マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ブラックアウト香港
  • ブラックアウト香港当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 75~150分
  • 14歳~
  • 2018年~

ブラックアウト香港

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
大規模な停電に見舞われた香港の街を復興する、重量級ユーロゲーム!
  • アレクサンダー・フィスター(Alexander Pfister)作

世界最大のネオン街――香港が闇に包まれた!

 香港は想定外の大規模停電に見舞われました。この非常事態に対し、政府の統制維持は難航しています。今こそ、あなた自身の手で社会秩序を回復させましょう! かつて送っていた日常など、もうどこにもないのですから。

 このゲームは、大規模な停電に見舞われた香港を舞台にしたゲームです。絶えず変化する状況に対応しながら都市機能の回復を目指し、最も復興に貢献したプレイヤーがゲームに勝利します。

 電力が無ければ、日常の些細な出来事にも想像を絶する困難が伴います。さまざまな専門家の力を借りれば、こうした事態を乗り越えることができるでしょう。

 さらにこのゲームには、5本のチャプターからなる1〜4人用の「キャンペーンモード」が収録されています。チャプターごとに異なるルールでプレイし、すべてを遊ぶことでひとつの物語が完結します。

 『モンバサ』や『グレート・ウエスタン・トレイル』のデザイナーが贈る重量級ユーロゲームがここに登場!

レビュー 3件

970
名が参考にしたレビュー
 by ひめくり

ゲーム名称:ブラックアウト:香港 (Blackout: Hong Kong) 2018年  BGG7.6

デザイナー:アレクサンダー・フィスター(Alexander Pfister)


停電した香港の電力を復旧させていく

アレクサンダー・フィスター(モンバサ、グレートウェスタントレイル)の新作 

陣取り、ネットワーク構築、デッキ(手札)構築、リソース管理と、ゲーマーの大好きな要素を詰め込みながらも、破綻しないバランスはフィスターのゲームの素晴らしい所! 

要素てんこ盛りなので、ルールも複雑と思いきや、かなりすっきりとしている。


個人ボードにゲームの流れが全て書かれており、サマリーにもなっている点は素晴らしいの一言


大雑把にゲームの流れは(一部はしょってます)

スタPがリソースダイスを降り、全員カードをプロットする リソース獲得、目的達成、カード購入、リフレッシュ、手札回収という流れ


カードにはダイスの色に対応したマークがあり、そのダイスの資源をカードに記されたマーク数だけ手に入るというもの。

例えば、赤の■が2つ書かれていれば、このラウンドに出た赤のダイス目の資源を2つ獲得する。という感じ。


そして手に入れた資源を、カードの目標を達成させて停電を回復させる。という流れ

カードを購入する事もできるデッキ(手札)構築要素もあるが、

購入したカードは手札には入らず個人ボードに配置される

配置されたカードには条件が書いてあり、それを達成しないと手札には入らない仕掛け

それが先ほど言った、カードの目標を達成させるというところ。

目標を達成させると特定マスの停電を回復させてそれが手札に入り、またプロットを繰り返していく 

また、カードには手札に入らず、達成することで永続効果的なものを生むようなカードもあります。


そして、手に入ったカードをプロットして資源を獲得し、次の目標を達成していく。大雑把に言えば、資源を獲得して任務達成を繰り返していくゲーム。


もちろんプロットしたカードは全て手札に戻ってくるわけでも、捨て札になってデッキを作り山札から引く・・・という形式ではなく、プロットしたカードは場に残り続けます。

そしてカードの回収は、手札が特定枚数以下にならないと回収できない。

その上最もカードが並べられたスタックを回収しないといけないという仕掛け

これによってプロットが非常に悩ましい上に、思うように回収できず思っていたコンボが出来ないし、回収すると目標が達成できなくなる。等、悩ましいことこの上ない!楽しい!


自分は同作者のモンバサが非常に刺さるゲームなのですが、それよりすっきりしたルールになり、わかりやすく、それでいて悩みどころはたくさんある好ゲームに仕上がっています


インタラクションも強すぎず弱すぎず、カードの購入、所持資源、停電の回復状況など、相手の動向を軽視することはできません


惜しむらくは、ボードが停電した街のため黒一色。カードも黒と視認性がよろしくないところがありますが、その欠点を補って余りあるレベルで悩ましく楽しい!


要素の多さに気おされることなくプレイしていただきたいです。

言語依存も無く、飲み込みやすいルールになっていると思います。

他にも紹介してない要素がいくつかありますが、それは自分の目で確かめて、その真価を体感して欲しい!

1年以上前(2019年06月03日 00時47分)
続きを読む
閉じる
726
名が参考にしたレビュー
 by ボドゲしお

香港で超大型の停電が発生。街がパニックなのをいいことに、今のうちに市民へ恩を売って自分たちのチームの発展の糧としてやろうというテーマの資源マネジメントデッキ構築ゲーム。

フェイズが細かく分かれているけども、そんなに処理は難しくない。

資源サイコロを振って、アクションカードをプロットして解決。新たなアクションカードを購入したり盤面上の支配領域を増やしたりしながら得点を稼いでいく。手に入れた資源はミッションカードの達成やアクションカードの獲得のために使っていく。ミッションカードは高得点、アクションカードはそれ自体が持つ得点は低いがアクションとして使用することで資源や得点への変換を行うことが出来る。

エリアマジョリティ要素もあり、これも得点源として非常に重要である。また、エリアを支配することで新たな資源⇒得点or上位資源への変換をラウンドの最後に行えるようになるため、様々な得点方法があるので繰り返し楽しめそう。

まだ1回しか遊べていないが、個人的には

アクションカードを購入しまくってアクション強化で資源の大量獲得、それを元に新たなアクションカードを購入~

の流れが強いのではないかと思った。

ちょっと変わったデッキ構築システムで、1ラウンドに使えるアクションカードは3枚(後に4枚に強化可能)であり、それらを1枚ずつ異なる列に並べて使用していく。ラウンドに最後に手札が4枚以下(これも後に6枚以下に強化可能)にであれば、枚数の最も多い列からアクションカードを回収して手札に出来る。なのでデッキ構築といったが山札というものはなくて基本全て手札からカードを使って手札に戻ってくる。

毎ラウンド出てくる資源もランダムであり、全部で6種類(+万能資源)あるので必ず欲しいものが手に入るわけではない。トラックタイルを使用することで資源を別の資源に変換することも可能だが、このゲームは資源カツカツゲーなのであまり無駄遣いも出来ない。

ボードの雰囲気も格好いいし、難易度も割かしゲーマー向けなので是非遊んでみて欲しい。

ちなみに「リーダー」というアクションカードもあるのだけれど、開始時点で病院送りになってるし病院から戻しても特性上またすぐ病院送りになるのが笑える。(マップ上にある得点タイル獲得するためにはカードを病院送りにする必要があり、リーダーカードは得点タイルを獲得しやすい能力)

2年弱前(2018年12月23日 12時29分)
続きを読む
閉じる
192
名が参考にしたレビュー
 by 初心者GM

モンバサ・グレートウエスタントレイルに続くアレクサンダー・フィスターの重ゲーです。

モンバサ風味ですが、

・拡大再生産がはっきりと感じられる

・インタラクション(他者への妨害)が弱くなっている

・カードの計画で多少ミスしても何とかなる。

ので、モンバサよりはだいぶとっつきやすくなっています。

プレイ順はボードがサマリーになっているのであえて覚える必要はなく、多少忘れててもどうにかなります。

物資の獲得がダイス運に多少寄りますが、勝利点を払えば獲得できるので計画の遂行自体は易しいです。

ただし、必要なお金を生み出せなくなる計画を組むと足踏みを余儀なくされるので「機械工」の運用は注意が必要。

お金がないと、目的設定ができなくなります。


得点要素は、

・エリア獲得(スピード競争)

・偵察時のタイル獲得

・獲得したタイルの種類

・カード点

・能力解放時のボーナス

等、要素がてんこ盛りです。いろんな勝ち筋がありそうなのがフィスターらしいです。


・8ラウンドくらいで勝負が決まります。1ラウンド15-30分くらい。4人で2.5-3時間くらいです。

・ボドゲ初心者にはお勧めできません。(テラフォーミングマーズをやった事があって楽しめる人以上。)

・ボードと個人ボードにかなりスペースが必要になりますので(90×180くらいは必要)購入の際は参考にしてください。


3ヶ月前(2020年07月03日 14時45分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,040(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 119興味あり
  • 179経験あり
  • 50お気に入り
  • 209持ってる

チェックした商品