マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アレア・ステラ・テン
  • アレア・ステラ・テン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 20~80分
  • 12歳~
  • 2019年~

アレア・ステラ・テン

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
X(10)個のサイコロを握りしめ、X(未知)の惑星をeXplore(探査)せよ! サイコロ10個の3軸インフレすごろく!
  • タク(TAQ)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

ゲームの舞台は恒星間航行が当たり前になった未来。プレイヤーは未知の惑星を探査する探査船団の司令官となり、宇宙の果てで新たに見つかった3つの星系を探査し、より大きな功績を残すことを目指します。

ゲームはすごろくのようにサイコロを振って進行します。手番に行える行動は10個のサイコロを振り、同じ出目をいくつか組合わせて「役」を作ることで決定します。サイコロの出目を上手く揃えることにより、一つの手番に複数の行動を行うこともできます。

プレイヤーは自身のコマ(宇宙船コマ)を3つの星系ごとに別々に進めます。これら3つの星系にある各惑星に「入植」することで、勝利点を得たり、各惑星固有の能力を手に入れて惑星探査を有利に進めたりすることができるようになります。

どの星系を先に進めるのか、どの惑星に入植するのか、サイコロの出目の揃え方に頭を悩ませるさいころ10個の3軸インフレすごろくです。

レビュー 2件

55
名が参考にしたレビュー
 by ワタル@ボドゲ

4/5点

すごろく&セットコレクション


色や大きさ異なるダイスを10コ振る→黒&3つ確定→残り6コ振り直す→3つ確定→残り3コ振って確定


同じ目3つ以上で

移動出来るが

4~6つで揃えたり

色や大きさ揃えることで

追加移動や入植や独占も。


入植や独占すると

勝利点獲得&それぞれの星の能力を使用出来る。


赤は追加移動系

青は出目操作系

白は特殊なものが多い。


星を入植や独占したり

途中の遭遇カードを

めくることにより

勝利点を獲得していく。


途中にある遭遇カードが

ランダムのため

場も毎回変わるし

リプレイ性高い。


何人でも楽しめると思うし

ソロにも対応してる。


ソロプレイは

8ラウンドで何点取れるか

競うのだが

コチラもなかなか楽しい。


小さいダイスが

小さすぎて

紛失しないか不安かな。


あと説明書の記載が

ところどころ

分かりづらい。


青の星系についての例の

記載はおそらくエラッタ。


いくつか

問い合わせた部分あるので

↓にまとめときます。


遭遇カードの

左上の勝利点は

最初にめくったプレイヤー

のみ獲得出来る。


CAUTIONからの脱出は

2マス移動の目が

たまたま条件に

一致していた場合でも

脱出不可。

また脱出に使用した目の

色や大きさ一致してても

その追加効果は

得られない。


ベガとアルタイルは

両方入植した時点で

双方の効果発動し+4点。


星喰いで出来た空きマスは

飛ばして進む。


星の効果は

条件満たしてれば

1手番に何度でも使用可。

(出目操作以外)


ソロプレイ時の敵の入植は

同じ惑星を繰り返し

選択も可。




3ヶ月前(2020年04月09日 23時29分)
続きを読む
閉じる
45
名が参考にしたルール/インスト
 by TAQ@出汁巻亭

ゲームマーケットのゲーム紹介ページにてマニュアルを公開していますので、

詳しくはそちらをご覧ください。

http://gamemarket.jp/game/alea-stella-x/


<ゲームの準備>

(1)メインボード3枚を、上部の勝利点トラックの数字が順番になるように並べます。このとき、ボードの間は少々空けます。

(2)メインボード1枚目と2枚目の間に、遭遇カードIを3枚ランダムに選んで裏向きに置きます。同様にメインボード2枚目と3枚目の間には遭遇カードIIを3枚ランダムに選んで置きます。(下図)

(3)プレイヤーは各自自分の宇宙船コマと入植・遭遇マーカを受け取り、赤青白の3つの星系の最初の惑星と、勝利点トラックの0点の位置に自分の宇宙船コマを置きます(3人以上で遊ぶ場合は、3人目のプレイヤーと4人目のプレイヤーが特定の惑星に入植した状態でスタートします)。

(4)最初のプレイヤーを決めて、ゲームをスタートします。


<ゲームの流れ>

このゲームは手番順に行い、手番では以下の3つの行動を行います。

  1. サイコロを振る
  2. アクションを行う
  3. 手番を終了する


A.サイコロを振る

このゲームでは、赤青白の3色の、大中小の大きさがある9つのサイコロと、それらサイコロのどの代わりにもできる黒いサイコロの10個のサイコロを使います。

(1)すべてのサイコロを振ります。

(2)黒いサイコロの出目を保持します。

(3)残りのサイコロを振りなおす場合は、サイコロの中から3個を選び、それらの出目を保持します。

(4)残ったサイコロを再度振ります。さらに振りなおす場合は、サイコロの中から3個を選び、それらの出目を保持します。

(5)再度サイコロを振り、出た目とこれまでに保持した出目が次の「アクションを行う」で使用できる出目になります。


B.アクションを行う

保持した出目を組み合わせて「役」を作り、「星系を探査する」「惑星に入植する」などのアクションを行うことができます。複数の役を作ることができる場合は、それらの役で複数のアクションを行うことができます。ただし、1度アクションに使用した出目を別のアクション用の役に組み込むことはできません。

●探査(矢印)

自分の宇宙船コマを1つ選び、先に進める(前に戻す)アクションのことです。また、このとき「遭遇」が発生することがあります。

●遭遇

宇宙船コマが、最初に裏向きの遭遇カードに到達したときに行われるイベントです。遭遇カードを表向きにして、そのプレイヤーの遭遇マーカを置いて勝利点を得ます。その後、遭遇カードの<公開時>と書かれた効果を適用します。

●入植(旗)

自分の宇宙船コマが居る惑星に入植マーカを配置して、その惑星の勝利点や惑星ごとの特殊効果を得るアクションのことです。各惑星には1度に入植マーカを2個までしか置けず、また各プレイヤーは各星系に自分の入植マーカを2個までしか置けません。


C.手番を終了する

ここで誰かの勝利点が20点を超えていた場合、その後最初のプレイヤーまで手番を行って(つまり、全てのプレイヤーが同じ数だけ手番を行って)ゲームを終了します。


<勝敗判定>

ゲーム終了時に最も勝利点の高いプレイヤーが勝者です。同点の場合は、スタート地点からみてより遠くまで宇宙船コマを進めているプレイヤーが勝者となります。

7ヶ月前(2019年11月25日 01時03分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,630(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 5興味あり
  • 6経験あり
  • 2お気に入り
  • 5持ってる

チェックした商品