マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ゾンビサイド:グリーン・ホード
  • ゾンビサイド:グリーン・ホード当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~12人
  • 60~180分
  • 16歳~
  • 2018年~

ゾンビサイド:グリーン・ホード

メーカー・卸元:アークライト

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
新たな敵ゾンビの登場。

新たな敵はオークのゾンビ。
過去作と混ぜるだけでなく、単体でも遊べる「ゾンビサイド」の独立型拡張が登場。

過去作の『ゾンビサイド 黒疫禍』『ゾンビ サイド 狂狼砦』と共通の世界観となる中世ファンタジーの世界で、
仲間と手を組み、黒疫禍に感染したオーク軍を相手に勝利をつかみ取りましょう。

1~6人で遊べる協力型ゲームで、地図タイルの組み合わせにより10種類のシナリオが用意されています。
また、シリーズの特徴である豪華なコンポーネントは今作も健在で、ミニチュアの数は72体の大ボリューム。

シナリオの自作が可能なのも本シリーズの魅力の一つ。
新たなキャラクター・武器・地図タイルを加えて拡大した「ゾンビサイド」ワールドで新たな冒険に踏み出そう。

※本作は独立型拡張のため、単体で遊ぶこともできます。

レビュー 4件

レビュー
300名が参考
1年以上前

本編のブラックプレイグ、拡張(ウルフスブルク&屍者に安らぎなし)は保有済み。

商品の基本的な内容、プレイ内容はブラックプレイグと極端には変わらないため、比較をメインに、開封、チュートリアルまでのレビューをいたします。




・本商品は「ゾンビサイドブラックプレイグ」の拡張であるが、独立して単体で遊ぶことも可能。ブラックプレイグが基本型、グリーンホードは派生型といった感じ



・生存者側の追加新キャラが6人参戦、本編のキャラと合わせると合計で12キャラから選択可能。最大で12人プレイも可能(拡張キットのウルフスブルクも合わせると16名)



・オークウォーカー、オークファッティ、オークランナー、オークネクロマンサー、オークアボミネーションのゾンビが追加




・大群ルールが追加




・新アイテム、新武器の追加




・投石器の追加


・新マップや新パネルの追加



【生存者側の新キャラが6名参戦】


近接攻撃がメインのキャラが多い。支援魔法を手番に二回使用可能なキャラ、ゾンビを無理矢理おびき寄せる挑発が可能なキャラ、手番中に何度も探索ができるキャラ、体当たりでゾーンにいるゾンビを全て押しやることが出来るキャラなど。

ブラックプレイグのキャラよりも全体的に強いキャラが増えたと感じた☆


【新たなオークゾンビが追加参戦】


基本的な動きはブラックプレイグと変わらないが、攻撃力がかなり高め(一番弱いウォーカーでも2、ファッティは3!即死(-_-;))ネクロマンサーは出現した時点で大群エリアに数種類のゾンビが追加、益々厄介に


【大群ルールが追加】


ゾンビが出現するたび、同じ種類のゾンビが大群エリアに追加。大群カードを引いた時点で大群エリアに溜まっていたゾンビが一気に放出!

状況によってはとんでもない数のゾンビになることも。ただし、大群カードを引いた時点でゾンビ出現ターンは終了、ブラックプレイグにあった2倍出現カードはなし。(ブラックプレイグと組み合わせたら、2倍ルールは適用されますが(^o^;))


【新アイテム&新武器が追加】


ブラックプレイグよりも強力な武器が追加、新アイテムも追加。さらに宝物武器も6枚追加。全体的に攻撃力が2以上、相乗効果のある武器が増えた。(二枚揃えると攻撃力アップなど)しかしウルフスブルクの追加武器と比べると若干控えめ


【投石器の追加】


本商品の目玉でもある、投石器の追加。

・2ゾーン以上離れた場所にいるゾーンにならどこにでも遠距離攻撃が可能。(建物内も可)

・投石器と同じゾーンにいるキャラが使用可能、3アクションを消費する

・弾の種類を三種類から選択可能(砂利弾=ダイス×6攻撃力1、葡萄弾=ダイス×3攻撃力2、巨礫弾=ダイス1攻撃力3)

・3アクションを使用して投石器を動かすことも可能


【新マップや新パネルの追加】


生垣...移動出来るが視界が通らない(通過の際にダイスを振り、1の目で隠れていた一体のオークウォーカーが出現


逆茂木...視界は通るが移動不可能。逆茂木を利用して遠距離攻撃が可能。


浸水ゾーン...生存者のみ、移動に追加で1アクション。高低差があり、段差を昇る時は追加で1アクション。ゾンビ側は、段差を降りることは出来るが、昇ることはできず迂回して移動


チュートリアルのみしかプレイしていませんが、現段階でいくつかレビューいたします。


様々な強力スキルを持った生存者が追加、プレイヤー側がかなり強くなったと感じました。新たなオークゾンビは攻撃力もかなり高めで、即死の危険性もありますが、とにかく近寄らせず、また、強力武器で一網打尽にすれば、そこまでの驚異ではないと感じました。


大群ルールは一気に出現する恐怖はありますが、大群カードを引いた時点でゾンビ出現が強制終了するため、かえって都合のよい状況の場合も。ブラックプレイグでの2倍出現カードがないため、その恐怖がなくなりました(ただし、ブラックプレイグと合わせてプレイすると両方が適用されます(^o^;))


新武器や新たな支援魔法も含め、ブラックプレイグに比べるとかなり強力になったと感じています。魔法装備はウルフスブルクの追加武器に比べるとやや劣りますが、それでも強力。(魔法装備は一定のレベルに達しないと使えません)


投石器は2ゾーン離れたエリアになら、たとえ建物内でも遠距離攻撃可能な超強力武器。弾種が3つあるため、大群を蹴散らすことも可能、強力な巨礫弾ならあのアボミネーションゾンビも倒せます。このため、ボスクラスのゾンビの恐怖感が少し減ったのではと感じました。


新マップ、新エリアの追加でマップに立体感が加わり、ウルフスブルクの塔と組み合わせるとかなり面白いマップも作れそうです。


【改善してほしいところ】

これは全てのゾンビサイドシリーズに言えることでもあり、仕方ないところではありますが、プレイ時間がかなりかかるところ。プレイヤーが多い時は、ダイスを増やして手番を同時に進行させたり、ゾンビ出現やゾンビ移動する際は参加者がそれぞれ手分けすれば、ある程度はプレイ時間が縮まるでしょう。

しかし、やはりソロプレイでは限界がありますネ(^_^;)


【総評】

まだチュートリアルのみですが、初めての方はもちろん、これは本編のブラックプレイグ保有者の方も買いですね。新たなマップが追加され、高低差も加わり、追加の生存者、追加ゾンビや新武器、投石器、そして本編に同じく、ルールも比較的簡単で、接待用にもピッタリだと思います。


わたしは追加版も合わせた全てを保有していますが、これらをごちゃ混ぜにしてプレイしたり、投石器や特定の魔法装備を有り無しにしたり、特定のゾンビだけを追加したり、好きなマップを追加して完全オリジナルマップを作ったりと、様々な遊び方が出来そうです。

後半はダレがちになっていたところも、様々な追加要素で、最後まで気の抜けない、白熱したプレイが出来そうです。


なかなか時間がとれないところもありますが、現在立ち上げているブログにて、のちにプレイの詳細をアップしていこうと予定しています。



続きを見る
閉じる
大賢者
女装男子アッキー&pooh
女装男子アッキー&pooh
レビュー
247名が参考
10ヶ月前

協力型ボードゲームの最高峰。 

※基本的な部分はブラックプレイグ基本セットと同じになりますので割愛します、基本的な部分はそちらのレビューで確認してください。


こちらの商品はゾンビサイド ブラックプレイグの独立拡張セットとなっております、ですのでこの商品だけで遊ぶことが可能です、もちろん基本セットと混ぜて遊ぶことも可能です。


このグリーンホードで登場するゾンビは相手にする人間のゾンビではなく、オークのゾンビです。脆弱な人間と違い、屈強なオークは非常に手ごわい相手となるでしょう。


☆オークゾンビについて

屈強なオークゾンビの攻撃は強力です。

ウォーカーの攻撃ですら2ダメージを受けます、さらにファッティやアボミネーションは食らえば一発即死の3ダメージ、ネクロマンサーですら2ダメージを与えてきます。(さすがにランナーは1ダメージの据え置きです)

受けるダメージが多いため、基本セットよりもレベル帯がブルーゾーンの緊張感は高めです


☆グリーンホード固有ルール『大群の進行』について

グリーンホードの方には基本セットに入っていた2倍出現が入っていません。

代わりに大群の進行というカードが入っています。

オークの出現カードが引かれた際に、その種類のオークゾンビを一体、大群の置き場にストックします。

ネクロマンサーの場合はウォーカー、ランナー、ファッティの三体を一体ずつ、大群の置き場にストック。

(アボミネーションは1体しか入ってないので追加しません)

そして、『大群の進行』のカードが引かれた際に、大群置き場に貯めこまれたオークゾンビたちが一斉に出現するという恐ろしいルールです、出現したゾーンに置ききれない大量のゾンビが溢れかえる様はまさに恐怖です!

ただし、この大群の進行が引かれた場合は、余っているゾンビ出現トークンからの出現が行われません。

大群置き場の溜まり具合はカード運によってまちまちになりますので、場合によっては全然溜まってないのに大群の進行!空っぽで残りの出現ゾーン停止、生存者ターンみたいなこともあるので非常に振れ幅があります。

ただカードの枚数は決まっているので、序盤に空っぽの大群の進行ばかりが引かれて楽だと思ったら、残りなかなか大群の進行が引かれずたまりにたまったゾンビが一気に放出!なんてこともあります

この大群の進行ルールはメリハリがあって、かなり面白いです。

大群をドラゴンファイヤーで処理できたから今のうちに一気に進めよう!とか、大群が出るまでは防戦で耐えようという感じで、基本セットとは別のプレイングが楽しめます。


☆生存者側について

オークゾンビは非常に屈強ですが、こちらの生存者たちも負けてません。

基本セットとは別の生存者が6人付属しています、所持技能が全体的に基本セットより少し強めに感じます。

とはいえ、そこまでの差はないと思います。


☆強力な武装

もちろん基本セットとは違う物品カードが付属しています。

基本セットのカードよりも強力なカードが多く感じます、やはりここに関してはオークが強力な分こちらも強化されているといったところでしょうか。

特にわかりやすいのが、基本セットの近接武器は初期装備のハンマーでしか、2ダメージ与えられる武器が入っていません。ですが、こちらにはいくつか2ダメージ与えらえる近接武器が入っています、なのでファッティでもさくさくやれます。

また2種類の装備両方をそろえると強力な効果を発揮するカードも追加されてます、物品カードを掘るのが楽しくなりますね。

そして初期装備に入っているテレキネティック・ブラストという魔法カード、初期セットに入っていたマナブラストと違い、ドアを開けることができます。さらに斧と同じように確定でドアをぶち破れます、しかも1マス先から開けちゃえれます。

ですので、初手確定でドアを開けれるため初期行動が非常にスムーズに始められます。

そして、宝物カードが6枚収録されています。特別な武器ってだけでテンション上がりますよね、それが6枚もついてます。宝物カード欲しけりゃこのセット買うしかないです。

特別な宝物カードですが、その中の1枚がとっても強力です。6の出目が出ればドラゴンファイヤーを発生させるというもの、ドラゴンファイヤー自体が切り札のようなものですから、それが何度も出せるなんて強いというしかない!


☆攻城兵器である、投石機の登場

新要素として投石機が登場しました、生存者の強力な味方です!

生存者が投石機のゾーンにいれば、3アクションを使って投石機を放って攻撃ができます。

射程距離がなんと、2ゾーン離れていればどこへでもぶち込むことができます!

建物内だろうがおかまいなしです!

弾の種類が3種類あり、命中率は4以上、誰か生存者が目視していれば3以上になります。

砂利弾:6ダイス 1ダメージ

葡萄弾:3ダイス 2ダメージ

巨礫弾:1ダイス 3ダメージ

といった状況に応じて弾を打ち分けられます。射撃攻撃扱いなため、攻撃優先度ルールはもちろん適用されます。

この投石機が非常に素晴らしい!よくできています!

基本セットだとゾンビがわきすぎ、ネクロマンサーが遠い場所のゾンビの群れの付近にいて逃げられるしかない、ゾンビ出現トークンが増えすぎて、投了ってことも多々ありましたが、

投石機があるおかげで、めちゃくちゃ遠くに運悪くでたネクロマンサーが処理可能になり、理不尽なカード運でどうしようもないってことがなくなります。

またカードが悪く大したカードも引けない、竜の胆汁もない、ブルーレベルでアボミネーションがきた、はいしゅーりょーみたいなこともなくなりました。

投石機でゾンビをうまく排除し、隙を見て一気に行動開始って流れも実の面白い。

強力ではありますが、強い武器や技能を取得していくと、投石機で3アクション使って攻撃するよりも、武器を使って合計3回攻撃した方が多くのゾンビを倒せるようになることもあり、バランスが非常にうまくできています。

また投石機は大群置き場にも攻撃が可能なため、大群の進行に備えて数を減らすといったことも可能

投石機を移動させるには3アクション必要な上、浸水ゾーンに移動させると壊れてしまいます。

投石機自体は非常に強力ですが、みんなで張り付いていてもクリアはできないのでうまくバランスが取れています。



☆新たなマップのギミックが登場

新たなマップの要素として生垣、浸水ゾーン、逆茂木が登場しました。

特に生垣が非常に面白いです。


・生垣は、通行可能、視界は通らないというものです。

通行する分には問題はないが、遠距離攻撃が生垣の先に攻撃できないっていうのが分かりやすいかと思います

基本マップと違い、かくれんぼが非常にやりやすいため、戦略の幅が大幅に広がりました。

基本セットだと隠れるといっても建物しかなかったため、結局全員で固まってゾンビを殴り飛ばして進むしかなかったのですが、

生垣のおかげで、大人数で防衛しながらゾンビをひきつけ、少数人数でシナリオ目的のトークンを取りに行かせるみたいなプレイもできるようになりました。

音を鳴らして誘導したりも、有効的に使えるようになってます。

攻略ルートの幅が広がってほんとに楽しいです。


・浸水ゾーンは、水の溜まっているゾーンです。

少しルールが分かりにくいのでしっかり説明書を確認することをお勧めします。

・生存者は浸水ゾーンから浸水ゾーンに移動する場合2アクションかかります。

・生存者は通常のゾーンから浸水ゾーンに移動する場合は1アクション、逆も1アクション。

・生存者は通常ゾーンから段差を降りて浸水ゾーンに入る場合は1アクションで済みますが、

逆の場合は2アクションかかります。

・ゾンビは浸水ゾーンから浸水ゾーンでも1アクションで移動します。

・ゾンビは浸水ゾーンから段差を上がって通常ゾーンには移動できません。

と箇条書きにしましたが、分かりにくいです。

基本的には生存者にとって不利めな感じがします、生垣が生存者側有利目に感じたのでその分って感じですかね。

マップギミックのためのゾーンって感じがしますね。


・逆茂木は正直、微妙な感じがします。

というものの、収録されているシナリオ10本中7本目にならないと登場しないからです、しかも4シナリオとも破壊できないという特殊ルールがあるため、シナリオギミックのために設置されている感じです。


・総評

基本セットからかなり良くなりました、生存者も強くなって敵を薙ぎ倒しやすくなったけど、ゾンビにあっさり殺されやすいという感じでしょうか

新しい投石機などルールの登場で難易度が下がったというわけではなく、戦略要素が格段に増えて、クリアまでの道筋がかなり増えたという感じがします。

今まで通りに蹴散らして進むもよし、投石機を使って投石班と行動班に分けて進むもよし、生垣に隠れながら分担行動するのもよし。

バランスが非常によくなっており、ムリゲー感はだいぶ薄れた感じがします。


今から購入される方で基本セットと迷った方はこちらが間違いなくオススメです!

続きを見る
閉じる
大賢者
ぽっぽーくるっぽー
ぽっぽーくるっぽー
戦略やコツ
160名が参考
1年以上前


基本版となるブラックプレイグと異なる点を含め、攻略法をお伝えします。(シナリオ1をプレイ)

ゾンビがオークゾンビになったため、基本版と比べて攻撃力が倍以上になっています。危険を避けるため、高確率でゾンビを倒せる状況でなければ、基本的には接近戦よりも遠距離攻撃をオススメいたします。


大群ルールは「オークゾンビが出現するたびに大群エリアにゾンビが一体追加」となるため、特に後半ではゾンビの駒切れ(追加行動)が非常に起こりやすくなります。
このため、こまめにゾンビを片付けておかないと、追加行動であっという間に瞬殺されてしまうことにも。
ただし、大群ルールはタイミングによってはほとんどゾンビが出現せずに終了、というラッキーな状況もありますので、この辺りは運もあります。


投石器はうまく使えば離れたところから集団ゾンビを一掃でき、オークアボミネーションも倒せるため、非常に強力です。(建物内も攻撃可能)攻撃や移動は3アクションも使いますが、なるべくゾンビ出現エリアから離れたエリアに展開しておけば、後々に戦況が有利になります。
注意すべきは、遠距離攻撃が出来るからとガンガン倒さないこと。経験値がみるみる増え、レベルが上がってしまうと出現ゾンビが強力になってしまいます。この辺りは使用のタイミングや各生存者の経験値のバランスもうまく調整するとよいでしょう。射程2以上でないと、攻撃できない点も注意。


今作の生存者は序盤から強力なスキルを持っているキャラもいるため(ベリンの体当たりやヨハネスのトランスミューテーションなど)うまく活用すると有利に運べます。

今作は強力な魔法武器も新たに6枚追加されました。それらをうまく使えば、大群も一掃できるでしょう。


地形に新たな「生垣」「浸水ゾーン」が追加。生垣は視界が通らないため、遠距離を思うように出来ない場面もあります。地形をうまく活用し、なるべく拓けた場所で攻撃しましょう。

浸水ゾーンは移動に2アクションも使用するため、可能な限り移動は避けたいところです。しかしゾンビは浸水ゾーンから陸地には上がれないため、この辺りをうまく活用すれば有利な展開に運ぶことができます。

続きを見る
閉じる
大賢者
女装男子アッキー&pooh
女装男子アッキー&pooh
レビュー
124名が参考
約2ヶ月前

西の国境周辺オークの国で黒疫禍&飢餓が発生、オークのネクロマンサーがオークゾンビの大群をサバイバー達の都市に差し向けた!? 迫りくるゾンビ軍団を蹴散らし各シナリオの目的達成を目指す協力型本格ゾンビサバイバル独立拡張。

尚、独立拡張なので本作のみでもプレイ可能ですが、基本セットや他拡張を混ぜてプレイする事も出来ます。

サバイバー達はネクロマンサーが差し向けたゾンビどもとの戦闘の間、オークとは休戦状態だったが、戻って来た時にはオークどもは変わり果てていた。今度の敵はオークゾンビだ! オークゾンビ65体に新たなサバイバー6人、新武器、投石器等本作だけでも楽しめますが、基本セットや他拡張を混ぜると更に「ゾンビサイド」の世界が広がりより戦略性が楽しめます。

ルールは基本を踏襲していますので、追加要素を記述します。


①新キャラクターとアイテムカード

新たな6人のサバイバー(基本、拡張合わせると16名の中からサバイバーが選べる)にアイテムカード78追加。宝物カードも5枚追加され基本と合わせると宝物カードは7枚になりました。が、武器の強さは「ゾンビサイド ウルフスブルク」より劣る印象ですが、投石器という強力な攻城兵器を得ているので、使いこなせれば大群を蹴散らせる爽快感を味わえます。


②投石器

これを使う事で、長距離からゾンビを蹴散らしシナリオクリア達成までの道を切り開く可能性が生まれます。但し、投石器と同じゾーンにいるサバイバーは、自分と投石器を移動するのに1ゾーンにつき3アクション消費するのと浸水ゾーンに移動すると壊れてしまう事、発射にも3アクション消費&射程2ゾーン以上離れたゾーンにと使い所を見極める必要があります。

・投石器は発射しても物音は発生しない。

・2ゾーン以上離れたゾーンが攻撃対象で、視界内に入っていない建物ゾーンも攻撃可能

・大群置き場(後説明)にも撃ち込める。大群からは視線は通りませんが、攻撃優先度は通常通り適用します。誤射ルールも適用されます。

・弾の種類を選択出来ます。

⬛砂利弾   ダイス6個命中率4+ ダメージ1

🟫葡萄弾 ダイス3個命中率4+ダメージ2

🟥巨礫弾 ダイス1個命中率4+ダメージ3

⚠いずれかのサバイバーが対象のゾーンを目視しているなら、命中率は3+になります。(発射するサバイバー以外でも目視していれば命中率UP)

四方の長距離攻撃に便利な投石器ですが、接近戦に持ち込まれたら使用出来ず複数のゾンビの群れに襲われたら、ひとたまりもないので上手く有効活用したい所ですね。


③新たなゾーン

・逆茂木…侵入者を防ぐ尖った木が複数結ばれた障害物。逆茂木は視線を遮らないが、サバイバーは逆茂木を超えて移動は出来ません。射撃、魔法攻撃、支援魔法、移動スキルの跳躍などは実行出来ます。障害物を挟んで遠距離攻撃でゾンビを倒す戦法が最適。だがゾンビフェイズ時にゾンビ達が目的ゾーンに辿り着く道筋がない場合、逆茂木に隣接するゾンビはアクションを消費せずにその逆茂木を壊して移動して来ますので、過信は禁物です。

・生垣…視線を遮る枝の壁。サバイバーもゾンビも視線を遮られ、生垣を超えて隣接するゾーンに移動出来るので、物音に気をつけて移動すれば、ゾンビを出し抜いて行動出来るかも知れません。注意点はどのサバイバーも目視していない生垣を超えて移動したら、ダイス1個ロールし万が一1が出てしまったら、オークウォーカー1体を配置しなければならない点です。生垣を超えたらバッタリ出会ってしまった嫌なシチュエーションですね💦

・浸水…腰程の高さまで水が溜まっている街ゾーン。サバイバー側にもゾンビ側にも特殊な移動ルールが存在します。

サバイバー側…浸水ゾーンから別の浸水ゾーンに移動する時、追加で1アクション消費します。1ゾーン移動するのに2アクション必要ということですね。ゾンビから逃げている時にこのゾーンに侵入したら、早めに段差を駆け登った方がいいかも知れません。又、段差を登るにも1アクション掛ります。機動力の高いゾンビにはより要注意になりました。

ゾンビ側…浸水ゾーンでの移動制限はなし💦しかし、唯一の救いはゾンビは段差を登れない事。尚、段差を降りて浸水ゾーンに侵入はしてきます。

他、細かなルールとしては…

・支援呪文「スピード」の効果を受けているサバイバーは浸水ゾーンの移動ルールを適用しない。

・投石器が浸水ゾーンに移動した瞬間に破壊される。

・ドラゴンファイヤーは浸水ゾーンで発生しない。

・通常の街ゾーンから浸水ゾーンへ移動する場合は、通常の移動ルールを適用します。


④大群ルール

ゾンビの移動or攻撃フェイズ終了後、ゾンビ出現フェイズ時に大群アイコンがあるカードを引くと、そのゾンビを出現させた後出現させた同種のゾンビ1体を大群置き場に置きます。これらを繰り返しどんどんゾンビが大群置き場に溜まって行き、大群の侵攻を引くと、溜まっていたゾンビ達が一斉に放出されます。中々えげつないカードです。基本の2倍出現カードを混ぜるとえげつなさは数倍になります💦 オークのネクロマンサー出現カードを引くと、オークウォーカー、オークランナー、オークファッティゾンビを大群置き場に配置しなければならないので、更にゾンビの数は膨れ上がります。

大群置き場にゾンビが溜まってない時に大群の侵攻カードを引いて助かる場合もあります

大群の侵攻カードを引くと、そこでゾンビカードを引くのは打ち止めになるので、都合の良い展開になる場合もありますね^_^


⑤レベルウルトラレッド・モード

「ゾンビサイド ウルフスブルク」から引き続き使用出来ます。


⑥ゾンビの種類

↑オークウォーカー 全35体 与えてくるダメージ2 必要ダメージ1 攻撃優先度1 得られる経験値1 黒疫禍&飢餓でゾンビとなり果てた緑鬼。人間ゾンビのウォーカーより力があり、1アクションで2ダメージ与えてくる。数が多く侮れない。

↑オークランナー 全14体 与えてくるダメージ1 必要なダメージ1 攻撃優先度3 得られる経験値1 足の素早いゴブリンのなれの果て。2アクション行動、攻撃優先度3と人間のランナーと同じく厄介な存在。

↑オークファッティ 全14体 与えてくるダメージ3 必要なダメージ2 攻撃優先度2 得られる経験値1 元はオークの精鋭部隊。兎に角チカラが強く自慢の腕力で引き裂いて来る。逃げ場のない建物内で近づいたり近接攻撃するなら、防具は必須。後は運を天に任せるしかない!

↑オークアボミネーション 全1体 与えてくるダメージ3必要なダメージ3 得られる経験値5 人間のアボミネーションやウルフエボミネーションと同じく、鎧を着込んだ兵士ですら一瞬にして引き裂いてしまう防護判定無視が驚異!選択肢は2つ。倒せる方策を探すか、逃げ道を確保するかだ!

↑オークネクロマンサー 全1体 与えてくるダメージ1 必要なダメージ1 攻撃優先度4 得られる経験値1 混沌を拡散しようと企む全ての元凶。人間のネクロマンサーと能力は一緒だが、この死霊術師どもが出現すると大群置き場に一通りゾンビが追加されるので、人間タイプより太刀が悪いかもしれない。出現したら早めに倒すのがベストだが、攻撃優先度4とこれまた遠距離攻撃が当てにくい。


⑦プレイ

独立拡張のチュートリアル、サバイバー6人で今回はソロプレイしてみました。シナリオはチュートリアル含む11個付属されています。チュートリアルは言わば練習用シナリオでクリアは容易のはずですが、基本+ウルフスブルクを混ぜましたので、果たしてクリア出来るかどうか?

チュートリアルクリア条件は青色の目的トークンと緑色の目的トークンを回収して(青色と緑色のゾンビ出現トークンを取り除ける)離れた場所にある投石器で赤色のゾンビ出現トークンを攻撃する(攻撃優先度1、必要ダメージ1)で取り除き、サバイバー全員で脱出出来れば勝利です。

↑3部作混ぜるとゾンビカード、アイテムカードの量が尋常ではない(笑)

↑ランダムで選ばれたサバイバー達。では、スタートです。

↑先ずはドアを破壊して、近くの青色の目的トークンを回収して青色のゾンビ出現トークンの除去を目指します。

↑ドアを破壊して4つ連なる部屋にまずは通常のファッティ1体が出現しましたが…

大群の侵攻カードが出ましたが、大群置き場は空っぽ&部屋の出現はここでSTOPなのでこれ以上ゾンビカードは引かなくても良くなり、ラッキー🎵

↑他のサバイバー(ネリー)で青色の目的トークンを回収。

↑北の浸水ゾーンに配置されていた青色のゾンビ出現トークンを除去。まず1個!

↑ファッティしか居ない部屋には、サムソンとネリーが対処。

↑別行動部隊がドアを破壊して解除するとファッティとゾンビウルフが出現!?

↑ゾンビウルフが3体が間合いに入って来て更に1ダメージずつ食らった!ファッティが盾となりゾンビウルフに攻撃出来ない。しかも2ダメージ与える武器を3人は持って居ない!?

↑仲間が駆けつけ2ダメージ与える武器でファッティを始末。ゾンビウルフも倒す!

↑ゲームは進行し、えげつないカードが…

↑オークネクロマンサー、人間のネクロマンサー、大群放出! ヤバイ…

↑急いで生垣を超えて投石器のゾーンへ行かねば!

↑緑色の目的トークンを発見! 後は投石器で赤色のゾンビ出現トークンを攻撃してサバイバー全員が脱出するだけ。

↓追ってくるゾンビ達。ひぇ~💦

↑投石器発射!!

↑ネクロマンサーとゾンビ出現トークンが吹き飛んだ。後は脱出だけです!

↓背後から迫るゾンビども!

↑ゾンビウルフに襲われ…

↑出口の連なった2部屋から、ネクロマンサー、オークゾンビ数体、人間タイプのアボミネーションが出現し…

1番強い弾を使用して投石器で倒し…

↑テオが脱出成功!

↑背後のゾンビ達に捕まりつつも、協力して数体だけ倒して残りは振り切り全員無事脱出しました。

最後の脱出の写真、興奮して取り忘れてしまいました(笑)

チュートリアルでも3部作混ぜると歯応えありました💦

後、強い武器を入手するまで、オークゾンビとはなるべく接近戦は避けた方が良さそうですね…。

それでは、良きゾンビサイド日和を!

続きを見る
閉じる
仙人
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
  • 商品価格¥ 13,200(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 16経験あり
  • 12お気に入り
  • 60持ってる

チェックした商品