マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ヨークの市壁
  • ヨークの市壁当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

ヨークの市壁

メーカー・卸元:テンデイズゲームズ

日本語マニュアル付き
強固に守られた街を作ってヴァイキングから身を守ろう!

ダイスの目に翻弄されつつも、的確に市壁を築き、ヴァイキングに対して強固に守られた街を作るのはどのプレイヤーでしょうか?

各ラウンド、三個のダイスが振られ、そのサイコロを選ぶことでゲームは進んでいきます。
各ダイスには、自分のボード上に配置できる壁の形が描かれており、自分の戦略、計画の中で、的確なダイスを選ぶことが重要となります。

ラウンド開始時に設定された条件を満たすように壁で囲うことが出来たら、街の完成です。
完成させる早さもこのゲームでは重要です。
一度街を完成させたプレイヤーは、一旦、ゲームから抜け、ほかのプレイヤーが壁を築いている間は、収入を得ることが出来るのです。

ただし、やみくもに囲っていてはヴァイキングの襲撃を食らってしまうかもしれません。
壁で囲んだ街の中にヴァイキングのマスが多いと、ペナルティの対象となるのです。

ヴァイキングのマスに注意しながら、的確に壁を築き、いち早く街を完成させ、より高得点を目指しましょう。
手軽なパズル系ゲームで、いろいろな方にオススメできるタイトルです。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 3件

ルール/インスト
440名が参考
3年弱前

【ゲーム開始前準備】

・個人ボードの作成

個人ボードは4つの小ボードから成り、それらを枠の内側にはめていきます。スタートプレイヤーから順番に小ボードをひとつ取り、枠内にどの向きで配置するかを決めます。配置が決まったら他プレイヤーも同じ小ボードを同じ向きで配置します。2番手のプレイヤーも同様に2枚目の小ボードをひとつ取り、枠内に配置、他プレイヤーも同じボードを同じ向きで配置、次は3番手プレイヤーが~という流れで個人ボードが完成するまで続けます。なので最終的に全員の個人ボードは全く同じものになります。


【ゲームの流れ】

1ラウンドは以下の流れで構成されます。

①王の勅令

②城壁の作成

③お金の獲得と海賊の侵略


上記を2ラウンド行い、最終的に多くのお金を所持していたプレイヤーの勝ち。


①王の勅令

専用ダイスタワーにダイスを投入。今回作る城壁内にそれぞれいくつの建築物(協会、井戸、商店)を含めるかを決定します。これから作成する城壁内にはダイスで指定された個数のそれぞれの建築物を含んでいなければならず、その条件をクリアーして初めて城壁を閉じることができます。ちなみに建築物は得点にはなんら関係ないので、たくさん含んでいれば高得点とかはありません。


②城壁の作成

時計回りでひとりずつダイスを振ります。ダイスには今回設置する城壁ピースの形とお金(後述)が示されています。全員でダイスに示された形の城壁ピースを個人ボードに配置します。この時、回転させたり鏡映しに反転させての配置も可能です。また、示された城壁ピースの一部を配置することも出来ます。全員が配置し終わったら次のプレイヤーがダイスを振り、また全員で同じ形の城壁ピースを個人ボードに配置を繰り返します。これを全員が城壁を完成させるまで続けます。

城壁の完成とは、①王の勅令で示した「城壁内に含まれなくてはならない最低数の建築物」を満たしつつ、城壁ピースを配置して一周ぐるりと閉じることを指します。城壁を完成させたプレイヤーはこれ以上城壁ピースを配置することが出来ませんが、以降は他のプレイヤーが降ったダイスに示された個数のお金を獲得することが出来ます。

また、個人ボード上には建築物だけでなく、海賊マークとお金マークも示されています。お金マークは単純に城内に含まれていれば③で手に入れられるお金を示しており、海賊マークは含めすぎるとお金を失うリスクがあります(後述)。

よって、海賊マークやお金マークを無視してさっさと城壁を完成させるか、より海賊マークを避けつつお金マークを含むようにじっくりと城壁を作っていくかの駆け引きがポイントとなります。


③お金の獲得と海賊の侵略

各プレイヤーは、完成した城壁内に含まれているお金マーク分だけお金を獲得します。また、城壁内に含まれている海賊マークの個数分海賊トークンを受け取ります。この時点で一番多くの海賊トークンを持っているプレイヤー(同率一位の場合は同率プレイヤー含めて)は、海賊トークンをそれぞれ裏向きにし、「マイナス5金」の面を表にします。こうなってしまうと、ゲーム終了時1枚につきマイナス5金の失点トークンとなってしまうので非常に痛手です。裏向きにしなかった他のプレイヤーは、それを持ち越したまま、次のラウンドを行います。


【次のラウンド】

個人ボード上の城壁ピースを再度ストックに戻し、もう一度①~③を行います。前半ラウンドで得た海賊トークンは持ち越しのため、後半は前半で失点を逃れたプレイヤー同士での争いになるでしょう。

※「マイナス5金の失点トークン」は海賊トークンとしてはカウントされません


2ラウンドが終わった時点で所持している「マイナス5金の失点トークン」分だけお金を失い、その後一番多くのお金を所持しているプレイヤーの勝利となります。



続きを見る
閉じる
勇者
ボドゲしお
ボドゲしお
レビュー
259名が参考
3年弱前

王様の指示を達成しつつ、如何にお金を拾いながら海賊を避けて城壁を建てていくかがキモ。全員が同じ条件の下城壁を作るんだけど、人によって全然違った城壁が出来るのが面白いゲーム。カルバとか好きな人はより楽しめると思う。ウンウン悩みながら作った城壁は写真に残したくなるので見た目も楽しい。その後もっかい更地にして1から作り直させられます。諸行無常。

ラウンドの最後に発生する海賊のマイナス点が非常に大きく、人によってはゲーム終了時マイナス点で終わることもあるので、あんまり子供向けではなさそうという印象。ゲーマー同士でやると、どのタイミングで完成させるかの読み合いがアツい。

専用のダイスタワーが城壁を模してて凄く格好いい。まぁゲーム中2回しか使用しないんだけどさ。

続きを見る
閉じる
勇者
ボドゲしお
ボドゲしお
レビュー
139名が参考
4ヶ月前

二人プレイ時の感想を書きます。

ボドゲーマさんで安売りされていたので購入しましたが、結果的にかなり得をしたぞと思える素敵なゲームでした。

輸入品なので箱やルールブックは英語表記ですが、言語依存は無いので付属の日本語マニュアルで何ら問題なく遊べます。

ヨークの市壁は、王の命により決まった建物を領地に入れつつ、バイキングを排除してより良い市壁を作り上げた者が勝利するゲームです。

プレイヤーは4つに分かれた領地ボードを、4方向表裏の向きを合わせて組み合わせ、全てのプレイヤーが同じになるように盤面を作り、個人ボードとします。ボードには分かりやすいガイドが表示されているので容易に全員が揃えることができます。

領地は8×8のマスになっており、三種類の建物とコインのマス、バイキングマスが描かれています。ラウンドの最初に「どの建物を何マス市壁内に入れるか」がダイスによって決まり、設置する市壁の形を示した赤いダイスを振って全員が同時に壁コマを置きます。

これを繰り返して全員がひと囲いの市壁を完成させたらラウンド終了。2ラウンド行なって勝利点の高いプレイヤーが勝利となります。

ポイントとなるのは

・決まった建物を領地に迅速に入れる

・領地に入ったコインのマスがそのまま勝利点になる

・バイキングマスは極力避けて市壁を囲う

の三点です。

バイキングマスを入れすぎると失点(侵略されちゃうよ)になってしまうので、なるべくジグザグに避けつつコインマスは入れて壁を作りたい。

しかし早く完成させて上がったプレイヤーは市壁ダイスを振るごとに得点となるので、のんびり作っている暇もありません。

このシンプルなジレンマを、全員が同じ個人ボード上で体験することとなります。非常に公平性の高いルールで、運要素は少なめ。挑戦しがいのあるゲームです。

細かいルールはありますが全体的には軽いゲーム感で、市壁をどこに置くかの計画パートが十分に面白いので手応えもしっかりしています。若干ソロプレイ感はあるものの、早上がりボーナスが大きいので必ず他人の盤面も気にしながらプレイすることになります。

良い意味で複雑さのないゲームなので、幅広いユーザーに薦めることが出来そうです。何より市壁コマを摘まんで置いたり、ダイスを転がしたりと、アナログゲームらしい手触りを気軽に楽しめるのも魅力。小箱系のプレイ感で大きな箱のゲームを遊ぶような感覚なので、特に初心者の中量級ゲームへの橋渡しとして程よく機能しそうなのが良いですね。

二人プレイでも100人プレイでもボードさえあれば同時に遊べるようなシステムなので、1セットで遊べる2〜4人のどの人数でやっても感覚はほぼ変わらないと思います。


コンポーネントはゲームで二回しか使わないくせに組み立て式の凝ったダイスタワーがあり、なかなかの立体感。市壁コマは無塗装のプラ製ですが並べるといい雰囲気で、ボドゲ感が溢れます。

独特な市壁ダイスもかわいらしい。

ちょっと紙ボードの質感が安っぽい感はありますが、プレイしているうちにどうでも良くなる程度には夢中になれるので問題ありません。


30分ほどで終わるライトさも魅力なので、中〜重量級の箸休めや、大箱で楽しむ小箱系ゲームといった感覚で気楽に始めることができると思います。

ボドゲカフェなどで置いてあれば、輸入ゲームと敬遠せずに是非とも遊んでみて下さい。

続きを見る
閉じる
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
  • 商品価格¥ 4,840(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 19興味あり
  • 25経験あり
  • 3お気に入り
  • 20持ってる

チェックした商品