マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
フォントかるた
  • フォントかるた当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~6人
  • 10~30分
  • 8歳~
  • 2017年~

フォントかるた

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
愛のあるユニークで豊かな書体
  • せきね めぐみ(Megumi Sekine)作

これはかるたですが取り札は全て「愛のあるユニークで豊かな書体」と書かれています。
上の句や下の句はありません。
判断材料は「フォント」で、デザイナー知識が問われます。
フォントを意識したことがない人にはちんぷんかんぷんですが、明朝体やゴシック体などの有名どころは意外とわかるものです。

レビュー 3件

178
名が参考にしたレビュー
 by ふぇあ

ゲーム概要

一般的なかるたと同様に、読み札に従って札を獲得します。ただし、文章は全て「愛のあるユニークで豊かな書体。」という文章となっており、文章が読み札のフォントで記載されています。

フォント名自体での知識・ゲーム開始前や進行中にめくって記憶したフォント名と札の対応の神経衰弱・読み札に記載されているフォントの特徴に従って、札を獲得するというゲームです。

百人一首のように行うルールもありますが、多くの場合は札をランダムにならべた状態でプレイすることになるかと思います。

ゲーム進行

ゲーム開始前に、各プレイヤーは札および札の裏面に書かれたフォント名を覚え、ゲームを開始します。

読み札は以下の2ステップで構成されており、フォント名で誰もわからなかった場合情報を元に札を探します。

  1. フォント名
  2. フォントごとの特徴(シャープで丸みのある等の説明


詳細なルールおよびレギュレーションについては公式サイトに記載があるので、厳密なルールでやりたい場合はフォントかるたのサイトを確認してください。(念のため2017年12月4日現在の記載を転記します。)

チラシのルール
ふだの並べ方は「チラシ」で行う
  最初の3分間は覚える時間(ふだをめくってOK)
  3分終わったら全員でシャッフルしてスタート 
札を取ったら裏返して書体名を他の人に見せ、OKだったら自分の持ち札に。お手つきだったら、表にして場に戻す。
先に札に手が触れた方が勝ち
同時の場合は触れている面積が大き方が勝ち 
お手つきをした場合は次の読み札までお休み 
取り札の多い方が勝ち、同数の時はじゃんけんで順位を決める

源平戦(二人対決)のルール 
札を24枚ずつに分け、自陣に3列に並べる
  自陣の札は自由に並び替えてOK
  敵陣の札を取ったら、自陣の札を一枚相手に送る。
  お手つきしたら、敵陣の札をもらう。
自陣の札が先になくなった方が勝ち

感想

4人でプレイしましたが、48枚カードを並べる必要があるので、プレイするためには意外と広めの空間が必要です。

ルールには読み札用ケースを利用することで読み手なしでも遊べるという事になっていますが、実際にプレイすると読み札を操作している人が圧倒的に不利です(特に終盤の全員が札とフォント名の対応をほとんど覚えている状態)。読み札役を用意できれば理想的ですがなかなか難しいので、一番札を取っている人が読み札を操作する等したほうがいいです。

フォント自体の知識、札に対応するフォント名の記憶力、フォントの特徴から推理する推理力と、神経衰弱と比べた際の面白さはありますが、「お手つきした札を見比べて、どこが違うのか真面目に探せる」「こんなちょっとした違いわかるかよ~」と盛り上がれる間柄で行う事をオススメします。

あまりフォントを気にしない人達で、ルールが軽めのアイスブレイクのゲームとして使うには不向きです。(※まずそういう人は買わない気もしますが)

3年弱前(2017年12月04日 15時58分)
続きを読む
閉じる
143
名が参考にしたルール/インスト
 by 越智 俊英

基本ルールは読み手と取り手がいるかるたと一緒です。

取り札の裏面に答えのフォントが書いてあるので札を取った後は読み手にだけ見えるように札を渡しましょう。

特徴のあるフォント以外はその道のプロでもほとんどわからないですw

読み手が字体のイメージで読み方を変えると一層楽しめますね。

1年以上前(2019年02月08日 13時22分)
続きを読む
閉じる
106
名が参考にしたレビュー
 by 触覚かるた

とても難しいです。

フォント名だけを聞いて当てられることはほとんどありません。なので、当てずっぽうで取り札をとっては「違った!」を繰り返します。取り札を取った時点で裏面に書かれたフォント名を確認するため、何度も同じ札を間違えて取ると、そのフォント名を覚えます。

それによってフォント名と札の位置を覚えて、とりやすくなったりします。

つまり全くフォントに詳しくなくても、勝てるチャンスがあります。

私が気に入った点は、読み札のフォントの説明文です。フォント名だけでわからない場合、フォントの詳しい説明が読まれます。

ゴシック体で、優しい雰囲気。丸みを帯びた形。線の終わりが細くなる。など

それによって文字の形をじっくりみて、選択肢をせばめていくことができます。

「これ、ちょっとだけ丸い感じだよね」「いや全部同じに見える」

みんなで色々言いながらとる過程がとても楽しかったです。

1年以上前(2019年04月08日 23時01分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,640(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 33興味あり
  • 116経験あり
  • 10お気に入り
  • 86持ってる

チェックした商品