マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
R-ECO
  • R-ECO当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

R-ECO

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ゴミ分別カードゲーム!2004年初版、海外受賞・出版のゲームが15年の時を超えて新版発表!
  • 川崎 晋(Susumu Kawasaki)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

2004年初版のカワサキファクトリー代表作、TANSAN様の新デザインでリニューアル!
●「R-ECO」とは
プレイヤーはゴミ収集業者となり、市民が捨てたゴミを回収してリサイクルし、利益を得ようとします。
ゴミは回収すればするほど利益を得やすくなりますが、トラックの積載量(持てるカード枚数制限)を超えるとマイナス点!
あれこれ頭を悩ませながら、なんとかピンチを切り抜けて高得点を狙う、シンプルながらもやりごたえのあるカードゲームです。
2004年ゲームマーケットで同人版を頒布、2006年にドイツ・エッセンシュピールでの発表をきっかけに、
2010年ドイツのゲーム情報誌「フェアプレイ」にて「アラカルト カードゲーム賞」を受賞。
ドイツAmigo社、アメリカZ-MAN社などから出版し、日本にも逆輸入されました。
2019年秋、TANSAN様のグラフィックデザインで装いも新たに登場です!
詳しいゲームの情報は、こちらの期間限定特設サイトへ!

レビュー 3件

153
名が参考にしたレビュー
 by 山田

ゴミを回収して処理場に持って行き、勝利点を稼いでいくゲーム。


システムが非常に良く出来てる。最初はノロノロとテンポが悪く、途中でやめようかと思ってしまったが、後半の加速度的なゲームの進行がすごい気持ち良い。

手札が5枚までしか持てないため、ポイント(勝利点)は欲しいけど、ゴミは引き取りたくない…というジレンマが生まれる。ある種の洗面器ゲームになっている。

ポイントカードも1枚だけの場合は無効になる。なので途中で-2ポイントも出て来た時に、取るべきか取らぬべきか、敢えて1枚だけ取ってマイナスを回避するか…などなど。


アートワークもTANSANさんのオシャレなデザインで、しかもデザインが1枚1枚違っている。ゲーム中は見ている暇ないけど笑

欠点は山札がすぐ無くなるから、いちいちシャッフルしなければならない(しかも同じ色が重なっているから結構しっかりやる)のと、ゲーム後にポイントカードを同じ順番に並べないといけないのが手間ってところかな…。2人よりは3〜4人の方が面白いと思う。

8ヶ月前(2020年02月01日 17時01分)
続きを読む
閉じる
134
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 ゲームマーケット2019秋で、3人でプレイした感想です。

IMG_3342.jpeg

 パクパクパークやすすめ!!海賊さん、クイズいいセン行きまSHOW!をデザインした川崎 晋さんによる、2004年のゲームマーケットで発表され、その後ドイツやフランスでも発売されて人気を博したゲームです。

 プレイヤーはゴミ収集業者となり、市民が捨てたゴミを収集しながら利益を得ようとするハンドマネジメントゲームなのですが、手札の上限が5枚なため、それ以上のカード枚数は不法投棄しなくてはならず、1枚につきマイナス1点となります。

 また、ゲームが終わるまで1回も不法投棄しなかった場合は、優良事業者として表彰され、ボーナス得点がもらえます。

 具体的なルールは、下記URLからご参照ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/r-eco-new


 3人でプレイした感想ですが、私は優良事業者を目指してみました。しかし、ゴミを出して回収するのがゲームが進むに連れ厳しくなり、失点を覚悟しなければならなくなったところで、前のプレイヤーが引き取ってくれたので何とかゲームの最後まで失点せず優良事業者になることができました。

 ただ、点数的には全然獲得できなかったので、まだまだいろいろとプレイの仕方を研究したいと思います。

 また、4歳児には、まだプレイするのは難しい内容なので、もう少ししたら一緒にプレイしたいと思います。

10ヶ月前(2019年11月30日 20時07分)
続きを読む
閉じる
119
名が参考にしたレビュー
 by マクベス大佐@ボドゲブロガー

カワサキファクトリーさんの代表作。不法投棄するかしないかで悩む。名作リサイクルゲーム。


【ざっくり解説】

 カワサキファクトリーさんの名作カードゲーム。ゴミのリサイクル業者をテーマにしたカードゲームで、手札管理が非常に独特で秀逸なゲーム。

 手札上限をオーバーすると失点になるのですが(不法投棄)不法投棄をやると手札管理の面で格段に有利になるというバランスは絶妙です。

 この独特の手札管理性がなかなか代替え性のないゲームとして、今日でも本作が名作たらしめている要素だと思います。


【長所】

 独特の手札管理システムです。不法投棄のリスクとリターンのバランスが素晴らしく、やったプレイヤーが勝つ場合やらなかったプレイヤーが勝つ場合が両方しっかりあります。どちらが強すぎるという印象はないことです。

 また中盤に失点を回避するゲーム性に一時的に変化することも本作の代替え性のない魅力の1つです。一気に息止め合戦のような我慢大会になって、そこを抜けると一気に大量得点とゲーム終了まで駆け抜けます。

 この絶妙なゲーム性の変化とメリハリの付け方独特の手札管理システム。この2本柱が本作を代替え性のない唯一無二たらしめている要素だと思います。


【短所】

 中長期的にリスク管理しない目線で行くと、かなり噛み合い次第のゲームに感じてしまうことでしょう。短期的にベストの手だけを探していると運ゲーに感じやすいです。中長期的にリスク管理することの大切さに気付けば、本作がスキルのでるゲームであると実感していただけると思います。

 手札管理の独特さのために犠牲になっていると思うところとして、手番毎のカードの補充が結構手間がことが挙げられます。ここだけはデジタルゲームチックでアナログゲーム目線でいくとやや手間がかかる印象があります。


【個人的な評価】

 間違いなく傑作です。もう20回は軽くプレイしており、推定プレイ回数は50回近いでしょう。

 確かにカードの取り回しはやや手間ですが、それを補って余りある唯一無二性のためなかなかこれにとって代わるゲームが思いつきません。ボーナンザの「手札並べ替えが不可能というルールぐらい唯一無二のゲーム」に思います。

 人数が多すぎると制御が効かないタイプのゲームなので、バランスが良いと思う3人を個人的には推奨します。2人もありですがかなり実力が出るゲーム性になります。4人だと大分気楽に遊べると思います。お好みの人数で遊ぶとより楽しめるでしょう。

 

4ヶ月前(2020年06月06日 09時55分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,500(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 52興味あり
  • 111経験あり
  • 30お気に入り
  • 91持ってる

チェックした商品