マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
10ミニッツ・トゥ・キル
  • 10ミニッツ・トゥ・キル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 10~15分
  • 12歳~
  • 2015年~

10ミニッツ・トゥ・キル / 10' to Kill の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
あなたが街一番のヒットマンであることを証明しましょう
  • ベネット・バナー(Benoit Bannier)作

脱落者の出ない、正体隠匿ゲームです。

ヒットマン(暗殺者)となり、行動しましょう。
ターゲットを素早く始末するか、他のヒットマンを始末することで、自分が一番のヒットマンということを証明します。

10ミニッツ・トゥ・キルに2件の書き込みがあります

300
名に参考にされているレビュー
2017年06月25日 03時24分

まるでディズニー映画『ズートピア』のような世界観の推理ゲーム


基本的なゲームの内容としては脱落者なしの正体隠匿推理ゲームです。

各プレイヤーはヒットマンとして3人のターゲットを受け持ち、他のメンバーに気づかれないよう暗殺してポイントを獲得していきます。

最終的に持っているポイントが一番多い人の勝利です。


まずユニークなのがその登場人物(?)たち。

冒頭にも書いたようにズートピアで登場するような動物の姿のまま働く格好をしたキャラクターが16人います。

よくよくみるとピザの配達員と思わせて中身が爆弾だったり、さりげなくナイフを隠し持っていたり、ギターに血がついていたりと多くのキャラクターがヒットマンっぽく描かれています。また、ボード代わりにタイルを自由にアレンジして配置できるプレイエリアがあるのですが、そこにすべてのキャラクターを配置するだけでにぎやかな盤面になります。


ゲーム内容の点でいうと、


まず2人でもできる「正体隠匿」ゲームというのは珍しいですね。

人狼に代表される正体隠匿は相手の役職を暴くものがほとんどの為、あまり2人からできるものが多くないと思っています。普段プレイするときは2人のことが多いので、これは個人的にうれしいです。

また、正体が見破られてしまうと自分自身を暗殺されてしまう(!)為、その後ターゲットを殺すことはできなくなるのですが、ノンプレイヤーの警官を操作し相手を捕まえることができます。ここが正体隠匿なのに脱落なしの要素になります。


正体の推理にしても、複数ある暗殺方法の条件、街のタイル配置や住人の配置で簡単すぎず難しすぎずといったところでしょうか。

誰かが殺された際に「今こいつを殺すことが可能なのはイヌとセイウチと・・・」とやっていくとそこまで迷いません。

2人プレイのみなので3人4人となるとプレイ感は変わってくるかもしれませんが。


ちなみにルールブック上「ターゲット一人殺すと1点」とか「他のヒットマンを殺すと3点」なのですが、「警官を殺すと-1337点」らしいです。

要は殺しちゃだめだよってことなのでしょうがこの数字に何か意味があるのか気になります・・・

続きを読む
閉じる
125
名に参考にされているレビュー
2018年01月09日 21時54分

暗殺者のゲームなのに・・・職務質問ゲームに早変り。大人の方にはおすすめしません。簡単すぎます。内容が暗殺なので、ギリ小学校高学年から、中学1年くらいまでなら楽しめるかもしれません。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,916(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 27興味あり
  • 102経験あり
  • 8お気に入り
  • 68持ってる

チェックした商品