレイヤーこそがゲームに勝利し、王国の継承者となるのです。

レビュー 2件

687
名が参考にしたレビュー
 by NekoMadam

2人で行ってみました。

本作は基本セットに戦闘要素を盛り込んだ拡張セットになります。

雑魚カードやボスカード、巻物カードや戦闘ダイス、EXPや負傷などが追加されております。

市場購入フェイズ中に雑魚と戦闘できる要素が追加され、ゲーム終了時にボス戦も追加されています。

とてもバリエーション豊かになりだいぶ派手なゲームになります

ただし戦闘ではボス戦を除き直接勝利点を得る事は出来ません。

そのため、基本セット時のみのプレイ同様、市場カードをきちんと取得していく必要があります。

ゲーム終了時に行われるボス戦の為に、雑魚戦などで準備をしていくのがとても楽しいです。

写真は雑魚戦にのめり込み過ぎてボス戦を楽勝して30点しか取れなかった状況になります。


とりあえずこれだけは言えます。

拡張込みを味わったら、もう基本だけにはもどれません!

1年以上前(2019年01月28日 20時45分)
続きを読む
閉じる
328
名が参考にしたレビュー
 by だいすけ

RPGキャラ作成ゲームに戦闘要素が追加された拡張セット。そのほかにも各カードや、色の条件は満たせないが目が3~8となっている特殊なダイスも追加されている。

戦闘は買い物の代わりに行う雑魚戦と、ゲームの最後に行うボス戦があり、雑魚戦で勝利するとボス戦で使用するダイスを増やす条件を知ることができ、最終バトルで有利になるという仕組み。

戦闘が追加された拡張なので、戦闘で得られる勝利点は最大8とそれなりに多いが、基本セットの得点をおろそかにしていいというわけではないので、購入フェイズでの悩ましさはより大きくなっている。

基本セットのパズルチックなシステムも悪くはないと思うが、やはりRPGキャラを作るからには戦闘してみたいし、各特性(能力値)の個性も生かせるようになったので、よりテーマに沿った内容になっていると思う。何より最終戦闘時にダイスをたくさん振れるのは純粋に楽しい。


難点としては、拡張のルールブックには基本からの変更点以外があまり書かれていないので、基本と拡張のルールを行き来しながら読まなければならない点(ソロプレイだとソロルール部分を含め4か所参照しなければいけない)と、カード裏の印刷の色味が基本と拡張でぱっと見で分かるくらい違うので、システム上は問題ない(裏面を見て選択するような仕組みはないので)とはいえ、気になる人はいるだろう。

また、ルールブックやカードなどに誤字や無意味な空白など、記載ミスも散見されるのも(いつものことながら)残念なポイントではある。

8ヶ月前(2019年11月06日 11時12分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,940(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 70興味あり
  • 50経験あり
  • 14お気に入り
  • 88持ってる

チェックした商品