マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
パシフィック・ゴー
  • パシフィック・ゴー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 90~120分
  • 12歳~
  • 2017年~

パシフィック・ゴー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
2時間で体感する太平洋戦争
  • 堀場 わたる(Wataru Horiba)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

「ウォーゲーム」や「シミュレーションゲーム」と聞いて、どのようなイメージをもたれるでしょうか。
「面倒くさい」「やたらと時間がかかる」「ルールが多い」
どれも正解といえます。

しかし、それは同時に不正解でもあります。

他のボードゲーム同様、ウォーゲームにも比較的ライトなものから、ヘビーなものまで様々なものがあるのです。

さて、前置きが長くなりました。

『PACIFIC GO』は、いわゆるウォーゲームとはやや異なります。
まず、ウォーゲームにありがちな、四角い紙の駒に小さい数字がいくつも並んで……いません。
使用する駒は、ボードゲームでおなじみの木製コマです。
キューブとディスクの2種類がありますが、これがそれぞれ陸軍と海軍を表しています。

そして、これまたウォーゲームにありがちな、戦闘解決の時の面倒くさい計算も……ありません。
基本的には、駒の数だけサイコロを振って、1の目がヒットとなり、お互いのヒット数を比べて、その差分が損害となります。
これだけです。

このようにごくシンプルなルールで、太平洋戦争のほぼ全体をカバーしているのが『PACIFIC GO』です。

ウォーゲームは「面倒くさい」「時間がかかる」「ルールが覚えられない」、そういう人にこそプレイしていただきたい(ウォーゲームっぽい)ボードゲームなのです。

レビュー 3件

286
名が参考にしたレビュー
 by 三楽堂

ウォーゲームといえばどうしても「時間がかかるし、説明書も難しい」と思うハズ。

しかしこのPACIFIC GOはそれらを解消してお手軽に遊べるウォーゲームの入門者向けといった感じで、ウォーゲームで遊んだ事が無い大人や小学生にまで短時間で簡単に覚える事の出来るルールでありながら、太平洋戦争をテーマとしたウォーゲームが体感できる痒い所に手が届くゲームです。

戦闘は、部隊に投入する資源を宣言し、その資源数以下の目がダイスで出れば攻撃命中というもの。

その為、数で優位に立てば必ず勝てるかというそうでもなく、しっかりとした戦略が求められつつも、運でどんでん返しもありうるというシステムとなっており、初心者や経験者などの差を感じさせないように作り上げられていて非常に遊び応えがあります

「ウォーゲームってやった事無いけど興味がある」

「短時間で簡単ならやってみたいかも」

「太平洋戦争をテーマにしたゲームってやった事無い」

といった方々には是非遊んでもらいたいです。

2年以上前(2017年11月25日 21時40分)
続きを読む
閉じる
180
名が参考にした戦略やコツ
 by 三楽堂

日本=序盤は毎ターンの資源獲得量を増やす為、資源のある地を目指すと良いでしょう。ここを素早く抑えられるかどうかで後半に大きく影響が出ます。資源地の獲得後は大きく分けて3つあります。

1、イギリスを倒す。陸軍はSAを進み、海軍はそれを支援する形で連携するのですが、ここでグズグズしているとアメリカが態勢を立て直し、大挙して押し寄せてきます。イギリスを倒す事が出来れば西は安泰です。全力でアメリカを迎え撃ちましょう。


2、防備を固めて長期戦。各島々にて守りを固め、海軍と連携してアメリカを迎撃するというものなのですが、イギリスの動向も侮れず、数に置いては厳しい戦いを強いられるので時には思い切りも必要です。無理して籠るよりも賢明な後退を心がけてアメリカプレイヤーの士気を削りましょう。


3、第二次真珠湾奇襲攻撃。全戦力でハワイを攻撃して占領します。この場合、資源地への進出の時間も惜しんで全力で叩く必要がある為、失敗すると立ち直れない可能性があります。ハイリスクハイリターンな戦略です。

・日本はとにかく序盤が命です。しっかりとした目標を定め、戦力の分散を避け出来る限りの戦力集中を心掛けると防御に余裕が生まれてきます。資源の無駄遣いには気をつけましょう!


連合=序盤の日本軍の勢いに正面から挑むのは無謀です。なので次々に領土が奪われていっても、焦らずにグっと堪えてください。後で取り返す為に我慢です。

また、イギリス・オランダ海軍は初期位置の港にいるよりは後退をオススメします。オランダ海軍は1度除去されると戻ってこないので注意が必要です。

アメリカ軍は資源が貯まるまで動きを必要最低限にすると良いでしょう。特に、日本は米豪遮断を狙ってくる場合は要注意です。成功されてしまうと、日本は大きくリードします。なので米豪遮断作戦の動きかどうかを見極め、守るべき所には資源を惜しみなく投入すべきです。


・連合は中盤頃から巻き返しの為の余裕が生まれます。いかにして日本に無駄な資源を使わせるかがカギとなります。数では日本を上回るといってもターンの残り時間が意外と余裕がありません。

多少の損害は覚悟の上でガンガン進む場面も必要となってきます。

2年以上前(2017年11月25日 21時52分)
続きを読む
閉じる
92
名が参考にしたルール/インスト
 by 三楽堂

ブログにて遊び方の説明を詳しく書いてあります。


ゲームの流れ

増援

移動

戦闘

資源獲得

生産

帰還

2年以上前(2017年11月25日 21時41分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 15興味あり
  • 4経験あり
  • 3お気に入り
  • 16持ってる

チェックした商品