マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
プレヒストリー
  • プレヒストリー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 60~120分
  • 12歳~
  • 2018年~

プレヒストリー

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
食料が尽きた! 石器時代の部族の⻑となり、紀元前を生き抜こう!
  • アッティラ・ショーギー(Attila Szőgyi)作

 この拠点の周辺にある食料では、部族全員を養うことはできない! こうなっては、移住を決行するほかあるまい。最も豊穣な土地を見つけ出し、新たな拠点を完成させ、より力のある部族を組織するのは、いったい誰だろうか。

 プレイヤーたちは紀元前、石器時代の部族の⻑となって、様々なアクションを行います。採取や狩猟に出かけ、食料などの資源を獲得したり、壁画を描き、儀式を執り行うことによって自然と一体化することもできます。

 探索や征服を行いつつ、最後に最も豊かに進歩した部族が勝利します!

 Kickstarterのストレッチゴールで付属した3種の拡張ルール『略奪部族の襲来』『キャラクター』『追加タイル』が同梱されています。『略奪部族の襲来』のパーツとルールを使用することで、ソロプレイにも対応可能!

レビュー 1件

281
名が参考にしたレビュー
 by 女装男子アッキー&pooh


開封してからインストールして、実際にプレイを楽しむまでかなりの時間を費やしました。

拡張キット(略奪部族の襲来)が最初から同梱されているため、ソロプレイが可能です。


各プレイヤーは、自分の部族民が生き残るための食料を調達するため、季節に応じた様々な行動を手番毎に行っていきます。



【季節毎の大まかな行動】

冬...各タイルの補充

春...資源の補充+資源を用いた行動

夏...アクショントークンを用いた行動

秋...村の外に遠征して様々な行動





【行動】

・採集(果物や木の実集め)

・儀式(祈り)

・壁画

・釣り

・狩猟

・移住


【大まかな流れ】


春は天気タイルからの資源を自動的に受け取り、それを用いて様々な行動をとります。ここで、夏と秋に使用するための大切なアクショントークンをある程度確保することが大切。


夏はアクショントークンを用いて、様々な行動をとります。基本的には春と同じ行動ですが、アクショントークンと資源は消費がそれぞれ異なるため、この辺りはある程度の先を見通した行動が大切になってきます。



秋は資材トークンとアクショントークンを用いて、村の外に遠征に行きます。(別マップを利用)

村の外には食料調達のための様々なものが用意されていて、いかに早くタイルを取り、拠点の建設(テント)を行っていくかがカギになります。


冬は、それぞれの資源が補充されます。



この繰り返しで、5年(5ラウンド)経った時点で得点の高い人が勝ちになります。



略奪部族の襲来を用いてソロプレイを二回やってみましたが、これは楽しいですネ☆そのいくつかを挙げておきます。


【楽しいと感じたところ】


・春と夏の様々な行動に悩まされる

・どの行動もメリットがあるので、いかにしてプラスの効果(アクショントークンを追加で入手)を受けるかを考えるのが楽しい

・秋の遠征で村の外に出て別マップで様々な行動をとるのが楽しい

・略奪部族の襲来は自動的に敵が行動するAIのようなルールになっているため、プレイヤーのとった行動に応じて様々ないやらしい行動をとってくるところが妙に人間味がある。ソロプレイが出来て嬉しい。難易度は二段階に調整可能だが、優しいレベルでもかなり手強い



冒頭にもお伝えしましたが、このゲームのルールは意外にややこしく、インストがかなり時間がかかると感じました。(わたしは説明書を読むだけに3時間、実際に二回プレイをしてようやく理解出来ました)

また、プレイヤーが各々で全く違う行動をとることも考えられるため、交渉や戦略にはやや乏しいとも感じました。


ただしそのようなところを気にしなければ、とても楽しいプレイができると感じました。


まとめると...

・やることがあれこれとあり、それを実行するためのルールがやや複雑。ボドゲ初心者にはちょっとハードルが高いかも?

・プレイ時間は5ラウンドで100分程度(ソロプレイ)

・プレイヤー同士の絡みがあまりないため、それぞれが黙々と食料調達を進めることになる。基本的に手番が早い人ほど有利な傾向になる

・ルールを飲み込むまでは時間がかかるが、しっかりインストできれば非常に楽しくプレイできる



わたしは略奪部族とのソロプレイばかりですが、楽しい時間を過ごさせてもらっています☆(むしろソロプレイ向きかも?)


余談になりますが、YouTube等で配信されている「ジャングルのBGM」や、「民族BGM」を聞きながらプレイすると臨場感がめちゃくちゃ上がります。


その他の拡張を合わせたプレイレビューも、今後に予定しています。




2020.5.13 追記

【拡張の詳細】

・キャラクター

・絵描き(壁画アクション)

・採集者(採集アクション)

・建築家(追加資源トークン&追加拠点タイル)

・漁師(釣りアクション)

・女族長(移住アクション)

・狩猟者(狩猟アクション)

・呪術師(儀式アクション)


全てのキャラクターに通常能力(春季)&特殊能力(夏季)がある。

いずれもそれぞれのアクションが有利になる。



・各追加タイル

【キノコタイル】

好きな採集カゴに入れることができる。いわゆるワイルドタイル。


【ナマケモノ】

獲得したナマケモノタイルはゲーム中にいつでも使用可能。追加アクション+発展点+1。


【巨岩D】

タイルの上に部族民コマがあるプレイヤーは、描かれているアクションを実行するたびに新たな部族民を1体マップ上に配置可能


【巨岩E】

タイルの上に部族民コマがあるプレイヤーは、ゲーム終了時の巨岩タイル1枚の得点が2倍


【仕掛け罠】

釣り収入時、記載されているものを自動的に追加で獲得



【縄張り】

拠点タイル建設と同じ要領で配置可能。2得点を獲得し、さらに毎春季、裏に描かれている資源を獲得可能



・略奪部族の襲来

特殊なタイルと略奪タイル+特殊ルールを用いて、自動的に行動するAI「略奪部族」と対戦が可能。

プレイヤーが行ったアクション(使用した資材やアクショントークン)に対して、様々なアクションを自動的にとる。



【拡張を入れたプレイの感想】

キャラクターカードはそれぞれのアクションがかなり有利になります。ルール説明書では「それぞれのプレイヤーに1枚ずつ配る」とありますが、勝利点の一番低いプレイヤーに配るとよりバランスがとれそうです。


追加タイルはそれぞれ各アクションのよいスパイスになっていますので、拡張を混ぜてプレイするとさらに楽しめました(特にキノコタイルとナマケモノ)


略奪部族の襲来は、特殊ルールを用いて強力なAIと対戦できる、ソロプレイが可能になる嬉しい拡張キットです。(最大はプレイヤー3人までプレイ可能)

特殊ルールを飲み込むまで時間がかかりますが、AIはかなり手強く、白熱したプレイが楽しめます。(難易度は二段階に調整可能)

このゲームはソロプレイ向きなのでは?と感じました。ボドゲソロプレイが好きな方は是非ともプレイしてみてください。

わたしは定期的にプレイしていますが、かなりよい刺激になって楽しめています。YouTubeの動画でジャングルや民族の音楽を聴きながらプレイすると、まるで別世界にタイムスリップしたような楽しい時間を過ごすことができますヨ☆(*^^*)


3ヶ月前(2020年05月03日 19時24分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 11,000(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 25興味あり
  • 18経験あり
  • 3お気に入り
  • 38持ってる

チェックした商品